小原家の長男(養子)になった男の子の話。とは、
小学校3年の時に両親を亡くし、金髪美人に「あなたの父親から頼まれた」として、養子に引き取られた家は沼津にあるホテルオハラの経営者だった。
「白樺 悠」改め「小原 悠」となった男の子の話。

とある日、留学から帰ってきた姉、小原鞠莉から「浦の星女学院にわたしのボディガード兼共学化に向けてのテスト生として、理事長権限により編入してもらいマース!!!!!」という職権乱用とも言える命を受け編入する。


Aqoursと沢山の登場人物による、普通の日常。
(本編は1期の9話以降を主軸として話を書いております。どうぞよろしく。)
  プロローグ()
  なんやかんやでテスト期間は楽しく過ごせる。2020年01月19日(日) 22:46
  理事長さんは癒されたい2020年01月26日(日) 23:50
  ソシャゲは楽しいがほどほどがいい()
 ▲ページの一番上に飛ぶ