【キリエが見た夢パンケーキだらけの幻の中】   作:どら焼きパンケーキ中佐

1 / 1
キリエがパンケーキの悪夢を見る事に……


【キリエが見た夢パンケーキだらけの幻の中】

私はキリエだよ。

コトブキ飛行隊の用心棒をお仕事にしてる。

 

今日もバカチと口喧嘩して、レオナに叱られて、ザラがたしなめてくれて、ケイトは冷静に状況を述べて、エンマはケイトに少し皮肉なツッコミを入れていたなぁ~

実にいつも通りのコトブキ飛行隊だ……

 

「マロちゃん♥マロちゃん♥マロマロマロちゃん♥」

「バカチ‼うるさい!」

「キリエにはマロちゃんの可愛いさがわからななんて、しんそーしんりがパンケーキで出来てんじゃない?」

「む~‼」

「はい、はい、二人とも早く寝なさい。」

 

ザラが私とバカチの間に入って喧嘩は終わった……

 

《本当にパンケーキの夢を見そうな気がする……》

 

…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ

 

「ふわ~よく寝た!」

ポカリッ!

「イタッ!!!!」

「ばっかもーん!お前の隼一型にはオイル代わりにパンケーキの液体入れてやった!早く出撃しねぇと頭ん中にパンケーキ流し込んで中身総ヒッカエにしてやんぞ!」

「ヒイィィィ!!」

なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?

いくらなんでもおかしいよ!!

ナツオ班長は冗談は言わないタイプの人だよ!

 

不思議な事に私の隼一型はパンケーキ燃料で稼働し、無事に空戦を終えて帰還出来た……

 

「キリエ、マダムが今回の報酬を渡すから来て欲しいそうだ。」

 

レオナにそう言われた私はマダムの個室をノックした。

 

コンコンコンコン

 

「入って……」

「マダム、お給料戴きに来ました!」

「はい。」

「へ?」

 

《パンケーキ券》

 

明確に紙切れに書かれている……

 

【オウニ商会】マダム・ルゥルゥのサイン入りだ……

 

「あの~マダム?パンケーキ券とはいったいぜんたいどういう事でしょうか?」

「あら?あなたはパンケーキが食べたいからこそ隼に乗れる用心棒稼業を選んでこの【羽衣丸】の用心棒をしているのでしょう?特別にあなたには【ジョニーズサルーン】で使えるプレミアムパンケーキ券で支給する事にしたの。」

「パンケーキ……パンケーキ……パンケーキ……」

 

私はパンケーキのキリエ……パンケーキの女……

パンケーキの為に空を飛ぶ女の子……

う~ん……むにゃむにゃ……

 

…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ…zzZ

 

「起きろ!キリエ!!」

「ハッ!ここはどこ?」

ゴツン!

「イタイ…」

「キリエ……パンケーキの食べ過ぎには気をつけるようにな?」

「パンケーキ……?怖いよ……パンケーキ怖いよ……パンケーキ怖いよ……」

 

「キリエがパンケーキを怖がる。これは天変地異の前触れ。」

「ケイト。不吉な事は言わないでくださいまし。」

「キリエ……大丈夫?」

『マロちゃんマジ天使……』

「キリエが……キリエが……おかしくなっちゃった!」

「リリコさんを呼んでくれ。」

 

「パンケーキでございます。」

 

「キリエにはこれが一番クスリだ……ぶち込んでくれ。」

 

《むぐぐぐ……!》

 

「パンケーキ♥」

 

私の悪夢は終わった……

 

ただいま♥愛しのパンケーキ♥

 

~完~




キリエがパンケーキを恐れるお話を創作出来たら面白いかも?と思いつき、書きました!
お楽しみくださいましたなら幸せです!


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。