1人の男がいた。
 彼は狩人であり、教会の剣であり、連盟団の一員であり、穢れた血族の眷属であった。

 故に彼は代行者であった。

 意志を残し倒れて行った者達のために、様々な立場から幾度となく獣狩りを遂行し、しかして夜に囚われていたその男の夜は、ある日終わりを告げる。





 ※主人公がメッタメタにアホの子です!なのであんまりシリアスとかありません!ブラボの重々しい雰囲気もそこまで前には押し出さないと思います!
  #1 狩人、日本へ立つ
  #2 代行者、特地に立つ2020年05月29日(金) 21:57
  #3 代行者、口説きたい2020年05月29日(金) 23:37()
  #4 代行者、亜神と出会う2020年05月30日(土) 01:42
  #5 代行者、炎龍と対峙す()
X(Twitter)  ▲ページの一番上に飛ぶ