変態糞剣士   作:変態糞剣士

1 / 1
言っとくが供養だぜ。


変態糞剣士

昨日の8月15日にいつもの剣道部の顧問(60歳)と先日ラインくれた応援団の兄ちゃん(17歳)とわし(16歳)の3人で学校の東にある体育館の下でやりあったぜ。

今日は明日が休みなんでコンビニでスポドリとつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、

そこでしこたま素振りをしてからやりはじめたんや。

3人で竹刀突きあいながら裸足になり持って来た竹刀を3本ずつ入れあった。

しばらくしたら、相手の実力に体がびくびくして来るし、焦燥感が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。

剣道部の顧問に突きを突かれながらながら、兄ちゃんの突きを突いてたら、

先に兄ちゃんがわしの面に竹刀をドバーンっと打って来た。

それと同時におっさんもわしも面を打ったんや。もう顔中、汗まみれや。

3人で打った面を手で押し退けながらお互いの体に押し付けあったり、

汗まみれの面を嗅ぎあって片手で胴を打ったりした。ああ~~たまらねえぜ。

しばらくやりまくってから又剣道をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。

剣道部の顧問の集中力の穴にわしの竹刀を突うずるっ込んでやると

体中が汗とナニカでずるずるして気持ちが良い。

にいちゃんもおっさんの面に竹刀突っ込んで激しく戦って居る。

汗まみれの顧問の竹刀を受けながら、思い切り戦ったんや。

それからは、もうめちゃくちゃに顧問と兄ちゃんの竹刀をよけあい、

汗まみれになり、二回も気合いを出した。もう一度やりたいぜ。

やはり大勢で汗まみれになると最高やで。こんな、変態(剣道大好きという意味)顧問と剣を交えないか。

ああ~~早く汗まみれになろうぜ。

高校の体育館であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や

汗まみれでやりたいやつ、至急、ラインくれや。

袴姿のまま剣道して、汗だらけでやろうや。

 

 , -────- 、

       ./´           `ヽ、

      /:               ヽ    

      /:::::::::             、ヽ   

.      l ::::::::::.   ミ゛´`゛'゛'''シ  ,:ゞ'''"ミ l   

     |..::::::::::::... ,. -─- 、  , -─- 、|   

    ,r'⌒ヽ====i ...rェz、l⌒i  rェ; :: }^i  

     ! ::`ヽ :::::::::::ヽ' ....:'''ンノ __ヽ.:::'''"ソ、ノ  

     ヽ::::(:::::::::::::::;   ̄,ノ r   ヽ. ̄ ) 糞、ためて待つぜ 

     {. :::::::::::::::      ノー'''ー‐'    l  

  _,.. ‐'`iー'!:::::j      / , j~|  ヽ  |  

‐''´:!::::::::l::|:::::l:::::     i ;;ソ-―‐‐ヽ,ヽ!

:::::::::|:::::: l: l:::::ノ::::: ´     ノ二 '''` .ノ

:::::: |   ! \::::::::            ./

    |   l            `''''''''"",

 

剣道したいぜ。




早く大勢で汗まみれになりながら剣道したいぜ。
コロナに負けるな。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。