蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

14 / 46
航海日記13 確保

 403の目の前には幼い少女の顔がある。

 この時代にしては綺麗に整えられた栗色の髪。

 二つのリボンでツインテールにした髪型はとても良く似合っていると、403はお世辞を言うならそう言葉にするだろう。

 

「やだやだ、離して~~!! わたしに乱暴するとおじい様に言いつけるんだから~~!!」

 

 もっとも服の襟首を掴んで持ち上げられた彼女が暴れなければの話。

 刑部蒔絵。魚雷艇とはいえ霧の艦艇を破壊した兵器、震動弾頭を実際に開発してみせた開発者の一人。

 基礎理論を提唱したのは刑部藤十郎だが、それを発展させ、さらには小型化まで推し進めたのは刑部蒔絵だと言われている。

 見た目は幼い少女でも、その頭脳は並みの人類が到底及ばない域に達しているらしい。

 

 400が集めた震動弾頭に関する情報。

 それに彼女の事も記載してあるので、403は蒔絵の事情をおおよそ把握していた。

 

 が、流石はデザインチャイルドと云うべきか、大人顔負けの身体能力で抵抗してくるので、些か面倒である。

 蒔絵は頻りに403の拘束から逃れようと、掴んだ腕を捻ってくるのだ。

 何らかの武術の心得があるのか、彼女の動きは403から見ても合理的かつ効果的。

 霧の躯体(メンタルモデル)には大したことないが、素人には効果的だろう。

 

Was ist denn Schwester?(大丈夫、お姉ちゃん)

「躯体腕部に掛かる負荷は許容範囲内。問題ない。だけど、ちょっと痛い?」

 

 隣ではすっかり変わり果てた姿のキリシマを確保しながら、501が心配そうに403を見つめていた。

 その手の中には霧の本体とも言えるユニオン・コアが収まっている。

 ちょうど手のひらに収まるサイズであり、金属のような質感を持ちながら、とても軽い素材で構成される演算の中枢部。

 千早群像率いる蒼き鋼に挑み、そして無残にも敗れ去った姿だった。

 

 そう、結論から言えばコンゴウが最終試練として差し向けた二隻の大戦艦。

 キリシマ、ハルナから構成される派遣艦隊は横須賀を襲撃し、そしてイ号401と人類の白鯨なる潜水艦の前に敗れ去った。

 戦力的に見ても圧倒的に不利なイ号401は、遥か格上の存在を打倒してみせたのだ。

 

 これにより人類を有する霧は、戦術を得てさらに強くなるという大和の理論が証明された事になる。

 結果、霧の東洋方面艦隊は"千早群像"を認め、霧の内側に入る事を納得した。

 共同戦線を張る下地が整ったという訳である。

 

 刑部蒔絵が流れ弾で吹っ飛ばされることの無いよう、キリシマ、ハルナにちょっと頼みごとをしたりもしたが、些末な問題だ。

 何てことはない。陸に攻撃しないよう頼み、それを聞いてくれるなら、お礼にあの時の歌を聞かせると言っただけ。

 ものすげぇ嫌そうな顔で了承されたが。

 

 もちろんお礼は丁重に断られたのは言うまでもない。

 好戦的な性格のキリシマが、403の両肩を掴んで、それはもう親切丁寧すぎる態度で断った。

 具体的に言うと、面倒見の良いお姉さんが、物わかりの悪い幼子に言い聞かせるような感じ。

 ローレライの悪夢は回避されたのである。

 

 そうして敗北し、縮退した重力子の爆発に巻き込まれて船体を失い、おまけに港まで吹っ飛ばされたキリシマ、ハルナ。

 その戦闘を終始観測していた403に、コンゴウから二人の回収命令が下され今に至る。

 

 問題だったのは、刑部蒔絵が倉庫に現れた事だが、どうやら祖父である刑部藤十郎を迎えに軍港まで向かっていたらしい。

 蒼き鋼と霧の戦闘の最中を、タクシーに頼んで(脅して)ここまで来たが、道中にナノマテリアルの残骸を発見して見に来たようだ。

 

 霧の船を構成する素材は全てナノマテリアルで構成されている。

 そして崩壊すると細かい粒子のように崩れて銀砂になるのだ。

 今や横須賀港は崩壊した大戦艦二隻分の銀砂でまみれてしまっている。

 時刻は夜明けであり、太陽の光を浴びてキラキラと反射する砂粒はさぞや目立ったことだろう。

 

 とりあえず現場の判断で蒔絵は捕獲。

 400に連絡を取れば、ついでに確保しろと命じられ、こうして逃がさないよう確保している。

 

「ここ、は……」

「わっ!?」

 

 不意にハルナが躯体(メンタルモデル)を再起動させたのか、爆風が倉庫内を揺らした。

 それをまともに喰らい、ハルナの頬を突いていた501が尻餅をついてしまったようだ。

 起動時に周囲の外敵や異物を吹き飛ばす機能が働いたらしい。

 

「ハルナ、目が覚めた?」

Guten Morgen Schwester(おはよう、ハルナのお姉ちゃん) はいこれ、着ていたコート」

「ありが、とう?」

 

 寝ぼけているのか、それとも戦闘のダメージが残っていて、演算処理が遅いのか。

 目を覚ましたハルナの動きは鈍重で、酷く鈍かった。

 

「シャキーーン」

 

 と思ったら、外套を着た途端、動きが俊敏になる。

 403は首を傾げるしかない。とても首を傾げて不思議そうにするしかない。

 あの真っ黒で、身体全体をすっぽりと覆うような外套(コート)

 

 あれに一体どのような機能があるのだろう?

 まさか、メンタルモデルが着用すると演算処理がアップするとでも言うのか!?

 気になる。気になる。

 

「疑問。そのコート、貸して?」

 

 未だ首根っこを掴まれて暴れる蒔絵をよそに、403は彼女を脇に抱え直すと、ハルナの外套の裾を掴んだ。

 表情は姉妹艦すら撃沈させる必殺の上目遣いである。

 ただし無意識なので本人に自覚なし。

 

「断る。これはとても大事な物が入ったコートだからな」

 

 ミス。ハルナにはこうかがなかった。

 

「……ダメ?」

「もちろん」

「……どうしても?」

「私の演算予測では何を言われても断ると選択している」

「残念……」

 

 しぶしぶ引き下がる403。

 だが、その瞳は虎視眈々とハルナの外套を狙っている。

 隙あらば外套をひっぺ剥がして解析しよう。

 そう判断する403だった。

 

「ところで状況を確認したいんだが、どうして潜水艦隊のお前たちがここに?」

「返答。船体を失ったハルナ、キリシマの回収及び、震動弾頭の開発者の確保」

 

 言いながら、脇に抱えた蒔絵を見せつけるように持ち上げる403。

 403の腕の中にいる少女は、既に抵抗する気力が失せたのか、う~~っと猫のように唸っていた。

 しかし、蒔絵は403の言葉に何か勘付いたのか、ハッとした表情でハルナや隣の501を見つめている。

 

「震動弾頭の開発者? この娘が?」

 

 そして訝しげに蒔絵を見つめ返すハルナ。

 どうも人間にしては比較的若いというか幼い個体。

 そんな少女が本当に人類の希望と成り得る新兵器を開発したのか疑っているのだろう。

 403は間違いないと頷いた。

 

「肯定。スキャンによる生体データと比較しても差異は微小。刑部蒔絵本人」

 

 霧の躯体(メンタルモデル)単体でも膨大な情報を取得、解析することが出来る。

 その性能は人類が持つ観測機器を遥かに凌駕し、多種多様なデータを分析することが可能だ。

 

 403によるスキャニングでは、蒔絵の構成している脳に、人為的な加工が施された痕跡を発見。

 赤子として生まれる前から遺伝子を操作され、薬物で成長の方向性を定められたデザインチャイルドだと断定している。

 

 しかも、蒔絵は先端工学に特化した能力を持たされたタイプ。

 要するに機械やコンピューターに興味を示すようになり、それらの専門として成長するように"為っている"。

 頭脳も、身体も、蒔絵を構成するありとあらゆる部分がその為だけに構成されている。

 彼女は生まれたときから、人類の新兵器を開発する運命を背負った子供なのだ。

 

「この娘がそうなのか。403、お前は刑部蒔絵をどうするつもりだ?」

「返答。総旗艦の命令。彼女を……」

「まっ、待って!」

 

 403がハルナの質問に対し、霧に連れていくと答えようとしたところ。

 脇に抱えられていた蒔絵がそれを制した。

 彼女はどこか不安そうにハルナや403を見上げていたが、意を決したのか口を開く。

 その声には怯えや恐怖は含まれていなかった。

 しいていうならば不安だろうか。

 

「あの、あなた達は……霧、なの?」

「肯定。霧の東洋方面艦隊に所属している。日本列島の海域の封鎖を担当。他に疑問は存在?」

 

 蒔絵の質問に、403は淡々と答えた。

 何処か機械的な口調で、人形のように無表情。

 だが、言葉の隅には蒔絵に対する気遣いが確かにあった。

 

「じゃあ蒔絵を殺しに来たの……? 霧を殺すための兵器を造ったから……?」

「否定」

 

 蒔絵の自分を殺すのかという質問に対し、403は即座に否定した。

 彼女は蒔絵を一旦おろすと、きちんと向き合う形を取る。

 その翡翠の瞳で、幼い少女の顔をしっかりと見て、彼女は正面から蒔絵と話し合おうという態度だ。

 

「刑部蒔絵。あなたを霧に迎え入れる」

「わたしを、霧に……?」

 

 蒔絵が不安な顔から戸惑いに変わる。

 それは無理もないだろう。霧に迎え入れられるという事は人類を裏切るという事だ。

 

 霧が蒔絵の能力を利用するつもりなのか、震動弾頭を量産させて人類に向けるのか、蒔絵には分からない。

 分かるのは霧に奪われる位なら、日本政府は蒔絵を抹殺することだけだ。

 日本という国を存続させるために、養いきれない国民を"島流し"した政府である。

 たかが小娘ひとり殺すことに何の躊躇いも持たないだろう。

 

 戸惑いは次第に明確な恐怖に変わっていき、蒔絵の顔が急速に青褪めていく。

 国を、人類の為を想うならば舌を噛んで自害すべきであろうが、蒔絵にそんな勇気はなかった。

 在るのは死にたくないという、生存に対する当たり前の欲求である。

 

「補足。蒔絵を迎え入れる理由を解答」

「えっ……?」

 

 そんな、彼女の不安をかき消すかのように、403の手が蒔絵の頬に触れる。

 代謝の存在しない躯体(メンタルモデル)の手のひらは暖かく、蒔絵を安心させるために、わざわざリソースを割いたらしい。

 紡がれる言葉は、蒔絵を必要とする理由であり、これからの未来を左右する重要な因子。

 

「人類と霧の未来の為。滅びゆく世界を救済する為。そして人類と霧を結ぶ懸け橋になって欲しい」

 

 それは先の先を見据えたコトノの。

 そう遠くない未来を目指す総旗艦の名代としての言葉だった。

 

◇ ◇ ◇

 

おまけ

 

『んんっ、ここは空気を読むところだぞキリシマ。そして切りの良い所で話し掛けて、躯体(メンタルモデル)を形成する為のナノマテリアルを』

「ところで、お姉ちゃん。キリシマはどうするの? まだ再起動して無いみたいだよ?」

「ん、とりあえず501の帽子の中にでも入れて置く」

「はーい!」

『まっ、待てっ――』

 

 キリシマは、ぼうしのなかに、しまわれてしまった。

 501のあたまのうえに、キリシマのコアがのっている。

 たすけてあげますか?

 

 はい いいえ←


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。