蒼き鋼と鋼鉄のアルペジオ Cadenza   作:観測者と語り部

21 / 46
航海日記19 恋心

 アマハコトノ。

 霧の東洋方面艦隊の総旗艦ヤマトのメンタルモデルの片割れ。

 その姿形は第四施設焼失事件で死亡した天羽琴乃という女生徒と瓜二つ。

 いや、まったく同じ容姿と声であり、群像や僧の記憶にある幼馴染と同じ性格をしていた。

 

 どうして彼女が生きているのか。

 どうして彼女が霧の艦隊と行動を共にしているのか。

 どうして彼女が群像たちの前に現れたのか。

 どうして、なぜ、なんで? 

 

 天羽琴乃を知る人間からは疑問が尽きなかった。

 

「ああ、もう! なによ、二人っきりで部屋に籠っちゃって。つまらないわ」

 

 もっとも群像に多大な好意を寄せ、艦長として慕っている重巡タカオにとっては関係のない話である。

 むしろ彼女は危機感さえ募らせていた。

 急な恋敵(ライバル)登場という事態にどうしていいのか分からず、こうして不貞腐れてさえいた。

 

 コトノは狼狽えるクルーや群像を尻目に、真剣な表情で大事な話があると伝えると、群像を伴い二人っきりになってしまったのだ。

 そりゃあ、死んだと思われて以来、久しぶりの再会。二人っきりになりたいのも何となく分かる。

 でも、いきなり総旗艦命令でタカオ、403、501に待機命令を言い渡し、イオナでさえ介入を許さない徹底ぶりなのだ。

 タカオが気に食わないと思うのも無理はない。

 

(でも、幼馴染かぁ……人類のネットワークによると属性としては鉄板らしいのよね?)

 

 地下港のコンテナに背中を預け、膝を抱えて座っているタカオは、アマハコトノに考えを巡らす。

 自らはいわゆる"ツンデレ"という奴らしく、世の男性から好まれていた?異性の性格らしい。

 

 対するコトノは幼馴染に加えてスタイル抜群。容姿端麗。快活明快。しかも、幼い頃から群像と接していて、彼の性格を知り尽くしている。

 ということは千早群像の趣味趣向から好物に至るまで網羅しているということだ。

 おまけに人間としての経験値も高く、メンタルモデルとして心身成長の発展途上にある。

 タカオに勝てる要素は、はっきり言って少ない。

 

(アマハコトノかぁ……総旗艦、スタイル良かったなぁ。群像様はあのような容姿が好みなのかしら)

 

 タカオは想い人の事を考えて頬を赤らめながら、目を細める。

 次いで自分の胸を触ってみて、小さなため息を漏らした。

 羞恥に染まっていた表情はすぐに落ち込んだものに変わる。

 

 コトノの胸は明らかに自分よりも大きかった。

 タカオの胸も決して小さいとも言わないし、形も抜群に整っている。いわゆる美乳というやつだ。

 群像は大きい胸のほうが好みなんだろうか?

 

 髪の質だって負けてはいない。艦隊を出奔して、北海道で人間について学び始めたころから、手入れは一度だって欠かしたことはない。

 でも、髪の色は人間にしては珍しい青色。日本人である群像からすれば異色に映っているだろう。

 それに比べてコトノは大和撫子と評されてもおかしくない黒色に、腰まで届く長い髪。

 日本のお姫様と例えられても間違いではないだろう。

 

 魅惑のふとももだって互角か、それ以上だ。

 

 この髪も容姿も、特徴的な口元の黒子も、タカオのコアが無意識に形成した躯体(メンタルモデル)である。

 そりゃあ大層気に入っているが、群像の好みに合うかどうかは別問題なのだ。

 

「はぁ……」

 

 ここに加えて、料理のスキルから家事洗濯まで加わると手の施しようがない。

 いくら"ある人物"の手ほどきを受けているといっても、タカオの経験は発展途上。

 特に料理なんてものは、群像の好みから調べなければならない。先はまだまだ遠い。

 

 只でさえイ号401という強力なライバルがいるのに、此処に来て新たな強敵の出現。

 その実力を認め、自らが提督と仰ぎ見て、共に戦いたいと願い。出来れば己の船体を使って貰いたいという願望を群像に抱いた乙女。

 しかし、その夢は果てしなく遠かった。

 

「お姉ちゃん、どうかした?」

 

 そんな彼女に声を掛けたのは、黒交じりの金髪を揺らし、立ったままコンテナに背中を預けるイ501だった。

 タカオが顔を上げると、黒い水兵服を着こなす元部下は、親しげな雰囲気で自分を見下ろしていた。

 

「いや、別に……アンタには関係ないことよ」

「千早群像のこと?」

「……どうしてそう思うわけ?」

「一緒にピケット艦やってた頃からの付き合いだから、かな?」

 

 実際のところ、タカオの躯体(メンタルモデル)の表情が分かりやすいだけである。

 もちろん、501の言葉に嘘偽りはないし、霧に嘘をつくという概念は殆どないため、その言葉は真実だ。

 それでもタカオが群像を見ては、大げさな態度を取るので、誰が見ても丸分かりというのは大きかった。

 

 恐るべきはヒュウガが乙女プラグイン実装と評価する、タカオの感情シュミレーション能力。

 潜航型観測艦の501が見ても、タカオの細かな仕草に至るまでの動作、喜怒哀楽豊かな感情表現は人間のそれとなんら変わらないのだ。

 

 おまけに躯体(メンタルモデル)にとって不要な体温調節、発汗作用といった生理現象まで忠実に再現しようとしている。

 これではまるで人間と同じような存在だ。人の形を模しただけのような501とは全然違う。

 

「良ければ相談に乗るよ?」

「千早群像を恨むアンタに話してもしょうがないと思うけど……っごめん。悪かったよ」

「ん~~、ん~~、気にしないで、タカオのお姉ちゃん」

 

 今も501に対して配慮してくれている。

 あの戦闘の結果は自分たちの責任であり、敗北して沈むのは兵器のあるべき一つの運命。

 彼女が気に病む要素は一つもないのにも関わらいのに、だ。

 

「あれは、ん~~と人類の言葉で表すならテンプレかな」

「テンプレ、テンプレートの略? 文章や言語の雛形のこと?」

「あれ? ちょっと適切じゃない? んぅ、なんて説明したらいいかなぁ? こう、出会ったら罵倒せずには居られないというか、何というか」

「要するに気に入らないのね」

「うん、気に入らないよ。嫌いだもん」

 

 ほら、千早群像のことになると一喜一憂。

 501はタカオを見てそう思う。

 

 今の表情から察せられるタカオの気持ちは、群像様を悪く言わないで、けれども、この子の気持ちもわかるし……と悩んだ顔だ。

 元々、メンタルモデルというのは霧が人類の戦術を学ぶために、人類の姿形から動作、思考に至るまで模倣したもの。

 だけど、タカオはそれは、明らかに行き過ぎている。それは演算力で遥かに劣る自分でも分かることだった。

 

 別にタカオがどうしようと彼女の勝手であり、501はとやかく言うつもりもない。

 千早群像は気に入らないが、彼の元に付きたいというのであれば、好きにすればいい。

 

 元々上司と部下という関係であり、それに加えて上位の命令を聞くことは彼女たち霧にとって当たり前のことだった。

 だから、使える手足でしかない501が、上位存在のタカオに口を出さないのは当然のこと。

 

 しかし、メンタルモデルを持ち始めて、変わり始めた霧ならどうだろう?

 少なくとも501にとって、そのルールは既に意味を為さないモノかも知れない。

 タカオの下にいた501は、慕っているタカオを助けたいと思っているから。

 

 憧れていたのだ。501は。

 

 それは重巡タカオと早期警戒艦としての任務に就いた時のこと。

 躯体(メンタルモデル)を持たないコアだけの存在だった501は、ずっとタカオのことを観ていた。

 彼女がメンタルンモデルを実装し、船体の甲板に人の形をした己を載せていたころから。ずっと。

 

 タカオは躯体(メンタルモデル)を実装したばかりの頃から、既に感情を持ち始めていたのかもしれない。

 殆どのメンタルモデル実装艦は、現在のイ号403みたいな無表情・無感情が多かったのだ。

 その中にあって、彼女は僅かながら疑問の表情をしたり、驚きや、喜びといった感情を露わにしていた。

 

 そこから巡航艦隊旗艦のコンゴウや、同僚の重巡達と会話を交わす内に、タカオは色んな動作を見せるようになった。

 姉妹艦で、タカオと密接な関係にある同じ高雄型の重巡洋艦二番艦アタゴとは仲が良さそうで、時には喧嘩みたいな遣り取りをすることもあった。

 そこから見えるタカオは、501にとって興味の対象となり、やがて羨望の対象になるには充分だった。

 

 自分もあんな風になりたい。メンタルモデルを持って一緒に触れ合ってみたい。

 でも、きっと願いがかなうことはない。なら、こうして見ているだけで充分。

 千早群像とイオナに撃沈されるその日までは。

 

 今は違う。自分の身体あり、自分の心がある。

 人間と同じように思考し、想いを伝えることだってできる。

 彼女が純粋に好意を伝えるのは、それが自分にできる後悔しない為の精一杯であり、撃沈されてから心に決めた"想い"だ。

 

 イ号403は命の恩人で、潜水艦として尊敬すべき相手なら。タカオはメンタルモデルとしての憧れで、ある意味501の自我を形成するうえで、その方向性を定めた存在だ。生みの親ともいえるだろう。

 

 そんな彼女が困っているなら助けるのは当然である。そこに霧としての存在意義や、疑問の余地は一切挿まない。

 

 それは霧としておかしい事だと501は気が付かないが、彼女には関係のない話だ。

 今はタカオを助ける。彼女の背中を後押しする。それで良い。

 

「どうして、お姉ちゃんは千早群像に(こだわ)るの? 別に人間の艦長なら、他にも居るよね?」

「大有りよ! 群像様は、私を沈めた唯一にして絶対の存在、私自らが認めた相手よ?! 彼以外に私の艦長なんて考えられないわ」

 

 501の言葉にタカオは勢いよく立ち上がり、顔を真っ赤にして熱弁する。

 霧の中でもキリシマと一、二を争うほどプライドの高い彼女にここまで言わせるとは、相当なものだ。

 こういうのを罪作りな男というのだと、人類では言うらしい。その通りだと501は思う。責任をとれ。起訴するぞ。

 

「じゃあ、艦長を欲しがる理由はどうして?」

「そりゃあ、強くなりたいからに決まっているでしょう。兵器なら当然のことよ」

「それなら501は直接、千早群像に言うよ? 私を貴方の指揮下に加えてくれって。それで彼の指揮のもと、強くなることができると思うけど?」

「うっ……直接言うのは、ちょっと、その、ダメよ……」

 

 今度は打って変わって、一瞬で照れて、恥ずかしげな表情に。いわゆるデレデレという奴。

 千早群像という単語を聞くだけで、この状態に陥るんじゃなかろうか。

 501としてはちょっと心配だ。恥じらいは良いが、もう少し慎みを持ったほうが人類的には良いらしいから。

 人類のネットワークを参考にした結果だが。

 評するなら悪い男に騙されそうで怖いといった所か。

 

「どうして? この方が効率的で簡単なのに?」

「乙女にはいろいろあんだよ……」

「ん~~、タカオのお姉ちゃん。この際だから、はっきり言うとね」

 

 そして501の統計学的というか分析結果からタカオを表せば。

 

「お姉ちゃん、千早群像に恋してるでしょ」

 

 彼女はまさに"恋する乙女であった"

 

「はぁ~~~っ!? そ、そそ、そんな訳、ない、ないじゃ、ない! 私は群像様の、こ、こと。純粋に艦長、として、て、慕ってるだけ、だけ」

 

 効果は劇的である。

 それまでのタカオとは打って変わって、異様なまでの慌てぶり。

 拳を握りしめた両腕を必死に振り回して否定するわ、頬を染めるほど羞恥メーターはMaxだわ、瞳はグルグルと回っているわで、凄いことになっている。

 

「ふ~ん、本当に?」

「ホントの本当! イエス! ダー! ヤー!」

 

 こんな姿を見せられて、恋じゃないと否定する方が難しい。

 乙女プラグインを実装すると大変だなぁ、と501は苦笑いするしかない。

 

「タカオのお姉ちゃん。千早群像に会いたい?」

「もちろんじゃない! 総旗艦じゃなくて、私と二人っきりになって、なって――えへ、えへへ」

 

 両手で頬を抑えてデレデレになるタカオに呆れの視線を向けたい。

 by501

 それは置いといて。

 

「いつまでもそばにいたい?」

「もちろん!」

「気持ち……私たち的に言えばコアの演算素子が満たされない?」

「胸に何かが足りないのは感じるわ!」

「千早群像に尽くしたい?」

「そのとおりよ。いつまでも傍にいて、いつまでも御守りするの。それが直衛艦としての矜持よ!」

 

 最後に、501は少しだけ間を置いた。

 この質問の答え方次第で、気持ちの強さが分かるから。

 

「千早群像は……大切な人?」

「自身の存在に変えても!」

 

 タカオは断言した。

 腰に片手を当て、胸にもう片方の手を添えて、誇り高く強く、微塵も迷わずに。

 

 501は少しだけ寂しそうに微笑む。

 わかりやすく言えばタカオは、群像を守るためなら、自分の命を懸けるといっているのだから。

 誰かの為に私情で自分を犠牲にするなど、霧としては本来ありえない行為。しかし、タカオの想いはそれを凌駕するほどに強い。

 

「お姉ちゃん。広義的にいうと、お姉ちゃんの状態は恋に当て嵌まります。恋愛です」

「そ、そんな――」

「何と言おうと愛なの! 恋してるの! 恋しちゃってるの! 霧としてはどうかと思うけど、立派な恋愛! そこは否定しちゃダメ!」

「うっ、分かったわよ……ぃ」

 

 501の強い口調、人差し指を突き付けて、めっ、とでもいうよなポーズに、タカオは押され、自分の気持ちを認めるしかない。

 語尾に恥ずかしいとか付いて、俯きがちになったが、まあいいだろう。

 問題は此処からなんだから。

 

「じゃあ自覚したなら告白、しよ?」

「なっ、ななな、なぁ、そ、そんなこと、できるわけ――」

「それじゃあ、告白の練習でもいいよ」

「それもダメよ!! 絶対、できるわけ、ないじゃない、うぅ~~~!!」

 

 やはりというか、何というかタカオは気持ちを伝えるだけの勇気がないらしい。

 しっかりしろ。お前は兵器だろう。やればできる子だ。と、402あたりなら突っ込んでいそうだ。

 その前に呆れの眼差しが来るだろうが。

 潜水艦は突っ込み属性が多いのです。一部例外を除いて。

 

「なんで? 簡単だよ。自分の気持ちを口にするだけだよ?」

「それができたら苦労しない! 私でもおかしいと思うけど出来ないのよ!」

 

 タカオの必死な叫びに、501は何も言わなかった。

 彼女の気持ちを理解することは難しいが、悩み、苦しんでいるのは、コアノ演算状態から推測できる。

 だが、このままでは、何時までたっても前に進めない。それだけは何としても避けねばならなかった。

 

 群像を慕っているのは少なくともタカオを含めた3人。イ号401ことイオナと、総旗艦らしき少女のアマハコトノだ。

 常に群像の傍にいるイオナ。幼いころから群像を知っているコトノ。タカオだけが圧倒的に不利な立場にいる。

 端から群像を眺めているだけの存在になったら、タカオがあまりにも不憫すぎる。

 かといって、気持ちを秘めたまま、何もしないのもダメだ。

 

 結局は自らの手で勝ち取るしかないのである。

 群像の恋人という座を。

 彼に己の艦長になってもらう未来を!

 恋は戦争なのだ!

 

「じゃあ、告白の練習。声にするだけの簡単な動作。いけるでしょ?」

「えっ、そんなこと急に言われても……」

「わたしがお手本を見せるから、お姉ちゃんも真似すれば恥ずかしくないって、大丈夫だよ」

 

 そう言うと、501はありったけの声量を込めて叫んだ。

 よりによって、蒼き鋼のクルーたちが作業をしているドッグの中で。

 

"わたしは~~! タカオのお姉ちゃんが~~! 大好きです~~!!"

 

 盛大にタカオに対する気持ちをぶちまけた。

 

「ちょ、アンタ、え、ええ!?」

「ほら、お姉ちゃんも一緒に」

 

"タカオのお姉ちゃんや、403のお姉ちゃんのこと、いつも考えてるよ~~!!"

 

 その幼い少女特有のソプラノボイスは聞き取りやすい音となって、地下ドックの全体に響き渡っていく。

 作業している401のクルー達にも充分に聞こえたのか、クスクスという笑い声や、若い男のからかい声まで飛んできた。

 乙女の恥ずかしい秘密を暴かれたばかりか、自分に対する好意をぶちまけられるとは、何という羞恥プレイであろうか。

 しかも、この後、千早群像に対する気持ちを叫ばなければならないのだ。それも、気心の知れた401のクルーたちに向かって。

 

(そんなこと……そんなこと……)

「さっ、お姉ちゃんも勇気を出して」

「出来る訳ないじゃないのよ~~~!!」

 

 あっ、待ってお姉ちゃんという501の言葉を尻目に、タカオは明日に向かって全力で逃走するのであった。

 

◇ ◇ ◇

 

 アマハコトノのせいで複雑な感情を抱いていたのは、何もタカオだけではなかった。

 それは群像の相棒であるイオナだろうか? しかし、彼女は群像と引き離されたことにちょっと残念そうな顔をするだけ。かのツンデレ重巡のように感情豊かな表情を見せるにも経験値が足りていない。

 正確に言うならば、当事者はイオナではなく、大戦艦ヒュウガであった。

 意外かもしれないが、総旗艦が連れてきた従属艦のことを考えれば、理由はすぐにでも分かるかも知れない。

 

「アンタなんかにイオナ姉さまを渡してたまるものか! ええい、姉さまを離しなさい!!」

「ヒュウガ、どうかしたの?」

「イオナ姉さま、待っていてください。ヒュウガが必ずやイオナ姉さまをシスコン野郎の魔の手から救い出して見せますから!」

「……?」

 

 かつて群像率いる401の圧倒的な攻撃力で、一時海の藻屑とされ撃沈された大戦艦ヒュウガは、イオナ姉さまLOVEである。

 しかし、それに負けないくらいの姉妹愛を持つメンタルモデルは、401に過剰な愛と変態行為を迫る大戦艦を警戒して、イオナを離そうとしない。

 何を隠そう、群像がコトノと二人っきりになり、これ幸いにイオナ姉さまと二人っきりになるチャンス! とヒュウガの思惑をぶち壊しているのは、他ならぬ姉妹艦の403。

 貴様に愛する姉は渡さぬと、イオナを後ろから抱きしめ、肩ごしにヒュウガを睨んで、無言で抗議の訴えを醸し出していた。

 

 おかげでヒュウガの演算素子は煮えたぎるような訳の分からない反応が出力されている。

 人はそれを持たざる者の妬み、持つ者に対する憎しみと形容するのだが、ヒュウガにはそんなこと関係ない。

 大事なのは403(コイツ)のせいで、至高の宝物が手に入らないということだ。イオナ姉さまと二人っきりで、あんなことや、こんなことをする時間が手に入らないということだ。奴はヒュウガにとって不倶戴天の存在である。

 

 イオナと同じ翡翠の瞳がヒュウガを捉えて離さない。400シリーズの躯体(メンタルモデル)が持つ共通の特徴であり、姉妹だと明かす印のひとつ。

 瞬きせず、感情も表さない無機質の瞳と無表情には、ヒュウガと同じく相容れないというような意思が込められている。

 分かりやすく言えば、無言の圧力である。もっとも騒動の中心であるイオナはきょとんとしているが。

 

「却下……」

「403もどうかした?」

「却下、拒否、否定、拒絶。大戦艦ヒュウガの存在は許容不能。即刻立ち去ることを要求する」

「……?」

 

 403の言葉を要約すれば"あっち行け"

 しかし、そんな事を言われて素直に引き下がるヒュウガではない。

 誰よりもイオナ姉さまを愛するからこそ、二人っきりでprpr以下略したい欲求を持つのは当然である。

 その野望もとい欲望を叶える為にも、目の前の障害は何としても退けなければいけないのだ。

 

 互いのクラインフィールドが形成され、無数の六角形で構築された防護壁が干渉しあって火花を散らす。

 躯体(メンタルモデル)に内包されたユニオン・コアの、橙色と黄色の固有色をは色つき花火のように美しいが、やってることは相手を吹っ飛ばすための圧力を一定方向に集中させるという武力行使。間に挟まったら、蛙のようにぺしゃんこどころではない。挽肉(ミンチ)の出来上がりである。

 

「上等じゃないの! ただの潜水艦風情が大戦艦さまに逆らうとどうなるか。きっちり教えてやろうじゃない」

「肯定。人類のネットワークから該当する文章を引用。来いよヒュウガ。銃なんて捨てて掛かって来い」

「野郎、ぶっころry!」

 

 コトノと群像が再開する中で、密かに行われていた決闘。

 その決着の行方を知る者は誰もいない。

 イオナを除いて。

 




群像書けない。グンゾーになる。どうしよう。筆が進まない。
ノルマ五千字が達成できねぇorz

あと一話で超兵器編に入るよ。
一心不乱の大戦争だよ。
主人公は三人?
潜水艦。潜水艦。大戦艦。

群像とラブコメとコトノを倒せたらだけど。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。