道行くアノコは死神   作:ねぇなんで私が私が解る?

1 / 1
道行くアノコは死神

 

まただ。今、本当に危なかった。

僕は常に死神に命を狙われている。

 

 

発端はたしか、小学生の頃だ。

遊具で頭を打った時から、僕は死神が見えるようになった。

その日から僕の日常生活は一変した。

この世に存在するありとあらゆる死神が、僕の命を狙ってくるようになった。

例えば、算数の授業中。

隣の席に座った死神が、ノートを貸してくれ、と言ってきた。当然断った。

もし死神に文字でも書かれようものなら、見ただけで僕は死んでしまう。

例えば、体育の授業中。

僕は常に端っこにいて、死神と関わらないようにした。

だが、奴らは僕を殺そうと声をかけてくる。

「お腹が痛いの?大丈夫?」

なんて恐ろしい奴だろう。親切なふりをして、僕を殺そうとしているんだ。

「おい、お前もやれよ」

こんな脅しもあった。強制的に参加させ、殺そうとしたのだ。これには圧倒的な恐怖を覚えた。

 

 

中学校に進んだら、死神から声をかけられる事は少なくなった。

そのかわり、わざわざ僕の目につく場所で作戦を練るようになった。ちらちらと此方に視線を送り、また輪を作ってぼそぼそと会議する。

...あぁ...この時に心に負った傷は、未だまったく癒えていない。それどころか、ますます僕の精神を弱らせる。

目標の目の前で、どうやって殺そうか、どうやって苦しめようかと懇々に話し合っているのだ。

まだ幼かった僕の心に、あまりに深い傷を作ったのは、これに他ならない。

 

 

高等学校には進まなかった。当たり前だ。

中学校よりも、更に僕の命を狙う死神の数が増えるのだから。だが、部屋にずっと落ち着いて居られるという事は無かった。

「ねぇ、偶には外に出て!」

扉を叩く激しい音。そして、僕を呼びつける大きな声。

たまらなく恐ろしい。布団にくるまっても尚、体が震え続ける。ガチャガチャと音を立て、鍵を抉じ開けようとする。

止めてくれ。止めてくれ。

だが、口に出せばお終いだ。死神と言葉を交わせば、死んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「駄目です、先生。まったく開けてくれません」

「ふむ...」

女性の心底残念そうな声に、顎に手を当て思考を巡らす白衣の男。

この白衣の男は、俗に言う精神科医である。

「...いつ頃からですか?」

「確かもう...十年ほど前から」

はぁ、と溜め息を吐くと同時に答える女性。肩を落とし、項垂れている。

その言葉に、男が反応した。

「十年ですか。それはまた」

「キツい話です。仕事があるというのに...」

「その通り。しかし、あと一歩の所までは到達していますから」

男なりに女性を励まそうとして言った言葉だったが、とくに女性は気づかなかったようだ。

「先生、私はこの子で三人目です」

「...三人目」

「たった二人だけ、という訳です。私が焦る理由がお解りに?」

「...よぅく理解致しました。及ばずながら力になりましょう」

「助かります」

踵を返して帰っていく白衣の男。

その背中を見て女性は、

「ふん、何が理解できました、だか」

そしてもう一度扉に目をやった。

「あんたでやっと三人目。私の命も危ないな」

女性はノルマを達成する事だけで頭を満たしていた。

 



▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。