TSレッドは配信者   作:モーム

13 / 14
「おつきみやまとピッピの月」 Part.2

 横穴は広くて、女の子ひとりとポケモン一匹でも背を伸ばして歩けるほど。

 大人が両手を伸ばしたら狭いかもしれないけれど、12歳の子供には関係ない。

 

「けっこう明るいね?」

 

「ピッカー」

 

 地図にのっていない横穴だから〈フラッシュ〉が必要なくらいに暗いと思ったら、天井のロープ伝いにランプがともっている。

 

 ちろちろとランプの光が山中の壁をなめるように照らして、足元も明るい。

 両手を伸ばして壁につくかつかないかの遊びをしながら探検していく。

 気分は化石発掘の探検隊で、胸を張って頬も赤くして進む。

 

「ふんふふーん♪」

 

 ちょっとイイ感じの棒(葉っぱ付き)も拾ってご満悦。

 ロケット団のことはすっかり忘れたのでしょうか、とっても楽しそうですね。

 

ちゃんと前を見て歩きなさい( ピ カ )

 

「ご、ごめんなさい……」

 

 相棒による安全確認が入る。

 ポケモンバトルになると天才的なのに、日常ではなかなか目を離せない手のかかる子だった。

 

 子育てお疲れ様です

 ピカニキもっと言ってやれ

 転んで涙目のREDちゃん……閃いた!

 ジュンサーさん呼んだ

 

 電波の入りもそこそこいいようで、配信も途切れることなく続く。

 横穴も途切れることがなく、10分ほど歩いてもなかなか広間や突き当りにたどり着かない。

 

「……長くない?」

 

「ピカー」

 

 ただの一本道がどこまでも続く。

 入り組んでいるわけでもなくて、途中に広間があるわけでもなくて、ただひたすらにまっすぐな道が続く。

 山の中だから風景も変わらないし、歩いているだけで〈こんらん〉しそう。

 

「分かれ道なんかないもんね」

 

「ピカピ」

 

「なんでかなぁ。ただ長いだけかなぁ」

 

 首をかしげたレッドはそのまま歩く。

 とりあえず先に進まないことにはどうにもできないのだし。

 

 てくてく。

 てくてく……。

 てくてく…………。

 

 5分が経った。

 

「なにもないね」

 

「ピッカー」

 

 てくてく。

 てくてく……。

 てくてく…………。

 

 10分が経った。

 

「……なにもないね」

 

「ピカー……」

 

「20分もまっすぐ歩く横穴なんてあるのかな? しかも地図に書いてないんだよ?」

 

 レッドがパンフレットやオツキミやま公式サイトのマップを確認する。

 やっぱり横穴のことはどこにも書いてなかった。

 ゲームなら攻略サイトを見るなりするところだけれど、今は配信中だから別の手がある。

 

 

 

 

 

 

「みんなはどう思う?」

 

 

 

 

 

‖ ▶❘ ♪ ・ライブ
 
 ⚙ ❐ ▭ ▣ 

 

 リスナーに聞いてみる。

 三人寄れば文殊の知恵、変態も5人いれば戦隊に進化するかもしれない。

 

 くっそ長いだけの坑道説

 ダウジングしようぜダウジング

 分かんにゃい……

 リスナーに〈やまおとこ〉の人おらんの?

 

 ほとんどは雑談みたいなもので特にヒントになるわけでもないけど、気を抜いたら〈こんらん〉しそうな横穴の中でだれかと喋ることが、レッドにはなによりも安心できることだった。

 そうやってコメント欄が流れていく中で、ひとりだけ思い当たったリスナーがいる。

 

 スリーパーだいすきおじさん

 \4,000

REDちゃん、ちょっと言うこと聞いてもらっていいかな

 

 ちょっと危ない名前のリスナーが危ないコメントをスパチャで投げてきた。

 ざわつくコメント欄に荒ぶるリスナー、荒しBotどころじゃない異変にスマホロトムも尋常じゃなく焦っている。

 とはいえレッドはそんなことを気にしている配信者でもなく、むしろなんでみんな荒ぶっているのか分からないくらい初心だったけど。

 

「なになに? なんでもやるよ!」

 

 さらにコメント欄がざわつく。

 天然でこういうことをしてしまうから、目が離せない12歳だった。

 

スリーパーだいすきおじさん「スマホロトムを見つめてもらっていいかな」

 

「こう?」

 

 レッドの顔が配信画面にドアップで映る。

 明るい茶色の瞳はくりくりとして、さらさらとした黒髪のポニーテール、輝く笑みが楽しそう。

 一部のリスナーは、パーカーを着ていても分かる年の割に大きな胸しか見ていなかったけれど。

 

 顔が良い

 ガチ恋距離たすかる

 結婚しよ……

 

 青少年の心を射止めてお兄さんお姉さんたちの庇護欲をくすぐる。

 これにはさすがの荒ぶるリスナーもにっこりしてスリーパーだいすきおじさんにお礼を言う。

 一方、スマホロトムとピカチュウだけが状況についていけなくてハテナマークを浮かべていた。

 

スリーパーだいすきおじさん「はいここでスマホロトム君、カメラのフラッシュを焚いて」

 

 スマホロトムがフラッシュを焚きながらカメラを撮る。

 

「目がーっ!?」

 

 レッドは目の前でフラッシュを使われたことで目の中に星を飛ばして、ちょっと涙目になりながら顔をおさえる。

 

「ピカー」

 

 よく分かんないけどちょっと面白かったピカチュウが、ぱちぱちと拍手をする。

 すこし和んだらしく、モンスターボールの中でフシギダネも体を揺する。

 

「あ、頭が回る……」

 

 ぶんぶんと頭を振ってみれば、網膜に焼き付いたフラッシュが後を引く。

 さてこれにいったいなんの意味があったのだろう。

 

スリーパーだいすきおじさん「これで〈さいみんじゅつ〉は解けたんじゃないかな」

 

「さいみんじゅつ?」

 

 ぽかんとレッドが目を丸くして首をかしげた。

 つられてピカチュウとリスナーも頭をかたむける。

 

スリーパーだいすきおじさん「エスパータイプのジムでもよくあるんだけど、脳みそを錯覚させれば〈さいみんじゅつ〉にかけられるんだよね」

 

「な、なる……ほど……?」

 

 まだいまいち分からないレッドが首をかしげたまま相づちを打って、ここでようやくあることに気付く。

 まっすぐだと思った横穴はあんまりまっすぐじゃないし、天井のロープもよく見ればすこしずつ曲がっている。

 ずーっとおなじ大きな円をぐるぐると回る構造になっていた。

 

「ずっとおなじところを回るように〈さいみんじゅつ〉をかけられてたの?」

 

 明るいとはいえ洞窟の中だから見落とすことも多いし、代り映えのしない景色をずっと歩けば〈こんらん〉しやすくもなる。

 そういう心理を突いた、人の不注意から錯覚させるポケモンの技いらずな〈さいみんじゅつ〉だった。

 

「ありがとう、スリーパーだいすきおじさん!」

 

 ちょっとしたアトラクションみたいで面白かったレッドが素直に感謝する。

 これにはスリーパーだいすきおじさんもにっこり。

 アドバイスが上手くいったら静かに視聴するタイプの優しいおじさんだった。

 

 やさしい世界

 心が洗われるようだ

 うたがってごめんなさい

 スリーパーって名前だったからつい……

 

 一部の心が汚れたリスナーは胸を痛めていたけど。

 タネが割れれば〈さいみんじゅつ〉も怖くなかった。

 

「よく見たら、あの割れた電球も何回も見てるもんね……あれ?」

 

 レッドが分かれ道を見つけた。

 電球が割れて暗くなったところに、さらに横穴がある。

 角度によっては見えないほどで、この洞窟がまっすぐだと錯覚していたら絶対に気づかない。

 

「ピ、ピカピ……」

 

 さすがのピカチュウも顔をひきつらせてレッドを止める。

 さっきスリーパーだいすきおじさんも言っていたように、エスパータイプのジムみたいに〈さいみんじゅつ〉の仕掛けがあるなんておかしい。

 このまま先に進んだらなにがあるかいよいよ分からなくなってきたのに。

 

 そこで先に進むのがレッドだった。

 

「だいじょうぶだよ、ロトムのライトもあるし棒だってもってる!」

 

 レッドがちょっとイイ感じの棒(葉っぱつき)を掲げてみせる。

 ちょっとイイ感じの棒にはちゃんと効果がある。

 足を痛めたら杖にもなるし、持ちながら歩くと楽しい。

 

 ポケモンバトルには関係ないけど、洞窟探検の道具として最高のアイテムなのだから。

 

「ピッカ……」

 

 レッドが楽しそうだからピカチュウも説得を諦めて、ハイライトのない目で少女の顔を見上げる。

 まだピチューだった彼を連れて草むらに飛び込んだ時とレッドは同じ顔をしているから、ピカチュウがなにを言っても止まらないだろうし。

 こうなったらもう、危なくなったらポケモンらしくバトルするしかない。

 

「ふんふふーん♪」

 

 悪の組織のアトラクションで遊んでいるような気持ちでレッドが分かれ道に入っていく。

 ロトムのライトのおかげで足元も明るく、ピカチュウに られてちゃんと歩いているから転ぶ気配もない。

 鼻歌は不用心すぎるけれども。

 

 しばらく歩くと、また明かりがあった。

 広間になっているようで、だいぶ明るくてかなり広い。

 

「なにか聞こえる?」

 

「ピカ?」

 

 トレーナーとポケモンが耳をすませる。

 人の声がしてきた。

 なにやら楽しそうに喋る明るい声が聞こえてくる。

 

「みんなも聞こえる? ……あれ? 配信できてる?」

 

 スマホロトムがモニターにばってんを浮かべた。

 分かれ道に入ったあたりから電波の入りが怪しくなって、今はもう完全に途切れている様子。

 

「困ったなぁ。でも録画だけはしておいてね。あとで編集して動画にできるかも」

 

 電波が届かなくて配信が途切れると聞いていたリスナーたちは、モニターをそのままに再開するのをのんびりと待っていたり、お洗濯やお夕飯の支度をしたりと、思い思いに過ごしている。

 

 もしうっかり映してはいけないものを映しても大丈夫そうだな、とスマホロトムも一安心。

 

「ロケット団を映しちゃったら大変なことになってたかな……」

 

 レッドが前世のアニメで見た悪の組織を思い出してみる。

 おとぼけ三人組のように親しみやすい人たちだったらいいけど、ほんとのほんとに悪の組織だったら、命を狙われてしまうかもしれないのだし。

 

(ムサシとコジロウ、それにニャースとも会ってみたいけどな。いてくれたら嬉しい)

 

 ちょっぴり期待に胸をふくらませながら、先に進む。

 

「──────からさぁ」

 

「いやでも────」

 

 近づいていけば人の声はすこしずつ大きくなっていく。

 悪い人か、それとも隠れてるだけの変なトレーナーか、レッドの胸がドキドキと弾む。

 

 ちらり、と角からのぞいてみる。

 

「アンタそんなしょうもない嘘ついたってどうにもならないわよ」

 

「いやいや、さっきはほんとに〈いあいぎり〉できたんだって!」

 

「人間にポケモンの技が使えるわけないじゃないの」

 

 男性トレーナーが、ちょっとイイ感じの棒(大人用サイズ)を振っている。

 女性トレーナーが、呆れた様子で腕を組みながらそれを見守っている。

 

 それぞれ青い髪と赤紫の髪。

 ロケット団の制服を着た二人組で、レッドにはすごく見覚えのある二人組だった。

 

「む、む、む……」

 

「ピカ?」

 

 レッドの様子がおかしくてピカチュウが彼女の足をつまむ。

 前世ではずっと見ていただけではなかったけど、テレビをつけて気になったらそのままポケモンのアニメを見ていた女の子がふるふる震えている。

 

ムサシコジロウだーっ!」

 

 キラキラと瞳を輝かせながら満面の笑みで叫ぶ。

 発育のいい胸の前で両手を握り、ちょっとイイ感じの棒(葉っぱつき)を持ったまま、推しと出会ったオタクの反応をする。




ムサシとコジロウがピカブイに登場した時はとても嬉しかったです。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。