ええ、ええ、いつかヤると思っていました。だって何もしてないんですもん。そりゃアタリますよね。ええ。正直、私にも分けて欲しいなーって思ったんですけどね。え、違います?

 ──(脳筋)ウサミミ(拳闘士)占術師



 エイプリルフール用。いつかは消します。

 

1 / 1
 

 ちゃんと準備はしようね!

 
 


いつかヤると思ってました。 by脳筋

 

 初めは、ちょっとした違和感でした。

 

 あれは……そう、【ライセン大迷宮】を攻略し、【ブルックの街】に帰ってきた時のことです。

 

「ユエさんユエさん、次はこっちはどうですか!?」

「ん、いいかも」

 

 その時私は、ユエさん(私の師匠及び大親友)と一緒に、買い物を楽しんでいました。

 大迷宮を攻略し、あとちょっとで次の街に出る、という時分で、呉服屋のクリスタベルさん(モンスター漢姉(おねえ)さん)の挨拶ついでに、買い物をしていました。

 ハジメさん、という私が狙っている男性のため、ユエさんと二人がかりで誘惑しようと画策していた時でした。

 

「……っ!? んぐっ」

 

 ユエさんがいきなり、口元を押さえかがみ込んでしまったんです。

 もちろん、私は駆け寄って背中をさすって、クリスタベルさんにお水を持ってきていただきました。

 

「大丈夫ですか、ユエさん?」

「…………ん、大丈夫」

 

 その時はすぐに治ったので、あまり大ごとにはなりませんでしたし、ハジメさんに話すこともありませんでした。

 

 思えば、これが始まりだったのでしょう。それからちらほらと、おかしなことが起こり始めたんです。

 

 

 【北の山脈地帯】での事です。

 私達は貴族の方ウィルさんの捜索の依頼を受け、【北の山脈地帯】に行ったんです。その時はハジメさんの恩師の方と、同郷の方々を連れて。

 その時、ティオさん(何もなければいい人)と戦ったんです。その時、ティオさんは洗脳されていて、ハジメさんと私たち三人で応戦したんです。

 

 ご同郷の方々に力を見せつけるための戦いでもあったのですが……その時、事件が起こったんです。

 ユエさんが先制に魔法を放った時、それは起きたんです。

 

「“禍天”」

 

 その宣言(ことば)は、ティオさんを押し潰さんという(その時は敵でしたし)覇気が込められていました。

 

 ですが、何も起こりませんでした。

 

 私たちももちろん驚いていましたが、一番驚いていたのはユエさんだったと思います。当然、そんな隙を晒せば相手が放っておくわけないもので、ユエさんは格好のマトになっていました。

 そうはさせじとハジメさんがティオさんの側頭部を撃ち抜いて、なんとか標的をハジメさんに向けさせたうちに、驚愕に顔を呆けさせたユエさんを抱え、なんとか離脱させることができました。

 その後、ティオさんの変態が発覚して帰路に立つ時、虚空に闇色の玉が現れ、空に向かって飛んでいくのが見えました。どうやら、先程放った魔法が遅れて発動したそうです。

 

 あの時は「調子が悪かったんだな」とハジメさんに撫でられ、ご満悦なユエさんに「わざとやったのでは?」とか、嫉妬の感情が芽生えたものですが……一体、何が原因だったのか、その時はわかりませんでした。

 

 

 最後は、フューレンに戻る道のりでの事でした。

 洗脳が解け、ハジメさんの奴隷となった(例えですけど、本気で思っているので)ティオさんの歓迎会を開いたんです。

 ハジメさんやユエさんは乗り気ではなかったのですが、せっかくですし、ということで私が腕によりをかけてご飯を作ったんです。

 ウルの街で頂いたお米をどう調理しようか、と考えながら、ご飯を炊いていた時です。その時ふと、ユエさんが様子を見にきたんです。どうやら、お腹がとても空いていたそうで、私は小腹に挟む程度なら、とお菓子を渡しておいたんです。ちょっと酸っぱめな飴玉なんですけど。

 それを美味しそうに食べる(かたわら)で、ご飯を炊いている鍋の蓋を開けたんです。

 

 その瞬間、ユエさんが一気に青ざめました。

 まるで、何か気持ちの悪いものを口に入れたような顔をして、走っていったんです。その時はちょっとショックでしたね。なにせ、自分の料理にあんな顔をされるとは思いませんでしたし……ええ、本当に。

 その時は飴玉が不味かったんですかねぇ、と自分を納得させました。結局、作り終えた後は食べてくれたみたいですし。

 

 

 まあ、流石に……それで気づかないわけがなかったんですが。

 

 

 

 そして、今日。

 

 私──シア・ハウリアは、今までのことを思い出して、空を見上げた。

 

 思い出せば、兆候はありました。

 最初は少しの違和感でも、たくさん。一回限りは偶然でも、何回も起こればそれは必然になる、なんてことも忘れて。

 

 

 ユエさんは今日、どこかおかしかった。

 

 朝からソワソワ。昼にはオロオロ。そしてどこかへふらっと行ったと思えば、ドキドキした様子で忙しない。

 これからハジメさんのご同郷の方々に会いに行くというのに、ユエさんは朝から落ち着きがなかったんです。まるで、秘密を隠す乙女のように、じっとしていなかったんです。

 

 

「のう、シアや。これはどうするんじゃ?」

「あっ、ティオさん。それは持っていってもらっても大丈夫ですよ」

 

 もう日が落ちかけていた頃。ティオさんに手伝ってもらいながら、夕飯の準備をしていたところです。

 いつも通り、自製アーティファクトの手入れや創作を行なっているハジメさんに、ユエさんが近づいて行ったんです。

 

「ハジメ」

「お、どうした。ユエ」

 

 ハジメさんはユエさんを(いつものように)抱き寄せ、膝に座らせていました。

 

「ちょっとハジメさん! もう、ユエさんばっかり抱きしめて!」

「羨ましいのぅ、ハジメや。妾も……」

 

 そんなハジメさんに構ってもらおうと、ティオさんと共に這い寄った時です。

 

 

「ハジメ」

 

 

 空気が変わった。そう感じました。

 

 明らかにいつものユエさんじゃない。

 

 あからさまに雰囲気が異なるユエさんに、ハジメさんは気圧されたようでした。そんなハジメさんの腕を押し除け(本当に珍しいことに)立ち上がりました。

 呆然とするハジメさんをよそに、ユエさんは懐から一枚の紙を取り出し──私たち(私とティオさん)は、背筋が凍った。

 

 

 それは、私たちが知っていたものだったからです。

 

 むしろそれは、()()()()知っておかねばならぬもので。

 

 女ならば、知らないはずがないもので──!

 

 

 それが何を意味するかわからないハジメさんに、ユエさんはにっこり笑いかけて、こう言いました。

 

 

 

 

 

 

「──できちゃった♪」

 

 

 

 

 

 

 ──空気が、凪いだ。

 

 

 道理とか、真理とか、これからとか、そんなものを置き去りに落とされた最強の神代魔法(ばくだん)に、ハジメさんは──

 

 

 

「ぱふぉあ」

 

 

 

 断末魔をあげて、崩れ落ちた。

 

 

 ──デスヨネー……

 

 

 私の想いよ、闇夜に届け。

 

 引き攣った顔を隠すように、そう、思った。

 

 

 




 エイプリルフール用だったのに、なぜ一週間も遅れるのか。

・シア
 今回の語り手。薄々勘づいてた。

・ハジメ
 まったく気づいてなかった。
 17歳、パパになる(ガチ)。

・ユエ
 できちゃった♪
 エヒト困惑するよこんなの…

 補足として、検査薬は魔法陣が描かれた紙です。“かける”のではなく“あてて”使う。
 魔法が遅れて発動したのは、精神状態の影響。テンションがぐちゃぐちゃで発動したようです。
 なお、最終決戦までだいたい一年。この頃は来て半年くらい? だから、見事ブッキング。なんてこったい。エヒトは身重を襲うという業が深いことに…

 ミュウ坊出すの忘れたっ…!

 



▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。