筋肉放浪記   作:お燐ヘリントン

1 / 1
初投稿です。読んで下さいお願いします。


筋肉放浪記

〜永遠亭〜

 

永琳「え、喘息を治してほしい?」

 

パッチェ「ええ。あなたの力でなんとかなんない?」

 

永琳「出来るけど…、どうしたの急に。」

 

パッチェ「ちょっと筋トレしたくてね。」

 

永琳「筋トレねぇ…暇なの?」

 

パッチェ「暇なの。」

 

永琳「念のため聞くけどさ、筋トレ何から始めて1セット何回やるるの?」

 

パッチェ「スクワット1セット300回からだわ。」

 

永琳「いきなりそんな数大丈夫?」

 

パッチェ「ただの上下運動でしょ?楽だわ。」

 

永琳「意外とキツいわよそれ。せめて50回から始めたら?」

 

数日後…

 

パッチェ「やっぱ50回からでいいわ。あれ結構キツいわね。」

 

永琳(だろうな…。)

 

さらに数日後…

 

パッチェ「いやあ、なんかバランス悪いわ。いい筋トレない?」

 

永琳「腹筋、腕立て、背筋を1セット50回ずつね。」

 

パッチェ「なるほど。」

 

輝夜「そんなに筋肉つけたいなら、ステロイドでも飲んだらどうかしら?」

 

パッチェ「なるへそ。」

 

そしてパッチェは力を求めた。

 

白蓮「あら、あなたは確か…」

 

パッチェ「実は…」

 

ある時は尼僧に強化魔法を教わりに、

 

萃香「ぬおおおおおおおお!!!!!」

 

パッチェ「んなあああああああ!!!!!」

 

またある時は鬼と決闘した。

そして…

 

〜紅魔館〜

 

レミリア「いい感じね。パッチェの関節」

 

パッチェ「鍛えてから生を感じるわ。筋トレのおかげよ。」

 

パッチェの関節と筋肉は進化した。

 

レミリア「ところで、喘息はもう治ったんでしょ?」

 

パッチェ「ええ。てか初めからあの月人に頼めばよかったわ。」

 

レミリア「そうね。あの月人、どんな薬でも作れるのよ。何で今まで思いつかなかったんでしょうね。」

 

パッチェ「まあ治ったからいいじゃない。」

 

レミリア「フハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!」

 

パッチェ「AHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAH!!!!!!!!!」

 

盛大に笑った。

 

咲夜(ふふ、お嬢様たちが楽しそうで何よりです。)

 

そこでこっそり見ている者がいた。

 

数日後…

 

ドンドン

 

魔理沙「お、誰なんだー?」ガチャ

 

パッチェ「こんにちは、魔理沙」ズォォォォ…

 

魔理沙「な、なんて筋肉なんだ…」

 

パッチェ「突然だけど、私に向けてマスタースパーク撃ってくれないかしら?」クスクス…

 

魔理沙「な、なにを藪から棒に‼突然すぎるぜ‼」

 

パッチェ「いいから。もう構えてるわよ?」ズォォォォ…

 

 

この時のことを普通の魔法使い霧雨さんは語る。

 

魔理沙『パチュリーに向けてマスタースパークを撃つなんて、あの時は丸焦げになるんじゃないかと思った。だけど、パチュリーの体に傷が…傷がついてないんだぜ‼一つも…‼まるでランプの光を浴びるように体に何事もなかった…』

 

 

魔理沙「じゃあ、思いっきり撃つぜ‼」

 

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォ

 

パッチェ「」ニタァ…

 

ギュゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッッ!!?

 

魔理沙「マスタースパークを…手で包んで縮めた!!?」

 

シュゥ〜〜〜…

 

パッチェ「うん…馴染んでるわねこの体…。」

 

〜永遠亭〜

 

永琳「筋トレの成果、どうだったかしら?」

 

パッチェ「マスタースパークも素手で止めることができるようになったわ。」

 

永琳「え、なにそれ。すごいわ筋肉って。」

 

〜END〜



 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。