サツマンゲリオン ~ 碇シンジが預けられた先が少しだけ特殊だった県/件   作:◆QgkJwfXtqk

103 / 113
+
我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう
そして、海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう
神にかたどって創造された
男と女に創造された
神は彼らを祝福していわれた
産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ
海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ

――旧約聖書     









壱拾陸) ALPHA et OMEGA
16-1


+

 国連第2東京本部ビル総会室。

 かつてニューヨークにあった国連本部ビルのソレと同じように、すり鉢めいた作りをした巨大な部屋。

 その中央の演台に碇ゲンドウは、国連安全保障理事会人類補完委員会特務機関NERVの総司令官として堂々と立っていた。

 NERV高官用制服を身に纏い、使徒との生存戦争の終結を人類に報告するのだ。

 それは、特別報告会と題された公式発表の日の事であった。

 

 その姿を小さなTV画面越しに見ている少年たち。

 適格者(チルドレン)、碇シンジと鈴原トウジだ。

 場所は何時ものNERV本部地下、操縦者待機室だ。

 

「コレで、公式には終わりっちゅう事やな」

 

じゃろよ(そうなるよね)

 

 尚、惣流アスカ・ラングレーら女子組は男子組禁制の心身管理プログラムに参加していて不在であった。

 ()()()()()()、と言う奴であった。

 アスカの女性特有の生理問題に綾波レイが関心を持ち、最近はアレコレと質問をする様になっていたが為に質問を受けるアスカが悲鳴を上げて大人に泣きつき、結果として天木ミツキが教育をするべきとした結果であった。

 マリ・イラストリアスも、チト早いかもしれないけども構わないとばかりに連行されていった。

 尚、アスカは綾波レイに腕を掴まれていて参加の拒否権不在であった。

 綾波レイ、最近は女性的な事に関してはアスカを頼る様になっていた。

 これも情緒が育った結果と言えるかもしれない。

 

 兎も角。

 突発的な事情でアスカ達が不在であっても、シンジ達の訓練は継続されていた。

 それはこの、特別報告会の日であっても同じであった。

 とは言え操縦者待機室に第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は居ない。

 女の子はまとめて天木ミツキの女の子教室に放り込まれているのだから当然の話であったが、男子陣はそうではない。

 居ない理由は教育方針の転換その他、訓練内容(カリキュラム)の変更が行われた結果だった。

 それは第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)の教育水準が再検討された事が理由の1つであった。

 適格者(チルドレン)6人の中で最も普通(平凡)と評価されている鈴原トウジであっても、エヴァンゲリオンを自在に操る事が出来るが、第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は出来ていない。

 エヴァンゲリオン3号機と第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンは、機体構造と外装に違いがあっても制御系はほぼ同じであるにも拘わらずである。

 そして、第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は促成であるとは言え、それは鈴原トウジも同じであるにも拘わらずである。

 軽視して良い話では無かった。

 操縦する人間の練度不足で高価な機体が簡単に破損させられては堪らないのだから。

 同時に、機体的な問題も調査される事となっていた。

 第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンの()()()()()と言うモノは、実戦配備時より問題点として認識されては居た。

 正規(第1次整備計画)エヴァンゲリオンに比べ第2次E計画のエヴァンゲリオンが簡易量産型である事は織り込み積みの話ではあった。

 だがそれでも、予想された能力よりも動きが悪かった。

 だが、対使徒戦力と言う観点からNERV本部配備エヴァンゲリオンが優先されていた為、問題の原因究明と対応は後回しにされていた。

 そもそもとして、第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンは政治的要求で整備された戦力であり、使徒との本格的な戦闘は前提にされていなかったのだ。

 第16使徒戦に投入された事がNERVからすれば想定外であった。

 だが、その使徒襲来が止まった事で赤木リツコら技術開発局が原因の調査と研究に本腰を入れられる事となったのだ。

 機体とのシンクロ ―― 制御にBモジュールを介していると言う特性からエヴァンゲリオン3号機とエヴァンゲリオン8号機、そして第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンが比較され調査されているのだった。

 

 兎も角。

 第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は、改めて鈴原トウジが受けていた教育プログラムを元にしたカリキュラムに則った訓練を受ける事となったのだ。

 最初は、その成果からシンジの受けた訓練内容が基になっていた。

 適格者(チルドレン)になる前に培っていた基礎が違い過ぎていた。

 2番目には、アスカの受けた訓練内容が基になっていた。

 選抜に選抜を重ねた果ての選ばれた人材(ライトスタッフ)向け過ぎていて、論外であった。

 そして今回の改訂前の内容は、前2例の反省を基に標準的な適格者向けとして綾波レイの受けていた訓練内容を基にした内容であった。

 幼少期から適格者(チルドレン)として在籍していた綾波レイの受けていた内容である。

 冷静に考えれば普通の筈が無かった。

 その点に気付いた時、葛城ミサトは天を仰いで(アッチャーと零して)いた。

 だが、気付かないのも仕方のない話であった。

 その内容は鈴原トウジが受けた訓練内容でもあったのだ。

 そして鈴原トウジは見事にエヴァンゲリオン3号機を操り、使徒と戦い抜いてきたのだから。

 それは、普通と見られている鈴原トウジも、資質を持った人間であったと言う証拠であった。

 Bモジュールの非搭載機向けの訓練内容を受け、その上でエヴァンゲリオン3号機と実際にシンクロし実戦を潜り抜ける中でコツを掴んだのだから。

 

「当分、実戦は無いちゅーんは有難いわな」

 

「平和って良いよね」

 

 何時もより緩い(太平お気楽な)顔をして合いの手を打つのは渚カヲルだ。

 割と切実に命の危機があったのだから、ある意味で当然の反応であった。

 珈琲カップに砂糖をマシマシに注いでる。

 が、ソレを見るシンジと鈴原トウジは驚きの表情をしていた。

 

なんでおっとな(どうしてここに居るの)!?」

 

 滅多に無いシンジの驚きの声。

 さもありなん。

 事前に公開されたプログラムには、本日の特別報告会に()1()7()使()()が列席するとされていたからだ。

 

「フフフフフ、2人とも驚いたね。その顔が見たくて」

 

「何を言っとるんじゃ!?」

 

出らんとな(出ないの)?」

 

「一寸したA.Tフィールドの応用でね」

 

 そう渚カヲルが呟いた瞬間、TVの向こう側でどよめきが上がった。

 碇ゲンドウの隣に、光輝く人めいたナニカが出現したのだから。

 

『紹介しよう、我々人類が接する17番目の使徒、使徒の代表でもある』

 

 淡々と説明する碇ゲンドウ。

 チカチカと点滅する光り輝くナニか。

 挨拶のつもりだろうか。

 総会に参加している各国代表は勿論、TVのリポーターすら絶句しているのが判る。

 唯々、カメラ音だけが響いている。

 

『このような場で我々と彼らの意思疎通には少しばかり、まだ乗り越えねばならぬ壁がある。翻訳者を用意してある』

 

 碇ゲンドウの言葉を合図に、脇から登壇する小柄な人影。

 NERVのチルドレン用の制服を着ている。

 とは言え徽章の類は無い。

 又、顔は黒い頭巾で完全に覆われている。

 長い銀色の髪が腰まで伸びている。

 とは言え性別は判らない。

 ズボンを履き、胸は無いのだから。

 

「誰や、アレ?」

 

だいけな(誰だろう)

 

 顔を見合わせるシンジと鈴原トウジ。

 特徴的な銀色の髪は、青味があって渚カヲルの特徴と言えるだろう。

 綾波レイはアルビノ系の白味が強いからだ。

 

「僕の()()だよ」

 

 事も無げに説明する渚カヲル。

 人造適格者(ビメイダー・チルドレン)として完成したのは、今の渚カヲルであるが、Adamの魂が宿らず極めて薄い自我しか宿らずとも成体として完成した個体は居るのだ。

 ストランド計画の第3(C)案は、渚カヲルを含めて10体が製造されたのだ。

 とは言え、乗るべき儀式用エヴァンゲリオンが形とならなかったが為、その駆動用プラグユニットへの()()が施されずに残っていたのだ。

 その1体、カール・ストランド=CⅧ(ストランド計画C案体8号)であった。

 自我が薄い為、渚カヲルがA.Tフィールドで操っているのだと言う。

 

「SFやな」

 

じゃんな(だね)じゃっどん(だけど)あいはなんな(アレは何なの)?」

 

 シンジが指し示したのは碇ゲンドウとカール・ストラント=CⅧの傍に居る光る人型である。

 

「アレもA.Tフィールドの一寸した応用だよ」

 

 空間を屈折させ、そこに何かが存在し、光っているように見せているのだと言う。

 揺らぎ。

 或いは影。

 質量も無く、光すら本来は存在していないのだと言う。

 

判んな(判った)?」

 

「わからん」

 

じゃっでよ(だよね)

 

 割と深刻な顔で首を傾げるシンジと鈴原トウジ。

 シンジは一般的な学業と言う意味では優秀と言ってよかったし、鈴原トウジとて適格者(チルドレン)と成って以降はシンジほか頭の良い連中と一緒に勉強したりもしたお陰で学業は良好になりつつあったが、流石にA.Tフィールドに絡むアレコレと言うのは範疇外であった。

 と言うか、感覚でやっている事であり、理屈など赤木リツコですら何となく理解したと言うレベルであるのだ。

 判る方がオカシイと言う話であった。

 

「フフフフフ」

 

「何や、楽しそうやな」

 

「だって、僕にだって特技があって、自慢できるって、それは嬉しいって事だよ」

 

よぅゆうが(良く言うよ)

 

「そや」

 

 素の中学生らしい雰囲気の会話をする3人。

 そんな3人など相手にもせず、国連総会の報告会は加速していく。

 

 

 

 渚カヲル(カール・ストラント=CⅧ)が語っていく、言葉。

 それは使徒の人類への降伏宣言であった。

 強大無比なエヴァンゲリオン初号機とエヴァンゲリオン弐号機。

 使徒を屠り続けたNERV本部のエヴァンゲリオン戦闘団。

 そして人類の(文明)を示す、9体もの第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオン。

 使徒は強力である。

 使徒は強大である。

 だが、使徒は単独にして単体でしかないのだ。

 使徒にとって都合15体ものエヴァンゲリオンと言うのは正しく横暴(数の暴力)であったと言う。

 故に、講和の道を選ぶ事となったと続ける。

 それは地球の人々と、何よりも国連安全保障理事会常任理事国(マジェスティック・トゥウェルブ)を満足させる言葉であった。

 恐るべき敵が人類の武威に畏れを抱き、講和を呼び掛けて来た。

 何とも喜ぶべき話であるのだ。

 無論、政治(大人の都合)である。

 莫大な予算を急遽組み上げた第2次E計画が無駄だったなどととてもでは無いが言える話ではないのだから。

 その辺りの報告会で言うべき内容を詰める際、碇ゲンドウからリクエストされた事を渚カヲルは笑顔1つ(アルカイックスマイル)で受け入れていた。

 その笑み。

 素直な渚カヲルは、自分の安全が保障されたので後は何でも良いと言う気分での事だった。

 だが、性根の曲がっている碇ゲンドウは、それを脅し(貸し1つ)と捉えたのだった。

 

 碇ゲンドウを除く、全ての人間を満足させる言葉。

 そしてカール・ストラント=CⅧの口が代弁していく言葉は、更に満足させた。

 使徒の持つ技術の全開示である。

 渚カヲルの内側に眠るAdamの欠片()、そこに刻まれていた始祖民族の情報と言えた。

 同時にNERV本部、その地下空間の大本となっている黒き月に残されている情報の解析なども行うのだ。

 使徒の無尽蔵の動力源である(スーパーソレイド)機関は、人類のエネルギー問題を簡単に解決に向かわせる事が出来るだろう。

 使徒との講和が齎す明るい未来の提示。

 それは大災害(セカンドインパクト)以来の様々な人類の傷を癒す力があった。

 明るい未来と言うものは、それだけの力があったのだ。

 

 様々な言葉で、万歳と歓声が上がる国連総会。

 興奮した人々が壇上に握手を求めて近づき、SP(護衛員)が制止すると言う一幕すらあった。

 

 

 

「楽しそうね」

 

 少しばかり白けた顔で呟くのは葛城ミサトであった。

 勿論、見ているのはTVであり、国連総会での報告会である。

 場所は作戦局大会議室だ。

 作戦局の主要スタッフと技術開発局の主要スタッフが集まっていた。

 

「希望は必要ですからな」

 

 合いの手を入れるのはパウル・フォン・ギースラーである。

 とは言え、若干の苦笑が唇には浮かんでいる。

 仕方のない話であった。

 この作戦局大会議室に2つの部局の人間が集まっている理由、議題が議題であったからだ。

 太陽系外からの襲来、他の星系に降着した白き月、黒き月の末裔が攻撃的な意図をもって襲来した場合への対処に関する検討であったのだから。

 始祖民族の手で宇宙に拡散された大迷惑。

 総数10万にも達する白き月、黒き月の民と言う脅威への対応である。

 とは言え、具体的な話は何も出来ずにいた。

 

 いつ来るのか。

 本当に来るのか。

 来たとしてそれが友好的なのか、それとも攻撃的なのか。

 攻撃的な意図をもって来たとして、それはどれ程の規模で来るのか。

 

 一切合切が不明であるのだ。

 正に雲をつかむような話であった。

 

「勘弁して欲しいわね」

 

「情報が何もないですからね」

 

 アメリカ人めいて肩を竦める仕草をするパウル・フォン・ギースラー。

 だが、その言葉を発端に、集まった人間が会話(ディスカッション)を再開させる。

 

K情報(渚カヲル)によれば、白き月と黒き月との連絡システムは勿論、黒き月同士でも情報共有は無いと言う話です」

 

「敵を知らないと言えるかもしれません。ですが、我々の情報も敵は知らないとも考えられます」

 

「先ずは情報だな」

 

「恒星系外に向けた太陽系全域の探知網など、現時点では絵空事も良い所だ」

 

「光速の壁、人類には太陽系は広すぎる」

 

「いっそ近隣の恒星系に偵察を行うか? 宇宙研究者は大喜びしそうだが」

 

「そもそも、そんな宇宙船をどうやって開発する__ 」

 

(スーパーソレイド)機関があればエネルギー源としては__ 」

 

「正にSFだな。しかし、近くのアルファ=ケンタウリにすら遠すぎるのだぞ?」

 

「今の人類には火星すら遠い__ 」

 

 喧々諤々と言った塩梅の議論。

 とは言え、結論の出る話ではない。

 そして主催たる葛城ミサトにとっても、結論の欲しい話では無かった。

 今日の会議も、ある種、()()()()()()()()()()()()()()()()()()と言う態で行われているのだからだ。

 

「何にせよ、政治サイドが予算枠と目的をくれないと何も出来ないわよね」

 

「宮仕えの哀しさね」

 

 葛城ミサトの隣に座っている赤木リツコも嘆息していた。

 

「そう言えば、10万だかの月の話、何時、公表される事になるの?」

 

「少し先ね。使徒技術の解析によって判明したって態で行われるとは、碇司令が言っていたわ」

 

「………少し先にして欲しいわね」

 

「そうね」

 

 憂鬱な顔で頷き合う2人。

 世論が沸騰し、沸騰した世論が国連を動かし、国連が無茶ぶりする相手がNERVとなるのは、事、使徒がらみであれば最早決定事項。

 或いは様式美であると言えるのだから。

 

 確定した未来に暗澹たる思いを抱きながら、そう言えばと葛城ミサトは言葉を繋ぐ。

 

「そう言えば地球移動計画、アレ、何時だったっけ?」

 

「そういう略し方もどうかと思うわよ」

 

「上の組織名に肖って(媚びを売って)、人類補完計画って名付けたのもどうかと思うのよ」

 

「あら、地球の地軸が1999年以前に戻るっていうのは、正に、人類の補完、生きる為の環境回復計画としては妥当じゃないかしら」

 

「名前の規模が大きすぎるっちゅーの」

 

「そこは同意するわ」

 

 葛城ミサト曰くの地球移動計画、正式名称は人類補完計画。

 それはエヴァンゲリオンのA.Tフィールドの共振による地球の地軸移動計画(ポールシフト)計画であった。

 核となるのは4機のエヴァンゲリオンだ。

 強力なA.Tフィールドの出力を持った機体。

 エヴァンゲリオン初号機。

 エヴァンゲリオン弐号機。

 エヴァンゲリオン4号機。

 エヴァンゲリオン6号機。

 この4機のエヴァンゲリオンが南極でA.Tフィールドを発振し、それを地球各地に展開させた8機のエヴァンゲリオンで共振させて安全に地軸を基に戻そうと言う大計画であった。

 

「大計画よね。都合12体ものエヴァンゲリオンでやるんだから」

 

「大仰とも言えるわね。セカンドインパクト時にはたった1体のアダムが成し遂げた事なんだから」

 

「で、あのざま、と」

 

「そっ。その大災害を再発させないための調律を8機のエヴァンゲリオンで行うわ」

 

「調律ね。本当に出来るの?」

 

「その為のBモジュールと言えるわ。マリの8号機を起点にして、MAGI5台による支援があるんですもの。可能よ。それに3号機のバックアップがあるんだもの」

 

 共振による調律を行う8機のエヴァンゲリオンは、全ての機体にBモジュールが搭載されている。

 そのBモジュールの秘匿機能、同調戦闘(RAID-GIG)システムの応用であった。

 同調戦闘(RAID-GIG)システムはエヴァンゲリオン8号機に搭載されていたオリジナルBモジュール、そのブラックボックス部分をディートリッヒ高原を中心としたBモジュール解析チームが精査した際に判明した、封印されていた機能であった。

 余人では存在すらも判らなかった天才、真希波マリによる封印。

 それを解いてみせたディートリッヒ高原もまごう事無き天才であった。

 兎も角。

 この機能が封印されていた理由は、過度なエヴァンゲリオン同士の同調は、その操縦者への負担が大きすぎると言う事であった。

 基点となるエヴァンゲリオンに乗っている操縦者の意識が、エヴァンゲリオンを介して流れ込む危険性が危惧された結果だった。

 データ上に残されていたメモに、人道的と言う言葉を母親の胎内に忘れて来たような狂的科学者(マッドサイエンティスト)である真希波マリであっても流石に躊躇した。

 その様な文言が残されていた。

 削除されなかったのは、この機能がBモジュールの根幹にかかわっているからであった。

 

 尚、今回は、その辺りを5台のMAGIによって調整し、同時に、A.Tフィールドの共振と言う事にのみ集中させる事で行われる事となっていた。

 ディートリッヒ高原の手腕である。

 不運な事は、この作業中にディートリッヒ高原は大病を患っている事が判明し、緊急入院して治療する羽目に成ったと云う事だろうか。

 幸い、NERVの再生医療技術の高さから命に係わる事は無かったが、本人は最後までやりたかったとぼやいていたと言う。

 

「Bモジュール、群狼戦闘能力(ウルフパック)と名付けられていたのも当然の話だった訳ね。でも、こういう風に役立つとは思わなかったわ」

 

「そうね真希波博士も驚いているかもね」

 

 笑う赤木リツコ。

 葛城ミサトも笑いながら、真希波マリへの感謝を述べていた。

 

 

 

 

 

「女の子って大変」

 

 自分のほっそりとしたお腹を見ている綾波レイ。

 そしてアスカのお腹も見た。

 天木ミツキの教室であった。

 それなりの知識を持っていた霧島マナは余裕顔であったが、改めて聞いたアスカも顔を少しだけ赤らめていた。

 NERVドイツ支部で幼少期から育ってきて、外の事を余り知らない純粋培養であったのだ。

 こういう反応になるのも、ある意味で当然であった。

 尚、アスカに対して当たりの強い(マウントをしたがる)ディピカ・チャウデゥリーであったが、アスカ同様に純真(うぶ)であったが為、真っ赤になって沈没していた。

 

「それで済ますからレイ、強いわね」

 

 呆れた様に言うのはこの部屋で唯一の非適格者(チルドレン)である洞木ヒカリであった。

 NERV本部のD配置職員(アルバイター)は継続中である為、適格者(チルドレン)の世話役と言うか、グループの常識担当的なポジションで呼ばれる事が多かったのだ。

 第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は、基本が一般人上がりではあったが、それでも世界各地から集まっているのだ。

 やはり、常識担当は必要と言うモノであった。

 

(フンス)

 

 鼻息も強く自信のある(ドヤァ)顔する綾波レイ。

 それを少しだけ恨めしい顔で見るアスカであった。

 

 とは言えアスカ。

 その左手薬指に小さく輝く銀の指輪が、これ以上ない程の(マウント)を発揮しているのであったが。

 それを最初に見つけた洞木ヒカリが黄色い悲鳴を上げ、綾波レイは首をコテっと傾け、マリ・イラストリアスは似合ってると素直に褒め、霧島マナは歯ぎしりし、ディピカ・チャウデゥリーは奇声(あばばばばばば)を漏らしていたが。

 適格者(チルドレン)の女の子衆。

 世界情勢を尻目に、今日も姦く平常運転であった。

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。