サツマンゲリオン ~ 碇シンジが預けられた先が少しだけ特殊だった県/件   作:◆QgkJwfXtqk

35 / 113
07-2

+

 修学旅行が終わった第3新東京市市立第壱中学校2年A組は、次なる学校イベントとして秋の文化祭を迎えつつあった。

 クラスごとに発表会を行うという催しだ。

 歌、或いは寸劇。

 クラス委員長である洞木ヒカリを中心に2年A組は話し合いを行い、寸劇をする事となった。

 歌は楽だけど、人前で歌いたくないと言う人間が多かったからだ。

 その点、劇であれば裏方などをすれば人前に出なくて良いのだ。

 只、主演や助演になった奴らは運が悪くてご愁傷様。

 そう言う感じであった。

 問題はそこから先。

 何の劇をするか、であった。

 当たり障りのない、昨日見たドラマを題材にした劇を主張する(洞木ヒカリ)が居た。

 どうせならシェークスピアを基にすれば良いと声を挙げた強者(惣流アスカ・ラングレー)も居た。

 ミリタリーな劇がやりたいと大声を出す阿呆(相田ケンスケ)まで居る始末。

 声を挙げる人間が出れば、それなら自分も意見を言いたいとばかりに、男女問わずにアイディアを挙げていく。

 学級会は盛り上がっていく。

 が、その流れから少しばかり離れているモノも居た。

 例えば碇シンジ。

 正直、劇自体に興味がないのだ。

 クラスの一員として参加はするけども、自分から何かをしたいとは思っていないからだ。

 だから、隣で同じく文化祭に興味の薄い鈴原トウジとグダグダと駄弁っていた。

 尚、劇に積極的なのはクラスの約半分位であったので、シンジ達の行動が特別に目立つ様なものでは無かった。

 

「ほー チャリも部品を変えると、そんなに性能が上がるんやナァ」

 

ほいでよ(本当に吃驚したよ)

 

 話題は先の日曜日にNERVのジオフロントで行った、自転車走行会だ。

 散々にカスタムしたアスカの自転車に午前中はぼろ負けも良い所だったシンジが、昼休憩の時間に見かねた人から貰った部品を取り付けた所、午後からは良い勝負が出来る様になったのだ。

 アスカも驚いたが、勝ったシンジもかなり驚いていた。

 

 尚、そんな2人の周りの大人たちは、悪ガキめいた笑顔(してやったり顔)を浮かべていたが。

 

「なら週末は、センセも自転車の部品や巡りかいな?」

 

そいもよかどん(それも良いんだけど)かえやんせっち話があってな(乗り換えた方が良いって言われたんだ)

 

 当然のアドバイスと言えた。

 シンジが乗っているのはクロスバイク。

 アスカが乗っているのはロードバイク。

 路面状態の良い整地を疾走する事に特化しているロードバイクに比べ、クロスバイクは若干タイヤやフレームが太く出来ていた。

 実生活での普段使い、実用性を重視している自転車と言えた。

 そして同時に、そうであるが故に()()()()()()()()()()()()()()()のだ。

 無論、乗り手次第という部分はあるし条件次第という部分もある。

 特に、公道での交通法規を守れば、性能の差は誤差めいてくるし、そうであるが故に第壱中学校名物化しつつある、シンジとアスカのバトル(通学競争)は成り立っていたのだ。

 ジオフロントでの競争は、そういう諸状況で隠されていた純粋な自転車の差をシンジに教える事となったのだ。

 

「アノ紫っぽい奴やな。コッチに来た時に買ったんやなかったんか?」

 

あいはもらったとよ(いや、貰ったんだ)

 

 尚、その贈ってくれた人たちが、自転車は買い替えろ(乗り換えろ)と口を揃えているのだ。

 である以上は買うしかないと言うのがシンジの気持ちであった。

 その様な話を聞いた鈴原トウジは、酷く楽しそうな顔でシンジに問うた。

 

「買うたん?」

 

 負けず嫌いで即断即決(迷ったら突撃しろ)派と言うシンジの性格を知るが故の、それは質問ではなく確認だった。

 対するシンジも凄く楽しそうな顔で返事をした。

 シンジは、シンジ達(チルドレン)を生活全般の支援や管理を担当している支援第1課の天木ミツキに、学生と言う事で一定の使用が制限され貯金に回されているお金の使用申請を出し、許可を得ていた。

 エヴァンゲリオンのパイロットになりはや数ヶ月。

 その間だけでも結構な額の貯金が出来ていた。

 少なくとも、普通に売ってるロードバイクであれば、現金で買える程度のお金はあった。

 

 とは言え、衝動買いめいた行動は自制していた。

 

じゃっでよ(もう少ししたらね)

 

 昨日の今日と言う短時間で決めたら勿体ないと言う自転車同好会(ワルい大人たち)の言葉に従った結果だった。

 性能もだが、色や形などを色々と考えて選ぶべきだとの弁である。

 それはそうだと思い、シンジは先ずはロードバイクの情報を集める事とした。

 

「センセなら、けっこうエエのが買えるんちゃう?」

 

そげん高かとは選ばんど(そんなに高いのは買わないよ)まずは乗ってみらん事にはじゃっでな(乗って見ないと判らない事も多いからね)

 

「ほうか………」

 

 自転車に乗る事に強い興味がある訳では無い鈴原トウジであったが、そこにシンジが尋ねた。

 

いらんな(乗ってみない)?」

 

 無論、クロスバイクの方である。

 近々にロードバイクを購入するので余るのだ。

 かといって貰い物である為、売るのは気が退けるから、誰か大事に乗ってくれる人は居ないものかというのがシンジの心情であった。

 その問いかけに、鈴原トウジも慌てる。

 

「ええんか?」

 

乗らんともいかんでよ(乗らないのも駄目だしね)くれやったとに聞いたが(くれた人に聞いたら)よかち話じゃった(僕の好きにすれば良いって言われたしね)

 

「なら、貰うわ。乗ってみるものええやろしな」

 

たのしかど(楽しいよ)

 

 

 

 自転車の話題がひと段落したが、まだまだ学級会は紛糾していた。

 特に壇上のアスカと相田ケンスケの応酬は凄い状態である。

 

 現代劇が道具が要らない、衣装も要らない。

 だけど小道具の銃器(エアガン)は僕のコレクションから出すとか熱く語っている相田ケンスケ。

 眼鏡が輝く勢いで圧がある。

 それに洞木ヒカリでは弱いと見てか、アスカが受けて立って(片っ端から論破して)いる。

 そんな感じだ。

 嬉々として意見を述べている相田ケンスケに対して、アスカがウンザリと言った感じなのはご愛敬、そう言うべきであった。

 興味の無いシンジは聞き流していた。

 アスカがコッチに来いとばかりにシンジに目線を送って(アイコンタクトをして)くるが、シンジは気づかないフリをして教室内を見た。

 3人ばかり相田ケンスケの仲間(同好の士)が声を挙げ、クラスの半分位は面白がってみている。

 だが残り半分は、興味なさげだ。

 と、綾波レイは興味の無い側の女子のグループに居た。

 何かの本、雑誌を見ながら喋ている(話を聞いている)風だ。

 

平和じゃっが(平和だよね)

 

 壇上とその周辺を見ない限りは。

 と、鈴原トウジがそう言えばと声を掛けて来た。

 

「そう言えばセンセの進路相談、オトン来るんか?」

 

相談しちょっどんからん(相談はしているけど)かごんまはとおかで(鹿児島は遠いからね)きっくいやいちは言えんど(来てほしいなんて言えないよ)

 

 そもそも、エヴァンゲリオンと言う代物に乗って使徒と闘うのが仕事だ。

 進路選択の自由なんて、あるのだろうかと言うのが義父との共通見解であった。

 逆に言えば、選択肢は消えたけども就職不可能(喰いっぱぐれ)は無いのは良いと開き直っている始末だった。

 そもそもこのシンジ、その躾もあって()()()()()()()()()()()()()()()()等と現状を考えていたのだ。

 状況に特段の不満など抱く筈も無かった。

 只、シンジは自分の事をエヴァンゲリオンを動かす事が上手い(上手く戦える人間である)などとは思ってはいなかった。

 良く判らないシンクロ率等と言うものは兎も角として、称賛するべき(見事な)アスカの操縦や戦術の組み立てなどを見ていれば、そう思うのも当然であった。

 だがそれでも、何か出来る事があるのであれば、骨身を惜しまずに務めたいとは思っているのだった。

 

「いや、ソッチやのうてほら、ネルフの__ 」

 

あいな(ああ、碇ゲンドウ)

 

 心底嫌そうな顔を見せるシンジ。

 父親と言われて即座に思いつかない相手なのだ。

 進路相談をしろと言われても、正直、困ると言うのが本音であった。

 と言うか、顎を砕いた時以来、別段に顔を会わせる事も無かったのだ。

 シンジから会う必要は無かったし、碇ゲンドウから歩み寄ってくる事も無かったのだ。

 そんな状況で父親面されても、嫌だとすら言えた。

 

「小遣いとか、生活費とか貰わんかったんかいな?」

 

おやっどん(義父さん)つっかえしとったち話じゃっど(全部突っ返していたって話だったよ)じゃっで(だから)うちんとじゃちね(ウチの子どもだって言ってくれたんだ)

 

 ほぼ、絶縁と言って良い状況に、流石に顔を顰める鈴原トウジ。

 仲が悪いとは思っていたが、ここまでとは想定外であった。

 

じゃっで(だから)___ 」

 

 そこまでシンジが言った時、壇上の司会進行である洞木ヒカリが大きな声を挙げた。

 

「注目して!」

 

 クラス中の耳目が教壇に集まる。

 黒板に書かれているのは現代劇との文字。

 但し、題材には()()()()と書かれている。

 配役と書かれている所は洞木ヒカリとアスカの体に隠れて見えない。

 ま、どうでもいいやとシンジは興味を失った。

 

「これで行きたいから最後に挙手で賛否をお願い」

 

 だが、誰もが適当に手を挙げて賛意を示した。

 シンジも手を挙げた。

 鈴原トウジも眠たそうな顔で手を挙げた。

 と、シンジを見て笑いながら相田ケンスケが手を挙げていた。

 

ないけな(何だろう)?」

 

 意味深げな行動への疑問は、すぐに晴れた。

 賛成多数で決まった金色夜叉を基にした現代化劇、発表会で使える時間の問題があるので有名な貫一お宮の熱海での訣別のシーンに絞った寸劇とすると発表された。

 そして疑問の氷解は、その配役を洞木ヒカリが読み上げた事で得られた。

 

()()()()()()()()()()()()()()()で行きたいと思います」

 

なんち(はっ)?」

 

 唖然として声を漏らしたシンジを、クラス中が見ていた。

 表情を消した顔(ブッダスマイル)で、シンジを見ながら洞木ヒカリがお願いしますと言った。

 頑張れよと相田ケンスケが声を掛けた。

 そしてアスカ。

 

「賛成に手を挙げたんだから、拒否は出来ないわよ」

 

 それは、とてもとても良い笑顔であった。

 

 

 

 

 

「シンジ、コレ、少し大人げなくない?」

 

 そうアスカが零したのは、その日の夕食の事だった。

 シンジ宅での、アスカの机の前に置かれた晩餐はふかし芋(ジャガイモ)だけであった。

 大き目のジャガイモは丁寧に十字に切り開かれ、ほかほかと湯気を挙げるその真ん中に大きなバターが乗せられている。

 実に美味しそうだ。

 問題は、後はボイルしたソーセージ1本とグリーンピース。

 それにトーストしたパンの1枚だけと言う事だろう。

 

「偶然だよ?」

 

 しれっと言うシンジ。

 そのシンジの前にはご飯と味噌汁、それに大ぶりのコロッケ2個を主役にしたおかず皿があった。

 揚げたてで、実に美味しそうだ。

 無論、ミサトも一緒だ。

 アスカの前だけが違っていた。

 

「帰りのスーパーで美味しそうな北海道産のジャガイモを見たから、ドイツ風にアレンジしてみたんだ。懐かしいでしょ?」

 

 善意ですよと笑うシンジ。

 但し、目だけが違っていたが。

 

「どったの?」

 

 言いながらも葛城ミサト、ほくほくそうなコロッケが辛抱堪らんとばかりに手元のビール、正確には発泡酒のステイオンタブを起こす。

 ビールで無い理由は第8使徒との闘いのアレコレ、その想定外の出来事の責任を取って(詰め腹を切らされて)の処分 ―― 減給3割1ヶ月が理由であった。

 第8使徒による被害の原因は、葛城ミサトにもNERVにも大きく重いモノがあった訳では無いのだが、こればかりは政治と言うものであり、仕方のない話であった。

 無論、NERV(碇ゲンドウ)としてもその点は理解しているので、減らされた棒給分は冬のボーナスで補填するとの旨、通達があったが。

 とは言え、将来の補填があったとしても、今現在で金が無いのだ。

 

「ご飯は美味しく食べるものだと思うわよ?」

 

 嫌そうに不味そうに、葛城ミサトは発泡酒を一口呷ってから言う葛城ミサト。

 

「ハン! どうせミサトは飲めればいいんでしょ?」

 

「まさか。シンジ君の美味しい料理は最高よ? これでビールならもっと最高なんだけど」

 

「………まぁ、そこはご愁傷様」

 

 事情を理解しているアスカは、少しだけ葛城ミサトに同情した。

 

 兎も角、何と言うか追及する気がそれたので黙ってふかしたジャガイモを食べるアスカ。

 ムカつくのは美味しいと言う事。

 ボイルされたソーセージも、何時もの奴よりは良い奴らしく美味しい。

 だけども自分だけ別メニュー、それも手抜きっぽいとなれば面白く無い。

 もしゅもしゅっと食べながらシンジをジト目で見るのだった。

 

 

 

「何かあったの?」

 

 シンジとアスカの関係に致命的な影響が出そうでは無い、雰囲気からそう踏んだ葛城ミサトは、食後にほろ酔い気分と言う表情のままにリビングに移ったアスカに尋ねた。

 手には3本目の発泡酒がある。

 対してアスカの手には、シンジが洗い物に行く前に淹れてくれた紅茶があった。

 残念ながらも、アスカの好みであるミルクと砂糖がタップリと言う訳では無かったが。

 と言うか無糖である。

 それを文句も言わずに飲むアスカに、ミサトはどうやらアスカの側に原因があるっぽいと理解するのだった。

 

「ん、ちょっとばかし___ 」

 

 昼の事を説明するアスカ。

 文化祭でだまし討ちの様にヒロイン役をシンジにしたと言う。

 その上で最後にアスカは、トドメの様に、見事に蹴っ飛ばしてあげると言ったのだと言う。

 

「それは言い過ぎ」

 

「そ、そう?」

 

 呆れた口調と表情をした葛城ミサト。

 指摘を受けて、アスカは恐怖にも似た感情を抱いた。

 (ライヴァル)であるエヴァンゲリオンの適格者候補生から憎まれたり恨まれたりするのは気にはならなかった。

 相容れないと心底から理解していたからだ。

 だがシンジは違う。

 競い合う相手、相方(ライヴァル)と言う心の場所(柔らかな位置)をアスカはシンジに与えていたのだ。

 そんな相手が自分を嫌う、或いは軽蔑するかもしれないと云うのは大事であった。

 動揺するのも当然と言えるだろう。

 

「どうしよう」

 

 その声は余りにも弱く、か細いモノであった。

 だから葛城ミサトはそっとアスカの体を抱きしめて、耳元に囁いた。

 

「大丈夫よアスカ。あのシンジ君なら、素直に謝ったら許してくれるわよ」

 

 それは本音であり、ある意味で実感の籠った言葉だった。

 真剣に謝ったから赦された。

 謝る気も無かった碇ゲンドウは顎を砕かれた。

 割と感情は素直に出すシンジなのだ。

 修復不能であれば、素直にそうするだろう。

 そもそも、聞いた昼の話など葛城ミサトから見て深刻さなど欠片も無い。

 痴話喧嘩の類でしかない。

 先ほどのシンジの態度だって、拗ねた様なモノなのだから。

 

「うん、アリガト」

 

 今はボタンの掛け違いみたいなものだ。

 だから、それを拗らせさせない秘訣は、謝るのであれば出来るだけ速くと言う事であった。

 だからアスカの背を葛城ミサトは押す。

 

「仲直りは早い方が良いわよ」

 

「そう、かな」

 

「そっ、そう言うモノ。こう言う事って後になればなるほど言いづらくなるし、それにシンジ君側だって受け入れるのも難しくなったりするから」

 

 考えすぎてしまうのよね、と葛城ミサトは言う。

 その表情を見たアスカは決断する。

 紅茶のカップを下し、それから鍛えているのに、まだ見るモノに柔らかさを思わせる両のほっぺたを強く叩いて気合をいれた。

 

「謝ってくる」

 

「行ってらっしゃい♪」

 

 

 

 シンジはアスカの謝罪を受け入れた。

 但し、後ろから抱き着いてと言う行動が伴っていた結果、慌てたシンジが洗剤まみれのスポンジを投げてしまい、2人とも泡塗れになったが。

 

「ひっどーい! 何よバカシンジ!?」

 

「アスカこそアホだよ、急に変な事をするから!!」

 

「アホってなによ! 美少女であるアタシが来たんだから喜びなさいってぇの!!」

 

「忍び足で来られたら驚くのも当然だろ!!」

 

「後ろに目をつけておくべきね」

 

「家の中でまで、そんなに気を張らせたくないよ」

 

「なによ__ 」

 

「なんだよ__ 」

 

 やいのやいのと盛り上がるキッチン。

 2人の喧嘩(じゃれ合い)を耳にしながら葛城ミサトは、若いって良いわねと呟いていた。

 

 

 

 

 

 




2022.7.12 文章修正
2022.7.13 文章修正

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。