サツマンゲリオン ~ 碇シンジが預けられた先が少しだけ特殊だった県/件   作:◆QgkJwfXtqk

64 / 113
11(Ⅱ)-2

+

 NERVドイツ支部はドイツ西部域、ハンブルク市郊外に設けられた大規模な複合施設であった。

 世界に6台しかない第7世代有機コンピュータたるMAGI-System。

 その1台を持ち、エヴァンゲリオン関連の開発、それに建造を担っている組織だ。

 エヴァンゲリオンを建造した設備を用いて、日本から持ち込まれた使徒の生体材料の研究も担っていた。

 主に対使徒に於いて重要な意味を持つA.Tフィールド(防護シールド)の分析、そしてNERVアメリカ支部と協力して(スーパー・ソレイド)機関の研究だ。

 使徒の動力源でもある(スーパー・ソレイド)機関は、葛城ヒデアキ博士が存在を予言していた無公害の無限エネルギー機関であった。

 (ノー・ニューク)反応炉よりもコンパクトで高出力となる事が予想されていた。

 実用化が為されれば、エヴァンゲリオンは運用制限と言う頸木から離れる事が出来る。

 だがそれ以上に、重要な役割 ―― 人類のエネルギー事情を劇的に改善させる事が期待出来るのだ。

 研究機関でも力が入ると言うモノであった。

 そして、今はそこに第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)の養成と言う役割があった。

 一次選抜で選ばれた1000人。

 その1000人から、面談(メンタルの査定)と知力体力を見て200人(5人に1人)にまで絞る一次選考。

 訓練による伸びしろを見て、50人(4人に1人)にまで絞る二次選考。

 そして最後に、人間性(チームワーク)などから行われる三次選考。

 三次選考で6機の第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンに乗る12人が第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)として正式に決められる予定であった。

 機体が6機であるのに12人とされている理由は、第1次E計画のエヴァンゲリオンと異なり、ローテーションでパイロットとなる事が計画されているからであった。

 第2次E計画のエヴァンゲリオンは広域展開遊撃任務に就く事が予定であり、故にパイロットは常に緊張状態に置かれる事が想定される為であった。

 拠点(第3新東京市)防衛任務が主である適格者(チルドレン)と全く違う仕事であると言えていた。

 

 兎も角。

 そんな第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)の育成も担っているNERVドイツ支部。

 一次選考を通過した200名の候補生。

 その200名の1人である相田ケンスケは、教育/訓練プログラムの一環で運動場で汗を流していた。

 体力の涵養である。

 その内容は軍事教練(ブートキャンプ)めいていたが、本職のソレと比べればかなりヌルいものであった。

 例えば長距離走。

 距離は短めであり、同時に負荷として持つのも実銃では無く軽量な樹脂製(模擬ライフル)だった。

 当然だろう。

 候補生は、まだ体が完成して(成長しきって)いない子どもなのだ。

 人類を守る為とは言え、過大な行為をさせる訳には行かないとなるのも当然であった。

 そして何よりも、碇ゲンドウらNERVの要人とSEELEメンバーがソレを必要としなかったのが大きい。

 それは、無論ながらも子どもへの愛情、或いは友愛だのそういう理由では無い。

 即ち、第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンにも第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)にも、()()()()()()()()()()()と言う事だ。

 使徒の目標となるのは第3新東京市地下のNERV本部、その最深部(セントラルドグマ)に封印されている。全ての使徒の父たる存在Adam(白き月の祖)への帰還であると判っているからだ。

 であるからには政治の要求、民心慰撫と言う目的で整備の決められた第2次E計画に期待どころか関心を寄せる筈も無かった。

 国連安全保障理事会の決定であればこそ、国連の特務機関としてのNERVは、給与分は働きます。

 露悪的に言えば、そう言う事であった。

 

 尤も、そんな大人の都合など意に介する事無く、子ども達は汗を流していた。

 コレが未来に繋がると信じればこそ、であった。

 

「ハァハァハァ………ァア、っ、疲れたぁ」

 

 膝を付き、顔から倒れ込むように前かがみになる相田ケンスケ。

 相田ケンスケだけでは無い。

 軽くはない荷物を抱えて10㎞もの距離を走り終えた候補生たちの誰もが、息も絶え絶えといった風に地面に寝転がっていた。

 正に死屍累々。

 対して、同じ距離を走った筈の教官(助教)たちはケロッとした顔で候補生たちの状態を見ていた。

 無理をした候補生は居ないか。

 終わった途端に緊張感が途切れて体調を崩した人間が居ないか、見て回っていた。

 

Take a break(休憩だ)!」

 

Drink water(水を飲め)! Don't forget(忘れるな)!!」

 

30 minutes(30分は休んで良し)!」

 

 判り易い様に単語で、休憩を命じている教官たち。

 その慈悲深い(30分と言う無慈悲な)声に、感謝の声(うめき声)を上げる候補生たち。

 汗を、熱さを捨てる為に訓練服の(チャック)を開け、或いは靴を脱ぐ者も居る。

 その姿に、訓練生の男女差など無かった。

 インナーシャツを脱いで、裾から白い(日焼けしていない)肌を晒す女の子の候補生も居たが、誰もそれに視線を送る様な余裕は無かった。

 かつては小遣い稼ぎに他人に言えない事(盗撮と写真の売買)もしていた相田ケンスケですら、()()であった。

 そんな事よりも休憩。

 候補生は誰もが声も出せずに居た。

 誰かが声を上げる、その時まで。

 

Ah(アレッ)!?」

 

 誰かの候補生の声。

 それに応える声。

 

Who would be(誰だろう)?」

 

a beautiful woman(綺麗な人だな)

 

Wearing a uniform(適格者用制服を着てるな)

 

People I've never seen(見た事ない人だ)

 

 ポツポツっとした声。

 拙い英語力(リスニングスキル)で拾った言葉から、どうやら近くに見たことの無い美人の候補生が居たらしい。

 追加なのかもしれないと相田ケンスケは呑気に考えていた。

 先週、10人近い候補生が体調不良その他で脱落していっていたのだ。

 その補充だろう等と考え、それから意識を外していた。

 只、元気な奴も居るモンだと呆れていた。

 そんな相田ケンスケが飛び起きたのは、赤い髪(Red-haired)と言う単語が聞こえたからであった。

 美人で赤髪の適格者。

 その言葉が合致するのは1人しか居ない。

 他に居る筈がないのだ。

 

「惣流かっ!?」

 

 飛び起きて周りを見る相田ケンスケ。

 候補生男子衆が見ている方向を見る。

 見た。

 居た。

 相田ケンスケたちの居るグランド周りから少し離れた場所のベンチに座っている、黒いNERV適格者制服を着ている女の子。

 赤い髪が風に揺れている。

 目元は濃ゆい色のサングラスで隠されている。

 少しばかり距離がある事と相まって、顔は見えない。

 判らない。

 女の子だと判るのは、タイトデザインのスカートを履いているから。

 

Maybe a second(もしかして2ndチルドレン)!?」

 

Red-two(2nd チルドレンの公表偽名)!?」

 

But she's not blonde(でも、あの子は金髪じゃないぞ)!」

 

 深紅のエヴァンゲリオン弐号機を駆る適格者(2nd チルドレン)、惣流アスカ・ラングレーの名は候補生である相田ケンスケたちに公開はされていない。

 とは言え、別に秘密にされている訳でもない。

 候補生達も一次選考を通過して末端とは言えNERVに加わっており、守秘義務に関する書類にもサインしていたのだから問題は無いのだから。

 只、訓練生のカリキュラム内容的に、現役適格者の情報公開を行う必要が無かったからであった。

 

Wow(おい)! Wearing sleeve pins(袖章付けているぞ)!!」

 

Red(赤だ)! Red(赤だ)!」

 

 適格者用の制服に肩から吊るす形で装着する腕章は、その立場を教えるモノであった。

 白地に青色のラインが入るのは候補生の立場である事を教えている。

 ラインが1本であれば一次選考合格者。

 2本であれば二次選考の合格者。

 そして三次選考の合格者、即ち正式な第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)となれば白地ではなく、機体色に基づいた腕章となる。

 そう、教えられていた。

 そして件の候補生が左の二の腕に巻いている袖章は赤、エヴァンゲリオン弐号機である事を示すのだ。

 男女を問わず、候補生(子ども達)から歓声が上がった。

 

 全世界に公開された3人の適格者(チルドレン)は、候補生にとって憧れの相手(アイドル的な存在)であった。

 世界を、たった3人で守ってきたと言う、凄さ。

 そしてPV(映像)で明かされた戦歴、その戦闘の様の鮮やかさ。

 強さ。

 その魅力に、家族の為、立身出世の為と言った理由で志願して来た候補生であっても、逃れる事など出来ずに、当然の如くに囚われていたのだ。

 

 その中にあって相田ケンスケは、俺の激励に来てくれたのか等と調子のよい事(自分に都合の良い事)を考えていた。

 無論、そんな筈はなく、事態は相田ケンスケなど相手にする事も無く進行していく。

 

Oh(おい)! Don't have a sleeve badge(失格野郎たちだぞ)!?」

 

 唾棄する様に、そして恐れるように言った()()()()と言う言葉。

 それは腕章の無い適格者制服を着た適格者候補生を指す言葉だった。

 勿論ながらも、一次選考どころか一次選抜を通過した候補生と言う訳では無い。

 即ち、第1次E計画で適格者となる事を期待され、しかし成る事の出来なかった子ども達である。

 

 結構な予算と時間を掛けて訓練されていたにも関わらず適格者(チルドレン)に成れなかったと言う事で、実力を持って這い上がって行こうとする第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)候補生からは馬鹿にされていたのだった。

 同時に、恐れられている理由は、彼らの家が余りにも太いから(SEELEに近い家柄)であった。

 目の前で馬鹿にした第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)候補生が殴られ、それを近くに居た教官たちが見て見ぬフリをしたのだ。

 そして殴られた第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)は、その日の内にNERVドイツ支部から適格者不適格との烙印を押され居なくなったのだ。

 そういう権力を持った、恐ろしい相手(愚連隊)だった。

 

「や、ヤヴァイだろ、アレって」

 

 怯えた様に言葉を漏らした相田ケンスケ。

 アスカはエヴァンゲリオン初号機を駆る絶対的なエース(エースオブエース)碇シンジと並ぶ適格者(チルドレン)であるが、その(神通力)は果たして通じるのか。

 自分に何かできる事は無いのか、必死になって考えながら固唾をのんで状況を見守るのであった。

 

 

 

 

 

 アスカの機嫌は極めて悪かった。

 NERVイギリス支部への出張から帰ってきたシンジが、アスカに対して微妙な距離を取る様になったのだ。

 但しソレが、悪い種類のものでは無い事は顔を見れば判っていた。

 シンジはアスカが顔を近づければほんのりと頬を染め、或いは必死になって顔をそむけるのだ。

 ()()()()()()()()()

 それ自体は実に良い事だった。

 だが同時に、シンジがアスカを意識する様になった結果として、物理的な意味でのシンジとの距離が遠くなったのだ。

 これが許しがたい。

 隣で珈琲を飲もうとすれば、微妙に距離を取られる。

 食べているモノを差し出せば、真っ赤になって首を左右に振る始末。

 意識したのなら距離を詰めて来れば良いのにそうしない。

 義母(ベルタ・ランギー)から、シンジは凄く良い子(最後の一線以外は全部良いじゃない)とも言われて居たのだ。

 そもそも、シンジだってアスカの家(ランギー家)に来たではないか。

 にも拘わらず、である。

 実に許しがたい。

 

 殆ど支離滅裂な事を考え、或いは怒っているアスカ。

 シンジとアスカの関係はキスどころかそう言う意味でのハグすらまだしたことも無い、言わば手前(寸前)なのだ。

 深い関係(romantische beziehungen)でも無いのに何を望んでいるのかと、何をシンジに不満を抱いているのかと言うべき所であった。

 シンジの側に立つ人物、例えば鈴原トウジ辺りであれば、「無茶言い過ぎや!」と言ってくれたであろう。

 だが残念。

 此処には、それを指摘してくれる人間は誰も居ないのだ。

 故にアスカの思考(暴走特急)は只、加速していくのみであった。

 

「っ!」

 

 否、急に止まった。

 親友(洞木ヒカリ)が嘗て言った言葉が蘇ったのだ。

 それはアスカが聞きなれない、告白と言う単語に絡む事だった。

 そう、日本式の人間関係の進化に関する情報を、アスカの虹色脳細胞は思い出したのだ。

 区切りなく関係を深めていくドイツ式に比べ、告白と言う区切りを大事だと思う日本式という文化の違い(カルチャー・ギャップ)

 その事に気付いたアスカは、閉じていた目を開く。

 文化の違いなら仕方がない。

 であれば、扉を叩いて開かねば(ジャジャジャジャーン と鳴らさねば)ならぬだろう。

 碇シンジと言う人物は、惣流アスカ・ラングレーの人生に於いて最早必要不可欠なのだから。

 誰に盗らせる事など許せない。

 距離があるなど認めない。

 今夜、告白をしてシンジを掴まえよう。

 そこまでの決断をアスカがした時、その目と耳が周辺の情報を拾った。

 

Bitte antworten Sie(返事をしろっ)!!」

 

 ベンチに座っている自分を囲む影に気付いた。

 

「あっ?」

 

 不機嫌な顔で影の主を睨むアスカ。

 見れば興味を無くした。

 3人の第1次E計画適格者候補生(なりそこない)、だったからだ。

 相手をするのも阿呆くさい雑魚でしかないからだ。

 どっかに()()とばかりに睨めば、3人のうち、雑魚な2人は腰が引けた様にたたらを踏んで下がった。

 本当に雑魚であるとアスカは嗤う。

 だが、笑われた側はそうは思っていなかった。

 

Machst du dich lächerlich(馬鹿にしているのか)?」

 

 唯一、下がらなかったギード・ユルゲンスがドイツ人らしい彫りの深い、額の高い顔を憎々し気に歪めて言う。

 それをアスカは鼻で笑って答える。

 自分は正しい対応をしているだけだ、と。

 顔を真っ赤にするギード・ユルゲンスであったが、激発する事は無かった。

 今日、アスカに接近した理由があったからである。

 ()()である。

 

Asuka(アスカ) Begleiter sein(仲間になれ) Ich mache es zu meiner Freundin(俺の彼女にしてやるから)

 

 理解不能、そして何様の積りかとアスカが眉を歪める。

 だがギード・ユルゲンスは良い対価を口にしたとばかりに頷いている。

 その上でアスカが聞いても居ない事をペラペラと口にしていく。

 

 曰く、第2次E計画に基づいて粗野で雑多な人間(第2期適格者候補生)がNERVドイツ支部に来る様になった。

 結果、高貴なるギード・ユルゲンスら第1次E計画の適格者候補生の扱いが悪く(重要度が低く)なった。

 教官からは期日は未定ながらも第1次E計画候補生の解散と、帰宅の予定が告げられると言う屈辱的状況となった。

 だからこそ、アスカを仲間にする事で回避しようと言うのだった。

 

Ist es Mo(馬鹿)?」

 

 心底呆れた様に言うアスカ。

 要するに、アスカのスコア(使徒撃墜数)を第1次E計画適格者候補生の解散回避に使おうと言うのだ。

 何とも他人任せ極まりない話であった。

 長き訓練をしてきたのに適格者(チルドレン)に選ばれなかった()()()風情が、何を図々しい事を言うのかと心底から呆れていた。

 しかも対価は、アスカをギード・ユルゲンスが彼女にすると言う。

 アスカの理解力。知性をもってしても理解出来ない、正に寝言であった。

 

 ギード・ユルゲンスは悪くない顔をしている。

 身長も高く、引きしまった均整の取れた体をしている。

 家柄に至っては欧州全域を見ても上位(SEELEメンバーに繋がる家)なのだ。

 上昇志向の強い女性(トロフィー指向ガール)であれば、実に魅力的な物件であった。

 それ故に、自信満々であったとも言える。

 

Komm schon, antworte mir(さぁ、俺の手を取ってくれ)

 

 取り巻き(イエスマン)を従え、手を指し伸ばしたギード・ユルゲンス。

 だが残念ながらギード・ユルゲンスの魅力は、アスカにとっては魅力的では無かった。

 そもそも、かつてのギード・ユルゲンスはアスカを半端モノ(混血の二流品)と揶揄していたのだ。

 努力もしないし、結果も無い。

 そんな(家柄)だけの脳無し人間(エアヘッドレイシスト)の手を取る必要など、アスカには一切感じられなかった。

 だから一言で切り捨てる。

 

Nein(嫌よ)!!」

 

Ich weiß nicht, wovon du sprichst(何を言っているんだ)!?」

 

Geh nach Hause, du dummer Bastard(とっとと家に帰れ、クソ野郎)!」

 

 ニッコリと笑顔を添え(コレが最後だからと猫を被って見せがら)、心の中で中指を立てて言い放つアスカ。

 アスカの人生に於いてギード・ユルゲンスは不要だ。

 相方(未来の恋人)を得て、家族との関係は修復され、そして適格者(チルドレン)として実績(評価)を積んでいるアスカには、全く不要なのだ。

 

 だが、それがギード・ユルゲンスには判らなかった。

 顔色を変えて手を振り上げる。

 

Habe ich mich lächerlich gemacht(馬鹿にしたっていうのか)!? Ich(俺を)! Metis(混血児が)!!」

 

 正に激昂であった。

 だが振り上げたこぶしが振り下ろされる事は無かった。

 

おはんサァ()ないをしちょっか(何をしようとした)?」

 

 シンジだ。

 シンジの手がギード・ユルゲンスの腕を掴んでいたのだ。

 走ってきた事を示す様に、その灰白色のトレーニングウェアからは湯気が上がっている。

 そう。

 アスカが此処に居た理由は、()()に出ていたシンジを待っていたからであった。

 ギード・ユルゲンスの腕を掴んで居ない手には、木刀 ―― 丸い只の棒を持っている辺り、横木打ちもしてきたのかもしれない。

 

「ナイスタイミングよ、シンジ」

 

 笑うアスカ。

 それは、ギード・ユルゲンスたち候補生(チェリーボーイ)が知れない貌、実戦経験者(血の味を知った肉食獣)の笑みであった。

 

 

 

 

 

 




2023.1.7 文章修正

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。