サツマンゲリオン ~ 碇シンジが預けられた先が少しだけ特殊だった県/件   作:◆QgkJwfXtqk

98 / 113
15-2

+

 夕闇に沈むNERV本部ジオフロント大空間。

 その浸出水が生み出した湖の畔で対峙している碇シンジと渚カヲル。

 

「僕が使徒だって言ったらどうする?」

 

 渚カヲルの言葉。

 シンジは、その意味を考える。

 冗談の類では無い事は、その真剣なまなざしを見れば判る。

 使徒だって言ったらと言う事は、即ち、自分は使徒だと言っているのだ。

 だから判らなくなる。

 

 使徒、人類の敵でありシンジが相方たる惣流アスカ・ラングレーや他の仲間たちと共に打ち滅ぼしてきた相手。

 即ち()

 単純に考えれば自分は敵であると言う宣言になるかもしれない。

 だが同時に考えるべき事がある。

 敵を討ち滅ぼす為に協力した仲間には渚カヲルも含まれて居たのだ。

 渚カヲルが星を挙げた(使徒を単独撃破した)事はない。

 だが、その戦いぶりは誠実であり、その戦意に疑う余地等なかった。

 少なくともシンジには感じられなかった。

 だからこそ、自分が使徒であると言う言葉の目的が判らなくなる。

 敵であると言うならば、こんなタイミングで告げる理由が判らない。

 今、この場でシンジを使徒の力(A.Tフィールド)で排除したとしても、即、そのA.TフィールドはNERV本部のセンサー群によって察知され、他の(チルドレン)が乗るエヴァンゲリオンによって排除されるだろう。

 シンジは使徒撃破に於いて多数を討ったエースだ。

 そのシンジを真っ先に排除するのは正しい所があるのだが、だがシンジと同格のアスカが居るのだ。

 である以上、シンジだけを討つと言うのはある意味での()()()()と言えるだろう。

 だから判らない。

 そもそも、渚カヲルの目に、雰囲気に敵意めいたモノは見られない。

 判らない。

 判らないからシンジは、素直に渚カヲルに尋ねた。

 

ほいでカヲルサァ(ならカヲル君)おはんは敵やっとな(君は僕の敵なの)?」

 

 対して、尋ねられた渚カヲルは安堵する様に大きく息を吐いた。

 何時もの笑み(アルカイックスマイル)ではなく、胡散臭さの無い笑みを浮かべて口を開く。

 

「ホント、シンジ君はシンジ君だよ」

 

ないがな(何をいってるんだよ)?」

 

「好きって事さ」

 

 首を傾げるシンジ。

 とは言え、感情の読める(A.Tフィールドで感じられる)渚カヲルからすれば本音であった。

 

 シンジは渚カヲルの言葉に疑問を持った。

 だが同時に、無条件で渚カヲルを敵だと警戒しなかった。

 敵と定めればどこまでも苛烈に戦えても、同時に、敵か味方かが定まる迄は相手に攻撃しようとしないシンジは()()()()()()()()()だと言う事だ。

 シンジは、シンジだけではなくアスカや他の子ども達。

 子どもを戦いに使いつつも心を砕く葛城ミサトや赤木リツコ、或いは天木ミツキといった大人たち。

 無論、悪い人間は居る。

 渚カヲルを生み出したSEELEや、碇ゲンドウといった人々を全肯定するのは無理だ。

 だがそれでも、否、そこも含めて人間(リリン)とは素晴らしい。

 そう渚カヲル(第17使徒)は思って居たのだ。

 その思いが実証された。

 人間(リリン)は優しい。

 そう言う願いが実証されたのだから。

 

 とは言えシンジからすれば首を傾げる話であった。

 付き合いが深いながらも永いとは言えない癖のあるこの友人が、割と素っ頓狂な事を仕出かす、言うのは平常運転であったからだ。

 自分が使徒とか言い出すのは限度を超えると言うのが本音であった。

 雰囲気から察するに敵では無さそうだと思いつつ言葉を連ねる。

 確認は大事だからだ。

 但し、正面から返されぬ為に少しばかり目つきが厳しくなっているのはご愛敬。

 

ほいで何やっとな(それで何が言いたかったの)?」

 

「ん、ごめんごめん」

 

 シンジの感情が読める渚カヲル。

 流石に詫びを口にして、それから説明する。

 文字通りである、と。

 渚カヲルたる自分は、同時に使徒である。

 使徒として目覚めたのだが、シンジや人類への害意は無いとも続けた。

 

「………最初からじゃなかったとな(最初から使徒だった訳じゃないって事)?」

 

「うん。ハッキリしなかった」

 

 作り出された適格者(ビメイダー・チルドレン)と言う自覚はあった。

 親の記憶は勿論、幼少期の記憶すら無いのだ。

 当然と言えるだろう。

 

 渚カヲルと言う存在の意識は、2つの側面から成り立っていた。

 人間としての素直な部分。

 使徒としての観測者としての部分。

 どちらか一方で渚カヲルと言う訳では無い。

 どちらかが主従として優先される訳でも無い。

 繋がっているようでいて繋がっていない。

 そんな曖昧模糊とした部分があった。

 だからこそ、感覚的に近いモノを感じていた綾波レイと薄ぼんやりとではあったが通じ合った部分があった。

 自分の中に、自分では無いモノが存在する感覚。

 それが、急に繋がったのだ。

 だからこそ、適格者(チルドレン)として使徒を敵と意識してきていた人間としての渚カヲルの意識が一杯一杯になった(オーバーフローした)のだ。

 

じゃっとな(そうなんだ)じゃったら良かがな(なら、問題無いんじゃないかな)

 

 ある意味でシンジに自分が使徒だと告げたのは、ヤケクソめいた行為(もうどーにでもナーレー)であったのだ。

 それをシンジは、軽く受け入れたのだ。

 ()()()()()()()()()()()

 実にシンジと言う少年らしい言葉であり、ある種の(敵か味方かしかない)乱暴な言葉であったが、渚カヲルと言う寄る辺の無い少年の背中を支えてくれる言葉であった。

 

ないな(どうしたの)!?」

 

 慌てるシンジ。

 さもありなん。

 渚カヲルは笑いながら涙をこぼしていたのだから。

 

 

 

 

 

 渚カヲルは使徒である。

 シンジにとっては付帯的な情報(最優先は敵か味方)であったが、他の人間はそうも行かない。

 その程度はシンジとて理解していたので、先ずは相方たるアスカに報告した。

 アスカの反応は、渚カヲルを頭の天辺から爪先まで数往復する勢いで見て頷くのであった。

 さもありなん。

 変わった所があったので、ま、そう言うモンだろうなと言う事であった。

 NERVドイツ支部で秘匿的に製造された人造(ビメイダー)と言う部分に関しては、もう先にマリ・イラストリアスと言う先輩格が居るのだ。

 どこも非人道的なのねと呆れるだけで終わっていた。

 渚カヲル、何とも拍子抜けした顔で受け入れられたことに感謝を述べるのだった。

 最大の難関とも言えたアスカが拍子抜けする感じで終わった為、後の適格者(チルドレン)にはシンジもサクサクと公開していった。

 綾波レイは今更に何を言っているのかと首を傾げ、マリ・イラストリアスは仲間が増えたと笑っていた。

 只、鈴原トウジだけが、そんなに簡単に受け入れるものであるかと自分以外の仲間たちを見るのであった。

 渚カヲルは良い友人であるし、野球(トラ)話も嫌な顔一つせずに聞いてくれる得難い奴であり、それを受け入れる事に否定は無いが今まで戦ってきた相手だぞ。

 殺し合いをしていた相手だぞ。

 良いの(ええんかい)? と。

 ある意味で実に常識的反応を見せていたが、状況はそんな鈴原トウジを置いてけぼりにして加速していく。

 

 上長への報告である。

 即ち葛城ミサトへの報告。

 これに関して少しだけシンジは悩んだ。

 葛城ミサトと言う人間の、使徒と言う存在に対する敵意をよく理解するが故であった。

 使徒である。

 だが、敵では無い。

 さてさてどう説明するべきかと頭を寄せ合おうとした時、渚カヲルは綺麗な笑顔で言った。

 

Go for broke(当たって砕けろ) だよ」

 

 満ち足りた笑み。

 シンジを筆頭に縁を繋いだ適格者(チルドレン)の誰もが渚カヲルを認め、信じてくれたのだ。

 純粋な所のある、この渚カヲルと言う人間(使徒)にとって、それだけで十分に満足できる話であった。

 だから、もう、後はどうでも良かったのだ。

 故にシンジ達が自分の言葉を理解する前に、頭を突き合わせて相談をしている間に渚カヲルは内線電話を取った。

 宛先は勿論ながらも戦術局、葛城ミサトの机だ。

 

 1コール。

 

 2コール。

 

 3コール。

 

『なに?』

 

 葛城ミサトが出た。

 機嫌が良いとは言えない声なのは、残業三昧(ビールの飲めない日々)であるが故の事だった。

 

 第16使徒との戦いで不甲斐なさを満天下に示す事になった第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオン。

 故に、国連安全保障理事会は状況是正(戦闘力強化)の指示を出してきた結果だった。

 葛城ミサトからすれば、馬鹿かと阿呆かとと言う話である。

 建造前より既に、()()()()()()()()()()()()である事を示し、運用計画も上げていたのだ。

 にも拘らず、今更に第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンが正規エヴァンゲリオンとは違うのは困るだの、出来れば同じ水準で戦える機体にして欲しいだのなぞ、無茶を言うなと言う話であった。

 今、赤木リツコは第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンの性能向上に必要とされる予算、工期、その他を見繕っていた。

 否、赤木リツコだけでは無い。

 技術開発部エヴァンゲリオン関連部署の人間は、怒り心頭で見積もりを作り上げていた。

 そして葛城ミサト。

 此方は、第2期量産型(セカンドシリーズ)エヴァンゲリオンの操縦者たる第2期適格者(セカンドステージ・チルドレン)の再訓練プログラム作成に関して作業であった。

 旧訓練プログラムや現訓練プログラム。

 だが、何とはなしに国連安全保障理事会は嘴を挟んでくるのだ。

 お陰で、都合5回目の訓練プログラム修正作業と相成っていた。

 初期計画。

 鈴原トウジの訓練内容を基にした第2計画。

 第2計画の訓練スケジュールが遅い(のんびりし過ぎている)し、到達点をもっと高くするべきと、精兵(エリート)たるアスカの訓練内容を基にした第3計画。

 だが、立案してみると付いていけない内容(合格率0.1%のふるい落とし式)となったので計画の概要段階で第3計画を中止し、より穏当な第4計画が立案された。

 第4計画は、比較的初期計画に近い内容に戻って居たが、国連軍との共同戦闘が余り考慮されていないのが問題であると指摘され、今、第5計画を必死になって立案中となっていたのだ。

 紆余曲折、七転八起、朝令暮改が多すぎて、それはもう葛城ミサトもヤサグレると言うものであった。

 

「少し報告があったから」

 

 声だけでも判る不機嫌な葛城ミサトに、それでも笑顔で言葉を紡いでいける渚カヲル。

 実に強い男の子であった。

 とは言え、それはある意味で葛城ミサトが折れると思えばこその部分もあった。

 

『あ、カヲル君? どうかしたの??』

 

 声は急に穏やかになる葛城ミサト。

 適格者(チルドレン)の6人で一番の常識人枠を渚カヲルは得ているのだから。

 否、全員が良い子である事には間違いはない。

 だが同時に、少しばかり癖があるのだ。

 

 知性派であるのだけども根っ子で脳筋気味(舐める奴ァ潰せ)なシンジとアスカ。

 時々、突飛な事をする綾波レイ。

 関西なノリに、どう反応するべきかを考える時がある鈴原トウジ。

 人間としての常識を学習しようねと思うマリ・イラストリアス。

 葛城ミサトがある種の渚カヲルに安心を抱くのも当然の話であった。

 だが、その安心を今、渚カヲルが叩き壊す。

 

「報告する事が出来まして」

 

『何が?』

 

「僕、どうやら使徒だったみたいです」

 

 テヘッという(オノマトペ)が付いてそうな、呑気な声。

 だがそれは、N²爆弾級の破壊力を持っていた。

 

『ハァッ!?』

 

 

 

 

 

 渚カヲルのN²爆弾級カミングアウト。

 それがNERV本部を揺らす ―― 事は無かった。

 余りの重大事に葛城ミサトが緘口令を敷いたからだ。

 知っているのは適格者(チルドレン)5人と葛城ミサト、それに泣きついた赤木リツコだけであった。

 作戦局のスタッフは勿論、天木ミツキにも教える事はなかった。

 取り合えず、先ずは確認。

 確認してから、と言う事だ。

 当初は、即、NERV本部で尋問となっていたが、NERV本部の主要施設は地下空間(ジオフロント)にあるのだ。

 使徒を迎え入れてする事ではないと、冷静になった赤木リツコがツッコみを居れていた。

 だから、尋問場所に選ばれたのは地上、それもNERV本部内にも情報の出ない場所が選ばれた。

 葛城ミサトの自宅である。

 

 散乱するビール瓶。

 ビール缶。

 下着。

 チラシやら新聞紙。

 弁当がら。

 最近の葛城ミサトの生活の荒れっぷりが良く判る有様であった。

 ストレスと手早い入眠手段としてアルコールを摂取し、食事もシンジ達と合わない(シンジ宅に突撃出来ない)のでコンビニ飯と言う有様。

 風呂は入るけども洗濯が出来ないので、制服はNERV近くのクリーニング屋に放り込み、下着に至っては量販店で安物を買っての使い捨てめいた状況。

 正に寝る為にだけ帰る家。

 同居人たる温泉ペンギンのペンペンは、只今、NERV本部D配置職員(アルバイター)たる洞木ヒカリに預けていた。

 

「チョッち、散らかってるけど御免ね」

 

 葛城ミサト。

 その面の皮の厚さは本当に見事なものであった。

 そして、同行していた赤木リツコは親友(マブ)のこのザマに、唯々、溜息をついていた。

 

 チョッとばかし揮発したアルコール臭いの強い室内で、始まる渚カヲルの尋問。

 キッチンの4人掛け机の上だけが片付けられ、座る4人。

 渚カヲル、葛城ミサトと赤木リツコ。

 最後の1人は、渚カヲルに付き添いとしてのシンジであった。

 尚、アスカや他の適格者(チルドレン)はNERV本部での待機であった。

 ()()()()()()()()、である。

 今までの実績もあるので渚カヲルを信用しない訳では無いが、それでも、葛城ミサトにも責任があったのだ。

 

「さぁ始めましょうか」

 

 宣言する葛城ミサト。

 表情だけはキリっと引き締まって居たが、壁際に乱雑に置かれたビールの空瓶が何とも言えない風情を醸し出していた。

 

 

 

 渚カヲルの尋問。

 当人が語った内容はシンジ達に言った事、そのままであった。

 NERVドイツ支部で生まれた(作られたた)

 人造適格者(ビメイダー・チルドレン)として、エヴァンゲリオン6号機を操る為にNERV本部に派遣されてきた。

 使徒と闘う事に疑問は無かった。

 時々、自分が自分では無いと感じる様な事があった。

 等々である。

 そして今日、急に自分が使徒、最後の使徒であると言う自覚をもったと締めていた。

 

「…………使徒、ね」

 

 ふわりと浮いている渚カヲルの姿を見れば、それを疑う事など出来なかった。

 A.Tフィールドも張ってみせたりもしている。

 赤木リツコが、その権限に於いてMAGIの緊急点検と再起動を命令し、一時的にNERV本部の対使徒探知網を無力化させての事であった。

 

「で、人類にナニか思う事が浮かんだりするの?」

 

 確認といった形で尋ねる葛城ミサト。

 もう色々と面倒くさくなって、実直に聞いていた。

 とは言えある程度は確信していた。

 もし、その気があったならばNERV本部内で起こしていただろう、と。

 それに渚カヲルも答える。

 使徒としての、内側の気持ちを正直に吐露する。

 それは寂しさであり、同時に敗北感である、と続けた。

 

「寂しさ?」

 

 赤木リツコが口を挟んだ。

 敗北感は判る。

 先の第16使徒すら、シンジとアスカによって一方的かつ圧倒的に叩き潰されているのだ。

 それまでも、酷い目に遭い続けているのだ。

 そういう気持ちを抱くのも当然かもしれない。

 だが、寂しさは判らなかった。

 使徒とは個であると言う推測が為されていたからである。

 

「父たるアダム、その懐たる白き月が失われた。その結果、使徒は寄る辺の無い存在になり果てている」

 

 黒き月、NERV本部へと遣ってくるのは、寄る辺を求めての事だというのだ。

 それから色々な事を渚カヲルは赤木リツコに語った。

 知の暴走めいた質問の数々。

 それを横目に葛城ミサトは深い深いため息をついていた。

 

だいじょんな(大丈夫です、ミサトさん)?」

 

「ま、良いわよ。敵対的でない使徒ってだけで十分よ」

 

 労わるシンジに返す、葛城ミサトのヤケクソめいた言葉。

 渚カヲルは使徒であるが敵対的では無い。

 しかも最後の使徒だというのだ。

 であれば残業なども来なくて万々歳だと、面倒くさいと言う気分を全身から出しつつ零す。

 

「後は___ 」

 

 責任者は責任を取る為に居る。

 葛城ミサトは作戦局の責任者とは言え、使徒撃滅を使命とするNERVの責任を取る人間では無い。

 碇ゲンドウNERV総司令官にぶん投げれば良い。

 そう、締めるのであった。

 

 

 

 

 

「どうであった、ゲンドウ?」

 

「………渚カヲルが投降してきたとの事です」

 

「そうか」

 

「指示を仰いできています」

 

「であろうな」

 

「議長、SEELEとしてはどういう方針を出すおつもりですか」

 

「忘れているぞ、ゲンドウ。貴様も又、SEELEの一員であるのだ」

 

「…………………はっ?」

 

 キール・ローレンツの言葉の意味を理解するまで、たっぷりと思考が止まった碇ゲンドウ。

 理解した。

 だが、理解したくない。

 そう言う気持ちが、碇ゲンドウの思考を止めた。

 だからこそキール・ローレンツは、その背中を推す様に言葉を紡ぐ。

 

「お前が方針を示すが良い。責任はSEELEが取る」

 

「!?」

 

 責任以外の、対応の立案と実行。

 その全てをなげやがった!! そんな怨嗟を何とか飲み込む碇ゲンドウであった。

 

 中間管理職ではなくなった碇ゲンドウ。

 それでも矢張り、シタッパには仕事が回ってくる。

 その現実を噛みしめていた。

 

「全てはSEELEの為に」

 

 Sie ist ohne Ehre!(チキショーメ!!)

 そんなドイツ言葉を飲み込みつつ、碇ゲンドウは第17使徒となった渚カヲルへの対応を拝命するのであった。

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。