群衆にひっそりと息を潜め、人間を襲ってはその肉を貪る生き物「喰種」。
人間にとって喰種とは、自らの生命を脅かす憎き怨敵でしかない。
反対に喰種にとって人間とは、自ら生きるための糧、食糧源なのだ。
共存は出来ない。
喰種は生きている限り、人間を襲い食らう。
そのサイクルから逃れると言うことは、即ちその喰種の死を意味するのだ。

だがしかし、いつの時代にも奇跡というものは起こり、人間を喰種を翻弄する。
相容れることのない二つの存在が、何の因果か重なり合ったとき、世界は大きく変わっていく。
それは、栄えるとも滅びるとも言うだろう。

闇から生まれ、闇を喰らって生きる喰種史上醜悪の存在。
同族を喰らい、裁き続ける悲しくも残酷な物語が今始まった。喰種と人間相反する二つの境界が崩れる時、醜くも美しい真実が映し出される。


長らくお待たせしてしまい本当に申し訳ありません。仕事も落ち着き暫く余暇が出来たので投稿を再開することに致しました。それにつきまして今までご愛読いただいていた皆様には大変申し訳ありませんが、過去の投稿を見直し矛盾点を極力見直したうえで再投稿させていただく次第となります。

書き直しという形をとっているため大変ご迷惑をおかけします。

ご迷惑をかけてしまったお詫びとしたしまして、本日からヤングジャンプの発売日にあやかって毎週木曜日の午後8時に投稿させていただきます。多少全さうと食い違う部分等がるとは思いますがそれを踏まえたうえでご愛読下されば幸いです。

別に記憶を失って筆者側から読者側へと排世したわけではないので、よろしくお願いします。それでは失礼します。大変お待たせいたしました!!


なお、前作の投稿については随時改訂版投稿時まで削除することはありません。
『虚実入り混じる13区での戦闘、強さを求める蟋蟀はそこで何を成すのか』

 ご意見、ご感想、どんな事でも良いのでお待ちしております。
現在、pixiv様へも投稿中です。
  #001「誕生」改訂版2016年01月25日(月) 01:21()
  #002「蟋蟀」改訂版2016年01月28日(木) 20:00()
  #003「捕食」改訂版2016年02月04日(木) 20:00
  #004「変貌」改訂版2016年02月11日(木) 20:00()
  #005「動揺」改訂版2016年02月18日(木) 20:00
  #006「記憶」改訂版2016年02月25日(木) 20:00
  #007「回答」改訂版2016年03月03日(木) 20:00
  #008「凶兆」改訂版2016年03月10日(木) 20:00()
  #009「救援」改訂版2016年03月17日(木) 20:00()
  #010「葛藤」改訂版2016年07月01日(金) 22:38
第一章「蟋蟀」
  #003「悲劇」2015年04月20日(月) 02:23
  #004「襲来」2014年07月22日(火) 11:04()
  #005「蹂躙」2014年07月16日(水) 08:29()
  #006「音色」2014年07月17日(木) 13:43()
  #007「報告」2014年07月18日(金) 19:23()
第二章「喰種」
  #008「人間」2014年07月19日(土) 11:15()
  #009「個性」2014年07月19日(土) 22:39()
  #010「脆心」2014年07月21日(月) 01:00()
  #011「珈琲」2014年07月23日(水) 12:12()
  #012「捜索」2014年07月25日(金) 13:20()
  #013「喫茶」2014年07月27日(日) 00:00()
  #014「惨劇」2014年07月29日(火) 00:00()
第三章「喰事」
  #015「淹方」2014年07月30日(水) 00:00()
  #016「救援」2014年08月02日(土) 22:59()
  #017「途惑」2014年08月08日(金) 16:11()
  #018「表裏」2014年08月14日(木) 04:00()
  #019「羨望」2014年08月17日(日) 01:14()
  #020「標的」2014年08月21日(木) 01:34()
第四章「絶望」
  #021「深淵」2014年08月29日(金) 23:16()
  #022「調査」2014年11月08日(土) 20:00()
  #023「思惑」2015年03月02日(月) 06:00()
  #024「錯誤」2015年03月05日(木) 23:00()
  #025 「本性」2015年04月04日(土) 03:06()
  #026「半心」2015年04月10日(金) 21:28()
  #027「速度」2015年06月29日(月) 01:54()
  #028「見方」2015年11月12日(木) 23:58()

読者層が似ている作品

転生したら始祖で第一位とかどういうことですか(作者:Cadenza)(原作:終わりのセラフ)

その者、神すらも屠る吸血鬼の王。最強にして無敵の存在。朱い月に不死の魔法使い、怪異殺しの力を持つ彼は何を齎す。希望か、絶望か。救いか、滅びか。決められた世界に彼は降り立った。この世界に彼は何を見るか。▼「まだ寿命残っとるから転生な。行き先が世紀末っぽいから吸血鬼キャラ三人の能力を付けたる。転生先は終わりのセラフじゃ」▼「いや待ってもうちょっと説明を」▼何を見…


総合評価:20972/評価:8.25/話数:28話/更新日時:2018年01月31日(水) 22:08 小説情報

拝啓友人へ(作者:Kl)(原作:東京喰種)

俺の友人は今では知らない人の方が少ない有名作家だ。▼この物語はオリジナル主人公、オリジナル展開、捏造設定などを含みますのでご注意下さい。


総合評価:6024/評価:8.59/話数:21話/更新日時:2018年10月17日(水) 16:31 小説情報

ようこそ天才作家のいる教室へ(作者:ワカガシラ)(原作:ようこそ実力至上主義の教室へ)

「だから龍園くん、君は──『半殺しだ』」▼とか言っちゃうお話。▼


総合評価:2183/評価:7.98/話数:7話/更新日時:2018年11月07日(水) 20:33 小説情報

その音は月夜と共に(作者:神光の宣告者)(原作:BLEACH)

尸魂界の歴史の中で意図的にその存在を消された者は何人もいる。▼後世に生まれた者はその存在を消された者のことなど知る由もなかった。▼しかしその者と同じ時を生きた者の記憶の中には深くその存在は残っている。▼1000年以上一番隊三席を務めたとある死神と同じ時を過ごした死神は皆口を揃えて言った▼「彼は自由な死神だった」▼と。


総合評価:1980/評価:7.62/話数:17話/更新日時:2019年01月08日(火) 07:00 小説情報

時の鐘(作者:生崎 鈍)(原作:とある魔術の禁書目録)

魔術側でも科学側でもない一つの組織に所属する男の話


総合評価:4343/評価:8.57/話数:60話/更新日時:2018年12月21日(金) 01:21 小説情報

ブラフマン・マハーヴァーラタ(作者:いんふる)(原作:落第騎士の英雄譚)

名前も顔も覚えてないけど、原作キャラと仲良くしたいなぁ。▼(オリ主いちまんさい)


総合評価:2997/評価:7.76/話数:3話/更新日時:2019年01月26日(土) 23:30 小説情報

湖の求道者 (作者:たけのこの里派)(原作:Fate/)

一話前書きの注意事項を必読してください。▼「――――――目指せ聖典(バイブル)の戦士達」▼まだ世界に神秘が溢れていた時代に、人類最高峰の才を生まれ持った馬鹿がそんな目標を立てた。▼ファンタジーな育ての親。▼生まれ続ける勘違い。▼アーサー王率いる円卓の騎士たちチート集団を苦しめたBANZOKUの正体とは。▼そして元凶不在で崩壊するブリテン。▼これは、ランスロッ…


総合評価:52047/評価:8.63/話数:46話/更新日時:2019年01月16日(水) 00:02 小説情報

今度は剣術で(作者:コンコン狐)(原作:ブラック・ブレット)

 どいうわけか、あの天童家自称スーパーエリート(笑)の天童和光に憑依した主人公。自分の行く末を悟り悲観にくれる彼だったが、いつの日から考えが変わる。▼ ワンチャン、努力したらいけるんじゃね......? と。▼ ▼ しかし、どうやら彼の努力の方向は真っ直ぐ伸びず、原作など知らん顔といった、とでもない方向に進んでいった。▼「尋常(じんじょう)も糞(くそ)もねぇ…


総合評価:4145/評価:7.73/話数:4話/更新日時:2019年01月19日(土) 21:00 小説情報

マスター必須技能:コミュ力(作者:ブリーム=アルカリ)(原作:Fate/Grand Order)

転生したはいいが『死』を理解してしまい、心が歪んだ主人公。ネガティブで人と仲良くなるのが苦手な彼は英霊と上手くやっていけるのか。▼※最初が特に酷いので書き直し中です


総合評価:5278/評価:7.82/話数:18話/更新日時:2019年01月14日(月) 10:09 小説情報

地下迷宮にて剣餓鬼は嗤う(作者:鎌鼬)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

▼求めるのは己の愉悦である。▼楽しまなければ、生きている意味など無いのだから。▼その為に俺は鉄火場で剣を振るう。▼


総合評価:2603/評価:6.47/話数:22話/更新日時:2019年02月17日(日) 22:39 小説情報