敵の女幹部とドンパチしてたら息子が出来た   作:イベリ

12 / 18
必滅(ジャフ・クロスフィールド)

四足獣のように手を付き、獰猛に構えたヴァレッタが、貯めた力を解放するように一気に飛び出す。

 

「死ねっ!!」

 

「はっ!口だけか、ヴァレッタ!!」

 

呪剣を大盾で受け止め、シールドバッシュで弾き返したジャフは、続けざまに大斧を叩きつける。

 

たったのその一撃だけで、ジャフの盾に隠れていても、とてつもない衝撃がベルの体を叩いた。

 

(これが、上級冒険者同士の戦い…!)

 

ジャフとベルの戦闘スタイルは現状真逆と言っていい。

 

真正面から攻撃を受け、殴り合いを演じるジャフ。

 

反対に、攻撃をなるべく受けないように立ち回り、隙を突くようなベルでは、技術そのものが違う。

 

しかし、それでもジャフとヴァレッタの戦いは、ベルが知る中でも頂点に位置するもの同士の戦い。

 

この戦いを間近で見れることに、どれほど価値があるのか。全てを糧に必ず勝つと意気込み、目を細めた。

 

ジャフと斬り合いながら、盾の影に隠れ姿を見せないベルに、ヴァレッタは舌打ちをした。

 

(あのガキの一撃……ステイタスを貫通する威力に、この鈴の音……なにか、ありやがるな。)

 

警戒をしながら、同格のジャフを相手取るヴァレッタは、時間が伸びれば伸びるほど不利になる。

 

そうなれば、詰みだ。

 

(厄介なのはあのガキがどのタイミングで出てくるか……分からねぇよなぁ…なら、そのタイミングを作ってやればいいわけだ。)

 

集中を削がれている原因の一つは、ベルのあの一撃。自身の体に傷をつけたということは、喰らえば致命的な隙となり、ジャフに狩られる。

 

リスクを犯してでも、ここでベルを殺す事は、必須。

 

ジャフの攻撃を受ける瞬間。ほんの少しずつ、隙を残す。

 

もう、ヴァレッタはベルを侮らない。素人には分からない小さな隙を、あの小さな脅威は理解する。

 

敵への信頼とも取れる、笑ってしまうような心持ちのまま、ただその瞬間を待つ。

 

数分か、あるいはもっと長い時間。ヴァレッタはジャフとの膠着状態を維持しながら、一定の間隔で隙を置く。

 

(さあ、来い!顔を出した時が、お前の最後!)

 

内心で下卑た笑みを浮かべながら、その時を待った。

 

しかし、数十秒、数分経っても、ベルは数度顔を出すだけで、時間とヴァレッタの体力だけが磨り減っていく。

 

(なんで、来ねぇ!?隙があからさま過ぎたか!?この隙に食いついてこねぇはずが───────)

 

そこまで思考した時、ベルがジャフの背後から顔を出した。

 

しかし、その顔はまるで自分の思惑通りに動く馬鹿を見るような

 

「───────っ!?」

 

ベルは、笑った(・・・)

 

そして、ヴァレッタはようやく自分が掌で踊らされていた事に気がつく。

 

(あのガキ…っアタシに選択肢を捨てさせねぇ気か!?)

 

そう、それ故に、ベルは初めの一撃に必殺を見せた。

 

お前を狩るに足る技がある。

 

お前を狩る獣は、ここにいる。

 

そうして存在感を延々と出し続け、ヴァレッタに、いつ飛んでくるかも分からない必殺を意識させることが、自分の役割だと割り切った。

 

見たところ、ヴァレッタとジャフの実力はほぼ五分、長期戦になれば若干ステータスの高そうなヴァレッタに軍配が上がるだろうが、ここにベルという盤外の駒がいる事で、均衡状態をジャフに傾け続ける。

 

それが、今最弱(ベル)が出来る最高のサポートであると。

 

「───────イカスぜ、ほんとによォ…っ!」

 

歴戦の戦士からの、最高の賛辞。

 

既に2度、ジャフはベルの牽制に救われている。

 

1VS1(タイマン)であれば、ジャフはもう少し苦戦していた。早々に魔法(切り札)を切って、一か八かの殴り合いに移っていただろう。

 

それが、Lv1が1人いるだけで、こんなに楽になるだなんて。改めてベルの咄嗟の判断力、戦況を見極め、自身の弱みすら強みにする異常さに思わず笑った。

 

大斧を大剣で受け止め、押し飛ばされたヴァレッタは、忌々しそうに舌打ちをして、諦めたようにだらんと手を垂らした。

 

「───────やめだ…」

 

「あん?今更諦めるってか?」

 

「あぁ、諦めんだよ───────無傷は無理だって分からされたしな。こっから、アタシもなりふり構ってらんねぇんだよ…!」

 

故に、ヴァレッタも意地を捨てる。

 

間違いなく、目の前の強者を屠るために、狙いをジャフに絞る。

 

獣のように飛び出したヴァレッタの一撃は、先の一撃をゆうに飛び越え、ジャフを数メートル後退させる。

 

ベルの牽制を完全に無視し、ジャフ1人に猛攻を仕掛けるというわけだ。

 

「考えたじゃねぇか!肉を切らせて骨を断つってか?」

 

「はっ、癪だがそのガキの脅威はわかったつもりだ。もう、容赦はしねぇ……ぶった斬るぜッ!!」

 

「───────はッ!やってみろ小娘ェっ!!」

 

始まったヴァレッタの猛攻をひたすらに防ぐジャフは、ヴァレッタのステイタスの高さに歯噛みする。

 

(俺よりちぃとばかしステイタスが高ぇなこりゃぁ、耐久戦は不利…!んなら、こっちも覚悟決めねぇとなぁ…!)

 

ヴァレッタの攻撃をシールドバッシュに合わせ弾いたジャフは、盾を捨て攻撃全振りの状態で大斧を振り回す。

 

響く重厚な鉄の悲鳴が、ベルの体をひたすらに叩く。一撃一撃が、食らってもいないのに痛い。

 

しかし、ベルは鈴の音を鳴らし駆け出す。

 

(なんの真似───────ああ、そうかよ…!)

 

突然のベルの行動に面食らったジャフだったが、すぐに意図を察する。反対に、ヴァレッタはすぐさま口端を釣り上げ、ベルを追った。

 

「【吹き荒べ、嵐の錨!今宵、この場は亡霊の宴!臆病風に吹かれたか?怖けりゃ隠れろ戸を閉めな!】」

 

「【必滅(ジジイ)】の魔法───────いいや、優先はこっちだ!わざわざ飛び出しやがって!てめぇはここで殺す!」

 

追いかけるヴァレッタに、ベルは冷たく一瞥を投げて、急ブレーキ。踵を返してヴァレッタに一直線に走った。

 

(バカが、驕ったな!)

 

第1級に傷をつけ、驕りが出たと思ったヴァレッタは、乱雑に大剣を振り回す。

 

しかし、ベルは驕ってなどいなかった。

 

鈴の音が強まると同時に、一気にスピードを上げたベルの回避力に、ヴァレッタは瞠目した。

 

(本当になんなんだこのガキ!?未来でも見えてんのか!?)

 

確実に視覚外からの攻撃すら、ベルは事も無げに躱す。

 

しかし、ヴァレッタの予想は大ハズレ。ベルはただ単に、目と勘、そして耳が異様に良いのだ。筋肉の弛緩、反響する音を聞き分けて攻撃の予測を出来る位には。

 

(次は、右…左、いや跳んで躱そう。)

 

めちゃくちゃな軌道を先読みしながら、跳んでは躱し、跳んでは躱す。

 

ゾーンに入ったベルの思考は、酷く透き通り、あらゆる情報がクリアに入ってきた。

 

(右、ちょっと跳んで、体を捻って、避け続けて、踊り続ける(・・・・・)…!)

 

ベルはヴァレッタの攻撃に対応するため、魔法を脚に展開し、足で衝撃を放ちながら回避を繰り返す。

 

しかし、ヴァレッタは猛攻の中でも聡く、ベルの魔法の制限を見抜く。

 

(……わかったぜ、てめぇの魔法のカラクリ!)

 

1歩につき、衝撃が放たれ、1秒の感覚が空く。何度も見せられれば、もう気がつく。ヴァレッタは、確信した。

 

(こいつの魔法は、1度の放出につき1箇所まで!インターバルは1秒!増幅した場所は一際白く光る!わかりゃこっちのもんだ…!)

 

ベルの魔法のインターバルと、増幅の箇所を見抜いたヴァレッタは、タイミングを見計らう。

 

確実に殺せるタイミング、確実に当てられるタイミングを見極める。

 

「【悪魔?精霊?屁でもねぇ!夜の帳はもう降りた!ここから半刻、狩りの時!!】」

 

「チッ!やつの魔法が完結しちまう…!!」

 

更に速度を上げたヴァレッタの攻撃すら、ベルはギリギリで避ける。

 

「ちっ…!いい加減にッ……!」

 

ベルの先程の一撃に、すっかり意識がこちらに持っていかれたヴァレッタは、大振りの一撃を見舞う、そう見せてやったのだ。

 

ベルが回避のために、魔法を脚から放出した瞬間、ヴァレッタは嗤った。

 

(ヒャハッ…!かかった!)

 

あえての大振りから、回転に派生。2段目の攻撃に転ずる。

 

魔法が使えなければ回避は不可能。そう踏んでの攻勢だった。

 

しかし、回転斬りの体勢に入ったヴァレッタの耳に鈴の音が届く。

 

(───────はっ?)

 

攻撃に転ずる直前の、まだ力が乗りきっていない瞬間。ヴァレッタは確かに聞いた、そして目の当たりにする。

 

消えた筈の鈴の音を響かせ、一際強く輝く木刀の姿がベルの体の影から現れる。

 

(なんでっ……馬鹿なッ…!?)

 

スローモーションで過ぎる数秒間で嫌に回転する頭が、数秒後の未来を明確に示していた。

 

(何が……魔法には制約が…………いや……まさか、まさか!このガキッ!!?)

 

ヴァレッタにとっての想定外。

 

けれど、なんてことは無い。

 

ベルの魔法(エンチャント)に、蓄積箇所の制限も、発動間隔も存在しない。

 

ただ、ベルがそう思われるように(・・・・・・・・・)使っていただけ。

 

全てが、罠。そんな戦い方に、ヴァレッタは忌々しい勇者の姿を重ね合わせてしまった。

 

敵の攻撃をしのぎ、ジャフに繋げるために、ベルは隠していた必殺の手札を切った。

 

「【これより通るは百鬼の王!嵐の化身がお通りだ!】」

 

いつか、姉がみせてくれたふたつの技のうちの、1つ。

 

忌々しげに語る一方、その術理は認めざるを得ないと不満そうに教えてくれた事を、よく覚えている。

 

脱力し、無駄な力を全て捨て、重心を深く沈めた。

 

「【居合の太刀】───────【残響・一閃】!!!」

 

足元を爆発させ、速度を上昇。居合の構えから一気に抜刀。音を収束させた木刀を大剣に叩きつけた。

 

音はインパクトの瞬間に攻撃力を底上げ、蓄積した時間が多ければ多いほど威力を何倍にもはね上げる。

 

今まで悟られぬように回避に専念して、蓄積した時間、約1分。

 

それは、力の乗った第2級冒険者の攻撃すらも吹き飛ばす、ベルの必殺だった。

 

(剣が…ッやべぇ、あのジジイは───────)

 

生まれた千載一遇の隙と同時に、ジャフの魔法が完結する。

 

「【嵐王の12夜(サムハイン・ワイルドハント)】!!」

 

瞬間、弾ける稲妻の閃光と共に叩き込まれた拳によって、ヴァレッタが吹き飛び、輝夜達と分断した緑肉の壁に叩きつけられた。

 

「…っ…ガハッ…!?あぁっ!?があああああっ!?いでぇえええああ!!!?」

 

Lv4の同格である2人の力の差は、ひとつの要因が介入することで簡単に傾く。

 

ベルも無傷、ジャフの魔法も完結した。

 

ヴァレッタの避けたかった状況に追い詰められる。

 

痛みに悶えるヴァレッタを一瞥し、ジャフは懐の葉巻を取り出し、マッチで火を付ける。

 

紫煙を吐き出したジャフの拳が、再び雷を宿し弾ける。

 

それは、ジャフの怒りを表すように激しく、燃えるように滾った。

 

「年貢の納め時だぜ、ヴァレッタ。てめぇの汚ぇ断末魔を、今まで殺してきた奴の鎮魂歌(レクイエム)にして死んでいけ!!」

 

「おじちゃん、僕も…!」

 

「……いや、お前は控えててくれ。背中は任せる。」

 

前に出ようとしたベルを制して、あくまでタイマンでヴァレッタを倒すつもりのようだった。

 

「…っ、は、はは…!復讐かよ、ジャフ…!?憲兵ともあろうもんが、私情まみれだな…!」

 

「…口を閉じろよ、クソ女。テメェ相手に手加減できるほど俺は強くねぇからな。それに、コイツの手を、お前なんぞの穢れた血で汚す必要はねぇからな。」

 

「ちっ……マジじゃねぇか…!おい!聞こえてんだろ!出せ!!」

 

そうして、ヴァレッタが何やら知らぬマジックアイテムを出した数秒後、地面が揺れ始めた。

 

「なんだ…!てめぇ、何しやがった!?」

 

「は、はははっ…あいにくよぉ、アタシらは強かねぇんだよ…だから、絡め手使うのは当然だろう?保険てのは、こういう時に使うに限るよなぁ!」

 

一際揺れが強くなった時、ベルが下から何かせり上ってくる物を感知する。

 

「おじちゃん!下からなにか来る……2体!!」

 

咄嗟に飛び退いた2人の足場から、緑の体色をした蛇のような怪物が現れた。

 

「蛇型モンスター!?なんだコイツは!!」

 

「ち、違う!これ、植物…!?でも、この感じ、どこかで…!」

 

「ちっ、感知まで出来んのかよクソガキ。つくづくここで殺しておきてぇなぁ?」

 

ベルの言った通り、蛇の頭だと思っていた場所に切れ目が入り、極彩色の花が咲き誇る。

 

木刀を腰紐に収め、ベルは小太刀を抜く。

硬そうな鱗に、打撃は有効では無いと考えたのだろう。

 

「いい判断だ!いけるな、ベル!」

 

「うん!」

 

しかし、構えたジャフを無視して、2体の花はベルに殺到した。

 

「ベルっ!?」

 

流石、と言うべきなのか。ベルは軽々と回避し、カウンターを入れて一体を沈める。

 

「平気!おじちゃんは、その人を!」

 

「───────任せたぞ!!」

 

エリクサーを煽ったヴァレッタは完全回復。忌々しげに舌打ちをしたジャフは、仕方ねぇと拳を構える。

 

「大人しくしときゃ、痛くなかったんだぜ?」

 

「ヒャハハハッ!ばぁ〜か!これからだろうが!」

 

剣を拾い、引き摺りながら突撃したヴァレッタの剣に拳を叩きつける。

 

弾ける稲妻と衝撃は、今までの比では無い。

 

「第2ラウンドだ…ジジイ!!」

 

「上等だ…!叩き潰してやるよ!」

 

真の戦いが、これより始まる。

 




嵐王の12夜(サムハイン・ワイルドハント)
二重付与魔法(ダブルエンチャント)
・雷属性、風属性の付与
・使用時間により耐久値の減少
・攻撃回数に応じてステイタスに補正

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。