20XX年!
『曇らせ』創作が大流行した!
しかし、その色は十人十色!
互いの『曇らせ』でバトルする『曇らせバトル』は究極のホビーとして普及した!

『曇らせバトル』!
それは熱き『曇らせバトラー』達の魂のぶつかり合い!
今日もまた、どこかで『曇らせバトル』が行われている!
それは今、この街でも!

1 / 1
爆曇バトル!曇らセイヴァーズ

20XX年!

『曇らせ』創作が大流行した!

しかし、その色は十人十色!

互いの『曇らせ』でバトルする『曇らせバトル』は究極のホビーとして普及した!

 

『曇らせバトル』!

それは熱き『曇らせバトラー』達の魂のぶつかり合い!

今日もまた、どこかで『曇らせバトル』が行われている!

それは今、この街でも!

 

 

 

 

 

★☆★

 

 

 

 

 

「ギョーギョギョギョッ!俺様に負けた罰だ!お前の『曇らせ』を粉々に砕かせてもらうぜー!」

 

「うわー!やめてくれ!僕の『シャイニング・恋人未満友達以上の男女が、時間が経つにつれて想いがすれ違い女側に恋人が出来てBSSされる男・ペガサス』が!」

 

 

一人の少年が手にしていた『曇らせ』が、踏み砕かれてしまった。

『曇らせ』は光の粒子となり、散っていく。

 

 

「あぁ……恋仲だった事もないのに、情けない未練引きずってる男が……」

 

「ギョーギョギョギョッ!」

 

 

踏み砕いたのは『曇天』と文字が書かれた黒い服を着た男だ。

少年とは違い、いい歳をしたオッサンだ。

 

 

「見つけたぞ!『曇天団』!」

 

「ギョ?」

 

 

オッサンが振り返ると、そこには……真っ赤な髪を尖らせた少年がいた。

少年の目は……文字通り燃えていた。

 

 

「『曇らせ』で人を傷付けるなんて、このオレが許さない!」

 

「何だ?お前は?」

 

「オレの名前は『見送(みおくり) 逝太(いった)』だ!ただの……『曇らせバトラー』だ!」

 

 

逝太と自称した少年に、太った少年と少女が走り寄ってきた。

 

 

「ちょ、ちょっと逝太くん!早いよ!」

 

「そうでやんす!」

 

根鳥(ねとり)死蔵(しぬぞう)も!」

 

 

三人の少年少女が、オッサンの前に立ちはだかる。

 

 

「ギョーギョギョギョッ……何を言い出すかと思えば……『曇らせバトル』で勝ったものは敗者の『曇らせ』を好きにしていいのだ!より優れた『曇らせ』だけ残ればいい!」

 

 

オッサンがそう口にした瞬間、逝太の目が見開かれた。

 

 

「違う!『曇らせ』は創作者の数だけ存在していいんだ!他人の『曇らせ』を否定するのは間違っている!『曇らせ』は他人を傷つけるための道具じゃない!」

 

「ギョーギョギョギョッ、綺麗事を!」

 

 

互いに相容れない信念、逝太がその手に『曇らせ』を掴んだ。

 

 

「こうなったらオレと『曇らせバトル』をしろ!お前が負けたら二度と他人の『曇らせ』を否定するんじゃない!」

 

「ギョーギョギョギョッ、えらい自信だな……良いだろう!俺様がお前のちっぽけな『曇らせ』を破壊してやる!」

 

 

オッサンの手にも『曇らせ』が握られた。

 

勝負が、始まる!

 

 

「レギュレーション・非18禁(アンダーエイティーン)!」

 

「いくぞ!」

 

「「『曇らせバトル』、レディ……ファイト!!」」

 

 

二人を中心にイマジナリー・フィールドが展開される。

互いの間に『曇らせエナジー』が充満し、読者が空気に満ちる!

 

逝太が手に持っていた『曇らせ』を構えた!

 

 

「いっけー!オレの『ヴィクトリー・巨悪の下で無理矢理悪事を働かされている少女と、それに気付かなかった後悔と無力感で流した少年の涙・ドラグーン』!」

 

「迎え撃て!『ダーク・好きな相手の曇り顔がみたいが故に、善良なフリをしているが内心がドス黒い少女・ファンタジスタ』!」

 

 

二つの曇らせが衝突した!

パワーは互角……薄暗い、どんよりとした気分の悪い空気がフィールドに充満する!

 

 

「死蔵くん!これは……」

 

「根鳥ちゃん、これはタイプの違う『曇らせ』が衝突したでやんすよ」

 

「タイプの違う?」

 

「そうでやんす!逝太の『曇らせ』は唐突に繰り出される悲劇をテーマにした『受動的曇らせ』、相手の『曇らせ』は曇らされてる推しの顔が見たいという『能動的曇らせ』でやんす」

 

「どっちが強いの?」

 

「使い手の力量次第になってしまうでやんすよ!タイプの違う『曇らせ』……読者の好みを超越した面白さで、相手側のファンを引き寄せた方が有利になるでやんす!」

 

 

二人が会話している中も、『曇らせバトル』は進んでいく。

 

 

「いくぜ!まずは『恋人未満友人以上の少年少女』を描写するぜ!甘酸っぱい日常に、薄暗い影を描写する事で落差を得るぜ!」

 

「何?落差だとぉ……?」

 

「そうだ!『曇らせ』はジェットコースターだ!楽しい日々と悲劇、急降下する事でエネルギーを生み出すんだ!」

 

 

ぎゃあああぁっ!?

 

読者の悲鳴と聞き間違える程に、逝太の『曇らせ』が音を響かせた。

しかし、オッサンは余裕の笑みを浮かべていた。

 

 

「ギョーギョギョギョッ、逝太!お前の『曇らせ』には弱点がある!」

 

「何だって!?」

 

 

オッサンが逝太を指差した。

 

 

「明るい日常パートと、悲劇パート……どちらにもボリュームが必要だって事だ!必然的に物語が長くなる!つまり、チャージが長いって事だ!」

 

「チャージが、長い!?」

 

「そうだ!本筋に入るまでが長けりゃ長いほど、読者の脱落率は高まる!いかに良い作品だろうが、キャッチが弱けりゃ読んでくれねーって訳よ!」

 

「くっ!?」

 

「その点!オレの『曇らせ』は目的がハッキリしてる!推しの歪んだ表情を見たいという目的!それさえあれば長ったるい日常パートもショートカットできるって訳よ!」

 

 

オッサンの『曇らせ』が巨大化し、逝太の『曇らせ』を弾き飛ばした。

 

 

「うわっ!?」

 

「ずばり!速攻!読者に『作品の題材』をダイレクトに提示する事で、性癖とマッチした読者を素早くキャッチする!速攻型の『曇らせ』なのだ!」

 

 

二つの『曇らせ』が衝突し、曇らせエネルギーが頭上へと突き上がる。

 

 

「死蔵くん!」

 

「まずいでやんす!あのオッサン、只者じゃないでやんすよ!読者の心理をよく理解してるでやんす!」

 

 

観客が戸惑っている最中──

 

 

「何……?」

 

 

逝太は『笑って』いた。

 

 

「オッサン、おもしれー『曇らせ』を書くんだな」

 

「く、ギョーギョギョギョッ敗北宣言か?」

 

「……いいや、オレの『曇らせ』だって負けてねーぜ!」

 

 

逝太が小さな封筒を手に持った。

 

 

「ギョ?なんだアレは……?」

 

 

その封筒の正体が分からないオッサンとは対照的に、死蔵と根鳥が反応した。

 

 

「出るでやんす!逝太くんの『必殺コンボ』が!」

 

「ええ!」

 

 

逝太はそのまま、封筒を自身の『曇らせ』に投げ込んだ!

瞬間、逝太の『曇らせエナジー』が爆発的に増加した!

 

 

「なんだ……!?何が──

 

「これは『ヒロインの遺書』だ!」

 

「ヒロインの……遺書!?」

 

 

そう!

逝太が投げ込んだのはヒロインの遺書!

 

彼の『ヴィクトリー・巨悪の下で無理矢理悪事を働かされている少女と、それに気付かなかった後悔と無力感で流した少年の涙・ドラグーン』にヒロインの遺書が合体した!

 

少女の死!

少女の遺書!

少年の涙!

 

即ち……ベストマッチ!

指数関数的に上昇していく『曇らせエナジー』が読者を包み込み、デケェ声の悲鳴を叫ばせた。

 

まるで死を予告する叫び声(バンシーの泣き声)

怨嗟と驚嘆、涙とニチャつく笑みが広がっていく!

 

圧倒的な曇らせパワーにオッサンは──

 

笑みを浮かべていた。

 

 

「ギョーッ!甘い甘い!」

 

「何!?」

 

「追加要素による加速(ブースト)はお前だけの特権ではない!」

 

 

瞬間、オッサンの『曇らせ』、『ダーク・好きな相手の曇り顔がみたいが故に、善良なフリをしているが内心がドス黒い少女・ファンタジスタ』が邪悪な光を放った。

 

観客達も思わず目を逸らす。

 

 

「な、なんて邪悪な光……」

 

「陰欝すぎるでやんす……」

 

 

ただ、逝太だけは真剣に目を向けていた。

 

 

「オッサン!今のは何を!?」

 

「ギョーギョギョギョッ!教えてやろう!今、肉体の欠損描写を追加した!」

 

「肉体の……欠損!?」

 

「そうだ!推しキャラと仲が良くなった少女の身体を欠損させる事で、強烈な無力感と後悔を与えたァ!」

 

 

刹那、逝太はオッサンの思惑を理解した。

 

オッサンの『曇らせ』は曇らされるキャラクターがハッキリしている。

そして、その曇らされる推しキャラに……安易に肉体的なダメージを与えなかった。

 

精神的なダメージを与えるために、敢えて主人公の少女に肉体的なダメージを与えたのだ!

何も悪い事をしていない推しキャラを直接虐待すれば読者にダメージが入るが……性格の悪い少女というクッションを挟む事で、読者は納得する!

 

ずばり!

説得力!

 

それは全ての創作にて優先させる!

無論、『曇らせ』というジャンルにおいても!

 

 

「くぅっ!?」

 

 

衝撃と衝撃がぶつかる!

鳴り響く読者の悲鳴の中、『曇らせ』は互角となっていた!

 

だが、しかし。

 

逝太は苦悶の表情を浮かべていた!

 

その表情に根鳥と死蔵は困惑している。

 

 

「どうして……まだ互角なのに、逝太くんはあんなに辛そうなの?」

 

「逝太はヒロインを殺したでやんす……つまり、既に打ち止め。これ以上、衝撃的なシーンで読者を惹きつける事は難しいでやんす!対して──

 

 

視線がオッサンに集まった。

 

 

「甘すぎる!俺はまだ、進化を残している!何故ならまだ、性格の悪い女主人公が生きているからだ!」

 

「くっ……だがオレも負けてねーぜ!ヒロインの死亡後描写を追加する!」

 

 

逝太の追撃は……ヒロインの死亡後、その心理描写を書く事だった。

ヒロインを死なせっぱなしにするのは三流の『曇らせ』バトラー……しかし、逝太は違う!

 

 

「死なせる事を目的とせず、死による『曇らせ』を描写する!これがオレの『曇らせ道』だ!」

 

「ギョーギョギョギョッ!もう遅い!叩き潰せ!『ダーク・好きな相手の曇り顔がみたいが故に、善良なフリをしているが内心がドス黒い少女・ファンタジスタ』!」

 

 

宣言通り、オッサンの『曇らせ』が爆発しそうな程に輝いた。

 

 

「今、俺は更に『曇らせ』描写を追加した!更なる肉体欠損描写!更なる精神の破壊!尊厳の陵辱!存在の否定!」

 

「ぐわぁーっ!?」

 

「陰鬱力こそ全て!全てを蹴散らせ!!」

 

 

『曇らせ』に続く、更なる『曇らせ』。

臨界点を突破した読者の声が、感想欄を加速させていく!

鬱描写が積み重なり、ついには闇のエネルギーが柱のように立ち上った!

 

 

「ギョーギョギョギョッ!お前の負けだ!」

 

 

オッサンの高笑いが響く中──

 

 

「……ギョ?」

 

 

オッサンの『曇らせ』、『ダーク・好きな相手の曇り顔がみたいが故に、善良なフリをしているが内心がドス黒い少女・ファンタジスタ』のエネルギーが減少していく。

 

 

「な、何!?」

 

 

確かに、『曇らせ』としては描写を重ねられた筈……!

これ以上もないほどに陰鬱!

 

逝太の『曇らせ』よりも、強烈な負のエネルギーがある筈!

それでも読者が……減っている!

 

 

「何故だ!?何故、俺の曇らせが……!」

 

「分からないのか?オッサン」

 

 

気付けば、逝太の顔には……オッサンを憐れむような表情が浮かんでいた。

 

 

「何故、お前がそんな顔を……!」

 

「アンタは……やり過ぎたんだ」

 

「やり過ぎ、だと?」

 

「あぁ、そうさ」

 

 

逝太の『曇らせ』が爆発的にエネルギーを増加させていく。

これは即ち……物語の完結による加速(ブースト)だった。

ヒロインを殺し、遺書を読ませ、明日に向かって少年が涙を流した。

 

それを読者が評価してくれていたのだ。

 

 

「オッサンの『ダーク・好きな相手の曇り顔がみたいが故に、善良なフリをしているが内心がドス黒い少女・ファンタジスタ』には……所謂、好きなキャラの悲しむ顔が見たいという『愉悦』要素が含まれている」

 

「あぁ、そうだ!それが何故っ──

 

「オッサンは……内心がドス黒い少女を虐め過ぎたんだ。読者は推しキャラの悲しむ顔がみたいだけなのに……残虐で陰鬱なシーンを描写し続けた」

 

 

オッサンが目を見開いた。

 

 

「まさかっ──

 

「そうだ!オッサンは自創作を陰鬱にしたいがあまり、読者のことを考えず独りよがりな『曇らせ』をしてしまった!」

 

「ギョーッ!?」

 

 

オッサンの『曇らせ』が燃えていく。

曇らせエネルギーを炎に変えて、感想欄が炎上しているのだ。

 

 

「ぐ、ぐぅっ!陰鬱なだけじゃあ……読者の人気も出ないって訳か!?」

 

「そういう事だ!行け!『【完結済】ヴィクトリー・巨悪の下で無理矢理悪事を働かされている少女と、それに気付かなかった後悔と無力感で流した少年の涙・ドラグーン』!」

 

「ギョ、ギョォーッ!?!?」

 

 

瞬間、爆発した。

 

 

「逝太くん!?」

 

「逝太!」

 

 

逝太の『曇らせ』が、オッサンの『曇らせ』を叩き潰したのだ。

二人を中心としたイマジナリー・フィールドが消滅し……街並みが戻ってくる。

 

オッサンが膝を折り、地面に手をついた。

 

 

「ギョ、ギョギョ……お、俺は、目先の読者に囚われ刺激的な描写を繰り返し……自分の創作を見失ってしまっていたと、言うのか……?」

 

「いや、それは違う」

 

 

逝太が、オッサンの肩に手を置いた。

慰めるような手に、オッサンは顔を上げた。

 

 

「『曇らせ』に正解なんてない。ただ読者が付いてこれなかっただけなんだ……それだけで……オレは、オッサンの『曇らせ』、好きだったぜ」

 

「お前……」

 

「特に推しキャラを庇って、犬型のバケモノに腕を食い千切られて涙を流しながら叫び……それを見た『強い』筈の推しキャラが弱々しく不特定の誰かに『助けて』と弱々しく漏らすシーン……オレは好きだぜ」

 

 

熱いオタク語りに、オッサンの胸が暖かくなった。

誰かの『曇らせ』創作を否定し、叩き潰し、優越感に浸るだけだった彼には……暖かい光だった。

 

そう、彼も昔は純粋に『曇らせ』を愛した『曇らせバトラー』だったのだ。

いつしか、己の『曇らせ』が全てだと信じて、他人の創作を否定するようになってしまっただけの……ただ、一人の『曇らせバトラー』だった。

 

 

「逝太、オマエは……」

 

「そうさ。本当は『曇らせ』に優越なんかない。自分が満足できれば良いんだ……『曇らせバトル』は互いに研鑽するためのバトル。他人を否定するためのバトルなんかじゃあない」

 

 

その言葉に、オッサンは涙を流しながら頷いた。

 

『曇らせバトル』は、逝太が勝者となった。

 

 

「なぁ、逝太……俺も、またお前とバトルしてぇ」

 

「いいぜ、いつでも来いよ。オレもオッサンの『曇らせ』楽しみにしてるからよ」

 

「あぁ、ありがとうな……」

 

 

立ち上がり、手を握った。

年齢も違う。

性癖も違う。

 

だが『曇らせ』という一つの創作ジャンルにかける願いは同じだった。

そして、それだけで十分だった。

 

そうだ。

『曇らせバトル』は、互いを高め合うための究極のバトル。

 

戦う相手は敵じゃなくて……ライバルなんだ。

 

 

 

 

 

今日もまた、どこかで『曇らせバトル』が行われている。

今も、どこかで……もしかしたら、君の街でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆

 

 

 

 

 

 

 

「修がやられたか……」

 

 

暗い部屋、円卓を囲む五つの席。

そこに、四人の男女が居た。

 

筋肉質な男が空席に目を向けた。

 

 

「アイツは『曇天団』の中でも最弱だァ……軟弱な『曇らせ』を見る度に吐き気がしてたぜ」

 

 

それに、化粧の濃い女が頷いた。

 

 

「えぇ、そうよ。読者に想定されるストーリーをなぞるだけの『曇らせ』なんて二流よ。曇天団の恥晒しね」

 

 

身長の高い細身の男が笑った。

 

 

「ヒョヒョヒョ、情けない男でござるな」

 

 

そして……威圧感のあるオーラを纏った少年が、机に手を付いた。

 

 

「だが、それでも修は曇天団のメンバーだった。アイツはどうでも良いが……チームに牙を突き立てた報いは受けさせるべきだ」

 

 

その少年は、メンバーの中で最も若かった。

だが、他のメンバーの誰もが彼を恐れていた。

 

究極の曇らせバトラー……八津咲(やつざき) 駿斗(すると)

彼の『曇らせ』は読者の脳を破壊し、日常生活に支障をきたす程の『曇らせ』を行う。

 

彼の歯牙が自分へ向かないよう、メンバーは焦っていた。

 

がたり、と細身の男が立ち上がった。

 

 

「ヒョヒョヒョ!ここは俺の『エボリューション・長命種人外ヒロインとイケおじの死に別れ・レックス』の出番でござるな!」

 

「あぁ。頼んだぞ、哭瀬(なきせ)。だが、失敗すれば──

 

「し、心配は不要でござる!その辺の餓鬼に俺が負ける訳ないでござるよ!」

 

 

細身の男が焦りながら椅子から離れ……暗室を後にした。

それと同時に他のメンバーも部屋を後にしていく。

 

残ったのは少年、八津咲(やつざき) 駿斗(すると)だけだった。

 

 

「見送 逝太か……」

 

 

手元には一枚の写真。

逝太の写真だ。

 

だが、今よりも……数年若かった。

 

 

「君は僕に、敗北を教えてくれるのかい?」

 

 

暗室で呟いた声は、静かに響いていた。

 



▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。