馬乗りされて体力がなくなるまでやられる悪役〜今度は主人公の好感度を上げまくっていたら全員に惚れられた件〜   作:陽波ゆうい

59 / 84
第59話 「告白して結ばれればどれだけ幸せか」

 俺たちも後を追うようにショッピングモール内に入る。入って………。

 

 ………………。

 ……………………。

 ………………………。

 

「さあ、気を取り直して2人を追おうか」

「何故俺たちまで変装した……」

 

 ショッピングモール内に入り、そのまま結斗たちの後を追うと思いきや……まひろに連れられ立ち寄ったのは、雑貨屋。

 

『むこうが変装してるなら、私たちも変装しないとね』

 

 などと、謎の理論を言われ変装させられた。

 

 まひろは丸メガネを購入。度は入っておらず、飾りみたいなメガネであるが、まひろが付けるとオシャレ度が増す。

 

 一方俺はというと、まひろに髪をかき上げろと指示されて、オールバック風に。加えてサングラス着用……。

 

「どう見ても怖い人だな」

「怖い人だね」

 

 顔面怖いやつがオールバック&サングラスしたらもう見た目最強なのよ。つか、逆に目立つ気が……。

 

「てか、どうやって結斗たち探すんだ?」

 

 雑貨屋に立ち寄っている間に結斗たちを完全に見失った。この広いショッピングモール内で特定の人物を見つけるのは厳しい……。

 

 これはもう、仕方ないよな!!

 

「まひろさん。もう諦めるしか——」

「大丈夫」

「え?」

「結斗のスマホにGPSを付けているから」

「ええ……全然大丈夫じゃねーだろ」

 

 それは果たして許可を取ったのだろうか。ちょっとドヤ顔でスマホを見せられても困るのだが……。

 

「さあ行こうか」

「ええ……」

 

 

 

 

 

「どうやらここみたいだね」

「またオシャレなカフェだなぁ」

 

 普段の俺なら立ち寄らない、カップルや女子が使うようなタイプ。

 GPSいわく、結斗たちはここにいるらしい。

 

 しばらくして、女性店員さんが近づいてきた。

 

「いらっしゃいませ」

「2名で頼みます」

「はい、2名様ですね。その、当店はカップル割もありまして事前に……」

「「あっ、違います」」

 

 まひろと声がハモる。

 店員さんは若干戸惑っていたが、違うことは否定しないといけないからな、うん。

 

 店内へと案内される。お客さんは結構いる。

 照明は少し明るい程度の落ち着いた感じ。席はファミレスのように板の仕切りがあるタイプ。立てば全体を見渡せるが、それだと不審に思われてしまう。

 

 結斗たちの席は……おお、左側の隅っこ。レジ付近に案内された俺たちからはかなり距離がある。

 

 つまり……

 

「ふむ。これじゃあ結斗たちの会話を聞くどころか、監視すら難しいね」

「そうだな。じゃあ諦め……」

「店を出る時にはここを通るだろう」

「ええ………」

 

 まひろは諦める様子はなし。居座ること前提であるとばかりにメニューを開いた。

 ………俺もこのまま付き合わされるんだろうなぁ。

 

「笠島くん、お腹は空いてないかい? 付き合わせてるんだし、ここでの飲食代は私が持つよ」

「いや、いいよ……」

「遠慮することはない」

「いや……」

 

 女の子に奢らせるなんて、男として罪悪感があるのだが……。しかも俺、一応お金持ちだし……。

 

「俺が奢るよ」

「え?」

 

 つい、口走ってしまう。

 大丈夫。2人分の飲食代くらいお小遣いで賄える……。

 

「ふふっ。話が紛らわしくなってしまったね。やはり、自分で飲食した分は自分で払おう」

「そ、そうだな……」

 

 ここで話が一旦途切れる。

 

 まひろはりいなと同様、話しかけられたら話すだけで、特段、仲が良いわけでもないから……話が続かん。

 

 それから注文したアイスコーヒー2つが届く。

 アイスコーヒーは……うまい。うまい……。

 

「まひろさんってさ」

「うん?」

「結斗のことが好きなんだよな」

「随分と直球だね。まあ否定はしないよ。私は結斗のことが好きだ」

  

 顔色一つ変えずハッキリ言った。

 そりゃ好きじゃなきゃここまでこないよな。

 

「……告白はしないのか?」

 

 次にそう言うと、まひろはゆっくりとアイスコーヒーのコップを置き、

 

「告白して結ばれればどれだけ幸せか」

「え?」

 

 まひろの眉が一瞬下がったような気がした。

 

「人を好きになるのは自由だが、結ばれるのはお互いがお互いを好きになった時だけ。私が好きでも、結斗にとっては友達以上の好きではなかった場合、告白したって断られるだけだ」

「ま、まあそりゃ……」

 

 告白して結ばれるって言ったら、両想いであることが真っ先に浮かぶ。

 結斗の性格上、ましてやストーリー上ではお試しで付き合うなんてことはないだろう。

 

「それに相手は結斗だ。笠島くんなら意味が分かるだろう?」

「ま、まあなぁ……」

 

 結斗は鈍感ですから。

 

「もう少し時間が必要かなと思って、告白しないだけだよ」

「まひろさんでもそうやって悩むんだな」

「それはそうだよ。私だって1人の女の子なのだから。……まあ待っていられない事態もくるかもしれないけど」

 

 最後に意味深な言葉……怖いのよ。

 

「笠島くんにもいつか好きな人ができると思うけど、その時に私の気持ちも分かるさ」

「好きな人ねぇ………」

 

 好きな人……俺にはまだ程遠いいものだと思うなぁ。

 

 

 

 

「………」

「どうかしましたか?」

「いえ。なんでもありません」

 

結斗の向かい側に座る女性は意味深にスマホを見ていたが……閉じて鞄の中に直す。

 

「もう変装を解いても大丈夫でしょう」

「あっ、そうですね。カフェにも入りましたし」

 

 結斗も女性も変装を解く。

 

「飲みものでも注文しますか?」

「そうですね。届いた後、本題をよろしいでしょうか?」

「も、もちろんですよ——()()()()……!」

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。