正直、ビーンボール投げてる感は否めない

1 / 1
ビーンボールを投げろとささやかれまして。


とりあえず龍嬢ちゃんに座薬入れたい(仮)

 休みの朝。前日の疲れが額のあたりにたまり、じくじくと妙な感覚を醸すのは、別に今に始まったことではない。時計を見て、9時を指しているのを見て、はてな、と首をひねった。普段ならば、とっくにたたき起こされているからだ。いわく、布団が干せない、とか、そういう事を言われている。結局、床の上で二度寝して、それでまた怒られる、ということがよくあったから、最近は8時まで容赦してもらっている。

 

 同衾、ということについていえば、司令と参謀が一緒にダウンしてはいけない、という理屈で、したことはないのだが。それ以前にいろいろしてるんだから、手遅れだろう。と言うと、気恥ずかしいんだから、察してくれ、といわれて、こちらの顔が赤くなってしまった。

畳の目を見て、布団から這い出すと、ぶる、と体が震えた。ああ、布団に戻って寝て居たい、そう思ったものの、さすがにいろいろと心配なので這い出す。

 

 襖を開け、下を見て、理由が氷解した。

 

「うー……あれ? てーとく?」

 

「仕事場じゃないのに提督って呼ぶのやめろって」

 

 顔を赤くして、布団に沈み込んでいる龍驤が、そこに居た。

 

 

 

 

 

「とりあえず龍嬢ちゃんに座薬入れたい(仮)」

 

 

 

 

 

 

「……熱、測れるか?」

 

「うん……体温計……薬箱に入れとるんやけど、わかる?」

 

 体温計を箱から取り出し、パジャマの襟元のボタンをはずし、わきの下に入れさせる。

 

「ひやっ。んもう。指で温めといてぇや……」

 

「体温計の意味がないでしょうが……」

 

 すぐにピッ、というピープ音が鳴る。体温計の数字は、38.6度を指していた。

 

「……風邪だなあ。食欲、ある?」

 

「……いらん。なんか食欲ない……」

 

「おかゆ作るけど……」

 

 そう言うと、龍驤は顔をしかめ、唇を尖らせて、言った。普段の元気さ、というよりは、甘えるような弱弱しい声である。まるで子供のようだな、と考えると、それを読まれたのか、眉が動く。

 

「おかゆさん嫌いや。うどんにしてーな」

 

「うどんって……まあ、病院行った後にするか。着替え、できるか?」

 

 そう龍驤に言うと、赤かった顔に、もう少し別の種類の朱が差した。

 

「えっち……」

 

「病人相手にそんなことするか!」

 

「えー、でもてーとくの本棚の裏の本、そんなんばっかやろ」

 

 それを聞いて、龍驤の額を軽くはたく。熱が、指に伝わってきた。

 

「嘘を言うな。まったく、それだけ元気なら早く着替えて準備しなさいって」

 

「もー、病人たたかんといてぇな……」

 

 結わないままの栗色の髪がするり、と動き、龍驤は身支度を始めた。

 

「出てた方がいい?」

 

「……今更やろ……」

 

「まあ、それもそうね」

 

 そう、本当に今更である。第一、同居している時点でそういうの、はよくあったし、残念ながら子供はまだないが、仮にできた場合、製造物責任者には提督の名前が記されることだろう。

 

「……せやけど、マスクとかあるかなぁ。うちはアホばっかりやから常備薬もないもんなぁ」

 

「……ガーゼのマスクならあるよ」

 

「えー、あれつけたらうち小学生みたいにみえるやん……てーとく、職務質問されたら叫ぶで?」

 

「はいはい。早くつけて行きましょうね」

 

「……はぁい。なんや、ちょっとした冗談やん……」

 

 ぶつぶつと文句を言う龍驤の口をマスクでふさぐ。普段は結っている髪に手を差し入れ、耳にそれをかける。普段こんなことをしようものなら、髪にさわらんといて。といわれてしまうのだが。

 

「……本当に小学生に見えるな」

 

 ゆったりとしたスエットの上にダッフルコートを着て、長めのスカートをはいたその姿は、風邪を引いた小学生、といわれても通用する物だった。顔のつくりが大人のそれに近いため、若干違和感はあるが、おそらく小学5年生と並べたら、年下に思われてしまうに違いない。

 

「……なんや、それやったらウチに手ぇだしたアンタはロリコンやね」

 

「……まあ、どうでもいいから病院いこっか」

 

「……ほんま、いけずやわぁ……」

 

 そう言って、外に出る。そして、龍驤は開口一番、こういった。

 

「帰ろか」

 

「薬もらってこないとダメだろ……」

 

「いやや、寒いねん……」

 

 はいはい、といいながら車まで引きずっていき、何とか助手席に座らせ、リクライニングを少し倒す。

 

「寒ぅ。なんでこんな寒いん?」

 

「暖房ついて無いからね。ちょっと待ってって」

 

 エンジンをかけ、暖房をつける。暖房のききはやたら強いため、すぐに車内は温かくなるが、眠くなるのが少し問題だった。

 

「……あったかぁ」

 

 そう言って、普段だとうるさいほどの龍驤は寝息を立て始める。本当に疲れていたのだな、と考えて、なるべくゆっくりと運転して、病院につくと、すぐに「風邪ですね」と診断されてしまう。

 

「……なあなあ、お医者さんに言うてほしいんやけど。ちょっとはずかしゅうて」

 

「……何?」

 

「……あんな、粉薬とか、錠剤とかそういうの嫌いなんよ」

 

「……子供か」

 

「あー、子供か言うた。うちに手ぇ出したくせにぃ」

 

 わかったよ、というと、要望を伝える。咳止めと鼻水の薬は無理だが、解熱剤は大丈夫だ、といわれて、複雑な顔を思わずする。いや、まさかな、という感じである。

 

 

 

 

 で、端的に言うとそのまさかであった。スーパーで関西風のうどんを買って、家について薬の封を開けると、そこには普通の風邪薬と、座薬が鎮座していたのである。

え、これ俺が入れるの。と逡巡していると、龍驤がやってきて、言う。

 

「おなかすいた……」

 

 うーむ、どうしたものか。と提督は考えながら柔らかめに麺をゆで、関西風の出汁をかける。そこに、龍驤からの声がかかった。げほん、とせきをしているため、少し声がかれて聞こえる。うどんを出すと、うーん、と唸りながら、龍驤は言う。

 

「なー、卵とか落としてくれんの? やぁらかいやつがええ」

 

「そういう器用なことができる旦那でなくて申し訳ないですね」

 

「もう、気がきかんなあ。きみは」

 

 そう言いながらも、ゆっくりと龍驤はぺろり、とうどんを平らげた。食欲ない、って言ってた割には元気だなあ、と思わず口に出すと、きょとん、とした顔で言う。

 

「えー、せっかく普段家事せぇへんキミが作ってくれたんやし」

 

「……ごちそうさん」

 

 そして、薬を飲ませた後に、ふともう一つの薬袋を見て、ううむ。と考えこんだ。

 

「……解熱剤とか、ないん?」

 

「……いや、あるんだけどね」

 

 アルミニウムの包装を見せる。あー、と龍驤は首を縦に振り、そして。

 

「キミ、アレやんな、そういう趣味あったん?」

 

「いや、龍驤さんね、君が錠剤も粉薬もいやだって言うから……」

 

「……いや、その、わかっとったんやけど……」

 

 もごもごと歯切れが悪い。

 

「……なあ、入れてぇな」

 

「……はいはい。ほら、お尻出して」

 

「なんかやらしーなぁ」

 

「はいはい!」

 

 なるべく熱で赤くなったすべらかな肌を見ないようにして、アルミの包装を破り、すこし灰色がかった薄い赤のすぼまりに、座薬を押し込んだ。指でぐっと中に押し込むと、するり、とそれを飲み込み、すこししてにゅるん、と出てくる。もう、とうめきながら、指でそれを奥に押し込むと、龍驤の喉から艶っぽい声が出た。出てこないことを確認すると、終わったぞ、と声をかけると、彼女の目じりのあたりに光るものがあった。

 

「……そういうことせぇへん、って言うたやん……」

 

「やかまし」

 

 龍驤のお尻を軽くはたき、ほら、早く寝ろ。といって、襖を開け、部屋から出ようとすると、背中に声がかかった。

 

「……なあ……おおきに」

 

 使っていない方の手を上げて、襖を閉める。いつもは、あんなに甘えてきただろうか。と、ふと考えながら。

 

 

 

 

 

「はよ起きーや!」

 

 目じりを揉む間もなく、布団から転げ落ちる。龍驤は、いつものように髪を横で結い、からからと笑う。元気になったのはいいけれど、あの時のしおらしさが恋しい。そう、ふと思わないでも、無かった。

 

 

 

 

 

 

―了―

 

 

 



▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。