Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

114 / 120
あるいは、英霊たちのろくでもない密談。
2月1日 23:00実施?


番外編
宝具選定幕僚会議


「ヤン・ウェンリーと言えばイゼルローン。

 イゼルローンと言えば雷神の槌。これは譲れませんね」

 

 灰褐色の髪と瞳の美丈夫は、そう主張する。銀の髪と口ひげをした初老の提督は、まばたきをしてから、物柔らかに反論した。

 

「要塞防御指揮官のおっしゃることには一理ありますが、

 閣下の勇名は、やはりヤン艦隊あってのものでしょう。

 宇宙で唯一、ヤン艦隊だけが運用に成功した一点集中砲火。

 こちらもなかなかのものだと思うのですが……」

 

「なるほど、甲乙つけがたいですなあ」

 

 陽気な巨漢が、朗々とした声で双方に頷いた。

 

「ところでこの聖杯戦争、古今の英雄と戦うんだそうです。

 それにあたっては、知名度が重要だそうですが、未来の我々にはありません。

 ですが、ひとつだけ、そういう連中にも通じそうなものがあります。

 そいつはどうでしょうか?」

 

 黒とアイボリーの中で、ただひとり黒と銀の軍装の老紳士が首を傾げた。

 

「申し訳ない、小官はそういう話には疎いので……」

 

「客員提督どのは、まだ同盟においでになっていませんでしたからなあ。

 銀河帝国なんたら政府の命令で、ハイネセンに行かれた時にはなくなっていた。

 ご存知なくても仕方がありませんがね」

 

 魔術師のクッションの言葉に得心した右腕が、ぽんと手を叩いた。

 

「ああ、思い出しました。アルテミスの首飾り。なるほど、長征一万光年作戦ですか」

 

 客員提督の顔には疑問符が増える一方である。

 

「……どんなものか、教えていただけないか、副参謀長」

 

「ハイネセンの周りには、一ダースの軍事衛星があったんですよ。

 それがアルテミスの首飾り。由来はギリシャ神話の月の女神の名前なんだとか」

 

 巨漢の解説に、美丈夫がにやりと笑う。

 

「ほう、副参謀長の知識は閣下譲りのようだな。

 そいつに、長さ一キロの一ダースの氷塊をぶつけて壊しました。

 同盟のクーデターの時だ」

 

 ヤンは、自由惑星同盟の建国の神話ともいうべきエピソードに倣ったのだ。建国の英雄アーレ・ハイネセンは、酷寒の惑星で奴隷として重労働に従事していた。ある日、彼は液体ヘリウムの川に氷の船を浮かべて遊ぶ少年を見て、天啓を得る。調達が極めて難しい、逃亡の宇宙船の材料にドライアイスを使うことを。

 

 そう解説して、巨漢は気の良い笑みを浮かべた。

 

「そうそう、一石何鳥かの策だったんです。

 艦隊の兵員、ハイネセンの住人、どちらにも犠牲を出さないように。

 建国のエピソードを連想させて、市民の反目を加速させ、

 さらにはクーデター首謀者の気を挫くために。

 あの時は、参謀部も頑張りましたからなあ」

 

 亡命の名将は、普段は眠そうな目を見開き、開いた口も塞がらず、なんとか首を左右に振った。

 

「……私が属していた貴族連盟の大貴族と、なんたる違いだろうか。

 しかし、それを地表に落としたら、門閥貴族の蛮行と変わらぬ結果になる。

 その宝具はお止めになった方がいい」

 

「そうですかねえ? なにせ、燃料にあたるものが限られてるでしょう。

 どれを使っても、実物の威力には到底及ばないんじゃないですかね」

 

 副参謀長の言に、副司令官も気遣わしげに若返った上官を見やった。

 

「失礼ですが、閣下ご自身は非力でいらっしゃる。

 抑止のために、強力な宝具を提示なさったほうがいいのではありませんか?」

 

「……どれもやめてくれ。貴官らはこの街を焦土にする気かい……」

 

 黒い頭を抱えて無言だった司令官が、ようやく口を開いた。

 

「こんなの子どもの、それも身内の小競り合いだよ!

 五年もすれば、思い出して羞恥心で転げまわる類のね。……だめ」

 

 不服そうな要塞防御部の長が、優雅に腕組みして司令官に反論した。

 

「子どもの小遣いを断るのではあるまいに、駄目はないでしょう」

 

「とにかくだめ」

 

「では、小官ら連隊は宝具になる資格はありますな」

 

「今度は何を言い出すんだ、君は!?」

 

「閣下が雷神の槌を撃ったのは、生前一回、二射しただけです。 

 それでアーチャー扱いされるならば、

 最も実戦で撃っている小官らを、除外するのはいかがなものでしょうな」

 

 控えめな年配者らを代表し、ヤン艦隊派が異議を差し挟んだ。

 

薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊ばかり、抜け駆けはいけませんなあ。

 それはヤン艦隊も同様ですよ」

 

 ヤンはベレーを毟り取って叫んだ。 

 

「ああ、もう、話が一巡してしまったじゃないか! 

 わがまま言うんなら、マスター権限による許可制にするから!」 

 

 このままでは、帝国時代のイゼルローン駐留艦隊と要塞防御部門の反目に逆戻りではないか。

 

 こういうときは、お財布(補給部門)の威を借りるにかぎる!

 

 遠坂凛は、ここにいない要塞事務監の代わりをこっそり押し付けられていた――。 




注:この話はあくまで本作中のIF話です。  

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。