Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

75 / 120
本話は筆者による独自設定を多く含みます。


63:眠れる龍

 アーサー王伝説のすべてを網羅している人間は、恐らくいない。それほどに、バリエーションに富んだ話なのである。しかし、実は女だったという異説は、アーチャーは聞いたこともない。ということは、ばれないように男装をしていたはずで、こんな豪奢なドレスに、髪を美しく結い上げた姿ではなかっただろう。

 

「君がどの時代のどこの国の英雄なのか、私にはさっぱり分からなかった。

 でも、君自身が探すなら、すぐに見つかると思ったんだよ」

 

 服装は中世末期だが、様々な言動からは十字軍以前のヨーロッパ辺境の人間だと思われた。キリスト教への信仰が薄いこと、食事が雑だと言ったこと。だから、彼女が騎士で一国の君主だというのが、大きな疑問だったのである。その時代は、まだ女子相続は行なわれなかったからだ。

 

 もっとも、他にやらなければならないことが多すぎて、アーチャーもセイバーの素性を探るのは止めてしまった。ランサーやライダー、アサシンの格好を目の当たりにし、

ギリシャの大英雄ヘラクレスはバーサーカー。せめて、セイバーぐらいは美しい夢でいてほしかったということもある。

 

 アーチャーは溜息を吐きながら立ち上がると、困りきった顔で腕組みをした。

 

「まさか、セイバーの正体がアーサー王だったとはね……。

 たしかにそれじゃあ、この世界がセイバーの世界の未来かどうか、

 判断ができないよなあ……」

 

 金銀赤銅の頭が一斉に頷いた。

 

「うん、そうなんだ。でも、セイバーはまだ生きてるって言うんだ。

 だから、鞘を持って帰れるなら、まだ方法があるかも知れないと思ってさ。

 世界との契約なんて、ちょっと怪しすぎるっていうか……」

 

「そうよ。ほんとうに世界が助けてくれるなら、

 なぜセイバーのケガを治してくれないの?」

 

 剣の主従は目と口で丸を作り、バーサーカーのマスターに向き直った。

 

「ほんとうのやりなおしは、そういうことだと思うの。

 わたしはシロウを殺しちゃうところだった。 

 シロウのケガを、セイバーのサヤが治してくれたから、

 こうやってやりなおすことができたんだわ」

 

 白銀の頭が深々と下げられる。

 

「だから、セイバーもありがとう。アーチャーもね。

 ねえ、セイバー、おねがいを取り消せないの?

 サヤがあれば、やりなおしができない?」

  

「……わかりません。世界から誘いを受けるしか、道はないと思っていた……」

 

 項垂れる従者の背を、士郎は労わるように叩いた。

 

「や、無理もないと思う。

 セイバーは大怪我してるんだし、そこにうまいこと言われたら信じちまうよ」

 

 青年ふたりは顔を見合わせた。

 

「また、ややこしいことになってきやがったな……」

 

 猛者との全力の戦いを望んで召喚されたランサーは、国を救いたいと願うセイバーに首を傾げるところがあったのだ。孤軍奮戦して守った故国は、この世のどこにもない。復活を願うには時が進みすぎている。

 

 しかし、セイバーは違うのだという。彼女の願いは、彼女本体の現在、すなわち過去にある。

 

「こりゃ、アーチャーの言っていたタイムなんたらってやつか?」

 

「ええ、そんな気もします。でも、確証のとりようもありません。

 当面はできることからやりましょう」

 

 あっさりと話題を転換したアーチャーに、色とりどりの視線が集中する。

 

「大まかに課題は三点。

 一点目は、聖杯の調査の準備を進める。

 みんなの願いに、折りあいが付けられないかを含めてね。

 二点目は、第八の陣営への警戒だ。

 最後が、士郎君の体内にあるかもしれない鞘。こいつをどうにかできないか。

 とりあえず、上げた順から始めようと思う」

 

 ヤンは溜め息をついて髪をかきまわした。

 

「士郎君、借りてきてもらった本をちょっと貸してもらえるかい」

 

「ああ、いいぞ。冬木の地形図と断層の本だよな。

 ところで、どうして断層の本がいるのさ?」

 

「私は魔術を知らないから、霊脈とは何ぞやと思ってね。

 この街の霊地は、柳洞寺に遠坂、間桐の両家と言峰教会だったっけ」

 

 士郎は曖昧に頷いた。

 

「ああ、そうなんだってな」

 

「みんな高台にあるだろう。

 水は高きから低きに至るが、低きから高きに至るのが断層による地形の隆起だ」

 

「う、ううん?」

 

「つまり、屈指の霊地というのは活断層の巣ではないのかということさ。

 安易に大聖杯をどうにかすると、横取りしていたエネルギーが元に戻る恐れがある」

 

 ヨーロッパ西北部の出身者達が首を傾げる中で、琥珀だけが深刻な色に染まった。

 

「じゃ、じゃあ、活断層にエネルギーが戻るってことか!?」

 

「どうしたの、シロウ。カツダンソウってなに?」

 

 ヤンと士郎の恐れを共有できるものは、この場ではバーサーカーのみだっただろう。ドイツ、イギリス、アイルランドは、世界で最も安定した陸地だ。

 

「……地面の下の、地震が起きる場所のことだ。冬木に地震が!?」

 

 アーチャーが頷いた。

 

「今回の聖杯戦争のいかんによっては、その恐れもある。

 だから、キャスターに調べてもらおうということだよ。

 そのためにも、大聖杯の位置を割り出さないといけない」

 

 士郎は唾を呑み込むと、無言で母屋へと駈け出した。 

 

「そんなもんで判るのか?」

 

 疑わしそうなランサーに、アーチャーは首を傾げた。

 

「闇雲に冬木中を探すよりはましなはずです。

 断層が霊脈ならば、最も隆起し、等高線が密で複雑な場所が怪しい。

 柳洞寺のある円蔵山で、断層と重なるところにあるのではないかと」

 

 居残った面々の瞳に疑問符が浮かんだ。

 

「根拠のないことではありません。寺の名にある『洞』。

 日本の洞窟は、だいたい石灰岩が侵食されてできるんです。

 石灰岩があるのは、もともと海の底だったところだ。

 これも地震と表裏一体の自然現象なんですよ」

 

 アーチャーは黒髪をかき回すと溜息を吐いた。

 

「この推測が当たらないことを祈るが」

 

 しかしヤン・ウェンリーの予測は、悲観的なものほど的中するのである。駆け戻ってきた士郎が差し出した本を参考に、転がっていた黒板に白で等高線の略図を描き、次に断層を赤で書き入れる。

 

「うわぁ……」

 

 ヤンは呻いた。円蔵山を真っ二つに切り裂く赤い筋。その片端は、特に等高線が密な場所を指していた。

 

「ねえ、アーチャー。これ、あたっちゃったってこと?」

 

「うん……。そういうことだ。こりゃまずいなあ。

 みんな、こっちの本を見てくれないか」

 

 開いたページには、冬木の地図。複数の断層が綾なすように表示されていた。

 

「こいつがダンソウってやつか。へぇ、町中に張り巡らされてるじゃねえか」

 

 地震のない国に生きたランサーの指摘に悪気はない。だが、冬木在住者は真っ青になった。

 

「なんだ、これ!? 霊脈ってこのことなのか!?」

 

 イリヤは首を左右に振った。

 

「よくわからないわ。この星が生む魔力の流れのことだから」

 

 イリヤは魔術師としての教育は受けているが、学校で学ぶ科学知識には疎い。

 

「じゃあ、そいつは後で凛に聞こう。だが、辻褄が合うんだよなあ。

 二百年前の日本は、ヨーロッパから見れば世界の果てだ。

 なのにわざわざここを選んだのは、こういう理由かもしれない」

 

 五つのプレートの交点に生まれた、玉を追う龍の形をした島。安定陸塊の上にあるヨーロッパ北西部に比べ、大地が生むエネルギーはずっと大きい。

 

「まいったなあ」

 

 アーチャーは思い切り髪をかき回した。

 

「私は、聖杯以外にキャスターの望みを叶える方法を提示し、

 彼女に残留してもらうつもりだったんだ。

 で、次回までに大聖杯を改良してもらおうかと思っていた。

 今回については、第八のサーヴァントがいるなら、

 セイバーとキャスターを除いても犠牲の帳尻は合う」

 

 あっさりと言ってのけたアーチャーに、ランサーは鼻を鳴らした。

 

「そうは言うがな、おまえが残りを斃して回る気か?」

 

「前回の黄金のアーチャーは、私と違って大変強いサーヴァントです。

 猛者と戦いたいというあなたの願いも叶うでしょうが、

 それでもこちらの不利は否めません。 

 マスターたちを守り、セイバーとキャスターを温存するならなおさらです。

 結果的に共倒れになるんじゃないかと思います。

 我々は基本的に歩兵ですが、彼は戦車隊を擁している」

 

 それは土蔵の寒さが増すような予想であった。

 

「そいつがいなけりゃどうする気だ?」

 

 ヤンは目を瞬いてから、右手の指を折り始めた。

 

「聖杯以外に願いを持つものには、それを提供します。

 聖杯は目的達成の手段だが、代替方法があるものもある。

 キャスターのようにね」

 

 愛する人と現世で添い遂げるため、魔力の源としてキャスターは聖杯を欲した。優秀なマスターが霊脈つきで見つかれば、無理して戦う必要などないのだ。

 

「そのうえで、なるべく納得ずくで聖杯の贄になってもらうつもりでした。

 キャスターは聖杯以外でも望みが叶う。私も同じです。

 桜君を助けたいというライダーの望みは既に叶えた。

 バーサーカーの望みは不明ですが、イリヤ君の意志には逆らわないでしょう」

 

 折られた指は四本。

 

「ランサーの願いは、バーサーカーと戦えば叶うと思いますがね。

 もっとも、あなたとアサシンは、キャスターが手綱を握っている」

 

 ランサーは舌打ちするしかなかった。

 

「これで六。イリヤ君とセイバーの願いを叶えるというのも、

 あながち不可能ではないでしょう。

 願いが共存できなくとも、キャスターらにご協力をいただき、

 不老長寿に近い薬を作ってもらえば、アインツベルンに実利はありました」

 

「ありましたって、なんでさ?」

 

 士郎の問いに、アーチャーは肩を竦めた。

 

「セイバーの願いの実現が難しくなったからだよ。

 正直、これでは無理だと思うんだ」

 

「私を騙したのか!?」

 

 柳眉を逆立てたセイバーに、彼は曖昧に首を振った。

 

「あの時は君の状況がよくわからなかったからね」

 

「う……」

 

 穏和な口調で刺された釘に、セイバーは二の句が継げなくなった。

 

「こうして聞いてみると、千五百年以上の歴史の書き換えが必要ではないかと思う。

 となると、できそうな術者が故人しかいないんだ」

 

「こ、故人!? 故人とはどういう……」

 

「根源を目指そうとしていた遠坂時臣。できるというなら彼しかいない」

 

 ヤンは土蔵の天井に指を向けた。指しているのは、その遥か上だったが。

 

「根源は、この世の法則を塗り替える『魔法』を得られる場所だという。

 いわゆる神の座、始源(アルファ)にして究極(オメガ)である、

 ビッグバンの一瞬前ではないんだろうか。

 そこに到達するには、サーヴァント七騎すべてが燃料に必要なんだろう?」

 

 黒曜石が紅玉に向けられ、小さな銀の頭がこっくりと頷いた。

 

「根源に到達した魔術師は、魔法を探そうとしているんだ。

 もういなくなったサーヴァントの願いを優先してくれると思うかい?

 なにより、君は彼のサーヴァントではなかった」

 

 そう、前回のマスターは衛宮切嗣だ。セイバーと三回しか口をきかず、接触を頑なに避けていた男。願いの代行をしてくれるかと、自問するのも愚かだった。

 

「そして今回のマスターは士郎君。

 侮るようで申し訳ないが、聖杯戦争を知らなかったレベルでは、

 ちょっと無理だと思うんだよね」

 

 セイバーの視線を受けて、士郎は両肩の前に両手を上げた。

 

「や、確かに俺、遠坂の言うとおりへっぽこだしなあ……。絶対に無理だぞ……」

 

「そして、凛の研究テーマは父とは違う。第二魔法並行世界の運用。

 イリヤ君のは第三魔法、魂の物質化の復活」

 

 アーチャーは無造作にセイバーのそばへ足を踏み出した。彼女の剣の間合いの中に。

 

「君の願いを叶えるには、前回に遠坂時臣のサーヴァントとして召喚され、

 彼を勝利させ、君の願いを叶えてもらえるほどに感謝されなくてはならなかった」

 

 エメラルドが揺らぐ。それはもはや覆せぬこと。

 

「今回は遅すぎる。あるいは早すぎた」

 

「は、早すぎた……?」

 

「本来の周期の聖杯戦争であれば、参加者は凛の子どもか孫だっただろう。

 そのマスターが君を召喚し、宿願を叶えようとするならね」

 

 これもまた仮定の話だった。第六次までに、アーチャーの世界のように核戦争が起こったら不可能になる。

 

 セイバーは、認めざるを得なかった。六騎の犠牲で届くのは、世界の内側だけ。刹那の間さえも自由にならないのに、どうして千年以上を変えられるだろうか。時の流れに支配された世界の内側では叶えられぬ願いだ。世界の壁を越えて、根源に至るほかはない。

 

 アーチャーは口には出さぬ。しかし、セイバーに残された選択肢は、今のところ一つしかなかった。ただ一騎で、残る七騎をことごとく斃す。それは不可能と同義だ。

 

 俯いて拳を握るセイバーに、穏やかな声が掛けられる。

 

「私は魔術なんて知らないから、キャスターにも聞いてみよう。

 他にも方法があるかもしれないからね。

 しかし、たぶんだけれど、聖杯では君を救うことはできないと私も思うよ」

 

 アーチャーの口ぶりに、ランサーが目を瞬いた。

 

「私も、ってか?」

 

 ヤン・ウェンリーはセイバーと衛宮姉弟に微笑みかけた。いかにも滋味を感じさせる表情で。

 

「気がついたんだろう? 世界とやらの詐術に。

 だから、セイバーの触媒を捜しているんだろう?」

 

「……そいつが俺の身体の中にあるのかも知れないんだけど……」

 

 ヤンは黒髪をかきまわした。 

 

「うーん、そいつはなんとかなるかもしれないよ?」 




昨今の震災で被害に遭われた方にとって、この作品で不快となられましたら、誠に申し訳ないことです。しかし、軍人に可能な聖杯戦争へのアプローチの描写ですので、ご理解いただけると幸いです。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。