どうしてこうなった?   作:とんぱ
<< 前の話 次の話 >>

16 / 86
第十四話

 …………徐々に意識が浮上してくる。禅に没頭すると完全に意識が飛んでしまう。

 飛ぶと言うより己の中に埋没すると言った方がいいかな。精神統一の仕方によっては意識が拡がって世界と一体になるような感覚に陥る事もある。我が師リュウゼンより精神統一に良いと促されて始めたものだが、結構気に入っている。特に意識が徐々に戻ってくる感覚は心地良さも伴う。

 

 意識が戻ってくる中、ふとリュウショウの時の事を思い出す。思い出すのはもちろんネテロとの闘いの場面だ。

 アイツとの闘いの一時は至福だった。なにせ私が気兼ねなく全力を出せる相手なのだから。リュウショウの時、どれほど鍛錬を積み、技の研鑽を重ねようとも、それを全力で揮える相手はいなかった。

 ただの投げならいい。手加減すればいいだけだ。だが柔術は当たり前だが武術。ゆえに相手を壊す技も多々ある。全力で放てば相手の身体を壊し、二度と武術が出来ない身体にしてしまうどころか、命を奪ってしまうことすらある。

 だから道場での鍛錬はもっぱら危険性のない合気術が主だった。

 ネテロに会えたのは僥倖だったな。アイツならどれほど危険な技を仕掛けようとも、見切り、躱し、受け流し、逸らし、いなし、耐え抜いてくれた。壊れる危惧がなかったので大いに全力をぶつけれたものだ……。

 

 今思い出しているのはネテロに竜巻落としを仕掛けている場面か……。

 相手の手首を捩り、かつ肘関節を壊しながら螺旋状に対象を宙に投げる、空中で逆さになっているところを踏み込みつつ体重を乗せた靠撃(はいげき:肩や背中を使用した体当たり)、これにより相手の体勢を崩し反撃を防ぐ。靠撃にダメージは期待していない。そのまま壊れていない腕を受け身に使用できないよう固定、逆さになった相手の顎にオーラを込めた掌底を叩き込む。そして自身の体重を加えて地面に勢いよく叩きつける。

 見事にネテロは地面へと突き刺さった。手応えばっちりだ。しばらく起き上がれまい!

 

 ……はて? 確かこの技はネテロに防がれたような気が……? それ以前に【百式観音】による迎撃を喰らったはず……。それなのにどうして技が成功した場面が思い出せているんだ? 思い出すも何も、一度もネテロには通用しなかった。なのにこの抜群の手応えはいったい……?

 

 あ、意識が、完全に戻ってきた……ゆっくりと眼を開ける。そして光とともに私の眼に入ってきたのは――!

 

 

 

 ……なぜか床から下半身が生えている異常な光景がありました。こ、これは一体どういうことだ? この人はだれ? 何かのパフォーマンスだろうか? ヨガ的な修行かもしれない。

 

 ははは。修行なら邪魔しちゃいけないね。さ、ここから離れるとしよう、うん。

 ……うん。やっぱり私が原因だよね。現実逃避はやめるとしよう……。

 や、やっちまったぁぁぁ!! な、なんてことを……! これが試合や闘いの結果なら致し方ないかもしれないけど、ぼけてやってしまうなんて!

 

 ああ、師に、母に合わせる顔がない……!

 

 ……ん? お、おお! 体からオーラが漏れている! つまりこの人は死んでいない!

 早く応急処置をしたら助かるかもしれない。そうと分かればこの人を地面から抜かなきゃ! そう思いながら私は焦りつつも慎重に床に埋まってしまった人を引き抜いた。

 

 ……後に抜かなきゃ良かったと後悔した私は悪くないと思います。

 

 

 

 

 

 

 拍子抜けするなぁ。簡単すぎて♠ せめてあの試練官がもう少し歯ごたえがあれば楽しめたのにね♣

 

『44番ヒソカ、3次試験通過第2号!! 所要時間6時間17分』

 

 これで3次試験も終わりか。残りの時間トランプでもしてようかな? ……第2号? つまりボクより早くゴールした人がいるんだ♥

 それはいいね。一体誰だろう? イルミかな。でも出来るなら別の人がいいな♦ だってその方が楽しみが増えそうだからね♥

 

 ……いない? 一体どこにいるのかな? 気配を探っても周りを見渡してもどこにも……いた♣

 あれは、アイシャか♥ キミが第1号か。これはいい。退屈せずにすみそうだ♠ しかしすごい絶だね。遮蔽物のないこの空間で、これほど周りに溶け込んでいるなんて♦ 馬鹿でかいリュックサックが横になかったら気付かなかったかも♥

 やっぱりキミはいい……♥ ゾクゾクするよ♣

 

「やあアイ……」

 

 ――声を掛けようとして躊躇った。これは……すごいな♥

 今のアイシャは完全なる無。ボクにはよく分からないけど、これを無我の境地とでも言うのかな♠ 恐らく今声を掛けても返事は返ってこないだろうね♦

 触れようでもしたなら何故か投げ飛ばされてるボクが幻視出来たよ♣

 

 こんな綺麗なモノを壊すなんて勿体ない♠ しばらく眺めていよう♥ 時間は一杯あるしね♦

 

 

 

 どれほど眺めていたかな♣ 1つのモノをこんなに集中して見るなんて初めてかも♥ 彼女の凛とした佇まいはとても美しい。これを壊すのは本当に勿体ない♠

 

 ――だからこそ! とてもとても壊したくなる!

 ああ、どうしてこんなに壊すのが勿体ないモノほど壊したくなるんだろう? 彼女は充分に美味しそうに熟れている。でももしかしたらもっともっと美味しく熟すかもしれない♦ でももう我慢できそうにもないよ。こんなにも美味しそうなキミを見続けていたんだから♥

 

 少し殺気を送ってみようかな? それとも直接触れてみようかな? どちらにせよこの美しいモノは壊れてしまうだろう。残念だけど、それが楽しみなボクがいる♣

 

 

 

 そう思い、彼女に殺気を向けた瞬間――手首を取られていた――

 

「え?」

 

 速い? いや違う。確かに動きは滑らかで速かったけど、反応出来ないスピードじゃなかった。でも事実反応出来なかった。それほど自然に懐に入られた――! 手首が外された。この一瞬で外すなんてすごいや。不味いね。肘も極められてる♠ このままじゃ肘が砕けるな。仕方ない。自分から飛ぶとしよう♦

 っ! 肘関節を捩るのに合わせて回転しながら飛んだのに、それに合わせてさらに捩る速度を上げるなんてね♥ 結局肘をやられちゃった。回復不能までには至ってないのが幸いかな♣

 とにかく一旦体勢を立て直さなきゃ。くくく、こんなすごい反応をしてくるなんて思わなかったよ。キミって意外と激し――まさかこの状態から追撃するとはね。あばらが三本持ってかれちゃった♠ バランスも崩されたし、これは危ないかも♥

 

 しかし思考が何時になく加速してるね。この一瞬の時間が凝縮された様な感覚。味わうのは久しぶりだよ♦

 

 顎に掌底か。オーラは籠めてないようだけど、念の為に凝でガードしよう。これ以上ダメージを喰らうのは少しばかりいただけない。アイシャとの闘いが楽しめなくなっちゃう♣

 っ!? 顎が割れちゃった。オーラは籠められていないようだったのに、どういうことかな? この勢いのまま地面に叩きつけるわけか。受け身も取れないし、脳もかなり揺れている。まともに喰らったら死んじゃうかも♥

 【伸縮自在の愛/バンジーガム】も間に合うかどうか。アイシャの身体にくっ付けても勢いが少し削がれるくらい。周りの壁は遠すぎる♠

 頭部を凝でガードした後に地面に【伸縮自在の愛/バンジーガム】を拡げて衝撃を吸収。これで――!

 ……い、意識が飛んじゃいそうだよ。ここまでしてもダメージは防ぎきれなかったか。すごい攻撃だった♦

 

 このまま終わりたくないな……アイシャ、キミは、絶対に、ボ、クが……♥

 

 

 

 

 

 

 ……埋めたい。

 抜いて出てきたのは、恍惚の表情をしたまま気絶しているヒソカという名の変態でした……。いっそのことこのまま放置……いやダメだダメだ。いくら変態の上に戦闘狂でかつ殺人狂なヒソカだとはいえ、私が無意識下で行った攻撃で死なせてしまうのはさすがに心が痛む。

 とりあえず状態を確認しよう。

 

 右肩と左脇腹に刀剣類による傷。これは私ではない。恐らくトリックタワーの中で付いたものだろう。傷口は完全には塞がっていないが出血はほぼない。

 さすがは念能力者。自己治癒能力を強化したか。これはとりあえず放置しても問題ないね。

 肘は見事に砕けている。まあ、自分から飛んでいる分、致命的なまでには壊れていない。手首は関節を外しただけだからすぐに嵌め直せる。右肋骨の8・9・10番が折れてるか。まあこれは内臓に刺さってない様なので大丈夫。靠撃の衝撃で若干内臓を痛めてるな。まあこれも念能力者なら回復も早いだろう。

 顎は……割れてるね。しばらくは喋るだけでも痛みが走るな。でもどうやらしっかりと凝でガードしていたようだ。これもまあ命には関わらない。

 問題は頭部だけど……ふむ。あの勢いで叩きつけられたにしては損傷が少ない。多少裂傷しているくらいだ。どうにかして防いだのかな? 完全には防ぎきれなかったようだけど。

 気絶しているのはダメージのせいではなく、顎と頭部への攻撃による脳震盪のせいだろう。脳に異常がないかどうかはここでは診断出来ないな。……いや、こいつの脳は最初から異常だったな。

 

 まずは止血かな。頭部の傷は出血が激しい。血がなくなってしまえばどんな強者も死んでしまう。リュックサックの中にある応急手当キットで止血を施す。その為にヒソカの頭に手を伸ばしたところで手を掴まれた――

 

 ――ので、反射的に投げてしまった……。

 

「あ」

「ごふっ! ……ひどいなぁアイシャ♥ トドメをさす気かい?」

「その、すいません……あなたに触られた嫌悪感から、つい」

「……本当にひどいね♠」

「ああ~、その、ええと……だ、大丈夫ですか?」

「くくく。心配してくれるのかい? キミがしたことなのに♦」

「いえ、その、無意識の内にやっちゃったと言いますか、気付いたら事後と言いますか……申し訳ありません……」

「くっくっく。まあとりあえず大丈夫だよ♣」

「……そのようですね。とにかく、出来るだけ治療します。まずは頭部の出血を抑えましょう」

「ああ、それには及ばないよ……ほら、止まっただろ♥」

 

 ん? 確かに出血が止まっている。オーラで傷口を覆った? でもそれだけで出血を抑えれるわけがない。よほどのオーラ量で覆えば話は別だろうけど。

 何らかの念能力のようだな。強化系の癒しではない。傷口は塞がってないから。オーラを何らかの性質に変化させているのか? それが止血の効果を促していると。

 まあ推測の域は出ないな。

 

「確かに頭は問題ないようですね。しかし手首の関節と肘関節がまだ残っています。嵌めますよ」

「へえ。外された時も思ったけど、すごい一瞬だね。見事なもんだ♠」

「……どうも。次は肘ですが、このままだと妙な形で固まってしまいますので、骨と筋を元の位置に整えます。これは痛みますのでご注意を」

「ん~♥ キミから与えられた痛みなら心地よさに変わっていくよ♦」

「もう一回砕きますよ?」

 

 ああなんでこんなのをたすけてしまったんだあのままなにもみなかったふりしてもういちどうめればよかった……。

 

「あとは肋骨と顎の骨ですが――」

「これぐらいなら大丈夫だよ。キレイに折れてるから自分で治療できる♣ あ、でもせっかくアイシャが献身的な看護をしてくれるんだから、お願いしようかな♠」

「……今回は私の落ち度です。応急処置はしますよ。……はぁ」

 

 ……どうしてこうなった?

 

 

 

 あれから数十時間が経った。一応の治療を施したヒソカは、予想と違って私に積極的に関わってこなかった。少しでも回復を早めるために無駄な体力を使わず休息しているんだろう。

 ……他の受験生が段々と合格して集まってきたから興が削がれたのかもしれないけど。

 

 未だにゴンたちは来ない。残り時間は約10時間ほど。そろそろ来ないと危ないな。

 もしかしたら途中で失格したのかもしれない。それは残念だけど、死んでさえいなければいい。生きてさえいれば何度でも挑戦することは出来るんだから。

 原作では合格していたはずだけど、ここは既に原作とは乖離している世界。何が起こっても不思議はない。

 ま、そもそも原作自体ほとんど覚えていないけど。

 

 あまり美味しくない囚人食を食べながらそんな事を考えていると、扉の向こうに人の気配を感じる。新たな合格者が来たようだ。扉が開くと出てきたのは……ゴン達か! いや良かった。合格出来たみたいだね。

 ん? 5人出てきた。ゴンとキルアにレオリオさんにクラピカさん。あと1人は……確か寿司の時に調理法を軽々とばらした口の軽い人だ。なんでその人と一緒にいるんだろう?

 

「皆さんお疲れ様です! 3次試験突破おめでとうございます」

「あー! アイシャ! お前どこにいたんだよ!? 屋上でずっと探していたんだぜ?」

「え? レオリオさん、どうして私を探していたんですか?」

「ゴンの奴が隠し扉を5つも見つけたからアイシャも誘おうとしてたんだよ。それなのにどこにもいやしないし」

「キ、キルア!!」

 

 私はキルアの言葉に反応してつい声を荒げてしまう。だけどそれは仕方のない事だ。なぜなら……。

 

「な、なんだよ?」

「ようやく……ようやく私の事を名前で呼んでくれましたね……」

 

 くぅ! あの生意気なキルアが……感動した! 

 

「はぁ!? そんな事で大声出すんじゃねえよ!」

「そんな事とは失礼な。私にとってはとても重要なことです。それよりもゴン。すみません、せっかく私も誘ってくれたみたいなのに」

 

 そんな誘いがあると知っていたら飛び降りなかったのに……。

 

「ううん。気にしないでよアイシャ。俺が勝手にやったことだからさ」

「ま、どちらにせよ誰か1人は隠し扉に入れなかったがな。オレが先に入ってたんでな」

「え~と、初めまして? と言うのもなんかおかしいですね。私はアイシャといいます。あなたの名前は?」

「まあ受験生なら顔ぐらい合わせているからなぁ。オレの名前はハンゾー。今回はこいつらと縁があって一緒に3次試験をクリアした仲さ。実のところこう見えてオレは忍者でな。幻の巻物《隠者の書》を探すためにハンターになりたいんだ。あ、忍者ってのは秘密だぜ? 忍は忍んでこそ忍者だからな。まあここでこうして話したのも何かの縁だ。お互い合格出来るといいな。おっと、試験で対戦とかあっても勝負は譲らねぇぜ?」

「は、はあ」

 

 ……忍者も時代の流れとともに変わるのかなぁ? こんなに口の軽い忍者もそうはいないと思う。

 

「しかしアイシャは随分と早く試験を突破したのだな。私たちもかなり急いだのだが……それに大分余裕もありそうだ」

「そうだね。服とか全然汚れてないし」

「服は飛行船の時に着替えていましたし、3次試験では特に汚れませんでしたね」

 

 ……さすがに飛び降りたことは黙っていようか。信じてはくれないだろうし。

 

「特に汚れなかったって……どんだけ簡単だったんだよお前の試験は?」

「レオリオさん達はどんな試験だったんですか? 5人いなきゃ出来ない試験ってどんなのか興味ありますね」

「お? 俺たちの試験はな、多数決の道っていってな。またこれが嫌らしい試験でよ。あの時俺が左を押したのに他の奴らがよ……でな……そんときゴンが……」

 

 ふぅ。誤魔化せたかな? すいませんレオリオさん。嘘は吐いていないんで勘弁してください。

 

 

 

 そうしてゴン達と色々と話している内に時間が過ぎていった。こんなに長い事話をしたのは久しぶりだった。すごく楽しかった……人と話すのがこんなに楽しいモノだとは。

 母さんが消えてからはずっと1人だったからなぁ。リュウショウの時もそんなに話すことはなかったし。それよりも修行三昧だったからね。【絶対遵守/ギアス】マジぱねぇ。

 ……あれ? 私ってもしかして100年以上ぶりに談笑しているのか?

 

 やばい、なんか悲しくなってきた……なんて寂しい人生を歩んでいたんだ私は。

 よし! 絶対に今回の人生では友達を作るぞ!

 

 あ、ネテロは一応友達なのかな? いや、どちらかと言うとあれは強敵と書いて親友と読むってやつだしな。ちょっと違う気がする。こんな風に和気藹々と無駄な話をして笑いあえる仲がいいんだよね。

 そんな風に思っていると3次試験終了の知らせが来た。次は4次試験か。さて、どんな試験だったか?

 

 

 3次試験通過人数25名

 

 

 

 

 狩る者と狩られる者。それが4次試験らしい。内容を察するに恐らくハントが試験の概要だろう。具体的には分からないけど。

 

「それではタワーを脱出した順にクジを引いてもらおう」

 

 私からだな。クジを引きに前に出ると後方が少しざわついた。

 ……ゴン達だな。私が1番だとは思わなかったんだろう。いや、他にも何人か驚いているようだ。女という事で侮られていたか?

 ま、過大評価より過小評価された方がやりやすいからいいんだけどね。

 

 クジを引いて出てきたものは……401と書かれたカード。私の受験番号と一緒だね。……なんでだろう。すごく嫌な予感がするんだけど?

 

「それぞれのカードに示された番号の受験生がそれぞれのターゲットだ」

 

 ……は?

 

「奪うのはターゲットのナンバープレート」

 

 ……すでに持ってますが?

 

「自分のターゲットとなる受験生のナンバープレートは3点。自分自身のナンバープレートも3点。それ以外のナンバープレートは1点」

 

 私は6点分のプレートを持っている解釈でいいのかな? ……ないだろうなぁ。

 

「最終試験に進むために必要な点数は6点。ゼビル島での滞在期間中に6点のナンバープレートを集めること」

「質問があります」

「何だね?」

 

 聞いておかなきゃならないことだ。とても重要だ。

 

「1つのナンバープレートが4点以上になることは有り得ますか?」

「いったい何を……ああ、そういうことか。残念ながら1つのナンバープレートは1つ分としてしか計算しない。意味は分かるな? それは不運だったと諦めてもらうしかないな」

 

 ああ、やっぱり……私のターゲットはこの試験ではいないと。ひでぇ……3人狩るしかないのか。はぁ。

 

 私の質問の意味を分かっている人は何人かいるようだ。怪訝そうな顔をしている受験生の中で、幾人かが納得した顔をしている。クラピカさんも気付いたようで、気の毒そうな表情をしている……。ゴンやレオリオさんは理解出来ていないようだ。

 この質問の意味を理解できた人たちは私を狙うことは多分ないだろう。何せ私は誰のターゲットにもなりえないのだから。

 ……1点欲しい人は別だろうけど。

 

 船に乗ってゼブル島へ行く。皆ピリピリしてるなぁ。既にほとんどの人が自分のプレートを隠している。誰が自分を狩る者か分からないから当然だけど。

 その点私は大丈夫だね。自分を狩る者はいない(3点的な意味で)し、誰を狩るかも適当に選んで決めればいい。一応プレートはリュックサックの中に入れておこう。

 

 とりあえず適当な人を選んでプレートを奪おう。ゴン達は心情的に狩りたくないな。甘いかもしれないけど。

 狩る候補を確認するため周囲を見渡す……ヒソカと顔面針男はやっぱり抜きんでてるな。次点にハンゾーさん。この人は念を覚えて修行したらかなりの強者になるだろう。その次にキルア。この年齢でこの強さ、まさに天才の言葉が相応しい。いや、真に天才たるのはその才能だろう。ゴンも同様。彼らは宝石の原石に等しい。磨けばどれほどの高みに昇れるか……クルーガーさんに見せたらさぞかし喜んで鍛えるだろうね。

 だがゴンやクラピカさんにレオリオさんは才能はともかく現時点では磨かれてなさすぎる。そこらの受験生と比べても極端な差はない。状況次第では簡単に負けるだろう。今回の様なサバイバルでは尚更だ。

 

 狙いどころはゴン・キルア・レオリオさん・クラピカさん・ヒソカ・顔面針男以外の受験生。この人たちからは正直脅威を感じない。プレートを奪うのもさして難しくはないだろう。来年の試験会場無条件招待券が貰えるみたいだし、悪いけど来年頑張ってもらおう。ヒソカと顔面針男はちょっと面倒な相手だ。勝てないとは思わないけど、1週間という長い滞在期間で無駄に疲れたくはない。

 

 3次試験の通過時間が早い者からスタートしてその2分後に次の者が。つまり先に行く者ほど有利というわけだ。しかし、滞在期間が1週間か……ほんと、たくさん保存食買ってきて良かったよ。

 

 それじゃ、4次試験も頑張りますか。




 竜巻落とし……自分のネーミングセンスのなさに絶望……。
 ゴンたちはハンゾーが加わったおかげで3次試験をスムーズにクリア出来ています。最初の軍人くずれはハンゾーが瞬殺。次の連続爆弾魔も原作通りにゴンが。次はマジタニが出る予定が連敗に業を煮やしたジョネスが出陣。キルアに心臓抜かれてお陀仏。後は50時間以上余っていたので長くて困難な道を5人でクリアした訳です。描写は完全カットですが。
 あと4次試験のクジはイレギュラー入りまくりだから結果も変わっています。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。