どうしてこうなった?   作:とんぱ
<< 前の話 次の話 >>

7 / 86
本編・原作開始前
第六話


 どうしてこうなった?

 

 俺の周りには果てしなく拡がるゴミの山、遠くを見渡すことは出来ないけどやっぱりゴミの山が拡がっていることは明白だ。お、落ち着け。まずは素数を数えるんだ。2・3・5・7・11……なんかデジャブを感じるが……ま、まぁそんなことはどうでもいい。まずは落ち着くんだ。目を閉じて大きく深呼吸。

 

 ……落ち着けるか!

 

 

 

 ……どうしてこうなった?

 

 

 

 

 あの時、北島 晶としての一生を終える瞬間、無念の想いを残したまま第三の能力【輪廻転生/ツヨクテニューゲーム】の発動を願った。そしたら気付けば眼を開けることは出来なかったが意識は目覚めた。そう、目覚めたのだ。

 俺は確かに死んだはず。ならば意識がある今の状態は……成功したのだ。【輪廻転生/ツヨクテニューゲーム】が上手く発動したのだ!!

 

 やった、これでかつる! 俺は人生最大の賭けに勝ったのだ!!! と、喜んでいたのも束の間だった……。

 【輪廻転生/ツヨクテニューゲーム】の発動に成功したのはいい。実に喜ばしいことだ。しかし、誤算があった……。

 

 母が、この新たな体を授けてくれた母が死んだ。それも俺を産む前に、だ。俺の意識が目覚めた瞬間に放出された膨大なオーラにより母の全身の精孔が開いてしまったのだろう。

 全身から流れ出るオーラを留めなければやがてオーラが枯渇してしまう。オーラとは生命エネルギーそのもの。枯渇すれば全身疲労で気絶、下手すれば衰弱死する可能性もある。臨月を迎えた女性、しかも恐らくは武術など欠片も習っていない母に纏を会得することは難しく、母は衰弱死してしまった……。

 

 不幸中の幸いと言っていいのか、既に産み月に入っていたため、俺自身は死した母の身体から生きて摘出された。

 俺が原因で1人の女性を死なせてしまった……前世において人を殺めたことはなかった。それなのにこんな無抵抗の女性を殺めてしまう原因になるなんて……。

転生してすぐに後悔の念が押し寄せる……。

 

 だが誤算はこれだけではなかった。

 第二の誤算は、自身を覆うオーラが明らかに増大しているのだ。明らかに生前の最盛期よりも多い……なんぞこれ? 死ぬ前のオーラは精々が全盛期の三分の二が限界だったのに、その倍近くはあるぞおい……? まあそれはいい。嬉しい誤算って奴だな。

 

 問題なのはそのオーラの質だ。

 なんて禍々しいオーラ……まるでこの世のあらゆる不吉を孕んでいる様……!!

 ……いやそれは言いすぎか。少なくとも俺自身の意思が乗ってないのでそこまで邪悪じゃない。逆に言えば敵意や殺意を込めてないオーラでこの禍々しさ……!!

 何でだ!? もしかして一度死んだことが関係しているのか? ……多分そうだろうな。もしかしたら母が死んだのはこのオーラの質も関係しているのかもしれない。一般人が浴びるには些か質が悪すぎる……。

 

 そのあまりの禍々しさに医者も看護士も父親と思わしき男さえもが俺に近寄ろうとしません……。絶をすればいいのか、と思い絶をしようにもなかなか上手くいかない……。くそっ! いきなりオーラの質が変わってしまったせいか!?

 

 とりあえずオーラが弱まったおかげか父親(?)が近寄ってくる。ちなみにまだ眼が開かないので全てオーラで察知しています。念の汎用性は異常です。どこぞのチャクラには劣るがな。

 

「何という禍々しい赤子だ! こいつが、こいつがミシャを殺したに違いない!!」

 

 ……ミシャ、今の俺の母の名前か? ……否定出来ないのが辛い。

 

「こんなやつ!」

 

 そう言いながら銃と思わしき物を取り出して俺を撃とうとしている父親……銃? ちょっと待て!!

 

 全力で堅!!

 直後に銃声が聞こえる。が、俺に被害はない。どうやら当っていないようだ。恐らくこのオーラに竦んで手元が狂ったんだろう。なんかガタガタ震えてるし。このままでは埒が明かないのでまたもオーラを沈める。……だんだん慣れてきたな。

 

「こ、こんな場所でなんてことをするんですか!?」

 

 いいぞ、もっと言ってやれ医者。

 

「だ、黙れ! こいつがミシャを殺したに決まっているんだ! 貴様らも感じただろう!? あの不気味なオーラを!!」

 

 ミシャさんか、俺を産んでくれた人の名前だろう。この人の気持ちも当たり前か……誰だって自分の最愛の人を殺されたら怒りに身を任せてしまうものだ……。

 

「そ、それは解りますが、だからといってここは病院です! 人を救うべき場所で人を

傷付ける行為を容認することは、医師たる私には出来ません!」

 

 すごく良いこと言う医者だな。まさに医者の鑑だ……病院以外なら別に殺っちゃってもいいですよ、て意味じゃないよね?

 

「人? この悪魔が人なわけがないだろうが!!」

 

 さ、さすがにそれはないんじゃなかろうか……確かにやばいオーラしてるが。まあ、俺がこんなオーラを持ってる奴に出会ったら絶対に逃げてる自信があるね。

 

「分かった。もういい。殺さなければいいのだろう……おい、私だ。至急メンフィル総合病院に奴らを寄越せ。……そうだ奴らだ! いいか、全員だぞ!! それと飛行船を動かせるようにしておけ。分かったな!」

 

 あ、ここメンフィル総合病院だったんだ。道場から500mくらいの場所にある病院で、よく門下生たちも利用していたな。それより親父の奴、一体何呼んだんだよ? ……まさか?

 

 

 

 10分ほどして、黒服の男たちが親父と共にぞろぞろと部屋に入ってきた。ちなみに医者と看護士はこの時無理矢理下がらされた。

 ……やっぱり念能力者だこいつら……親父が念能力者を呼んだのか! 念能力者を従えられる程の地位にいるのか……銃も持ってたし、もしかしてマフィアか何かですか?

 

 そんなことはどうでもいい。いやどうでも良くないかもしれないが、今は横に置いておく。

 念能力者は不味い!! 如何に膨大なオーラを有していようが、身体は赤子。勝てるわけがない! 生まれてすぐに殺られてたまるか! と、とりあえず全力で堅!!

 

 ……あれ? 何かメッチャ怯えてるんですが?

 

 ああそうか。オーラを感じることの出来る念能力者の方が俺のオーラに反応しやすいのね。しかも今は敵意も混ざってるし。

 こうかは ばつぐんだ!

 

「ひ、ボ、ボス。な、何なんですかありゃ……!?」

「本当に赤ん坊なのかよ……!」

「こ、殺されるかと思ったぜ……」

「……………………(失神してる)」

 

 ……こうかは ばつぐんすぐる!

 

「情けない! それでも俺の護衛か貴様らっ!」

「そ、そう言われましても……私たちが呼ばれた理由は、この赤子ですよね? 一体どうすれば……まさかこれを殺すなどと言うのでは……?」

「ふん! 忌々しいがこいつは殺さない。ここで殺しても国際人民データ機構にデータが残ってしまう。俺の子どもだというデータがな!」

 

 流石に認知してくれないか……まぁ嫌だよな。こんな禍々しいオーラを持って、しかも自分の妻を殺しているんだ。許容出来る人間の方が稀だ……。

 

「お前らを呼んだのは俺の護衛だ。こいつがいつ俺を害するか分からんからな……。おい、こいつを車に乗せろ。左右をダールとザザで固めておけ。ないと思うが、絶対に逃がすなよ」

「お、俺らがですか!?」

「り、了解しました……」

 

 すいません貧乏くじを引かせたみたいで……。

 

「それと、そこの失神したベロムは降格だ。下っ端から出直させろ!」

 

 ベロムェ……。

 

 

 

 さて、車に乗せられた俺。どこへ連れて行かれるんだ? どうやら殺されるわけではなさそうだけど……。することもないので念の確認作業でもしよう。

 

 うん。一通り問題ないな。オーラ量の増大と質の変化には戸惑ったけど、慣れれば生前の感覚でオーラを操ることが出来た。ダールさんとザザさんは在り得ない物を見たかの様に驚愕し怯えていたけどな。

 そりゃそうだ。生まれたての赤ん坊が目の前で纏・練・絶・凝・円・硬と行なっているのだ。それも高速で。悪夢と言わずに何と言う。

 より警戒されるとも思ったが、今更だろう。

 

 車から降ろされた。なんかニトログリセリンでも運んでるかの如く丁寧かつ迅速に運ばれていく。今度は飛行船に乗せられた。本当にどこに連れて行くんだ?

 

 

 

 飛行船に乗せられてどれだけ経ったか。多分5~6時間くらい? いいかげんどこに行くのか教えてほしいものだが、周りには誰もいないし……床にポツンと赤ん坊を一人放っておくとは……人間性がどうかしてるねあいつらは。……まあ、逆の立場になって考えれば理解は出来るけど。

 

 今思いついたんだけど、念能力者がいたならオーラで文字を書けばよかった。そうすれば意思疎通出来たのに……。……なんか意思疎通出来たら出来たでより化け物扱いされそうだけどね。

 

 

 

 しかし、お袋には本当に悪いことをした……。謝ってすむ問題ではないが、一言だけでも謝りたかった……。俺があんな念能力を作ったばかりに、こんな事になってしまった……。今更生きるのを諦めたわけではないが、それと後悔とはまた別だ。

 

 そんな事を考えていると、ウィィィィィン、という機械音とともに床が開いた。全身を浮遊感が覆う。はぁ?

 

 気付けば俺は地面に向かって逆さまに墜落していった!

 

 ちょっ! 飛行船から落としやがった!! 何が殺さないだ! こんな高さから地面に叩きつけられたら普通死ぬわ!!?

 

 ひぃぃぃぃぃぃっ!! 落ちてる堕ちてるおちてるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!

 

 くそっ! 死んでたまるか! まずは円! 自身の位置を確認し地面に激突する瞬間を捉える。そして地面が近づいて来たところで、オーラを地面に向かって放出し落下の勢いを弱める。その後全力で堅をする事で落下のダメージを防ぐ!

 

 ……ふぅ、何とかなったか。マジ焦った。こんなに焦ったのは長い人生で初めてではなかろうか?

 

 つうかここはどこだ。円で確認したところ、どうも周りにあるのは大量のゴミの山のようだが……。

 ……ゴミの山?

 全力で円をする! うおっすげえ、1㎞近く伸びたよ! ってやっぱりか! 周囲全てがゴミ、ゴミ、ゴミとゴミの山だ! どう考えても流星街ですねありがとうございました。

 

 

 

 

 どうしてこうなった?(最初の行に戻る)

 

 

 

 

 

 

 流星街に捨てられて(落とされて)、2日経った。

 俺はいまだ布きれを纏った状態で一人で過ごしている……。何でだ? 流星街は全てを受け入れるんじゃなかったのか!?

 

 どうして誰も俺を拾ってくれないんだ? 誰も彼もが俺を見た瞬間に脱兎の如く逃げ出していく……。いや分かってる。明らかに俺のオーラの所為だろう……いくらここの住人でもここまで不気味な赤ん坊は嫌か……。

 中には俺に爆弾を投げてきた奴もいたくらいだ……オーラの放出で爆発する前に弾いたがな!

 

 ……そしたら誰もこの辺りに来なくなってしまった。

 

 

 

 くそっ! 絶をしていれば良かったのか?! しかしそれだとこの明らかにやばめのガスが出ている極悪環境で生身で過ごすという事になる。生後数時間の赤子にそれは無茶というものだ……。この極悪環境を生き延びたらそら強い念能力者も育ちそうだわ……何だっけか、あのなんたらの集団?

 

 はぁ、暇だ。何もしないまま転がり続けるのは苦痛だな。念の修行はこんな状態で出来るわけがない。出来なくもないが、オーラの消耗=生命エネルギーの消耗だ。なにが悲しくて生後2日で自殺せにゃならんのだ。

 

 ……【原作知識/オリシュノトクテン】でも使って暇を潰そう。これぐらいの消費なら微々たるものだしな。

 ……あれ? 発動しない。何でだ? 【絶対遵守/ギアス】は解除されているはずだ! 誰かの操作能力も受けていない! 使用に問題はないはずだ! ……もしかして転生したことで前世の発を使用できなくなった? いや、脳が違うから原記憶に原作知識がない状態だとか?

 

 ……有りうるな。

 

 

 

 はあ、使えないのは痛いが仕方ない。それはともかくこのままじゃヤバイ。いくら念が使えるからとはいえ基本は身体だ。飯も水も無しで長く持つわけがない。いい加減意識が朦朧としている……。

 

 誰か来てくれ……ん? 円に反応有り! 誰か来た! これが最後のチャンスだ。必死でオーラを抑える。絶は嫌だが四の五の言ってはいられない。このままでは衰弱死してしまうんだ。何かに感染してでも生き延びる可能性が高い方を取るしかない!

 お願いだ。ここに居るのは念が使えて前世の記憶を持っててちょっと禍々しくも膨大なオーラを持ってるだけの無害な可愛い赤ちゃんだよ!

 誰でもいいから拾って下さいな。ご恩は必ず返しますよ旦那!!

 

 

 

 

 

 

 最近ここ流星街で妙な噂を耳にする。

 何でも空高くから降ってきたという赤子の噂だ。その赤子は空から落ちてきても無傷で地に降りたと言う。赤子が空から降って無傷で着地などと何を馬鹿なことを、と初めは一笑にしていたが、どうも様子がおかしい。

 

 ここは流星街。この世の何を捨ててもここの住人は受け入れる。なのにその赤子はいまだに落下した場所に放置されてるらしい。

 回収班が幾度かその赤子を回収しようとしたみたいだが、赤子が放つと言われている不気味な力に恐怖してその場から逃げ出しているそうだ。

 中にはあまりの恐怖に錯乱して、その赤子に向かって爆弾を投げた奴もいたそうだが、爆弾は赤子に当たる数m前に明後日の方角へと弾かれてしまい、その赤子は無傷だったとか……。

 

 有り得ん。その様な赤子がどこにいると言うんだ? ……もしや、何者かの念が生み出した念獣の類か?

 面白そうだ。少し見てみるとしよう。

 

 

 

 ……何だこれは? 問題の赤子のいる地域に来たところ、信じられんものを見た。

 円だ。それも果てしなく広い……。中心を考えると1㎞弱の範囲の円だ。これを産まれたての赤子がしているだと? ますます有り得ん……。

 

 どうする? この円に触れてみるか……?

 

 ……行ってみるか。これが本当に赤子なら拾って育てれば面白いことになりそうだ。欲しいと思ったものは手に入れる。それが俺たちだ。

 噂が本当なら今までに回収班に被害が出たという話は聞いていないしな。存外無害な存在かもしれん。

 

 一歩足を踏み出し、円に触れる……化け物か?

 想像だにしたことのないほどのオーラが俺を襲う。こんな不気味な質のオーラは初めてだ。円だというのにウボォーさんの練に匹敵するかの様な密度……!

 

 身体が硬直し、わずか一歩で歩みが止まる……。

 ……?? 円が、解除された……?

 

 何故? 俺が円の領域に足を踏み入れたからか?

 

 何故? 俺を誘っているというのか?

 

 どうする? 乗るか、反るか……。

 

 このまま虚仮にされたまま引き下がることは出来ない、な。挑発に乗り、足を前へと進める。

 

 瓦礫の上に立ち、500mほど離れた場所から円の中心と思わしき場所を見つめる。

 

 いた。本当に赤子だ。生後一週間も経ってないほどか? もし産まれた時からあのようなオーラをはなっていたのなら、ここに捨てられるのも納得のいく話だ。しかも、今のあいつは絶をしている。俺が円に触れた後に絶をする。……自我を持っている証拠に他ならない!

 

 自我を持ち、念を操り、膨大で異質なオーラを持つ赤子? 化け物以外の何がある……!

 

 ……! 眼が合った! 間違いなくこちらを見て、笑った!

 

 あいつの笑みを見た瞬間。俺はホームへ向かって駆け出していた……。

 

 仲間には言っておかなくてはならないな。ここには足を踏み入れるな、と。

 

 

 

 

 

 

 何か500mほど離れた場所から視線を感じる。おお、先ほどの人が来てくれたか!

 

 ほぅら、こんなに可愛い赤ちゃんだよ~。無害だよ~。怖くないよ~。どんな人が来てるのかな? 眼も見えるようになったし、ちょいと確認してみよう。

 

 さすがにまだ視力は低いから、凝で視力強化してっと。おっと、念のため隠も使ってオーラを見えにくくしておこう。

 おお!? ……何というイケメン少年。歳は12,3くらいか? くそ! 腹ただしい程のイケメン度だ!!

 

 いかんいかん。あのイケメン少年は俺の義父になる人だ。笑顔でアピールしなきゃな。

 ちょっ!? 待てよ! 何だあのスピード! 凄まじい勢いで逃げ出したぞあのガキ!! 脱兎なんてもんじゃねぇ! もはやロケットの領域だったわ!

 

 待って! 行かないで! 私の何がいけないと言うの!?

 

 ……駄目だ、円の範囲外に出られた。

 

 

 

 さらに一日が経ったか……? も、もう無理だ……。いい加減限界だ。体力が尽きる……。

赤ん坊でここまで持てばいいほうだろう……。

 あれ以来誰もここを訪れない……何度か円をするがネズミ一匹いやしない。いや、最初はいたけど一度円をしたらこの付近から綺麗さっぱりいなくなった……。

 このままここで朽ち果てるのか……?

 

 嫌だ! せっかく生まれ変わったんだ! 第二の人生を謳歌しないまま死にたくない!! こんなことならあのままリュウショウとして死んで消滅した方がよっぽどマシだった!!

 

 これでは、ただミシャさんを、母さんを犠牲にしただけじゃないか……!!

 誰か、誰か助けてくれぇぇぇぇ!!!!!!!

 

 

 

 

 

【偉大なる母の愛/グレイトフル・マザー】発動

 

 

 

「大丈夫よ、私の可愛い子。あなたはお母さんが守ってあげるからね」

 

 

 

 ………は? どゆこと? 何があったの??? 何で俺美人さんに優しく抱かれてるの? あれ? なんか、すごい安心するんですけど……?

 

 

 

 なんぞこれ???




念能力説明

【輪廻転生(笑)/テンセイ? イイエヒョウイデス】
・操作系能力
 無念の内に死んだショウの無念の思いが作り出した無意識の念能力。
 発動した瞬間の術者を中心とした半径600m以内にいる人間に死者の念と化した術者自身が憑依する。この範囲は生前の術者の円の最大範囲と同じである。
 範囲内に誰もいなければ発動しても効果は現れず、この能力は消滅する。この術を受けた対象が憑依されて一分以上自我を保った場合もこの能力は消滅し、死者の念となった術者も消滅する。、
 また、範囲内に複数の対象がいた場合、憑依しやすいものを選ぶ。術者の意思で対象を選ぶことは出来ない(無意識ゆえに)

<制約>
・死ななければ発動しない。
・死因は何でもいいが、自殺では発動しない。また他者にわざと害されて死ぬことも自殺と捉える。
・長く生きれば生きるほど憑依率は高くなる。この世界では長生きするのが難しいからだ。
・憑依した対象が受けた怪我や苦痛は全て術者も受ける。また憑依対象が肉体的に死んだ場合、死者の念も消滅する(この誓約により、対象の身体を術者の感覚で自在に動かすことが出来る)
・憑依した人物を操作する能力なので、除念を受けると術は消滅し、もちろんこの念の術者も死ぬ。

<誓約> 
・生きている時に女性と性交したらこの能力は消滅する。



【偉大なる母の愛/グレイトフル・マザー】
・具現化系能力
 念に目覚めたがオーラを留める事が出来ずに死んだ母親の我が子を想う強い気持ちが作り出した自身を模した念獣。
 その身からは禍々しい死者のオーラをはなっているが、我が子には安心感を与える。
 子どもの成長・育成に役立つあらゆる能力を所持している。少々教育ママな所が玉に瑕。
 保有しているオーラ量は≪生前のミシャのオーラ量+死者の念による増幅値≫となっている。

〈制約〉 
・他の具現化された念獣のように自由に出たり消えたりとは出来ない。一度発動するとオーラがなくなるまで消えない。
・我が子と定めた子どもの半径10mから離れることが出来ない。
・絶・練・凝・隠・円・周・硬・流などの技術を使用することは出来ない。
・保有オーラがなくなり、消滅した場合二度と出現することは出来なくなる。
・保有オーラを回復することは出来ない。

〈誓約〉
・特になし
 

保有能力
①【愛の詰まった不思議な母乳/ラブ・ミルク】
・変化系能力と具現化系能力の複合能力  
 オーラを愛がたっぷりと込められた母乳へと変化し具現化する能力。愛の内容物は以下の通り。
 栄養満点・滋養強壮・疲労回復・成長促進・感染予防・美容効果・オーラ回復etc……
 なお、味も自由に変えられる。

〈制約〉
・母乳を生成する度に保有オーラ量が減少する。
 
〈誓約〉
・特になし



②【便利な赤ちゃん用具屋さん/コンビニエンスベビーグッズ】
・具現化系能力
 子どもの為になる用具を具現化する能力。
 紙オムツからベビーカーまで具現化出来るものは様々。
 保有オーラがある限り何度でも具現化可能。

〈制約〉     
・具現化出来るのは生前のミシャが知っていた物のみに限られる。
・子どもの育成に必要と思われないものは具現化出来ない。
・具現化する度に保有オーラ量が減少する。消費されるオーラ量は具現化する物の大きさに比例する。

〈誓約〉
・特になし。



③【愛の躾/キョウイクママ】
・操作系能力
 子どものために心を鬼にして躾をする。
 躾を受けた子どもは無意識を操作され、二度とその躾を受けた原因となった行動を起こさないように意識を誘導される。
 この能力は死者の念に対しても有効である。
 同じ対象に何度も使用すると返って反発してしまう。躾も程々が一番。

〈制約〉
・真に子どもを想って叱らないと発動しない。
・同じ対象に何度も使用すると返って反発してしまうことになる。許容回数は対象の精神によって変化するので、さじ加減が難しい。 
・使用する度に保有オーラ量が減少する。

〈誓約〉
・特になし。

 補足:この【偉大なる母の愛/グレイトフル・マザー】は、死したミシャの子を想う無念が死者の念となって発現した念能力であるため、主人公が使用しているわけではありません。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。