アリシアお姉ちゃん奮闘記   作:燐禰

7 / 24
拝啓:母さん、私のデバイスが出来ました

 私が生き返ってから1年8ヶ月。王様達と訓練すること1年6ヶ月。フェイトを愛でる事610日……ついにこの日がやってきた。私の目の前には待ち望んだ相棒の姿が……

 

「こちらが完成したアリシアさんのデバイスです。デバイスコアは7つ……7種類の姿を持つマルチデバイス、クロスレンジ用形態2、ミドルレンジ用形態2、補助用形態2……そして切り札が、カートリッジシステムに紫天の書の技術を加えたこの形態です」

 

「……これ、本当にこんな事出来るの?」

 

 ユーリが書いてくれた説明書らしき用紙には、お気楽な私でもにわかには信じられない機能が搭載されており、ユーリの技術の凄まじさを感じると共に、こんなトンデモ機能が搭載されている事に驚いた。

 

「当然だ。我が監修をしておるのだ出来ぬ訳が無い」

 

「でも、こんな凄い機能なのに、何で一般に出回ってるデバイスとかには搭載されてないの?」

 

「理由は単純で、この機構を取りつけると他の機能に割く余地が無いので、マルチデバイスで無いと搭載できません。後単純に高価です……この形態だけで、武装隊一個小隊分のデバイスが制作できる程ですね」

 

「おっふ……」

 

 機能もトンデモなら、お値段もトンデモだった。武装隊一個小隊分のデバイスのお値段って半端無いよ。つまりこの一形態だけで、フェイトのバルディッシュとほぼ同程度の金額って事じゃん。私への請求がマッハでヤバい。

 

「その他の形態も、軽くて強固な最新鋭の素材を余すことなく使用しています。中々出回らない物なんですが、ディアーチェがあちこちに頭を下げて手に入れてくれました」

 

「……余計な事は言わんでいい」

 

「……王様」

 

 照れたようにそっぽを向く王様。くっそ、可愛い……もう王様も大天使で良いんじゃなかろうか……本当にマジで感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

「まぁ、素材を節約して大事に至っても意味が無い……まぁ、精々我に感謝する事だな」

 

「サンキューおかん!」

 

「誰が貴様の母親か!? おぞましい事を言うな!!」

 

 いつも通りの冗談を口にした後、少しだけ王様の目を見つめて……私は椅子から立ち上がり、深く本当に深く頭を下げる。

 

「……本当にありがとう。ディアーチェ……貴女に出会えなかったら、私は途中で諦めてていたかもしれない。ありがとう、私に戦場に立つ力をくれて……」

 

「……礼などいい。貴様がもし我に報いる気があるのであれば……見せてくれ、生まれ持った才能など覆し、頂点と渡り合う凡才の姿を……期待しているぞ、アリシア」

 

 何気に互いに名前を呼んだのは初めてかもしれない。いつもは王様にチビひよこだったから……互いに何も飾らない、心からの感謝と激励の言葉。これは本当に頑張らないといけない。王様がここまでしてくれたんだから、キッチリ思わしてあげないと、私の為に頑張ったかいがあったって……

 

「王様あぁぁぁぁ!」

 

「ええい、ひっつくな! 鬱陶しい!!」

 

「ふふふ、ツンデレさんめ、嬉しいくせに~」

 

「何処をどう見たらそうなる! 消し飛ばすぞたわけが!」

 

 とりあえず今は感謝の気持ちとして、王様に飛びついておくことにする。

 

「ふふふ……さて、アリシアさん。この子に名前を付けてあげて下さい。個別の名前では無く、全体を纏める貴女のデバイスの名前を……」

 

「名前か……う~ん」

 

 ユーリの言葉を聞いて、私は腕を組んで真剣に考える。これは重要かつ難問だ。フェイトのバルディッシュ、なのはのレイジングハート、はやての夜天の書とシュベルトクロイツ、王様の紫天の書とエルシニアクロイツ、ユーリの……えと、ユーリの……ユーリのデバイスって何なんだろ? まぁ、ともかくデバイスの名前ってのはある意味魔導師としてのその人を象徴する物でもあるし、かなり重要だと言える。

 

 しばらく真剣に考えた後、私は自分のデバイスを見つめながら呟く。

 

「……フォーチュンドロップ」

 

「……幸福の雫か、悪くないな」

 

「え? あ、ああ、そうだね……雫だよね!?」

 

「……貴様、まさか……飴玉の方で付けたんではなかろうな?」

 

「そそ、そんな訳ないよ! 雫、雫だからね!」

 

 王様くっそ鋭い。確かにぱっと見で瓶の形状をした容器に、デバイスのコアが複数入っている感じだったから、飴玉に見えてそう付けた。でも王様が言った幸福の雫って方がカッコイイからそっちにしよう。

 

 このデバイスコア一つ一つが、幸福な未来を掴む為の一欠片。フェイトと一緒に歩いていこうと思う私にピッタリだ。フェイト……運命を私の力で幸福な物へと導いてあげよう。その為の力だからこそ、幸福の雫が相応しい名前だ。

 

「はい、ではフォーチュンドロップで名前を確定し、アリシアさんのマスター登録も完了しました」

 

「ありがとうユーリ……フォーチュンドロップ、セットアップ」

 

 私の言葉をトリガーに、フォーチュンドロップがバリアジャケットを展開する。どこかチアガールをを想わせるノースリーブの上着に、私の魔力光りに合わせた青緑のプリーツスカートと飾り。そして右手と左手の手首に三つずつ、首元にネックレスとして一つ、計七つのデバイスコアが装着されている。

 

「……どれ、少し試してみたかろう。相手をしてやる」

 

「ありがとう王様。じゃ、よろしく」

 

 さてさて、念願のデバイスを手に入れた訳だけど、これは全然ゴールじゃない。まだまだ、いや、ようやくここからスタートなんだ。まだまだ気は緩められないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕食を食べ終え、お風呂に入ってからのフェイトとの団欒。楽しく雑談を続けていると、ふと私はある事に気が付く。むぅ、普段の制服姿じゃ気付かなかったというか、寝巻だからこそ気が付くと言うか……

 

「お姉ちゃん? どうしたの?」

 

「う~ん……やっぱり、そうだ。絶対そうだ」

 

「何が?」

 

「フェイト、ちょっと、そこに立って後ろ向いてくれる」

 

「え? うん?」

 

 真剣な表情で告げた私の言葉を聞き、フェイトは微かに首を傾げながらも従い後ろろ向く。さて、私の考えが間違いでなければ……

 

 後ろを向いているフェイトに近付き、脇の下から手を入れて、フェイトの胸を鷲掴みにする。

 

「ふぇっ!? お、おお、お姉ちゃん!? な、なにを……」

 

「むぅ……やっぱり、そうだ。絶対そうだ」

 

「なにが……んぅ……て、手を動かさないで……」

 

「やっぱり、前より大きくなってる」

 

 フェイトの胸はマシュマロみたいな弾力で私の指を押し返し、手に伝わる感触とから以前より胸が大きくなっている事を確信する。最近背も伸びてる気がするし、成長期ってやつなのか? この果実が更に実ってくると言うのか? なんと、けしからん。

 

「ぁぅ……は、んん……お、お姉ちゃん……へ、変なとこ、摘まないで……」

 

「いいなぁ、フェイト。私も後6年位でこうなるのかな? ぶっちゃけ想像できないなぁ……」

 

「そ、それと……ぁん……私の……ぇぅ……胸を揉むのと……ぁっ……なんの……関係が……」

 

「妹の成長を確かめるのも、重要な役割と言うやつで」

 

 てかフェイトって出会った時点で、結構発育は良かったよね。12歳って年齢を考えると、胸のふくらみもハッキリしてたし、しこりなんて全然なかったし……むぅ、柔らかくて心地良い揉みごたえ、美乳ってやつなのかな、形も素晴らしい。

 

「ふやぁっ!? な、なんで、服の中に手を!?」

 

「いや、寝巻越しじゃいまいち分かんないからね!」

 

「わ、分からなくて……いいよぉ……んぅ!?」

 

 色っぽい声を出すようになって、フェイトも成長してるんだね。妹の成長を実感できて、お姉ちゃんは嬉しいよ。てか、ホントに凄く柔らかいな、私の胸は殆どまな板みたいなもんだし、こう言う感触は新鮮と言うかなんというか……

 

「やぁ……ぁ……ぁぁ……ぅぁっ……」

 

「と言うか、フェイト。全然抵抗しないよね?」

 

 さっきから疑問に思っていた事ではあるので、一端手を止めてフェイトに尋ねる。何かさっきから、口では文句いながらも全然抵抗しないと言うか、そんなんだから私もエスカレートしたと言うか……

 

「そ、それは……その……」

 

「うん?」

 

 フェイトは恥ずかしそうに人差し指を突き合わせ、もじもじとしながらうるんだ目をこちらに向ける。滅茶苦茶可愛いんだけど、やばいよこの目は、マジで理性とか焼き切れそうな……

 

「……お姉ちゃんが、したいなら……お姉ちゃんが喜んでくれるな……わ、私は、どんなことされても……」

 

「ごふっ!?」

 

「お姉ちゃん!?」

 

 フェイトの凄まじい爆弾発言に、思わず私は顔を抑えて崩れ落ちる。

 

「は、鼻血でる……」

 

「え? た、大変。ティッシュを」

 

 あ、あぶねぇ!? なんださっきの、頭をハンマーで殴られた様な衝撃は、危うく意識が飛んで気付いたら朝チュンの流れに行く所だった!

 

 フェイト……その滅茶苦茶可愛い顔と仕草で、何されてもいいとか言わないで、お姉ちゃん本気で間違い起こしちゃいそうだから……

 

「だ、大丈夫……私、ちょっと夜風に当たってくるから、先に寝ておいて……」

 

「……え? 一緒に寝て……くれないの?」

 

「がふっ!?」

 

「お姉ちゃん!?」

 

 何でこのタイミングでそんな事言うの!? なんで、捨て犬みたいな、甘えたいオーラに満ちた目で見つめてくるの!? 苦行? 苦行なの!? 私の忍耐力を試す為艱難辛苦を与えてくるの!?

 

 ちょっとうちの妹が可愛すぎて、毎日が辛い……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはや通い慣れた休憩室。私の前には苦虫を噛み潰したような表情の王様の姿があった。

 

「王様~どうしたのかな? なんか悔しそうに見えるけど~」

 

「くっ、き、貴様……」

 

 そう実は今王様が苦悶の表情を浮かべている原因は私にあり、王様とは対照的に私は喜びの絶頂だった。

 

「私さ、端末手に入れたのしばらく経ってからだし、戦闘記録ちゃんとつけてないんだよね……教えて欲しいなぁ~私の王様の戦績」

 

「……ぐ、ぐぬぬ……2034戦……我の2033勝……い、1敗……だ」

 

「つまり~」

 

「ぐぬぬ」

 

「ア~イム、ウィン!!」

 

 そう、今日ついにこの日が来た。2000を越える黒星を抱えながら、ついに私が掴み取った初白星。今日はお赤飯だね! フェイトに買ってきてもらおう。

 

「く、忌々しい……良いか、貴様は2000敗以上しておるんだぞ!」

 

「私が勝つ未来がどうのって言ってたの、誰だったけ~」

 

「くぅ……上等だ! 貴様、今すぐもう一戦だ! 今度こそ消し飛ばしてくれる!」

 

 まくしたてる様に告げる王様の姿を、私は満面も笑みで見る。まぁ、そもそも私が王様にちゃんとダメージ与えられる様になったのは、王様とユーリの作ってくれたデバイスのお陰だし、その点は本当に感謝している。やっぱり専用デバイスってのは凄いもので、私の為に作られたこの子は、今まで私が抱えていた欠点を見事覆してくれた。

 

 まだまだ、完璧に使いこなすには程遠いけど……そろそろ、良いかもしれない。

 

「王様も、追加の黒星が欲しいなんて、欲しがりさんだね」

 

「だ、黙れ! 良かろう、これで貴様が勝てば……貴様が行きたがっておった、高級ホテルのデザートバイキングに連れて行ってやる!」

 

「マジで!? やった! 王様太っ腹~」

 

「勝ってから言え!!」

 

 そろそろ、フェイトの隣に立つ為に動きだす時が来たのかもしれない。私は訓練を本格的に始める前に、ある一つの誓いを立てた。それを成し遂げた時に局員になろうと、ずっと決めていたことがある。

 

 フェイトが闇の書事件の最中に戦い、好敵手と認めた相手……烈火の将・シグナム。彼女を打ち破ったその時、私はフェイトの隣に立てると胸を張って宣言できる。

 

 まぁ、現状具体的なプランは何もないけどね! だって公開模擬戦の映像みたけど、シグナムマジ強いもん。フェイトに匹敵するんじゃないかと思えるほどの素早い身のこなし、正しく烈火と呼べる猛烈な斬撃。膨大な戦闘経験を感じさせる冷静かつ的確な戦術。正しく管理局最強の一角と呼べる程の実力を持った、最高峰のベルカ騎士。

 

 王様も間違いなく最上級魔導師の一人だけど、ぶっちゃけ王様は単独での戦闘力はそこまで高くない。これは決して王様を馬鹿にしている訳では無い。王様の力は発動まで少し時間がかかるが、広範囲高火力の殲滅系魔法。一対一ではあまり有利に働かない……むしろ不利と言える戦闘スタイルだ。王様の力が最も発揮されるのは、チーム戦。チーム戦での王様は正しく最強と言って良い程の存在で、事実管理局内での複数対複数の公開模擬戦では八神家を除き全戦全勝している。

 

 だから一対一のフィールドにおいては、圧倒的な近接戦闘力をもつベルカ騎士、或いはフェイトの様な万能型が最強と呼べると思う。だからこそ、それを打ち破る。

 

 私も踏み込む、踏み入って見せる……フェイトの居る領域に……

 

 

 

 

 

 

 




アリシアのデバイスの名前はinnocent版と同じくフォーチュンドロップ。

しかし形態はまったくと言っていい程違います。同じなのはハリセンと二丁拳銃くらいですね。

魔力光はレヴィの魔力光が似ているとのことで、レヴィが空色なのでそこに緑を足して青緑としました。

そしてシグナムとの戦いの後に、アリシアは局員になります。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。