俺の夢にはISが必要だ!~目指せISゲットで漢のロマンと理想の老後~   作:GJ0083

14 / 60
ISゲットだぜ!

 カリカリ

   カリカリ

 

 ひたすらペンを走らせる。

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 白いノートが黒く染まっていく。

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 なぜ自分は苦痛に思いながらこんな事をしているのだろうか?

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 人生は常に勉強だと言う奴がいる。だが、そんなのは一部のドМの自慰行為に近いと思う。

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 だって俺はこんなにも辛いのだから。

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 関係ないが小学生は世界一自由な生き物だと思う。

 

 カリカリ

   カリカリ

 

 だからそう。京都に行こう。

 ペンを置き、財布とケータイをポケットに突っ込む。

 着替えなんて向こうで買えばいい。

 着の身着のまま玄関のドアノブに手が掛かる。その瞬間。

 

 『♪~~♪~~』

 

 某電波な少年番組のプロデューサーが登場しそうな音楽が鳴る。

 ケータイのディスプレイを見ると、そこには。

 

 『篠ノ之束』

 

 無視したい。無視したいけど、その後が怖い。

 大人しく電話にでる。

 

「もしもし」

『やっほーしー君』

「何用です?」

『それはこっちのセリフだよ。しー君こそ外に何の用があるのかな?』

 

 自分が首輪付きって事忘れてたよ。

 

「束さん、脳ミソがとろけそうなんです」

『しー君ってそこまで頭悪くないよね? 世間一般では秀才レベル程度だけど、前世の知識もあるんだし、そんなに難しい?』

「俺の脳は、体育系6文系4で出来てるんで、理系? 知らない子ですね」

『それでよくISの勉強をしたいなんて言えたね?』

「だって必要な事なんだもん」

『だもん。じゃないよまったく。早く机に戻りなさい』

 

 束さんに怒られ渋々机に戻る。

 まぁ、自分から教えを請うておいて逃げようとしたのだから、怒られるのはしょうがない。

 ケータイをハンズフリーにして机の上に置く。

 

「所で束さん、そっちの調子はどうよ」

『ISはデウス・エキス・マキナで、地上の全ての戦争を終わらせる為に神から遣わされた機神だ! って言う科学者が現れたね』

「束さんはついに神になったのか。確かに、束さんは俺を転生させた女神に似てるかも」

『も~、束さんが女神みたいに綺麗だなんて、しー君てば褒め上手なんだから』

「いえ、その女神も束さんみたいにうざい感じでした」

『ひどっ!』

 

 束さんは何やら作業中らしく、取り留めのない会話をしながら俺もISの勉強に戻る。

 内容はあって無い様なものだ。

 束さんの愚痴だったり、最近の一夏や箒の様子だったり。 

 

 どれくらい喋っていただろうか。

 そろそろ寝ようかな? そう思った時。

 

『ねーねーしー君、しー君てさ、前世では束さん達と知り合いだったの?』

「急にどうしたんです?」

『しー君があんまり聞いて欲しくなさそうだったけど、しー君は束さんやちーちゃんに詳しいし、知り合いだったのかな~って』

 

 ペンを動かす手が止まってしまった。

 

「ノーコメントで」

『しー君はある意味タイムスリップしてるんだよね? だとしたら、この世界にしー君が二人居るはずなんだけど、調べてみたらしー君はこの世界で一人だけなんだよね』

「ノーコメントで」

 

 心の中は汗だくだ。

 いつかは聞かれると思ってたけど、日常会話の延長で聞いてくるとは。

 

『そもそもしー君はなんで自分がISを動かせると知っていたの?』

「ノーコメントで」

 

 今まで聞かれなかった事が不思議なくらいだが、原作云々は本当に話したくない。

 『この世界は創作の世界で、読み手として一夏や千冬さんのプライベートを覗き見してました』なんて事は絶対に知られたくないのだ。

 アニメで箒やヒロインズのお風呂シーンも見てるしな。

 もしバレたら……束さんに記憶をデリートされる可能性もある。

 

 気まずい沈黙が続く。

 

 

 

 

『う~ん、しー君の脳みそ一回開いてよい?』

「勘弁してください束様」

『冗談だけどね。しー君、束さんは別に無理矢理聞き出す気はないんだよ?』

「本当に?」

『ホントだよ。だってしー君の脳波が可哀想なくらい恐怖に怯えてるんだもん。束さんだって情けはあるんだよ?』 

 

 記憶を消される恐怖が束さんの同情を買ったみたいだ。

 

『そんなこんなで、お喋りしている内に完成なんだよ!』

 

 束さんは本当に見逃してくれるらしく、あっさりと話題を変えた。

 ありがたく乗っかるとしよう。

 

「おっ、新しい発明品ですか?」

『残念ハズレ。答えはしー君のISだよ』

 

 今なんと? 

 

「束さん。本当に? 冗談ではなく?」

『いえーす。やったねしー君、これで夢が叶うよ』

 

 一度深呼吸をして腹に力を貯める。

 

「よっしゃぁぁぁぁ~!!」

『ぴゃ!?』

 

 突然の大声に束さんの悲鳴が聞こえるが気にしない。

 

「それで!? 束は今どこにいる!? 今から会えるのか!? それとも今から来るのか!?」

『しー君落ち着いてよ! 耳が! 束さんの鼓膜が破れちゃうから!』

「おーけい、落ち着く。で? いつIS貰えるの? ハリーハリーハリー!」

『全然落ち着いてないじゃん。しー君、素が出るほど嬉しいのはわかったから、もう少し声のボリューム下げてよ』

 

 おっといけない。興奮しすぎた。

 

「すみません、落ち着きます」

『完成したけど、今すぐは無理だよ。そうだね。二日後迎えに行くから待っててよ』

「二日後ですか……そちらにも都合があるでしょうし、了解です。束さんが来るのを心待ちにしています」

『うんうん、束さんに会えるのがそんなに嬉しいなんて。しー君てば素直じゃないんだから』

 

 会いたいのはISなんだが、もうなんでもいいや。

 

「そうですね。待ってますから」

『それじゃあ、束さんはまだやる事あるから。また二日後にね。おやすみしー君』

「はい。楽しみにしてますよ束さん。おやすみなさい」

 

 電話を切って背もたれに寄りかかる。

 ついにこの時が来た。

 IS……自分だけの翼。

 興奮が収まらず、とても寝る気分ではない。

 だけど丁度いい。旅の計画でも立てておこう。

 パソコンを立ち上げコーヒーを入れる。

 

「さてさて、まずは日本からだな」

 

 カタカタとキーボードを鳴らしながら、夜が更けていった。

 

 

◇◇ ◇◇

 

 

 二日後、街近くの山の地下にある束さんの秘密基地。

 そこに俺と束さんがいた。

 

「しかしまぁ、よくこんな場所作りましたね」

 

 学校の体育館ほどの何もない広い空間。

 壁はコンクリートなのか。灰色で味気ない。

 

「ここはしー君がISの練習をする為に作ったんだからね。感謝するんだよ?」

 

 胸を張ってドヤ顔する束さん。

 俺の為にわざわざ作ってくれたのか。

 本当にありがたい。

 

「束さん素敵です。最高です。束さんに足を向けて眠れません」

「そうそう、もっと感謝したまえ」

 

 ニコニコと上機嫌な所悪いのだが。

 

「それで、ISは?」

 

 申し訳ないが、俺はISが楽しみで寝不足なのだ。

 早く実物を見てみたい。

 

「もうちょっと待ってよ。今日はしー君の先生も呼んでるから」

「先生?」

 

 俺が首を傾げて聞き返した時。

 コツ、コツ、と、地下に続く階段を歩く音が聞こえて来た。

 入口に目をやると。

 

「千冬さん?」

 

 織斑千冬がそこにいた。

 

「久しぶりだな。神一郎、束」

 

 千冬さんは高校生になってからできるバイトが増えた為、前以上に忙しい日々を送っている。実際会うのは剣道大会ぶりだ。

 

「先生って千冬さんがですか?」

「そうだよ? しー君はちーちゃんみたいにいきなり操縦は無理だと思うから。ちーちゃんにお願いしたんだよ」

 

 それは凄くありがたい。

 将来のブリュンヒルデに教えて貰えるなんて光栄だ。

 だけど、千冬さんにそんな暇あるのか?

 

「千冬さんは忙しいと思うんですが、時間を割いてもらって良いのですか?」

「気にするな。家庭教師の様なものだ」

 

 千冬さんが腕を組みながら束さんに視線を当てる。

 その束さんは笑いながら俺の方見ている。

 なるほどね。

 

「バイト代は世間一般の平均額でいいですか?」

「あぁ、それでいい」

 

 これでいいんでしょ?

 そう束さんに視線で訴えれば、束さんは笑顔で頷いてくれた。

 世の中持ちつ持たれつ。これで俺も気兼ねしないし、千冬さんも時間を無駄にしない。

 束さんもなかなか考える様になったもんだ。

 

「みんなそろった所で、しー君のISのお披露目を始めるよ~」

 

 束さんが腕を高く上げ、俺と千冬さんに笑いかける。

 

「上を見たまえ!」

 

 そう言われて上を見れば……なにもない。

 

「実はしー君の後ろだったり!」

 

 ばっと振り返る。

 

「うおっ!」

 

 思わず声が出た。

 いつの間にか、目と鼻の先、黒い塊が鎮座していたからだ。

 後ろに下がり全体を見る。

 色は黒、装甲は黒光りしていて、大きな翼が付いている。

 

「これが、しー君のIS『黒騎士(仮)』なんだよ!」

 

 ばば~んっと効果音がしそうなほど声を高らかに上げる束さん。

 

「これが俺のIS……ん? (仮)って?」

 

 普通に“かっこかり”って名前に付けてたけど。

 

「しー君は自分で名前を付けたがると思ってね。さぁしー君、この子にカッコイイのを頼むよ」

 

 そうか、俺に付けさせてくれるのか。

 

「流石束さん、わかってらっしゃる」

 

 そう言ってサムズアップすれば、束さんもやり返してくれた。

 千冬さんは呆れた目をしているが、まだ彼女には早かったみたいだ。

 しかし名前か、うん、実は考えたりしてました。

 この名前ならこの子に合うだろう。

 そう……。

 

「このISは『流々武』だ!」

 

 これしかないだろうと、自信満々に言うも。

 あれ? 二人の様子がおかしい。

 

「なんですか? ダメですかね?」

 

 だとしたら困るんだが。

 

「えーとね、しー君、束さんが言うのもなんなんだけど、それって目に見えない巨大な力に殺されそうな名前じゃない?」

 

 束さんは冷や汗をかいている。

 

「神一郎、その名前を使う覚悟があるのか? 下手すれば死ぬぞ?」

 

 千冬さんもなにやら恐怖している。

 

「じゃあ、『邪乱』とか『紅き男爵』とか?」

 

 それぐらいしか候補がないんだけど。

 

「しー君が良いならそれでいいよ」

 

 束さんはどこか疲れ顔だ。

 IS開発が忙しい中作ってくれたんだ。今度なにか甘いものでもご馳走しよう。

 

「早速やってみようか? しー君、ISの動かし方は勉強してきたね?」

「もちろんです」

 

 流々武に触れる。

 

「これからよろしくな相棒」

 

 まるで俺の声に答える様に体が光に包まれる。

 眩しさに目を瞑る。

 光が収まるのを感じて目を開けると。

 

「おぉぉ」

 

 本日二度目の驚きだ。

 視線が高い。それだけではない、まるでゲーム画面を見ている様な感覚。

 これはフルフェイスだからだろう。

 

「しー君、どんな感じ?」

「動いてみていいですか?」

「いいけど、ゆっくりだよ?」

「了解です」

 

 ISの操縦で必要なのは想像力。

 そして想像力はオタクならば誰しも持っているもの。

 

 流々武がゆっくり歩き出す。

 一歩、二歩と確実に歩く。

 うん、これなら。

 

 少しだけ浮くイメージする。

 それと同時に流々武も浮く。

 

 そのまま、ゆっくりと空を飛ぶ。

 焦る気持ちがあるが、基本は大事な事だ。まずはスピードを出さず空を飛ぶ事が当然だと脳に覚えさせる。

 慣れてきた所で束さんの前にゆっくりと着地した。

 束さんは、空中ディスプレイを出し。データを確認していた。

 

「問題ないみたいだね? お次はしー君の希望した機能を使ってみようか」

「了解です」

 

 ISに搭載された機能を発動する。

 が……これって自分じゃよくわからないな。

 

「どーです? 消えてます?」

「ちょっと待て神一郎。それはなんだ?」

 

 千冬さんが驚くとは珍しい。

 

「何ってステルス機能ですが?」

 

 これが束さんに頼んで付けてもらった機能。

 

「ちゃんと消えてるよしー君。ちーちゃん、これはその名も『新ミエナクナ~ル君』だよ」

 

 束さん、その名前はやめて欲しい。

 

「しー君、音声発動できるようにした方がいいでしょ?」

 

 いや、本当にわかってらっしゃる。

 またもサムズアップする二人。

 

「では、『夜の帳』で」

 

 あ、これは理解されなかったみたいだ。束さんは首を傾げている。

 闇夜に消えるが如く姿を消す。ってイメージだったんだけど。

 まだ厨二は理解できないか。

 

「よくわかんないけど、登録できたよ――次は拡張領域に入ってる物を出してみようか」

「俺が頼んだ三つですか?」

「そうだよ、束さんが責任を持って作ったからね。その辺に売ってる物より丈夫だよ」

 

 それは楽しみだ。

 まずは――

 

「ハンマー」

 

 右手に現れたのは黒いハンマー。

 その感触を確かめる様に握る。

 うん、働く漢の道具だけあって無骨で格好良い。

 

「次、ツルハシ」

 

 左手に現れたのは黒いツルハシ

 まるで三日月の様なフォルムは厨二心をくすぐる。

 

 その二つを消し、最後に。

 

「シャベル」

 

 これも今までと同じく色は黒。

 黒光りする先端がどんな土でも容赦なく掘れそうだ。

 

「完璧です束さん」

 

 流石職人気質の科学者。

 文句のない出来だ。

 

「気に入ったみたいだね。それで、それの名前は?」

「ありませんよ?」

「ないの?」

「ないです。これはあくまで道具ですから、名前はありません。ハンマーはハンマーだし、シャベルはシャベルです」

「そっか、そうだね」

 

 束さんは嬉しそうに微笑んだ。

 

「束、神一郎のISはなんなんだ?」

 

 今まで口数の少なかった千冬さんが束さんに問いかける。

 確かに用途がよくわからないよね。

 

「しー君のISは“ステルス性”に主眼を置いた機体だよ。現存するあらゆるレーダーに写らず、姿を消すから目視もされない。もちろんISのハイパーセンサーも誤魔化せる仕様なんだよ。まぁそっちの方に力入れすぎて、機動性なんかは白騎士の半分位だけどね」

「なぜそんな機体に?」

「そこからは俺が説明します。ISで旅に出るには、誰にも見つかる訳にはいかないからです。だから何よりもステルス性が重要でして」

「あのハンマーやらは?」

「あったら便利かな~と思って」

 

 シャベルがあれば雪山でビバークが楽だろうし。

 ツルハシとハンマーとかは洞窟探検で必要になるかもしれないしね。

 

「お前は本当にISを兵器として見る気がないんだな」

 

 千冬さんがしみじみと言う。

 なにを今更。

 

「ISを兵器にするか否かは乗り手次第ですよ」

「そうか、そうだな」

 

 千冬さんは何が面白いのか笑っていた。

 

「それじゃあ、本格的に訓練始めようか。ここからはちーちゃんの出番だよ」

「任せろ」

 

 そう言う千冬さんは、白騎士を纏いブレードを構えていた。

 あれ? 良い事いったはずなのにガチバトルの匂いがしないか?




やっと専用IS出せました。
イメージはガンダムのフラッグカスタムかパトレイバーのグリフォンをイメージしてもらえれば。

ルビ振りのやり方がイマイチわからなかった。
あった方がいいよね?勉強しときます。


ポケモンGO始めたけど、ポケモンの鳴き声がゲームボーイ版と同じで凄い懐かしい気持ちになった。
楽しすぎる。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。