【子蜘蛛シリーズ2】Deadly dinner   作:餡子郎
<< 前の話 次の話 >>

9 / 37
No.009/面談




 ──ジリリリリリリリリリリ!

「な、何だ!?」

 試験最終日、六日目の朝。
 けたたましいベルの音に、ハンゾーは驚いて辺りを見回した。
「……これ、一次試験のマラソンの時の開始ベルの音……か?」
 六点分のプレートを集め終わっていた彼だが、シロノ対策に自分の周囲十数メートルの範囲に誰かが侵入してきたら知らせる仕掛けを張り巡らし、警戒しながら後僅かの試験時間を潰していたのだが、この音はどういうことだ、と、高い木の上で寝そべらせていた身体を起こした。
「終了の音じゃねーよな、まだ一日ある……。何だ?」
 忍びたる者、怪しいものは残らず調べておかねばなるまい。そう考えた彼は、身軽な動きで木から降りると、警戒しながら音のするほうへ向かい、そして立ち止まった。
 カラン、と、ハンゾーが仕掛けた鳴子が、目の前で音を立てたからだ。
「ふむ、やっと出てきおったか」
「……何やってんだ? アンタ」
 足に引っかかった鳴子の綱を外しながら立っていたのは、ベル音を発する奇妙なマスコットを片手に持つボドロだった。
「……それ、サトツとかいう試験官が持ってたベルだろ?」
「左様。……ではさっそくだが」
 熟練して練られたような殺気に、ハンゾーが構えた。

「参る!」
「チッ!」

 地面が震えるような重い踏み込みによる突きを、ハンゾーが舌打ちしながら避ける。
「ケッ、プレートゲットできなくて最後の悪あがきか?!」
「そんな所だ」
「冗談じゃねえ、苦労して集めたってのによ!」
「ほう」
 ドン! と音がして、ボドロが再度突きを繰り出した。ハンゾーは高く跳んでそれを避け、空中で回し蹴りを放つ。しかしボドロも間一髪でそれを避ける。そして互いに間合いを見極めようと、移動しながら睨み合う。細かい攻撃を双方繰り出しながら、ハンゾーは言った。
「ったく、終了間際にベルの音で撹乱させて、寄ってきた受験生を狩るってか」
「ああ、その通り。……しかし」
「くっ!」
 一気に間合いを詰められ、ハンゾーは思わず飛び退る。しかし、ボドロが攻撃して来ることはなかった。にやりと笑う彼はハンゾーではなく、その後ろを見ている。
「……おびき出したかったのは、君一人だ」
 じゃら、という背後の音に、ハンゾーが顔色を変える。彼のすぐ後ろでは、極限の“絶”でもって近付いてきていたシロノが、ハンゾーに武器を向けていた。

「つっかまーえたっ!」
「しまっ……!」

 振り返ったその時、ハンゾーのみぞおちに、ボドロの重い一撃が入った。



「プレートちょーだいっ」
「くっそ──! あっ、あだだだ!」

 後ろ手に縛られて座禅を組まされ、さらに刃物まみれのチェーンソ-の鎖を緩く巻き付けられたハンゾーは、身動きする度に浅く刺さる刃物に声を上げた。しかも背後にはシロノが立ち、でかい刃物を背中に突きつけている。
 ちなみにシロノの腰には、あのベルのマスコットがぶら下げられている。一目見てこれが気に入ったシロノは、実は二次試験の前にサトツから譲ってもらっていたのだ。

「ハンゾーといったな。君のターゲットはもしや197番ではないか?」
「は? 違うね。オレのターゲットは──」
「とぼけるな」
 ハンゾーの前に仁王立ちになったボドロが言う。
「君が尾行していた199,198,197の受験生だが、この三人はいつもまとまって行動している。そしてそのうちの199番はキルアという少年のターゲットだ。ということは、君のターゲットは198,197のどちらかということになる」
「だったら何だってんだ?」
「重要な所なのだ。君が自分のプレートと、三点プレート一枚を持っているのか、それとも一点プレートを三枚持っているのか」
「はあ……?」
 わけがわからん、とハンゾーは口元と眉を歪めた。
「そして先程君は“苦労して集めた”と言った。自分のターゲットのプレートを一枚のみ狩ったなら、“集めた”という言葉は使わないはずだ。ということは君は自分のターゲットを狩ることが出来ず、一点のプレートを三枚“集めた”、そういうことだろう」
 ボドロの言葉にハンゾーは黙り込み、そしてやがて口を開いた。
「……だから何なんだ? オレのターゲットが誰であるか、何枚プレートを所持しているのかなんて、このチビがオレのプレートを狩ることには何の関係もないはずだ」
「いいや、ある。シロノ」
「はーい」
 シロノは、ポケットからプレートを出して放った。丸いプレートが、シロノの小さな手からボドロの大きな手へと移る。そしてボドロは、手の中のプレートをハンゾーに見せた。

「197番。これが君のターゲットのプレートだろう?」
「な……!」
 ハンゾーは、目を見開いてプレートを見つめた。偽物ではない、ということを言われずとも確かめさせる為、ボドロは目の前でプレートをくるくると回してみせる。
「今さら隠しても意味がなかろう。これが君のターゲットだ、違うか?」
「……ああ、それは確かにオレのターゲットだ。くそっ、アンタが拾ってたのか!」
 キルアがブン投げた二つのプレート、そのうちの一つが197番、そしてハンゾーが間違えて取ってしまった198番だった。散々探したが見つからず、ハンゾーは死にものぐるいで三点分のプレートを狩ったのである。
「ああ。だが私はシロノのおかげで自分のターゲットを狩ることが出来たのでな。これはシロノに譲ったから、シロノのものだ。そこで相談だが」
 まさか、とハンゾーは眉を顰めた。
「このプレートは君にとって三点。そして君のプレートはシロノにとって三点。どうだろう、君の294のプレートと、この197のプレートを交換してはくれまいか? そうすれば二人とも六点集まって合格できる」
 ボドロは穏やかに言ったが、ハンゾーは据わった目をして数秒黙った。そしてふいっと顔を明後日の方向に逸らし、「断る」ときっぱりと口にした。そんな彼に、シロノが顔を顰める。

「なんで──!? 誰も損しないのに! すっごいいい条件でしょ!?」
「はんっ、苦労して守ったプレート、そう簡単に渡してたまるか! 197プレートなんかいらねーな、オレは自分のプレート三点と一点プレート三枚で合格する」
 意地悪な顔をして絶対に目を合わさないハンゾーに、シロノは乳歯から生え変わって日が浅い白い前歯をイーと剥き出し、地団駄を踏んだ。
「大人げない! さいてー!」
「何とでも言え! お前みたいな凶悪なガキは落ちたほうが世の為だ!」
「なにそれ、ひどーい!」
「なんという事を言うかこのこわっぱ──!」
 ものすごい音量のボドロの怒鳴り声が、ハンゾーとシロノの耳にキーンと響いた。

「二次試験の時といい、なんと態度の悪い若造だ!」
「何だとオッサン! アンタにそんな事言われる筋合いはねえな!」
「年長のものには礼を尽くさぬか、たわけ!」
 ゴーン! とものすごい音を立てて、ハンゾーの脳天にボドロの鉄拳が垂直落下した。
「い、いいいいいってええ! 何すんだこのオッサン!」
「なっとらん、本当に礼儀がなっとらん!」
「何だとォ!?」
「いいか、私たちは……いやシロノは貴様を殺してプレートを奪うことも出来るのだぞ!? そこをわざわざ貴様も合格できるようにという条件で交渉を持ちかけているというのに、なんだその態度は!」
「そうだそうだ! このハゲチャビン!」
「誰がハゲチャビンだこのクソガキ! これは剃ってんだ! クリリンと同じだ!」
 背後で野次を飛ばすシロノにハンゾーが振り返るが、チェーンの無数の刃物がちくちくと身体を刺し、「あだだだだ!」と再度声を上げた。

「まったく、こんなに幼くともきちんと他人に礼を尽くすことを知っている出来た子もいるというのに……貴様、二十歳そこそこであろう? 恥を知れ! 恥を!」
「うるせ──よ! 二人掛かりで人をとっちめる奴らに礼どころかクソも尽くすか!」
「…………爪剥いじゃおうかな」
「なんか後ろのチビ不穏なこと言ってんだけど!?」
 薄いグレーの目を細め、シロノが口を三角にして前歯を見せながらぼそりと呟いた言葉に、ハンゾーがぎょっと目を見開いた。
「オイコラオッサン! 礼儀正しい良い子はこんな拷問具みてーなエモノぶん回したり爪剥ぐとか気軽に口に出すのかよ!?」
「頭だけじゃなくて指もハゲにしちゃうから」
「ハゲじゃね──ッつってんだろうがァアアア!」
 喚き散らすハンゾーに、ボドロは青筋を立てながら溜め息をついた。

「シロノは自分に得のない取引でも快く応じたぞ? 年長者として相応しい態度をとったらどうだ」
「うるせー、テメーの価値観押し付けんな! アンタの言い草は故郷の頑固親父どもを思い出して無性にムカつくんだよ!」
「ほほう、家でも手に負えん悪ガキか。その方達もさぞ苦労なさっておられるのだろう」
「あ──なんでこんなとこでしかも他人からこんなこと言われなきゃなんねーんだ……。マジでムカつく。死ね。ほんと死ねもうマジで」
「やっぱ爪剥ごうよボドロさん」
「うむ、私も片手ぐらい良いかもという気になってきた」
 イー、の顔のままのシロノが言うと、ボドロは更に目を据わらせてそう答えた。
「はァン? こちとら拷問に耐える訓練くらいしてきてるんだ。どうせ終了時間まであとちょっとしかねーっつの、それまで爪でも何でも好きにしろや。オレは何としてでも自分のプレートで合格するからな」
 深夜のコンビニに集まる若者よろしく、かなり不貞腐れた表情とバカにしきった口調でダラダラ話し始めたハンゾーに、シロノとボドロもかなりキていた。

「こんなん言ってるよボドロさん。ふんだ、じゃあこないだフェイ兄が新しく編み出した超痛い爪の剥ぎ方やっちゃうから」
「お前の兄貴何!? 拷問マニア!? サディストの星!?」
 その通りだったが、シロノは黙って爪を剥ぐ指を選別し始めた。
「お前の親父の教育方針といい、お前んちぜってーおかしいから! 親の顔が見てーよ!」
「人様の親御さんを悪く言うなバカ者!」
「痛ッてええええ!」
 ボドロの鉄拳が、更にハンゾーの脳天に落ちる。

 その後さらにやり取りがあり、しかし結局ハンゾーのボディチェックをしてプレートを見つけ出し、「最初からこうすればよかった」と思いつつも、シロノは自分とハンゾーのプレートで六点となった。

 シロノは最後まで197番のプレートを燃してしまおうかどうか迷ったが、結局ハンゾーにプレートを渡すことにした。
「あたしはハンゾーと違って大人げないことしないもんね」
「んだとコラ」
「ハンゾーは~、大人なシロノちゃんのおかげで~三次試験を合格しました~、フフーン」
「があああああ! 歌うなムカつく! ムカつくこのチビ!」
 試験終了のアナウンスが響いた後も、集合場所で小競り合いを続けるハンゾーとシロノを、他の合格者たちが不思議そうに見つめている。

 ともかくこうして四次試験が終了し、シロノは無事に十人の合格者の中に入り、最終試験の受験資格を手に入れたのだった。



++++++++++++++++++++++++++++



 再度、移動の為に飛行船──である。
《えー、これより会長が面談を行ないます》
 番号を呼ばれた方は二階の第一応接室までお越し下さい──そんなアナウンスがあり、六日間の汚れを落とす為にシャワーを浴びたシロノはスピーカーを見上げた。

《──受験番号44番の方。44番の方おこし下さい》



 座布団の上で胡座をかいたヒソカに一つ目の質問をし終えたネテロは、続けて二番目の質問へ移った。ヒソカは一拍間を開けたあと、静かに言った。
「99番♥」
 405番も捨て難いけど、一番は彼だね、とヒソカは珍しく率直な声で言う。
「いつか手合わせ願いたいなァ♦」
「ふむ、両方とも今回の参加者の中で最も若い受験者じゃの。最年少の少女についてはノーコメントかの?」
「ああ、シロノね♥」
 ヒソカは、にこりと笑った。
「そうだねえ、注目しているかと聞かれれば大いに注目しているけれど、さっきの二人とは違う意味で、だからね。だから挙げなかった♦」
「ほう?」
「手合わせしてみたくないわけじゃないんだけど、まあ実際には手合わせ以上は無理だろうし♣」
「というと?」
「知人の子なんだよ、彼女。大怪我させたら怒られちゃう♠」
 ああ、でもそれもまたいいかなァ……という考えがフっとヒソカの頭を過ったが、あまり得策ではないと思い直し、表情を元に戻した。それに、彼とてクロロと闘いたいようにシロノと闘いたいという欲求はないし、どちらかというと彼女に死んでは欲しくない。しかしそれは青い果実だからという意味でもなかった。

 ──ヒーちゃんが美味しそうっていう人がね、あたしもわかるの


 特異だと自分でも認めている他者への感覚を、おそらくほとんど同じ目線で持っているらしいあの少女のことを、彼は気にかけている。闘いたいかそうでないかという意味以外で、初めて。それは彼にとって、興奮はしないけれど、何かドキドキするような感覚だった。見たことのないものが現れようとしているのではないか、そんな感覚。
「くっくっく♥」
 身体を揺らして酷く面白そうに笑うヒソカを、ネテロは眠そうな目で見た。
「ふむ……では最後の質問じゃ。九人の中で今一番闘いたくないのは?」
「……それは、405番……だね♣」
 シロノと99番もそうだが…………と、ヒソカは珍しく口角を上げずにやや真剣な顔つきになると、顎に指先を当てた。
「今はまだ闘いたくない……という意味では、405番が一番かな♦ ……ちなみに今一番闘ってみたいのは、あんたなんだけどね♠」
 そう言ってからヒソカは、凶悪に笑んだ。殺気が部屋に充満する。

「うむ、ご苦労じゃった。さがってよいぞよ」

 しかしあっさりと躱され、ヒソカのぶつけた殺気は虚しくネテロをすり抜けた。ヒソカは思わず殺気を消し、仕方なく立ち上がって部屋を出る。
(……くえないジイサンだな♠)
 まるで隙だらけで毒気抜かれちゃったよ、と、ヒソカは肩すかしを食らった気分で廊下を歩き出した。



《受験番号45番の方。45番の方おこし下さい》

「しつれいしまーす」
「おお、来たの。まあ座んなさい」
「はーい」
 マチやノブナガからこういった文化をちらほら知っているシロノは、ブーツを脱いで座敷に上がる。しかし足を怪我しているので正座は出来ず、足をまっすぐに投げ出して、いかにも子供らしく座布団の上に座った。
「参考までにちょっと質問させてもらおうと思っての。ちーとだけワシとお喋りしとくれ」
「うん、いいよ」
 シロノはこくりと頷いた。

「ではまず、なぜハンターになりたいのかな?」
「うーんとね、あると便利だよってお兄ちゃんの一人が言って、パパがそれに賛成したから」
「ふむ、ではハンターになりたいというよりはハンター証が欲しいという所じゃな?」
「あ、うん、そう。だめ?」
「構わんよ。ハンター証の使い方は人それぞれじゃからの」
「そっか。あ、あとね、試験は色々勉強になるから行って来い、っていうのもあるよ」
「ふむふむ、なるほど」
 ハンター試験責任者であるネテロは、納得したように頷く。確かに受験者たち全員が、この試験を受けて何らかの形で成長したり得るものがあったりしているはずだろう。ただし、世間一般の親が、死亡率五割を軽く超えるハンター試験に「勉強になるから」という理由で我が子を送り出すかどうかは別にして。
「では、自分以外の九人の中で、一番注目しているのは?」
「うーん……99番と405番、403番!」
 笑顔でのわりと即答の答えに、ネテロは「ほー」と相槌を打つ。
「理由は?」
「んと、キルアは歳近いし、なんか好き」
「ほほーう」
 年頃の少女なら違う意味だったのかもしれない。いや、シロノの歳でそうであっても不思議はないのだが、シロノのそれは、本当に言葉以外の意味は含まれていない純粋なものなのだろう、とネテロは感じ取り、「他は?」と先を促した。
「レオリオは絶対いいお医者さんになると思うし、ゴンはね、なんかゴンがハンターにならないほうが想像できない感じがするから」
 注目している、というよりは合格して欲しい、と思っている人物を挙げたシロノだったが、ネテロは興味深そうな顔で頷いた。

「……では、九人の中で今一番闘いたくないのは誰かな?」
「403番」
 これにもシロノは即答だった。
「なぜかな?」
「だって、レオリオは闘う人じゃないから。そういう人ってあたし、闘いにくいの」
 ネテロは、じっと正面からシロノを見た。しかしシロノの薄いグレーの目は、誰もが思わず怯むネテロの目線をも透かしてしまうほどの透明度を持っていて、シロノ自身も何も変わらない笑顔のまま、ネテロを見返している。ネテロは手元の紙に何やら書き込んでから、表情を再びふっと和らげた。
「ふむふむ、わかった。ご苦労さん、行ってよいぞ」
「はーい、しつれいしましたー」
 シロノは包帯を巻いた脚を庇いつつ、ブーツを履き直して部屋を出て行った。
「……ふむ、ああいう子供が育つか。面白いもんじゃのー」



《──受験番号53番の方。53番の方おこし下さい》

「注目してるのは404番だな。見る限り一番バランスがいい」
「44番とは闘いたくないな。正直戦闘では敵わないだろう」



《──受験番号99番の方。99番の方おこし下さい》

「ゴンだね。あ、405番のさ、同い年だし。……あと、45番? どんな戦い方するのか気になるし」
「53番かな、闘ってもあんまし面白そうじゃないし」



《──受験番号191番の方。191番の方おこし下さい》

「44番だな、嫌でも目につく」
「405番と99番、45番だ。子供と闘うなど考えられぬ」



《──受験番号301番の方。301番の方おこし下さい》

「99番」
「44番」



《──受験番号405番の方。405番の方おこし下さい》

「44番のヒソカが一番気になってる、色々あって」
「う~~~~ん、99・403・404番の三人は選べないや。……シロノ? ……うん、何でだろうね、ちょっと闘ってみたい気がするんだ。女の子で歳下なのにさ、ヘンかなァ」



《──受験番号294番の方。294番の方おこし下さい》

「44番だな、こいつがとにかく一番ヤバイしな。……あとは45番。……ったく、どんな育て方したらああいうガキが育つんだ?」
「もちろん44番だ」



《──受験番号404番の方。404番の方おこし下さい》

「いい意味で405番、悪い意味で44番」
「理由があれば誰とでも闘うし、なければ誰とも争いたくはない」



《──受験番号403番の方。403番の方おこし下さい》

「405番だな。恩もあるし、合格して欲しいと思うぜ」
「そんなわけで405番とは闘いたくねーな。……ああ、45番もできればカンベンだ」









※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。