強キャラ東雲さん第六章完結+α

六章終わりました。
あと前日譚にあたる零章も本日17時に投下です。
オータムはしばらく出てきません。
スコールは割と好き勝手やって好き勝手満足して逝きました。
遺体には色々やばいデータがあるのでオータムがきっちり処理しました。
束的には亡国機業討伐作戦なんて勝手にやってろカス共という感じなのでまったく見てません。なんならあの女、オータムは生き残るだろと高をくくってます。
何はともあれ亡国機業の皆さん、今までお疲れ様でした。

こんだけラストバトルみたいなことしといて本当にあと二章分もあるのかよと
読者たちは不安よな。

福音 動きます。









(色々ネタバレ注意)







①オータムの過去
 米軍IS部隊教導官としてクソクソエリート出世街道を歩んでました
 上層部は完全に将校ルートに載せてて未来は明るいぜとノリノリでした
 ちなみにドサ回りの一環で色んな地方の訓練校を回ってたときに一時期ティナ・ハミルトンの指導をしたというどこにも生かせなかった死に設定があります
 あと巻紙礼子状態でもアメリカ代表のイーリスさんと出会ったら瞬時に見抜かれて『どうして裏切ったんだッ!!』される闇落ち主人公系シナリオもありました
 織斑千冬がいなかった場合、未来で一夏と共闘することも多かったと思います

②白式の中の人
 メイン補佐仮想人格
 雪片弐型
 残存する白騎士
 三人!?あの中に三人いるの!?
 まあ白騎士は完全に凍結処理されてるけど「ちっふーの弟くんかっきょいい……」してて、メインは主にベタ惚れしてて、雪片弐型君は「あいつのことを一番分かってるのは俺だ」みたいなツラしてます
 もうIS展開しただけで実質ハーレムなんだよなあ

③暮桜
 結局どれくらい強いねんって話なんですけど
 全世界(束・千冬・東雲込み)VS暮桜が大体三日で暮桜の勝利に終わります
 これはもう強い弱いじゃなくて、本編でも描写しましたが暮桜が『対物理存在特攻』みたいなのを持ってるからです
 で、それに対するカウンターとして一夏が選ばれてああだこうだして学園に入学しました
 なので実は織斑一夏君がISを動かせる理由、原作ではまだ明記されてないので、完全にオリジナルの設定なんですよ
 ここは後々(多分最終章)で一気に解説しますので少々お待ちを
 束・千冬・東雲では勝てない理由もそこで説明できるかと思います

④デスポエム
 もう作品の根幹設定ネタバレしかしていない謎ポエムですが、無事回収できる目処が立ちました
 強キャラ東雲さんは極めてテクニカルな小説を目指しています

⑤テーマソング
 なんだかんだで根っこが錯者なのでテーマソングとか決めちゃってます
 STRAIGHT JETです






 馬鹿なので東雲さん書きながらも色々書きためております
 以前にもお話ししたカドック君のやつとか
 グラブルでオリ主がバハムートスレイヤーとして名をはせつつサンダルフォンと殴り合い宇宙するやつとか

 でもまずは……狂い咲くとハニトラを、完結させようね!(自戒)


日時:2019年07月24日(水) 16:29

<< 東雲さん六章 リレー小説+近況報告 >>

▼コメントを書く

返信コメント

ヰ宮まいみ

出世作以前を忘れずちゃんと完結させる意思アリとかええスタンスやなぁ。
ブクマしてきます。


日時:2019年07月25日(木) 07:56

orotida

未だに狂い咲くとハニトラは待ってますよ。


日時:2019年07月24日(水) 16:58


返信

    現在:0文字 10~1000文字