私の名前はラベンダー
作者:エレナマズ


▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

流水郎  2018年04月17日(火) 06:09 (Good:0Bad:0) 報告

オレンジペコがBAR「どん底」に一番乗りを決めそうに……w
もしここにニーナとアリーナまでいたら、大洗の不良グループはますます肝を冷やしたでしょうね。
そしてそど子が有能さを見せましたね。
歴女チームもいる大洗から無事に逃げ出せるのか?

スキピオ将軍みたいに敵将を師と仰いだ例もあるけど、それも自分が毅然としているかどうかで部下からの見る目は変わってきますね。
下手をすれば黒森峰が分裂の危機に……。
次回も楽しみにしております。

返信:エレナマズ 2018年04月18日(水) 18:28

感想ありがとうございます。

装填手はやっぱり力が強いイメージがありますからね。
オレンジペコはちょっと盛りすぎたかもしれませんが……

そど子の風紀委員の勘は最終章を見て思いつきました。
おかげで違和感なくドタバタ騒ぎに発展させることができました。

風紀委員だけでなく大洗の戦車道履修生にも追われることになるので、次のお話はその辺りが焦点になります。

トモエは副隊長時代から実力がないので、隊員がトモエを見る目は厳しいです。今のトモエの状態は、親の七光りでカチューシャの腰巾着ですから。
実力があるエリカが副隊長だったらバランス取れてたんですけどね。赤星小梅だと部隊をうまくコントロールできるかはかなり不透明です。

次回の更新は遅くなりそうです。
申し訳ありませんが、気長に待っていていただけるとありがたいです。


黒髪大好き  2018年04月15日(日) 11:05 (Good:1Bad:0) 報告

自分の所の隊長が他所の隊長崇拝してたら自分だったら正直うーんと思っちゃいますね。

内心トモエの事をカチューシャの腰巾着と見下している隊員はいても不思議ではないと思います。

返信:エレナマズ 2018年04月15日(日) 22:11

感想ありがとうございます。

仰るとおりで、黒森峰がまとまりに欠けているのはトモエが原因です。
トモエが苦労していることをわかっているエリカや小梅たちは大丈夫ですけど、ほかの隊員は不信感をかなり持っています。


黄身白身  2018年04月14日(土) 22:58 (Good:0Bad:0) 報告

……これ、三式と共にクルセイダー発見されてしまうんじゃ……

と思ったけど、原作と同じならもっと後の話だから大丈夫なのか

大洗の陣容にクルセイダー追加されるのかと一瞬思ってしまった

返信:エレナマズ 2018年04月15日(日) 22:04

感想ありがとうございます。

クルセイダーはあとで別のイベントに使う予定です。

三式については原作と展開を変えたいと思っています。
現状だとプラウダが強すぎて、大洗に勝ち目がありませんので。


DANGO  2018年04月14日(土) 20:57 (Good:0Bad:0) 報告

部隊長が他校の隊長を崇拝しているのはどうかと思いますよ。最悪隊員との余計な不和や
疑惑、摩擦なんかを産みかねません。崇拝するなら隊員の目がないところでやるべきかと。

やはりペコは1年の身でありながら貧乏くじをひく運命にあるみたいです。
おまけに本人の望んでもいない記録が勝手に更新されていくというおまけつき。 
果たしてペコの学園生活に淑女としての安息の日は訪れるのか(ムリだな

返信:エレナマズ 2018年04月15日(日) 22:00

感想ありがとうございます。

黒森峰がまとまっていない理由はトモエが原因です。
親が権力を持ってるので表立っては誰も逆らいませんけど、不満を抱いてる生徒は多いです。
ただ、元々気が弱い人間のトモエはカチューシャという精神的支えがないと、隊長を続けられません。
隊員のことより自分のことでいっぱいいっぱいですので、隊員の目を気にする余裕は彼女にはないです。

オレンジペコが普通の淑女に戻るのはもう無理かもしれませんね。
今回のお話でもだいぶ思考が問題児よりになってますから。


ハイパー扇風機  2018年04月14日(土) 20:32 (Good:1Bad:0) 報告

トモエ自体は人は良いけど、世間では小物に分類される
部類か…まあ隊長職もカチューシャと出会ってなかったら、やり続けていけなかッただろうしなぁ。
頼子はホントにヤバいですねぇ…当主の命令もどんどん
過激に?。
リーサルウェポンwwペコちゃんもう開き直ってるな。

返信:エレナマズ 2018年04月15日(日) 21:50

感想ありがとうございます。

トモエはやりたくて隊長やってるわけではないですからね。
カチューシャとの出会いがなければ、とっくに逃げ出してます。
彼女の本質は気が弱い指示待ち人間ですから。

頼子も父親の命令で動く操り人形なんですど、彼女はトモエと違って気が強いので笑顔でなんでもやります。
今後も大洗の邪魔をする一番の敵キャラですね。

オレンジペコも思考がだいぶ問題児トリオに染まってきたので、もう淑女には戻れないと思います。


オムカレー ID:zeV1Ljag  2018年04月14日(土) 19:32 (Good:0Bad:0) 報告

スピードに取りつかれる→スピードに取り憑かれる

丸目?頼子のもう一つの名は丸目恵子だと?!まさか先祖はあの新陰流の丸目長恵なのか!?……なんて事だ、これが事実だとしたら丸目恵子はかなり厄介だぞ

父の望みの為なら頼子は悪魔にだってなれる?……それが一部の人達以外に多くの悲しみと 西住親子と自身の妹の心が壊れる最悪のバッドエンドになる結果になるかもしれなくてもか?

オレンジペコの戦いはこれからだ←ご愛読ありがとうございました エレナマズ先生の次回作にご期待ください……という冗談はさておき(笑)なんかオレンジペコsideでは話変わってる(苦笑)はたして本来の目的に戻れるのだろうか……

返信:エレナマズ 2018年04月15日(日) 21:40

感想ありがとうございます。

西住家に関わるオリキャラの名前は、戦国大名の相良家臣団が元ネタです。
ただ、名前だけですので頼子が剣術家というわけではありません。

犬童家の次期当主である頼子は、西住流をよく理解しているキャラです。
犠牲なくして勝利は得られませんから。

オレンジペコの話はこれで打ち切りです。
次からはほかのキャラ視点のお話になります。


シュックリーム  2018年04月03日(火) 20:10 (Good:0Bad:0) 報告

カヴェナンターを平然と運転するとは、問題児トリオ
恐るべしですね。あんこう踊りにお仕置きを変更する
理由がわかります。
みほとエリカが友達になるとは、互いに足りないところ
をおぎなっており、ベストコンビだと思います。
これも、ダージリンの計算どおりですかね。
ダージリンは限界の少し上の試練をあたえるのが好きなようですね。
それだけ、みほたちを信頼しているいい先輩だと思います。

返信:エレナマズ 2018年04月03日(火) 23:48

感想ありがとうございます。

さすがに三回目ともなるとカヴェナンターも手慣れたもんですね。
伝統的な罰を余裕で克服するお嬢様というのが良いのか悪いのかは別にして。

みほとエリカの相性は私もいいと思ってます。
みほは受け身な子なので、ガンガン攻めるエリカみたいな子に引っ張ってもらうのが似合うんですよね。
実はこのお話はローズヒップに振り回されるみほというのが最初の構想だったりします。今はその役割をオレンジペコが担当してますね。

このお話のダージリンは影で手助けしながら成長を見守るタイプです。逆にアッサムは直接助けに行ってしまうタイプ。ダージリンがお父さん、アッサムがお母さんといった感じですかね。
二人とも良い先輩なのに変わりはないんですが、考え方には少しズレがあります。


DANGO  2018年04月03日(火) 12:17 (Good:0Bad:0) 報告

キャロルの裏にダー様の手が回っていたなんて、今回は雨降って地固まるという結果に終わりましたが、
地が固まる前に崩れたらどう責任取るつもりだったのか…特にエリカはカサブタができたばかりで
最悪傷が開く危険な賭けだったでしょうに。それだけラベンダーの心を信頼していたという事でしょうか?
というか戦車道よりプロレス道入ったほうがよくないか?三郷は。

そして今回ラベンダーも知ることになった大洗廃校の危機。それに暗躍する犬童家の影。
この二つの問題にどう向き合っていくのか。一つハッキリしているのは、ラベンダーには
支え合う親友と頼れる先輩後輩といった心強い味方がついているという事です。

返信:エレナマズ 2018年04月03日(火) 23:18

感想ありがとうございます。

ダージリンがキャロルに依頼したのは、みほとエリカが仲直りできるように動くことと、大洗の廃校問題をみほに教えることの二点。
手段はキャロルに一任していたので、悪質な変装で揺さぶりをかけたのは、キャロルが個人的にやったことです。キャロルの性格がねじ曲がっているのは演技ではありませんからね。ダージリンも内心は加減しろ莫迦!といった心境だったと思います。

ギャグ的なお仕置きを考えた結果、卍固めになりました。(実は最初はチョークスリーパーだったけど、声が出せなくなるので没に)

次回はそこら辺を踏まえて、みほが大洗へ行く話になります。
もちろん親友の二人も一緒です。そして、ギャグ担当の苦労人の後輩も当然のように巻きこまれます。


オムカレー ID:zeV1Ljag  2018年04月02日(月) 22:18 (Good:0Bad:0) 報告

大人になるという事は、自分で生き方を決める事だ(CV:大塚明夫)

キャロルにとっての本当の敵は芽依子と判明

さて、今回の話で得た情報で少し整理しよう

·聖グロリアーナは完全にラベンダー達の味方(但しダージリンはラベンダーが西住流の後継者なので試練という鞭を与える方針)
·学園艦教育局長と親しい政治家の娘が聖グロに在籍していて、直接は出ないがこの先ラベンダー達の助けになる事多い可能性あり
·キャロルの情報により大洗廃校問題と犬童家暗躍を知る

描写はないがラベンダー達は西住家を支える犬童家を疑い信じる事ができなくなっただろうな······エリカなんか何がなんでもまほの居る大洗を廃校としようと目論む犬童家を敵視するから全力でラベンダーを支えるだろうし

返信:エレナマズ 2018年04月03日(火) 22:45

感想ありがとうございます。

キャロルにとって芽依子は敵というよりはライバルですね。
次の展開ではそこら辺も話のメインになってきます。

聖グロで敵なのはクラークこと犬童頼子くらいかな。敵ではないけど厄介な相手なのがOG会。

政治家の娘はダンデライオンです。一年生編の第十八話が伏線だったりします。
ダンデライオンは父親から溺愛されているので、みほというか聖グロの力になれますが、あくまでそこそこです。大洗の廃校を撤回するなどの大きなことはできません。

GI6の情報収集能力は校内でも有名という描写を入れるべきでしたね。そこは少し修正したいと思います。
学校が違うので頻繁には登場しませんが、エリカもみほのために動いてくれてるという感じで描写を入れていきたいですね。


ハイパー扇風機  2018年04月02日(月) 21:37 (Good:0Bad:0) 報告

キャロルは本当に演技だったのか…そしてむしろ姉に
呆れてる方だったのか(笑)。
犬童家…頼子は完全に当主スタンスですが、芽依子は
当主かまほかの選択に揺れそうやな…そこを乗り越える
のが彼女の課題かもしれませんね。
みほは徐々に当主としての成長をこうやって積んでいく
わけですか。ダージリンという先輩の存在はホントに
頼もしい。
次回も楽しみです。

返信:エレナマズ 2018年04月03日(火) 22:24

感想ありがとうございます。

子供のころにいじめられていたのは事実なので、三郷がキャロルのヒーローだったのは本当です。
ただ、成長していくにつれてだんだん姉の残念な部分が気になるようになり、聖グロに入学したことでそれが落胆へと変わってしまいました。
聖グロに染まらなければ、がさつで野蛮な姉も許容できたんでしょうけどね。

はたして超ファザコンの芽依子は脱父親宣言できるのか?
芽依子に関しては、うさぎチームとどれだけ絆を深められるかが焦点になりそうです。

このお話はみほの成長がテーマですからね。これからもどんどん強くなってもらおうと思います。
頼りになるカッコいい先輩というダージリンのイメージは、これからも大事にしていきたいですね。

次回もこの更新ペースを維持できるようにがんばります。




感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。