みだらふしだら
作者:K-Knot

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

crooze  2019年03月10日(日) 21:28 (Good:0Bad:0) 報告

前半は暴力的なまでの情報量に引き込まれてスライドする指が止まらなくなり、いつのまにか引き込まれていた。
圧倒的な世界に、久し振りに引きずり込まれた気分。

余韻に浸れる小説は傑作だと思います。
この小説に出会えて、読めて良かった。素晴らしかったです。

返信:K-Knot 2019年04月07日(日) 18:51

感想ありがとうございます。

主人公、ヒロイン、彼らを取り巻く世界の説明が終わったら事件を起こして一気に止められなくする。
11万文字もかかってしまいましたが楽しんでもらえたようでよかったです。

ぜひまた何かの機会があったら読んでいってください。
ありがとうございます。


サイya人 ID:CHSpn85c  2019年02月28日(木) 11:47 (Good:0Bad:0) 報告

「きれいでステキナものばかりしか見えない人には世界が刻一刻と、ひび割れていく現状をはっきり見ることが出来ない。割れた世界を直視した所で、ウソだウソダと喚くだけ。壊れた世界を直そうとしたのは、彼らが悪と呼んだ人達。セイギという名のセロテープを貼り付けて、割れ目をつないで勇者を名乗り。噓だと喚いた人達は、散々悪と呼んだくせに。そのヒトたちを、神と呼んだ。そんなセカイが好きならば、下を見てはいけないよ。セロテープだらけのツギハギな地面が見えちゃう。安全に踏める地面なんてもうないんだって気付いてしまう。お金まみれでへらへら笑う、勇者に憧れたのならば。上を向いて、偽善という名のスーツを着込んで。真っ直ぐ自分より弱いヤツの所に。噓をつきに歩ていくんだ」 大きくなれば誰もが気付く、この世界にウルトラマンはいないことを。でも、龍の姿になっても気さくなおばちゃんとかを見てるとどうしても救いが欲しくなる自分がいる。もしもの話が好きだからかなぁ?現実がどうであれとりあえずその時は救いがあるような気がして( ´∀` )   

返信:K-Knot 2019年04月07日(日) 18:50

感想ありがとうございます。

そうなんですよね。
大きくなれば誰もが気がつく。この世界に救いはないってこと。
自分で掴み取るしか無い。
そして彼らはその鉄則通り、自分たちで自分たちの救いを掴み取ったってだけの話なんですよね。
杓子定規にあれが正しいこれが正しいとかいろいろ言うことは出来ますが、彼らにとってはこれが正しかったてことなんです。


こーたろー  2019年01月23日(水) 01:16 (Good:0Bad:0) 報告

 2度読んだ作品でしたが、読み終わった後の清涼感は顕在で、作者様の力量に驚きを隠せません。
 平仮名のみの文では、不安定さや幼い印象を抱かせたりと改めて文学の奥深さが滲み出てると感じたと同時に、英訳や他の言語では必ずこの作品の良さは伝わらないと思いました。
きっと、平仮名、片仮名、漢字を使い分ける日本語だからこそ、この作品をより素晴らしく感じることができたんですね、、
短編であるから、長編のように登場人物に肩入れせず読めた為、本というよりもドラマや映画を観ているかのようでした。
 とても面白かったです。ありがとうございました。

返信:K-Knot 2019年02月16日(土) 05:27

感想ありがとうございます。

清涼感……そうですねぇ、払える犠牲は本当に全て払って手に入れた物を心ゆくまで満喫する。
これほどまでにスッキリすることってありませんね。
日本語って3つの文字の形がありますからね。その分だけ文章に奥深さが出るので表現する側も腕が鳴るというものです。
実際に自分もその点にはかなり気をつけて書いております。
とても嬉しい感想でした。
こちらこそありがとうございます。


クレッフィ  2018年11月24日(土) 23:29 (Good:2Bad:0) 報告

楽しく読ませていただきました、11万文字とそれなりの長さがありましたが一気読みしてしまいました

綺麗とか退廃的なのに未来に満ち溢れてるとか、読み切った直後に特有の心の内を吐き出したくなる心理に感想欄を開きましたがいざ書こうとすると中々吐露するのも難しいですね……作者様のような文章力が欲しいです

最後のシーンの「セックス」が印象的ですね
それまでの卑猥な言葉は全て伏字になっているのに最後のシーンのセックスだけは伏せない所にこの作品の良さが詰まっているように感じます。
世界に2人だけ、世界の終末、2人の関係の変化、若者の成長etc...
きっと3ヶ月と1日の関係とは違う、しっかりと向き合った上で愛を確かめる意味でのセックスなのかなと思います。あいにいくよは耐えたのにここら辺で泣きましたw



評価10付けさせていただきました!生活も大幅に変わって大変な年なのだろうとは思いますが、作者様のペースでこれからも商業同人問わずいろんな分野でご活躍されることをお祈りします!

返信:K-Knot 2018年11月25日(日) 13:52

感想ありがとうございます。

この作品も、こう言うと変な感じですが文字にするのは難しいです。
あらすじを100文字程度にまとめられますか、と言われたら無理ですし。

そこに気が付いてくれた人がいるのが嬉しいです。
小説に限らず、音楽も絵も映画も、あらゆる創作活動は無意味なことに意味を見出す活動です。
15禁なので、実際この作品では全てを伏せ字にしなくても良かったし、全部遠回しな表現にしても良かった。
でもその無意味な行動が最後の最後に意味を持つ、世界の変化を表す大きな意味となる。突き抜けるような爽快感、会心の一撃です。
『あいにいくよ』に関しても二人共その言葉を理解しているので『会いに行くよ』と書いても良かったところを、人狼になりきって人語を上手く話せなくなっているだろうなと考えて平仮名にしています。無意味に思える一工夫が意味を持つのが楽しいところです。

10評価ありがとうございました!
いろんな人にこの作品を愛してもらえて嬉しいです。
たしかに忙しいですがまだまだ書いています!
これからもがんばります、ありがとうございました!


ニート予備軍  2018年11月15日(木) 19:00 (Good:0Bad:0) 報告

こんなに綺麗で魅力的な作品を生んでくれてありがとうございます。なんだかうまく言葉になっていないけどとても綺麗な作品でした。

返信:K-Knot 2018年11月25日(日) 13:38

感想ありがとうございます。

エログロエゴを詰め込んでいるのに私も綺麗だと感じるんです。
本当に不思議な作品です。


カヤヒコ  2018年11月13日(火) 21:10 (Good:1Bad:0) 報告

久し振りに、読み終わった後でしばらく余韻に浸った作品でした。

ゴキブリ男のくだりでどこか読み飛ばしたかな? と画面をスクロールするくらい急展開でしたが、終わってみればスッキリとした話の流れだったなと思います。

誰もがふと思い描くような妄想と願いを詰め込んだ、ごちゃごちゃだからこそ綺麗な物語をありがとうございます。

返信:K-Knot 2018年11月25日(日) 13:37

感想ありがとうございます。

物語の基本は起承転結とはいえ確かにこの物語は急すぎますよね。

誰もが思い描く……きっとそうですよね。
どこかの年齢までは、こんな世界を本気で願っていましたよね、みんな。

こちらこそありがとうございました。


TIZ ID:rBFy3spw  2018年10月28日(日) 06:43 (Good:0Bad:0) 報告

素晴らしい作品でした。
特に、退廃的で陰鬱な美しさのある物語を希望も明日もないのに非常に綺麗な結末に繋げているところに惹かれてしまいました。
何もかもが終わった世界でも二人で居られる事を楽しめていて、後悔のかけらもない描写にある種の気持ちよさを感じられる文章でした。
中身に対して非常に爽やかなedになっている作品という事で自分は「ジサツのための101の方法」を思い出しました。この作品もシアワセノサガシカタが非常に似合う気がして、少し参考にしたのかなと思うぐらいでした。本当に素晴らしい作品をありがとうございます。

返信:K-Knot 2018年11月11日(日) 23:43

感想ありがとうございました。

「二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た」
有名な言葉ですよね。
同じ状況で絶望的だと感じる人もいれば、そこに希望を見出す人もいる。
そして彼らはこの世界を心から望んでいた、それだけのことなんです。
ワンピースなんかでも、ロジャーやルフィは処刑の直前でもニッカリ笑っていましたよね。
そんな感じです。

ジサツのための101の方法、という作品を私は浅学にして存じ上げませんが調べてみたら面白そうだったので時間のある時にぜひ、と思いました。

こちらこそありがとうございました。


黒也  2018年09月22日(土) 19:00 (Good:0Bad:0) 報告

ネガティブな時にこの作品に出会って、なんとなくで読みました。
一気に作品の世界観に引き込まれていってスッキリしました!
段々と世界が壊れてい姿になんとも言えない いい気持ちになり
世界が壊れた後の世界で生き生きしてる彼らが羨ましく思ってしまいました。
この世界はまだ滅ばないけど彼らのように生き生きと
生きられるように自分なりに頑張ってみようと思えました

返信:K-Knot 2018年09月24日(月) 03:04

感想ありがとうございます。

私はまだ社会に出たばかりの若輩者なので何か有用なアドバイスは送れません。
なんでこんな作品が書けたかって、実際のところ私もこんな状況や彼らの生き様を羨ましく思いながらも日々なんとも言えない重たい思いを抱えながら生きているからです。

だから、自分なりに生き生きと生きるために頑張る……ということを私は全くできていないんです。
この作品からそんなエネルギーを感じてくれたのはとてもありがたいです。

きっと私には今の生活を変えることは出来ません。
色んな不満がありながらも、どうでもいいものの一つですら捨てられない貧乏な精神の持ち主ですから。

もしも黒也さんがそんな勇気を持てたなら、ぜひ今なにかを変えるために行動してみてください。

それだけできっと、この作品をハーメルンで公開した大きな意味になると思います。


海乃枕  2018年09月18日(火) 21:33 (Good:0Bad:0) 報告

読み終わって最初に頭に湧いて出た感想は「なんだこれは...」でした。それから少しすると「あー、あー、うまく言語化できないけどすげぇ!」でした。
なんというか自分の語彙力が足りていないことを切実に痛感した作品でした。
中盤以降のどこか陰鬱とした雰囲気から終盤、ゴン太に噛まれたシーンではあぁ、死別エンドなのかと思ったところからの圧倒的どんでん返し。正直堪りませんでした。
これはハッピーエンドじゃない。だって世界滅んでるじゃないか!という方もきっと少なくないと思います。でもこれは僕にとって確実にハッピーエンドです。だってあの二人(と一匹)は今までにないほどに幸せでしょうから。
なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、素晴らしい作品をありがとうございました。
今夜はいい夢が見れそうです

-追記-

そういやベスパに乗ってハチャメチャやって終わった後のスッキリ感は某アニメ作品に似てると感じました。大好物です

返信:K-Knot 2018年09月24日(月) 02:58

感想ありがとうございます。

「なんだこれは……」とのことですが、確かになんだこれは、ですね笑
この作品のあらすじを100文字で書け、と言われても私にも出来ないですし。この作品にとってストーリーなんてあってないようなものなのかもしれません。

私も彼らにとっては最上のグッドエンドだと思います。
彼らはお互いに他の何も、友人も親も、世界もいらないと思っていてその通りになったのだから。
これでいいですよね。

実際のところ、これは私の見た幸せな夢を元にして作っています。
私の奥底にある夢や願望を形にしたものがきっとこの作品なのでしょう。

ところでその某アニメってなんなんでしょう?
恥ずかしながらパッと思い浮かぶものがありません。


アメダス改ニ  2018年09月10日(月) 19:14 (Good:0Bad:0) 報告

恐ろしい程清々しい読み心地……何を言っているのかわかりませんね(汗)。でもひとつ分かるのは読み終わったあとにとてもスッキリした事です。
「誰しも心の奥底に破壊願望があり、人々はそれをモラルや秩序で押さえ付けている、それゆえに秩序の無い世界に生きる者こそ本来の人間である」
と言う誰かの言葉を思い出しました。
終わった世界で世界を破壊するために旅をする……恐らくそれは最高の娯楽なのでしょうね。

返信:K-Knot 2018年09月17日(月) 16:54

感想ありがとうございます。

もしもこの作品を読んでスッキリしたのなら、アメダス改二さんはいまの現実の世界に思うところがあるのかもしれません。
なにかもかもを投げ捨てて大嫌いな物を後先考えず破壊する快楽はきっと何にも勝るものだと思います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。