性全説
作者:GUNUNU

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

Eddie_Sumile  2019年12月18日(水) 15:57 (Good:1Bad:0) 報告

なんで俺はこれを最後まで丁寧に読んだんだろうなあ......。(謎の満足感)


通りすがりの読み手  2019年10月08日(火) 20:56 (Good:0Bad:0) 報告

今更ですが、読み終えました
最初はエロ過ぎて全くわからなかったのですが、読後感は賢者のような気持ちになることができました(小並感)

なんか薄暗い話も出てきましたが、木星の神が欲しいとか言ってたからそっちに移民したんじゃないんですかね?と勝手に自己完結しております。

最後の彼は神になったのだろうか……


クソワロ太鼓  2019年06月26日(水) 00:47 (Good:1Bad:0) 報告

なんかよくわかんないけどずっと笑いが止まらなかった。なんだこれ、なんだこれ?
まぁ、でもなんか不思議と心が謎の満足感を得られたんで面白かったしよかったです。

返信:GUNUNU 2019年07月08日(月) 00:12

感想ありがとうございます。

何となく心の満足感を得られる…


寒い冬の日、私は電柱を背にし、立ち尽くしていた。
何か、何かをしたかったのだろう。
しかし何をしたかったのか忘れてしまい途方にくれ、佇んでいた。

「ねぇ、肉まん買ってきてよ。」

ふと上から女の子の声が聞こえた。
私には彼女に見覚えがある。
金色の美しい髪、上半身裸の前衛的な服装、体の周りに光をまとっている。
あぁ、私の女神様だ。

空から降りてきた彼女は肉まんを買って来いと言った。
しかし、目の前に、忘れられない、忘れてはいけない肉まんがふるふると揺れながら私を誘ってくる。
目が肉まんに釘付けになり、体が全く動かなくなった。
そんな私を見かねたのか彼女は呆れながら私に囁いた。

「SEX」

あぁ、ぶちまけたい
ぶちまけてぇよぉ。
私はその衝動を抑えるため、性欲をどこかに発散するためにブリッジをし、血涙を流しながらグッとこらえた。

5分…いや、1日経っただろうか。
目線を正面に戻す。
己に打ち勝つため悶えていた間に彼女はいなくなっていた。

あぁ、私は今謎の満足感を感じている。


…こういうことでしょうか?


某連合軍の緊急脱出王ヽ(0w0)/  2019年05月23日(木) 05:18 (Good:2Bad:0) 報告

推薦で怪文書と書かれてたので見に来てみたら見事に怪文書してた件

なんだよおまんこちんちんランドって(困惑)

まるでぬきたしみたいだぁ…(直喩)

終始一貫してイカ臭いの草生えた

返信:GUNUNU 2019年05月27日(月) 00:16

感想ありがとうございます。

美しい恋愛ものを書こうと思ったらイカ臭くなることって結構あるのでは、と。
頭の中がイカ臭過ぎました…


ヒイラギP  2019年05月13日(月) 22:37 (Good:1Bad:0) 報告

いい話だった。感動した。これ好きだわ自分。
あと、さてはおめーハメドリくん系列だなぁ?
面白かったです。

返信:GUNUNU 2019年05月13日(月) 23:50

感想ありがとうございます。

感動してもらい幸いです。
先ほどから私ももらい泣きが止まりません…
でもみんなは涙は流さないでください。
そのために私がいるんですから□


妖怪首置いてけ  2019年05月13日(月) 11:10 (Good:1Bad:0) 報告

パワーワードの連続で頭がどうにかなりそうだった()

終わり良ければ全て良し、愛だよ愛!ラブアンドピース!

返信:GUNUNU 2019年05月13日(月) 23:43

感想ありがとうございます。

世界は愛でつながってますもんね。
オケラだってそう、ブラジルの人だってつながれる。
なら、神ともつながれるよなぁ、と考えてできました。


情報汚染アブノーマリティ  2019年05月12日(日) 19:13 (Good:2Bad:0) 報告

情報量が多すぎるっぴ(小並感)

最初の狂気に満ちた文にほとんどの人がそっ閉じしそう

狂気に満ちた小説嫌いじゃないし好きだよ

返信:GUNUNU 2019年05月12日(日) 22:08

感想ありがとうございます。

おそらく8割の人が最後まで読んでないかと。
おまんこちんちんランドなので…


鮭宵  2019年05月12日(日) 09:29 (Good:1Bad:0) 報告

お〇ん〇んランド開園がやりたかったのではと疑問に思いながらも読み進めると、普通に丁寧なボーイ・ミーツ・ガールを開始してて、なんか甘酸っぺぇなって最後は感じられました。主人公が己の欲に迷いながらもそれでも意思を貫くっていうのも個人的にツボですね!
滅びの回避方法も面白かったです。てか、こんなんで避けられるとかガバガバじゃねーか!

最後に一言、結局なんなんだこの小説…。

返信:GUNUNU 2019年05月12日(日) 16:28

感想ありがとうございます。

甘酸っぱくなってうれしいです。
序盤、中盤はイカ臭くなってしまったので後半、フローラルを炊きました。
青春っていいですよね。


トマトルテ  2019年05月10日(金) 19:02 (Good:0Bad:0) 報告

久々に訳の分からない小説に会えて大満足です(笑)
そうだよね、下ネタって突き抜けるから面白いんだよね。

返信:GUNUNU 2019年05月12日(日) 00:07

感想ありがとうございます。

下ネタが好きで気づいたら下ネタを多用していました。
多分100個ぐらいあるんじゃないかなぁと。
心がほっこりしますよね。


魔暴闘風  2019年05月10日(金) 00:49 (Good:13Bad:0) 報告

読み始め「………なんだコレ?」
読了後「………なんだコレ…………」

返信:GUNUNU 2019年05月10日(金) 09:12

感想ありがとうございます。

終わりがないのが始まりという感じです。
どんな作品でも2回見れば理解できるらしいので気長に感じてください。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。