ヴィルマフレアの英雄譚
作者:Senritsu

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

投稿話順全話感想新着順

沙希斗  2024年02月22日(木) 14:30 (Good:1Bad:0) 22話 報告

クラフタああああああああ!

私も絶叫したい気分ですよ。てか心の中で絶叫しちゃいましたよ。
でも、それでも彼だけが特別な訳はないので、「弱者の血だまり」の一つにならない事だけを祈っております。

(17行省略されています)

返信:Senritsu 2024年02月22日(木) 00:15

かの竜も大概運命ブレイカーというか、一見安全圏にいるように思えるキャラクターを襲う存在として、自作品以外の二次創作でもよく出てきている印象があります。
大型竜にとっては、たとえクラフタがランポスくらいなら撒ける経験者であっても、無力な一般人と何も変わらないように映るのかもしれません。

黒銀と表記した件についてですが、最初は自分も黒紫という言葉を使っていました。
ただ、同じく体色が紫色のゲリョスと被るのでは? という懸念が浮かび、悩んだ末にやや苦し紛れな表記になったという経緯です。毒の怪鳥と書いても被ってしまうんですよね。
ただ、もう一度よく考えて、ゲリョスは火を使わないし、文脈から判別してもらえるかな、と思ったので、黒紫とすることで置換修正しようかと思います。
ご指摘をありがとうございました。

ファンタジーの小説や漫画をよく読む作者ですが、元王族という背景は大抵疎まれる原因になってしまいますね。
フレアについての掘り下げが進んでいますが、まだもう少し、お付き合いをいただけますと幸いです。

臨場感のある表現がしたいなと常々思っているので、それが叶っていれば嬉しい限りです。
それでは、感想をありがとうございました。


ふらん✖️  2024年02月18日(日) 06:30 (Good:1Bad:0) 22話 報告

ラージャンの次はイャンガルルガですか
戦闘そのものに特化したモンスターは恐ろしいですよね
そんなモンスターと市街地戦闘なんてフレアも大凶を引きましたね…
モンスターが街に襲来した際の避難や防衛のマニュアルでもあれば大幅に被害が抑えられたかもですが、完全に想定していない状況でこれはキツイ
フレアとクラフタの命運やいかに…

返信:Senritsu 2024年02月21日(水) 23:50

前作もそうでしたが、戦闘向きのモンスターが登場する流れが続いていますね。
いつになるかは分かりませんが、戦闘以外の特色を持つモンスターもまた書いていきたいなと思います。

本格的な市街地戦は原作ではまだ描かれていないので(あってもMH4Gの戦闘街などでしょうか)、どのような状況になるかな、と想像しながらの執筆でした。
カムラの里などは防衛のマニュアルがある事例としてあげられるかもしれませんね。あれはあれで特殊すぎる気もしますが……。

また次回、よろしくお願いいたします。感想をありがとうございました。


沙希斗  2024年02月08日(木) 17:56 (Good:2Bad:0) 21話 報告

「旧シュレイドの歴史」をここまで考え、なおかつ王族に関して特殊な設定をするとは、これは貴方の想像力の賜物ですね。
ですが「竜大戦」と呼ばれている、ヒトと竜との大規模な戦については一切触れられていないようですが、これはこの小説では「でっち上げ」という設定なんでしょうか?
確かに「ミラボレアス」という名前は元々は「災厄そのもの」を表す、すなわち現象としての言葉だったという事なので、「シュレイド城は災厄で滅びた」とした方が現実味があるのかもしれませんね。

それはそうと「二つの武家」のもう一方が、恐らくこれはヴィルマさんの家系なんですよね?
やはり彼も「導かれて」対竜部隊を作ったんでしょうか。

文末の様子は古龍かと思っていたら竜の方でしたか。
ちなみに「金板を一斉に打ち鳴らしたかのような耳障りな響き」という表現で、私は「洞窟に棲む白い化け物」を想像したんですが、どんな竜が登場するのか楽しみにしております。

返信:Senritsu 2024年02月09日(金) 01:35

詳しくはいつか作品を書き終えた後のあとがきで語ろうと考えているのですが、旧シュレイドの歴史についてはモンハンを問わないいろいろな作品から構想をもらいながら組み立てていますね。
これは自作品群の設定になってしまうのですが、竜大戦はこの作品よりももっと前の時代かつ別の地方で起こったという見方をしています(「とある青年ハンターと「 」少女のお話」より)。
旧シュレイド(ミラボレアス)と竜大戦と切り離して扱っているのは他の創作者さんと少し異なる点かもしれません。
ミラボレアスそのものを概念化してしまう見方については、アイスボーンで語られた解釈の影響を多分に受けましたね。
十年前辺りの自分が読んだらびっくりしそうです。

今はフレアの側の話が続いていますが、今後またヴィルマ側の事情を掘り下げていけたらと思っています。

文末の描写については例えがけっこう難しく、次回以降、適切な例えとみなされれば良いのですが。

感想をありがとうございました。


沙希斗  2024年01月25日(木) 15:35 (Good:2Bad:0) 20話 報告

こういう展開になりましたか!
「ミラボレアス」の名が出た時に「赤い衣を纏った謎の男」が思い浮かび、その血を引いた赤龍の化身かなとか考えたんですが、まさか「シュレイド王国の隠された歴史」そのものを担う存在だったとは。
この事実を知って、フレアは、そしてヴィルマさんはこの先どうなるんでしょう。

それにしてもここで「古龍占い師」が登場するとは。
(16行省略されています)

返信:Senritsu 2024年01月24日(水) 16:06

返信の文章をいろいろ考えて書きはしたものの、現状何を言ってもネタばらしになってしまうので文章ごと消すことを繰り返しています。
碌な感想返信になっていませんが、今後を楽しみにしていただけますと幸いです。

いくら古龍占い師が古龍観測隊の前身となる組織だったとしても、恐らく進路の的中率も知識量も今の時代より劣っていたものと思われます。
予言が外れることも多々あったでしょうから、そういう面でもどうしても胡散臭い存在になりがちですね。
作中の時代にはハンターズギルドはまだ設立されていない設定なので、捕まるとすれば王国騎士とかその辺りかなと思います。エルガドみたいですね。

ハンター大全に、ラージャンは一時期学術院でも古龍種として扱われていたという記述があって、そこから設定を引っ張ってきています。
あの怒り時の変身能力が特異だったので分類を迷わせていたようです。終始黒い姿で暴れるだけであれば素直に牙獣種に分類されていたものと思われます。

それでは、感想をありがとうございました。


ふらん✖️  2024年01月22日(月) 08:57 (Good:2Bad:0) 20話 報告

旧シュレイド王国の末裔ですか…ミラボレアスの名前がでるだけで不穏感が漂ってきますな

返信:Senritsu 2024年01月23日(火) 15:22

感想をありがとうございます!
作者としても、モンスターハンターの設定の中でもトップクラスに強力なカードを切ったな、という感覚があります。
歴代シリーズで積み重ねられてきた印象の重みを活かせるようにがんばりたいです。


蘭色の百舌  2024年01月12日(金) 11:57 (Good:2Bad:0) 19話 報告

かつて英華を誇ったシュレイド王国はかの黒龍によって滅ぼされたことで文明が滅び衰退したなかで主人公達はどのような結末を辿るのか楽しみです。先生の新作が読めたこと嬉しく思います。続き楽しみにしてますね

返信:Senritsu 2024年01月14日(日) 16:35

これまでは主人公たちの関係性を重視して伏せてきた設定や背景がいくつもありますが、今後は出し惜しみをせずに書いていきたいなと思います。
感想に書いていただいていますが、文明の進退について考えてみてもよさそうですね。原稿を書く際に組み込んでみようと思います。
こちらこそ、この作品を手に取っていただきありがとうございます。今後も読んでいただけますと幸いです。


沙希斗  2024年01月11日(木) 14:43 (Good:1Bad:0) 19話 報告

明けましておめでとうございます。

まさか「五匹の竜の話」が登場するとは、驚きましたよ。
ていうか、そんな千年近くも前から現代まで語り継がれている話なんでしょうかね? この話って。
まあ「災厄を起こす黒い龍」についても吟遊詩人の歌が残っているぐらいなので、こういう御伽話的なものは、というか御伽話的なものだからこそ残っているのかもしれませんね。
(14行省略されています)

返信:Senritsu 2024年01月10日(水) 20:19

明けましておめでとうございます。

五匹の竜の話について、深く考えずに創世神話だとみなしていましたが、そう言えば作成年代が分かってませんね。
もしかしたら資料集などに書いてあるかも? 調べてみようと思います。
事実を隠して伝えるために、あえて分かりにくくしているという考察はとても面白いですね。
実際、新大陸においてアルバトリオンが現れた際、かの龍に関する書籍が焚書されていることが分かったので、あり得そうな話だなと思いました。
シュレイドに関する話は、次話にも引き続き取り上げていくので、こうして考えを深めていただけるとより読み応えが増すかもしれません。

フレア視点での進行はもう少し続く予定ですが、今後は群像劇のように話を展開していけたらと思っています。
東西シュレイドのそれぞれの状況について、注目していただけますと嬉しいです。

それでは、感想をありがとうございました。


ふらん✖️  2024年01月07日(日) 05:53 (Good:1Bad:0) 19話 報告

投稿感謝!!
一瞬の空気の揺れですか…
また不穏な空気を感じますね…

返信:Senritsu 2024年01月07日(日) 16:59

早速の読了と感想をありがとうございます。
これまでの数話がわりと繋ぎの話だったので、次話辺りからまた話を展開していけたらと思います。
楽しみにしていただけますと幸いです。


沙希斗  2023年12月27日(水) 17:09 (Good:1Bad:0) 18話 報告

西と東で文字が少し違うという発想が素晴らしいですね!
「そうか、そうかもな!」と妙に感心しました。
という事は、もしかしたら言葉も少し違うのかもしれませんね。
それは「方言」ではなく、「アメリカ圏の英語とイギリスやオーストラリアなどの英語が少し違う」というような感じなのかも。「通じるけど分かり(聞き取り)にくい」みたいな。

(11行省略されています)

返信:Senritsu 2023年12月31日(日) 00:54

文字の違いは本文を書いている途中で考えつきました。
互いに独自に発展している歴史があるので、無視できない程度の違いは生じるだろうなと思っています。
フレアとヴィルマがある程度会話を成立させているので、感想であげていただいたアメリカ英語とイギリス英語の違いくらいがちょうどいい例のように思います。

フレアが学ぶにつれて、本文中で彼女の視点で語る際に使える語彙が増えています。
少し寂しい気もしますが、彼女の学びとその派生を感じていただけていれば幸いです。

たしかに、見慣れている竜がランポスやイャンクックで、情報もない彼らにとって、
フルフルやギギネブラといった飛竜は、一目見てもそもそも竜と思うかが怪しいですね。

追記でのヴィルマの真似については、フレアは実年齢より少し子どもっぽいところがあり、
教える側の人の真似などもして反応を探ることがありそう、と思いながら書いていました。

次回は年明けになります。
よろしければ、来年も本作を読んでいただけますと嬉しいです。
感想をありがとうございました。


沙希斗  2023年12月12日(火) 15:05 (Good:1Bad:0) 17話 報告

今回はフレアの日常(任務?)の回ですか。
そしてそれに伴ってサミの謎が出て来ましたね。

しかし彼女がここまで「知識に貪欲」とは驚きました。
きっと、初めて触れる世界が楽しくて仕方が無いんでしょうね。
こんな気持ちになっていたら、というか「自ら学びたい!」という意欲があったら私も「学校」が楽しかったのだろうなと思いました。
私は「やらされてる」感の方が大きくて、学校(学ぶ事)がつまらなかったですから。
でもやはり、宿題をさぼっていたりせっかく学んだ知識が身に付いていなかったりして、今逆に「学び直したい」と思ったりしています。

ヴィルマさん、「良い先生」ですね(笑)

返信:Senritsu 2023年12月15日(金) 22:55

あと二話ほど日常の回が続くと思います。単調かもしれませんが、お待ちいただけますとありがたいです。

本来学ぶことは楽しいこと、とまで言うと胡散臭いかもしれませんが、現実社会では学校のおかげで勉強そのものを忌避するようになってしまった人は多いのではないかなと思います。
自分は中学生くらいまでは学ぶことが楽しかった気がするので、そのときの感覚で書いているところはありそうです。
将来、大人の学び直しにもう少し世間や行政が柔軟になってくれたらいいですね(通信制高校、大学とか)。

戦闘面ではヴィルマがフレアから学ぶことの方が多かったりして、いい感じに補完しあっていそうです。
感想をありがとうございました。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み