In the dark forest(暗い森の中で)
作者:kanpan

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

かぶらや嚆矢  2014年07月27日(日) 21:26  報告

御作拝見しました。
一瞬で踏み込んで全身の動きで突きを放つ描写など、八極拳のイメージがすぐに浮かびます。言峰さんの打撃をガードしたバゼットさんがその重さや鋭さに驚く、というような描写があれば、より一撃必倒の拳だというイメージが強くなってよいかと思います。
八極拳の歴史や著名人等につきましてはネットの方が詳しいかと思いますので、とりあえず当方が存じております八極拳についての概論をば。

・漫画「拳児」「男組」「史上最強の弟子ケンイチ」、ゲーム「バーチャファイター(結城晶)」、「デッドオアアライブ4(こころ)」などで知られています。

・体が密着し合うほどの至近距離を間合いとする武術で突き技、肘技、肩や背中を用いた体当たり、頭突きが主体。歩法を除く足技と投げ技は多くありません。

・スタイルを一言で表現すると「熊歩虎爪」です。熊のごとく安定した動きで相手に寄り、虎のごとく剛打を叩き込む。拳や掌打を防がれても、連続した動きで肘撃や体当たりへ移行し、必倒の攻撃を次々に叩き込んでいくのが八極拳です(一例として、縦拳を上に跳ね上げてから肘打ち、そして体当たり、という動きがあります)。

・「剛猛な攻撃」「接近戦」「基本技重視」を三本の柱としています。密着している状態から拳や肘を遠くへ伸ばすように勢いよく突きだし、槍で相手の体を貫くイメージを描いて打撃するように教えられます。これを放長撃遠と呼び、他流派でも導入されています。

・最初に「金剛八式」という八つの基本技を学びます。①衝捶(拳による中段突き)②川(掌による中段突き)③降龍(下から突き上げる拳技)④伏虎(上から叩き伏せたのち下からかち上げる拳技)⑤劈山掌(手刀打ち)⑥圏抱掌(長距離用の技)⑦虎抱(下半身の鍛錬法)⑧探馬掌(掌による連続攻撃)です。基本技を重視する八極拳は、ここで①を数年かけて徹底的に鍛えます。防御技を学ぶことは少なく、とにかく型を覚え功夫を磨くことを重視します。

・特徴的なものとして、套路(型のような動き)を行う際、地面を激しく踏みしだく震脚という動作で頸を養います。また、開祖とされる人物が秘伝を伝授された際に槍術の教えを併せて受けたという背景があり、現在の八極拳にも「六合大槍」という長槍を用いた槍術が伝えられています。

・技の動きそのものは大まかに見るとシンプルな部類に入りますが、相手と間合いを詰める歩法や接近してからの角度の取り方など、細かい部分での技術を必要としています。

・崩撼突撃(山をも崩し山を撼す突撃の打法)とされる剛打を主体としていますが、本文の通り「二の打ち要らず」すなわち単体の一撃必殺であるため二撃目以降に隙が生じる、間合いが異なる相手には不利(今回、バゼットさんが超接近戦を挑んだのは自殺行為でした)、などといった短所があります。これを補うため現代の八極拳は、上下の打ち分けとコンビネーションが非常に多彩な蟷螂拳、流れるような動きと防御性に優れた八卦掌、体全体を振り回して長距離戦を得意とする劈掛掌などと併せて習得することが推奨されています。

・奥義として、八極拳の要素のすべてを凝縮した八つの実戦技「八大招式(①猛虎硬爬山 ②野馬槽奔 ③白蛇吐信 ④黄狼捜嗉 ⑤漂沙腿 ⑥外把椿 ⑦閻王三点手 ⑧硬插手)」および肘技を集めた「六肘頭(①硬開門 ②外面肘 ③老虎抖毛 ④覇王頂門 ⑤覇王請客 ⑥迎門三不過)」 が存在します。奥義だけ学んでも意味がなく、基本技が完璧に身について初めて真価を発揮すると伝えられています。八極拳士で特に有名な李書文は、わずかな基本技と猛虎硬爬山を徹底的に鍛え上げ、八極拳史上最強とまで称えられるまでになりました。

長々細々と失礼しました。
多少なりとも参考になれば幸甚でございます。

返信:kanpan 2014年07月28日(月) 01:59

おおお、詳しいコメントありがとうございます。
このコメント自体が資料になります。

能生寧六さんの解説を拝見した感じ、とりあえず自分の中での二次創作の設定レベルでの八極拳についての解釈はそんなにずれてないかと感じました。

バゼットの超接近戦は私としては妥当だと思っています。そもそもバゼットも近距離ファイターなので、接近戦でどうやって八極拳と戦うかを書く事に意味があるのです。
私は八極拳は接近戦に強いですが、近すぎる間合いは不利だという見解です。投げ技が得意でないなら特に。
体格の違う人間同士ではベストな間合いに差がでます。
小柄な人間が大柄な人間と戦う場合は、危険を承知でも相手の間合いを徹底的に潰す為に相手の内懐に入り、突き蹴りの威力を殺すのが有効です。

ですが八極拳が最強だという意見の方(結構多そう)に納得してもらう為には、もっと描写で説得が必要なのでしょうね。

もっともこの話では遊びのスパーリングやってるだけで、Fateの設定でこの二人が本気なら魔法じみた技が加わったトンデモ拳法の応酬になるだろうと思います。

かっこよく、かつ、現実感を失いすぎない格闘シーンを書けるよう工夫していきたいところです。


おおがみしょーい  2014年07月27日(日) 19:06  報告

活動報告から読ませていただきました。

自分の中でなのかもしれませんが、八極拳に限らず中国拳法の全体を通して「勁」というものを重要視していると思ってます。八極拳にも発勁があったはずですし、其の辺を描写に入れると、より「らしく」なるかなぁと感じました。
それから、八極拳は拳を使うことが多いみたいですが、掌を使うこともありな気がします。

あと、格闘技のシュートですが、おそらく「シュートボクシング」のことではないでしょうか(自分はFateまるで知らないので自信はあまりないのですが)。修斗とは少しルールが違います。また、格闘技用語でシュートというのは「真剣勝負」という意味でも用いられますので、もしかしたらそちらかもしれないですね。

長々と、そして、偉そうに書いてしまいましたがとても興味深く読ませていただきました。
実在の格闘技の名前を出した戦闘描写というのはなかなか難しいなと、個人的には思ってますので頑張ってください。

返信:kanpan 2014年07月27日(日) 22:45

感想ありがとうございます!

やはり発勁は八極拳のロマンですよね。中国武術!という感じが出ますし。
とはいえ、考えなしに使うと格闘技のリアリティを損ねそうなので、それなりの説得力を持って使いたいところです。

シュートですがシュートボクシングはスポーツのイメージが強すぎてキャラに合わなそうだなあと思っています。
あと修斗もシュートボクシングも日本人発案のものなんですよね。
格闘技使いのキャラクターは外国人なので総合格闘技ってことにしておくのがよさそうかなあ。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。