宍戸丈の奇天烈遊戯王
作者:ドナルド


▼感想を書く

竜政  2016年06月12日(日) 23:58 (Good:0Bad:0) 報告

初めまして。

パクラVS丈&亮&吹雪の決戦はまるでゴドウィンVS遊星&ジャック&クロウみたいでした。

亮と吹雪が残した伏せカードを丈が発動する場面に合わせて絆のテーマを流しながら見たら、見事に似合っていると感じました。


シズマ寿司  2016年05月25日(水) 23:37 (Good:0Bad:0) 報告

やっとおいついたー。
カイザーがサイバードラゴンを捨てた……と、いうことは、遂に混沌帝龍も出せるようになってしまったのか……。カイザー、恐ろしい子。
しかし、最後の文でカイザーのヘル化フラグが立ったような。そういう要素は主人公のおかげで克服したと思っていたんですが……やはり免れないのかな。


tani-  2016年04月06日(水) 21:24 (Good:0Bad:0) 報告

「第89話  俺のクリボーに常識は通用しねえ」より

「俺はセットしていたメタモルポットを反転召喚! その効果により互いのプレイヤーは手札を"五枚"捨てて五枚ドローする!」

「手札を"全て"捨てて」の間違いではないでしょうか…


tani-  2016年03月29日(火) 22:22 (Good:0Bad:0) 報告

「第37話  従属神」より


「この瞬間、新たなグラヴィティバインドを発動するわ」
「ぐぐっ…………出来ることがない。ターンエンド」
「どうやら運命の女神は貴方に微笑んではくれなかったようね」
「ほっとけ!」
「ピケルの効果でライフを回復、そしてビッグバンガールの効果で貴方にはダメージ!」
 レベッカ LP3300→4100
 宍戸丈  LP4000→3500
「私のターン、先ずは二枚目のグラヴィティ・バインドを発動!」


「サイクロンで1枚目のグラヴィティバインドが破壊されたので、2枚目のグラヴィティバインドを発動した」というシーンなのだと思うのですが…
このシーンでグラヴィティバインドが、二重に発動されてしまっていませんか?


5V  2016年03月05日(土) 17:23 (Good:0Bad:0) 報告

凄く今更ですけど、101話の吹雪のレダメ、真紅眼の黒竜、ダークストームドラゴン、FGD、メテオブラックの総攻撃の所が黒竜2回出て来てレダメが出て来てませんよ


ヴァイロン  2016年01月15日(金) 21:12 (Good:0Bad:0) 報告

パラドックスのデュエルで遊星が【ニトロ・ウォリアー】をシンクロ召喚した時素材に【チューニング・サポーター】を使っていましたよね‥‥【チューニング・サポーター】のシンクロ召喚の素材時のドロー効果を遊星は使用しましたか?
読んだところ、書かれていないように思ったので

-追記-

不動博士とのデュエルで、【アームズ・エイド】をシンクロ召喚したときに、【チューニング・サポーター】を素材にしていたので、書かれていないだけで効果を発動してドローたのかなー~


SAKULOVE  2015年12月01日(火) 23:58 (Good:1Bad:0) 報告

#運対(他の感想への言及)#


tani-  2015年12月01日(火) 18:27 (Good:1Bad:0) 報告

「第188話  異物」より

「オレ様のデッキに投入されている融合モンスターは"死霊侯爵"のみ。」

アニメオリジナル回に出た未OCGカードとして、「死霊公爵」(融合素材「死霊伯爵」+「首なし騎士」)という融合モンスターがある様ですが、それの事でしょうか?
もしそうだとするなら、「侯爵」ではなく、「公爵」かと思われます。


ヒロシの腹  2015年08月21日(金) 08:55 (Good:1Bad:0) 報告

サイバードラゴンを自分から捨てるという選択肢を取るとは!驚きですね。てっきり刑期を終えて戻ってきた混沌さんが表裏のサイバー流を傘下に置くとばかり……


えくぼ.  2015年07月14日(火) 01:50 (Good:4Bad:0) 報告

ロリボクっ娘に付き合ってくださいと言われて、正妻と愛人が喧嘩しててナーバスだから無理っていうカイザー様さすがです。
そしてデュエルを挑まれて容赦なく吹っ飛ばしたのはサイバー達の嫉妬も含まれているのか……さすがカイザー様、デュエリストの鑑です。

全体としてデュエルの演出がとにかく熱いので好きです。人の過去にまで関わるような深いデュエルばかりです。リアリティのある駆け引きに創作ならではの浪漫を詰め込んでいて、見事にエンターテイメント。作中世界で観戦できている彼らが羨ましい。




感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。