【済】【特定】クトゥルフ系現代魔法使い

原作:オリジナル
以前小説家になろうで読んだことがある小説で、主人公が楽して成り上がろうと思って魔法使い学園に入学するんですが、そこの学園魔法はいわゆるクトゥルフ系っていうかグロ系でヤバいものばかり。入学しても同期の人たちが、どんどん死んでいく。卒業の際に学園長に挑戦するのですが、倒すために自分の心臓をクトゥルフみたいな神に捧げます。卒業した後は学園の一員になって呪術協会?ってところに干渉したり、学園長の世界征服を阻もうといろいろ考えます。それから京都の方の魔法使いの集団?学園?と試合をすることになったのですが、その為に体を戦闘機に変えてしまいます。そこら辺までは読んだんですが、確かそこで更新が止まってしまい、もう分からなくなってしまいました。


以前読んだ時は小説家になろうに載っていましたが、どんな題名か忘れてしまい、読むことができません。もしかしたら、個人サイトやカクヨムなどの他のサイトにもあるかもしれませんが、何か見つけたら教えてください。


       報告



▼コメントを書く

返信コメント:1

  2019年12月15日(日) 12:51 (編集:2019年12月15日(日) 12:58) 報告

辺境魔法学校
https://ncode.syosetu.com/n1444ej/

西暦二〇〇三年に魔法が認められ、我々の地球と別の歴史を歩んだ世界。そこでは、魔道師が存在した。
そんな中、辺境魔法学校と呼ばれる、魔法学校が存在する。

 時は二〇一六年。年齢不問・学歴不問・犯罪歴不問・入学金及び授業料無料で、修得に十年掛る魔法を、たった三ヵ月で教えてくれる辺境魔法学校。

 魔道師に憧れる神宮寺誠は高校中退を覚悟の上で、家から金を持ち出し、死亡率八割といわれる入学試験を受けに向かう。
だが、そこでは夢見た世界とは違い厳しい現実が神宮寺を襲う。

(pixivに以前に投稿していた作品です。現在はpixivには掲載しておりません)


小説情報(https://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n1444ej/)によると「完結済」全92部分になってます。

92話目は「第八章 クーデター勃発(四)」(2018/06/09 05:00)(2019/10/12 13:37 改稿)で、本文末尾に「【辺境魔法学校クーデター編了】」とあり、
あとがきに「【お詫び】2019.8.14
 長らく連載中のままになっていた辺境魔法学校ですが、2019年8月14日をもちまして、完結とさせていただきます。

『クー・デター編』のあとに、『ポスト・アポカリプス編』なども考えておりました。ですが、色々な事情が絡み合って書くのが難しくなりました。

 なので、辺境魔法学校はここで完結となります。今日まで応援してくださった方ありがとうございました。」とあります。