タイトルクズで馬鹿がハーレムを狙った結果小説ID331184
原作ファンタジー / コメディ作者金木桂
あらすじ
異世界転生して生まれたのは何でもない平凡な町の肉屋。そこで悠々自適に過ごしていたハヴァルツだったが、突如町が一週間のループの中に捕らわれてしまう。
ハヴァルツ以外は繰り返される一週間の記憶を保持しておらず、孤独な闘いが続いた結果───

「何をやっても誰も覚えてないなら、よっしゃ、ハーレムだ!(※意訳)」

理性とか倫理観がはち切れたハヴァルツはハーレムを作ることに決めたのだった。あーあ。
タグハーレム 主人公がクズ サイコパス 犯罪者 異世界転生
必須タグR-15 残酷な描写 転生
掲載開始2023年11月25日(土) 22:30話数短編 2話UA134,507
最新投稿2023年12月07日(木) 06:00しおり2,215件お気に入り5,603件
開示設定通常投稿合計文字数29,879文字感想132件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数14,940文字総合評価14,098pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.89:8.89  投票者数:546人 (平均評価☆8.75 加重平均☆8.24)
評価
☆10:48
 
 
☆9:396
 
 
☆8:65
 
 
☆7:21
 
 
☆6:9
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
☆3:2
 
 
☆2:
 
☆1:3
 
 
☆0:1