亜種聖杯戦争‐純血の聖杯‐ (ら・ま・ミュウ)
しおりを挟む

設定に矛盾があればご教示ください(ネタバレあり)

【世界観】

Apocrypha時空のとある亜種聖杯戦争。

頭の可笑しいはぐれ魔術師が、自身の所有する鉱山の一角でアーサー王伝説に登場に登場する『聖杯』を発掘し、大聖杯擬きの核にしたことが全ての始まり。

この魔術師は言峰に令呪を奪われて殺される。

 

 

 

 

【マスター一覧】

 

此度の聖杯はアーサー王伝説に登場するガチ聖杯が核となっている可能性が発覚

聖堂教会は聖遺物の管理・回収を目的とする『第八秘蹟会』の【言峰綺礼】を代表として参戦させた。

遠坂時臣がサポート役へ(令呪は授かれなかった)

用いる触媒は、蛇の脱け殻の化石

 

監督役には万が一、綺礼が敗北し魔術師の手に聖杯が渡るようなことがあれば手段を選ぶなと念を圧されている。(今作では活躍のないキャラ)

刺青令呪持ち。多分後半あたりで殺されて奪われる。

 

カルデア建設資金調達の為。表向きは時計塔代表として。

【マリスビリー・アニムスフィア】の参戦。

用いる触媒は、ソロモン王の十個目の指輪

 

時計塔からは既に没落した物と思われていた古い魔術師一派、サンザーラ家の現代当主。

特徴 明るい性格だが、運が悪い。悪すぎて彼女のサーヴァントとなった者は例外なく幸運値はEとなる。亜種聖杯戦争には巻き込まれた。しかし、魔術師としての腕はこの聖杯戦争でトップクラス。

【ミズナ・サンザーラ】参戦。(オリキャラ)

用いる触媒は、無し

 

性を持たないはぐれ魔術師。一族の悲願を達成する為に参戦

特徴 魔術師としての腕は中の上。ロード・エルメロイII世と魔術勝負で辛勝レベル

【フェイ】(オリキャラ)

用いる触媒は、数式の刻まれた石板

 

アーサー王伝説に登場する()()の聖杯を聖堂教会などに渡して堪るかッと時計塔の代表として参戦(お義父さん同伴)

【ケイネス・ヌァザレ・アーチボルト】(マスター)

ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ(魔力担当)

ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス(戦略担当)

エルメロイⅡ世がいるのに、生存しているのはソラウが好きすぎてエルメロイを捨て婿に入った並行世界であるから。

用いる触媒は、とある女王を殺したチーズ

 

冬木の聖杯システムを造り上げた御三家(間桐&アイツベルン)の参戦。

本来ならば、あり得ない共同戦線

【間桐臓硯】(マスター)

ユグドミレニアに大聖杯を奪われて少し消極的。

アイツベルン。(魔力担当&戦闘ホムンクルスなどのサポート)

人海戦術。イリヤが誕生しない並行世界。

用いる触媒は、アヴァロン(エクスカリバーの鞘)

 

 

人間に戻る為に…死徒の青年

特徴 暗い性格。ちょっと顔が腐っている。吸血鬼に血を吸われて死徒となった。

玲道 伊月(れいどう いつき)】(オリキャラ)

魔術師ではない。三代続く凡庸魔術家の次男。

回路の数は20。質は最悪。素の身体能力はこの聖杯戦争でトップ。

用いる触媒は、魔獣の毛皮

 

 

 

 

 

 

 

 

【サーヴァント一覧】(ネタバレあり)

 

セイバー

【アーサー・ペンドラゴン】

板チョコメンタル。故国の救済を願う。

 

アーチャー

【ギルガメッシュ】

愉悦っ!。慢心を捨てる。聖杯への望みはない。

聖杯と云うからには俺の物だろう?

 

ランサー

【エルキドゥ】

のほほーん。聖杯への望みはない…が、マスターの願いを叶えたいと思っている。

 

ライダー

【女王メイヴ】

エステ最高!不老の存在として受肉を願う。

 

キャスター

【ソロモン】

聖杯への望みは人間になること。彼曰くこの世界にビーストは生まれないらしい。

 

アサシン

【ジェームズ・モリアーティ】

アーチャーやキャスターではなくアサシンとして参戦。

複合サーヴァントであることは間違いないのだが、“ナニ”が混ざっているのかは不明。

 

バーサーカー

【???】

本来ならば、キャスターとして召喚される筈だったサーヴァント。反転などと言うレベルではなく、座に登録された彼とは全くの別物。

 

 

 

 

 

ルーラー

【シャーロック・ホームズ】

アサシンがルールを破ろうとしたので、聖杯に召喚された。

 

 

 

 

 

 

 

 

【マスターの強さランキング】

 

一位、ミズナ・サンザーラ(オリキャラ)

 

魔術回路『量』EX 百二十 (サブが()()()()五十)

魔術回路『質』A

魔術系統 ルーン魔術 錬金術 強化 転換 支配(ペットのみ)

魔術属性 五大元素使い

 

二位、ケイネス・ヌァザレ・アーチボルト

魔術回路『量』‐

魔術回路『質』‐

魔術系統 降霊術 召喚術 錬金術

魔術属性 風 水

 

三位、間桐臓硯

魔術回路『量』‐

魔術回路『質』‐

魔術系統 支配(蟲)延命術 召喚術

魔術属性 恐らく水のみ

 

四位、言峰綺礼

魔術回路『量』‐

魔術回路『質』‐

魔術系統 霊媒 治癒術 洗礼詠唱

魔術属性‐

肉体の全盛期は過ぎている

 

五位、マリスビリー・アニムスフィア

魔術回路『量』‐

魔術回路『質』‐

魔術系統‐

魔術属性‐

 

六位、フェイ

魔術回路『量』A 八十(サブは十)

魔術回路『質』C

魔術系統 水

魔術属性 黒魔術全般 強化

 

七位、玲道 伊月

魔術回路『量』二十(サブなし)

魔術回路『質』D

魔術系統 火

魔術属性 吸血 魅了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

この聖杯は、()()()()()()()()()()()()()ステータスに制限をかける。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

一人目のマスター

魔術師として、後継者を残すのは義務である。

 

妻を娶り、夫を取り、子を育む。

 

最近だと魔術の素養のある赤ん坊を養子を得ることも珍しくなくなったとか。

 

「――ふふっふんふ~♪」

 

今は肉体の全盛期。

 

私が子供を作るには、少しだけ早い。

けれど、遠くない未来“あの子”を授かるのだろう。

 

 

――会いたいな。

 

 

 

「早く会いたいよ、マリー」

 

 

『――――――』

 

 

館内放送が次の駅が近い事を教える。

その女性は荷物をトランクを纏めて、立ち上がった。

 

刹那、黒い影が前を横切る。

 

「きゃっ!」

 

「おや、失礼。お怪我はなかったですか?」

 

「……あ、はい」

 

そう彼女の手をとったのは、がたいのいい十字架のネックレスを下げたアジア風の男性だった。

 

――いや、そんな拙い言葉で言い表せていいものか。

巨木のように太く逞しい腕、胸ボタンが弾けそうなほど盛り上げられた胸筋、短く纏められた黒髪はまさに!清潔さに秘められた深淵に佇む、夜の……

 

「レディ?」

 

「あわばわば!すいません!すいません!」

 

顔を真っ赤にしてペコペコと頭を下げる彼女『ミズナ・サンザーラ』は、困惑する男性が車内から出るのを見送り、慌てて別の出入口から駅に飛び出すと、近くのトイレに駆け込んで――ため息をつく。

 

「…………はぁ、またやっちゃった」

 

ミズナ・サンザーラ(20才)

子供も作るには少し早いと言われるが、魔術世界では充分“行き遅れ”に片足を突っ込んでいる彼女。

サンザーラ家という古くからある魔術師一派の現代当主であるものの……親戚連中から「お前はいつ後継者を残すのだ。」「またお見合いをすっぽかしおって」「だったらこの男は……」早く子供作って、後継者育成をしろオーラに嫌気が差し旅に出ていた。

 

「……結婚したい」

 

勘違いしないで欲しいのだが、ミズナに結婚願望はある。

子供は好きだし、将来産まれてくる子の名前まで考えていた。

しかし、彼女は恋愛結婚という魔術師にしては何とも度しがたい欲に支配され、未だ生涯のパートナーを見つけ出せずにいるのだ。

 

 

「国立公園まではバスかぁ~今日はホテルでも泊まろうかな」

 

適当に旅行会社のパンフレットから抜き取って訪れたここ、イギリスのリーズ。

地図を広げて近場のホテルを探す彼女は予想だにしないだろう。

極東の冬木と呼ばれる都市にて、過去三度に渡り行われた万能の願望器を賭け、七人の魔術師と召喚するサーヴァントが最後の一人一騎となるまで熾烈な戦いを繰り広げる『聖杯戦争』の模造版『亜種聖杯戦争』なるものに巻き込まれる事を。




※主人公ではない。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

二人目のマスターと最弱のサーヴァント(アーチャー)

かつて時計塔の魔術師が工房としていた場所に二人の男の姿があった。

 

「驚いたよ。まさか聖堂教会がこれ程上質な場所を提供してくれるとは。」

 

一人は、濃い赤色のスーツを纏う『優雅』この言葉で飾るに相応しい生粋の魔術師

 

「師よ、何から何まで……改めて聖堂教会を代表して感謝を申し上げます」

 

もう一人、表情の乏しい十字架のネックレスを下げた、がたいの良い神父

 

「構わないとも。聖堂教会の目的は聖杯の回収……私の目的はその“中身”だ。我々の利害は一致している。」

 

魔法陣の最終調整に取りかかる遠坂時臣は、かつて魔術の教えを施した弟子であり、今現在同盟者である言峰綺礼に返答を返す。

 

「……しかし、以外だな。」

 

「…………?」

 

「教会が聖杯という特大の聖遺物を前にして、君という存在を派遣する形に留まるとは。私の予想では、教会は儀式を無視してでも、死に物狂いで聖杯の確保に乗り出すのかと思ったが、魔術協会に属さないとはいえ私の同行まで許すとは想定外だった。」

 

「師よ、それは教会の一部で此度の聖杯戦争を神から与えられた“試練”と見なす勢力が一定数現れたからになりません。そして下手に聖杯戦争のルールを逸脱すれば、我々は彼の“聖女”と矛を交えなければならない可能性がある。」

 

「ルーラー、ジャンヌ・ダルクか」

 

「死して尚、彼女の威光は教会にて輝いていますので」

 

「そうか。やはり、魔術協会ではなく聖堂教会についたのは私の英断だったな。」

 

魔法陣から出た時臣が汗を拭う。

手拭いを差し出しながらハイライトのない瞳で、この街唯一の教会が建つ方角へ視線を向ける言峰。

 

「(…最も、監督役は何か吹き込まれているようだが)」

 

ロードを二人も参戦させ、情報によれば他のマスター暗殺の依頼を“魔術師殺し”に出した魔術協会。

そこに聖堂教会が本腰を上げれば、どれだけ多くの血が流れるだろうか?

無感情にそんな事を考えていた。

 

「綺礼、召喚を始めよう」

 

「了解しました、師よ」

 

 

 

 

 

「素に銀と鉄―――

 

綺礼が魔法陣の前に立ち詠唱を開始する。

時臣は用意した触媒を思い、勝利を確信する

 

――誓いを此処に

 

何故ならば彼が選んだ触媒は、最古して最強、この世全ての財、宝、宝具ですら無限に等しい数を所有し、本来ならば聖杯戦争で召喚することの出来ない神霊の血を半分も受け継ぐ、偉大なる王【ギルガメッシュ】を呼び出すには最上の素材。彼が冒険の末に手にした不死の薬草を喰らい世界で始めて脱皮したと云われる蛇の脱け殻の化石。

彼の王を呼び出して負ける訳がない。

 

――天秤の守り手よ」

 

その瞬間、

魔法陣の魔力が渦巻き…そして、黄金の髪、黄金の鎧を纏う“英雄王”が降臨する

 

「……この戦い我々の勝利だ…」

 

眼前に在る、絶対的な力を前に遠坂時臣は高揚した。負ける筈がないと、この聖杯戦争においてこのサーヴァントこそが最強であると、両手を広げて悦びを表す。

 

 

 

「馬鹿な…宝具以外のステータスが全てEだと!?」

 

その言葉を耳にするまでは。




ギルガメッシュ(マスター言峰綺礼)※聖杯の呪い発動(大)
筋力E 耐久E 敏捷E
魔力E 幸運E 宝具EX


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

三人目のマスターと最強のサーヴァントそして、四人目のマスターとライダーじゃないライダー

「――問おう、貴女が私のマスターか」

 

「如何にも」

 

イギリスのロンドンから離れた辺境の地にて、此度の亜種聖杯戦争…マスターとして選ばれた間桐臓硯はアイツベルンから提供された触媒を用いて予定通り、アーサー王の召喚に成功した。

 

「――ふむ、ステータスは宝具がAランクなのを除けば、まずまずといった結果か。アイツベルンのホムンクルスよ、これで満足か?」

 

臓硯は顎をさすり、杖で地面を叩いた。

すると、周囲の景色に己を溶け込ませる初歩的な魔術で身を隠していたアイツベルンのホムンクルス『ユスティーツァ』を模した量産型の彼女は姿を表し一言。

 

「では、盾を返却して貰おうか」

 

「……はぁ、再三になるが聖堂教会がギルガメッシュ王を召喚する可能性は極めて高い。返上してアーサー王本来の力を引き出す方が懸命じゃ。」

 

「早くしろ」

 

何処か、疲れたような臓硯の言葉に耳も貸さない彼女。

臓硯は小さく唸ると、足下を這う蟲に命じてアーサー王を召喚するに用いた触媒を、彼女の手の上に運ばせた。

 

それを受けとると、言葉もなしに後を去っていくホムンクルス。僅かに苛立ちを募らせる臓硯は目の前のサーヴァントに目を向けることでそれを紛らわせようと口を開く。

 

「セイバーのサーヴァント。アーサー王で間違いないな」

 

「そうだ」

 

「…この聖杯は、我々が造った聖杯戦争のシステムを模倣した贋作にすぎん……魔力を貯蔵することは出来とも、サーヴァントを召喚する所か万能の器として機能することはない。

「だが、私はこうして召喚されている」儂はそのカラクリを知る為にこの戦争に参加した。」

 

コツンと杖で地面を叩き臓硯は言う。

 

「闘争の果てに望みが叶うなど、思い上がるなよ?」

 

顔を歪めるアーサー王。

 

ユグドミレニアに大聖杯を奪われて以来、臓硯は不老不死の夢が叶わぬ事実に絶望し、悲観していたが、「(最後に面白い余興が見れそうだわい)」……新しい玩具を見つけた子供のように頬を吊り上げ嗤った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時を同じくして、時計塔の一室。

 

「何よッこのステータスは!?」

 

「それは此方のセリフだ!」

 

取っ組みあうピンク髪の女性と金髪の男性。

 

「アンタが、魔力を回さないで“ズル”しようとしたからこんなになったのよ!どうするのよ!戦車も出せないんですけどー!」

 

「ズルとは何だ!私は魔力の分配をマスターではない者に担当してもらい、弱点となる「ズルでしょうが!このズルッハゲ!」ハゲではないワックスで固めているだけだァァ!!!」

 

方やライダーのサーヴァント。方や時計塔の元ロード。

同レベルの争いを繰り広げる彼女達は――いや、全てのマスター達は気づいているだろうか?

 

この聖杯戦争…特定の条件を満たすと、もの凄く弱体化する事実に。




アーサー王(マスター 間桐臓硯)※聖杯の呪い(小)
筋力B 耐久C 敏捷C
魔力B 幸運B 宝具A

女王メイヴ(マスター ケイネス)※聖杯の呪い(極大)
筋力‐ 耐久‐ 敏捷E
魔力E 幸運C 宝具D
令呪による後押しでもなければ戦車を出せない。
筋力値と耐久値は鍛えた一般人レベル。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。