南端泊地物語―草創の軌跡―   作:夕月 日暮

15 / 34
第十五条「正しい行いは誰かが認めて正しくなる」

「……皆さん、落ち着かない様子ですね」

 

 大淀が、執務室で黙々と書類を片付けながらぽつりと言った。

 その言葉に手が止まる。古鷹・瑞鳳も動きを止めていた。

 

「提督がホニアラに向かわれるのは、そう珍しいことでもないじゃないですか」

「そ、それはそうなんだけど……。この前のこと、できれば早くきちんと謝っておきたいなって」

 

 瑞鳳が気まずそうに視線を逸らしながら言った。心に引っかかっていることがあると、それを置いておくことができない。そういうところは瑞鳳の長所でもあり短所でもあった。

 

「私は最近の新八郎の動きにいろいろと引っかかる点があったからよ。最近は裏でコソコソ何かやってるみたいじゃない。今回もその一環なのかと思って気になってるだけよ」

「提督は最近に限らず結構いろいろと動いてますよ」

「それは分かってるけど」

 

 フン、と鼻を鳴らす。

 自分の知らないところで動かれるのがなんとなく気に入らない。もう叢雲は頼りにならない、などと考えているのだろうか。

 本人がいれば直接苦情を申し立てたいところだが、いないとそれもできない。なぜこうも間が悪いのか。

 

「……私は、少し連絡が遅いなと思って」

 

 古鷹が新八郎の机を見ながら言った。

 ホニアラへの航路は安全になったわけではない。深海棲艦から制海権は取り戻したが、時折こちらの隙を突いて深海棲艦が入り込んでくることもある。だからこそ定期的な哨戒任務を行っているわけだし、護衛任務もひっきりなしに飛び込んでくるのだ。

 だから、新八郎はホニアラに着いたらこちらに連絡を入れるようにしていた。無線通信ではさすがに遠すぎるので、市の大使館から電話が来るようになっている。

 予定通りならとっくに到着しているはずだったが、今回はまだ連絡が来ていなかった。

 

「何かトラブルがあったのかもしれないわね。でも長門や北上たちが護衛でついていったらしいし、多分問題ないわよ」

 

 戦力としてはこの泊地随一の戦闘集団だ。通常の護衛任務として考えるなら過剰戦力と言ってもいい。何かトラブルがあったとしても、新八郎たちの身に害が及ぶようなことはまずないだろう。

 

「……別に長門さんたちのことを信じないわけじゃないけど、ほら、以前みたいに姫クラスの深海棲艦が出てきたらと思うと」

 

 古鷹の懸念も分からなくはなかった。

 深海棲艦の中には単独で異常な強さを誇る存在もいる。確かにそういう相手が出てきたら、長門たちでも撤退に追い込まれることはあるかもしれない。

 

「可能性としてはゼロじゃないけど、そこを気にしてたら身動き取れなくなるわよ。私たちにできることはないんだし、信じて連絡が来るのを待ってればいいんじゃない」

「叢雲ちゃん、やっぱりちょっと機嫌悪い……?」

「瑞鳳。機嫌悪い相手に機嫌悪いねとは言わない方がいいわよ」

「あ、うん。ごめんなさい」

 

 瑞鳳がやや怯えたような動きで引き下がっていく。それはそれでショックだった。

 結局、その日は一日、連絡がないままだった。

 

 

 

 連絡が来たのは――その翌日だった。

 執務室に入ると、受話器を手に顔を青くしている古鷹がいた。

 

「……叢雲ちゃん」

「新八郎から?」

「ううん、長門さんから。その、提督が……」

「替わって」

 

 古鷹の様子から、何かあったことは容易に察することができた。半ば奪うように受話器を取る。

 

「長門、私よ。何があったの?」

『叢雲か。……すまん、私の落ち度だ』

「謝罪はいいから、何があったかを説明して」

 

 つい声に苛立ちが出てしまう。自制しようとしたが、それを上回る胸騒ぎがした。

 

『ホニアラに到着する少し前に深海棲艦の集団と遭遇した。……そいつらのうち一体に、提督たちが乗っていた船を襲われた』

「……怪我人は?」

『――ウィリアムさんや康奈たちは皆軽傷だ。無傷ではないが、さほど問題はない。……ただ、提督は怪我が他の人より酷い。まだ集中治療室に入ったまま出てきていない』

 

 心臓を鷲掴みされたような感覚に襲われた。

 脳裏に嫌な――とても嫌な光景が浮かんでしまう。

 

「なんで……なんで、あんたたちがいながらそんなことになってんのよ……ッ!」

 

 悲鳴のような声が出た。

 

「あんたたち護衛役でしょうが! なのになんで、アイツがやられてるのよ! 何のための護衛よ!」

『……すまない。返す言葉もない』

「――」

 

 長門の悔しそうな言葉で、我に返る。

 相手の立場になって考えてみろ――それは新八郎が時折言い聞かせるように口にしていた言葉だった。

 今、一番苦しい思いをしているのは長門たちだろう。彼女たちが手を抜いたとは思えない。運が悪かったか、それだけ敵が桁外れの力を持っていたか。長門たちが駄目だったなら、自分がその場にいても結果は変わらなかったに違いない。

 

「……ごめん。言い過ぎた。長門たちは、大丈夫?」

『艤装はかなり損傷してしまったが、皆健在だ。しばらくはこちらで待機する。……提督のことについて、また何かあれば連絡を入れるよ』

「ありがとう。……無理はしないで」

 

 受話器を置く。

 落ち着きを取り戻したような言葉を口にしていたが、ちっとも落ち着けてないことは自覚していた。

 視界が動かせない。受話器を置いた手が硬直していた。カチカチとうるさい。何かと思ったが、自分が歯を鳴らしている音だった。

 

「提督、どうかしたの……?」

 

 瑞鳳の声がした。いつの間にか執務室に来ていたらしい。

 説明しようとしたが、声が思うように出てこなかった。

 

「……ホニアラに行く途中で襲撃に遭ったみたい。それで、大怪我をしたって」

 

 こちらの様子を察したのか、古鷹が代わりに説明してくれた。

 

「大怪我って……」

「詳しいことはまだ分からないけど……」

 

 どうにか顔を上げる。声を震わせながらも説明する古鷹と、目に見えて動揺する瑞鳳の姿が見えた。

 

「わ、私……ホニアラに行く!」

 

 古鷹からの話を聞き終えて、瑞鳳が意を決したように言った。

 

「提督は私のことを家族のようなものだって言ってくれたもん……! 家族が大変な目に遭ってるなら駆け付けるものよ!」

 

 そう言い残して瑞鳳は脇目も振らず駆け出して行った。

 艦隊の一員としては褒められた行動ではないが、その真っ直ぐなところは羨ましい。

 

「……古鷹。貴方は瑞鳳についていってあげて」

「叢雲ちゃん……」

「長門たちが後れを取るような相手がいる。金剛・比叡・赤城も連れていって。守りは武蔵や蒼龍・飛龍がいれば大丈夫だから」

「――うん。分かった」

 

 首肯して古鷹も駆けていく。

 皆、新八郎のところに向かっていった。

 

「……なんで、私も行くと言えなかったんだろう」

 

 一人執務室に取り残されて――そんな自問自答を繰り返した。

 

 

 

 ホニアラに到着した私たちを出迎えてくれたのは、包帯で右腕を吊っていた長門さんだった。

 

「連絡は受けている。すまないな」

「長門さんたちも……」

 

 艦娘は人間よりも身体的な傷の治りは早い。それでもまだこれだけの怪我を負っているということは、よほど凄惨な戦いだったのだろう。

 

「まずは病院に案内しよう。さっき泊地にも連絡したが……提督は一命を取り留めた。しばらくは絶対安静だが」

「無事だったんだ。良かった……」

「……」

 

 長門さんが少しだけこちらを向いて何かを口にしかけたが、結局何も言わず歩みを再開させた。

 少し、嫌な予感がする。

 長門さんは人に余計な不安を感じさせる振る舞いをする人じゃない。提督に何もなかったなら、言葉を止めるようなことはしないはずだ。

 病院に着き、真っ直ぐに病室へと向かう。

 

「ここだ」

 

 長門さんに促されて扉を開けようとするが、その手が動かない。開けるのが怖かった。

 

「瑞鳳、もし怖いなら私が開けるネ」

「金剛さん……。ううん、大丈夫」

 

 迷いを振り切るように頭を振って、扉を開ける。

 提督は、ベッドで横になっていた。

すぐ側には生気を失った表情の康奈ちゃんがいる。ずっと眠っていなかったのか、目の周りにクマができていた。

 

「……提督」

 

 静かに寝息を立てている。顔のところどころに怪我の痕が残っていたが、そこまで酷いようには見えない。

 杞憂だったのかもしれない。そう思って長門さんを見ると、沈痛そうな表情で頭を振った。

 

「左手と右足の傷が酷くて――もう使い物にならないそうだ」

 

 言われて、思わずベッドのシーツをまくり上げる。

 提督の左腕の肘から先と右足首が――どこにもなかった。

 

「襲撃以降、一度も意識が戻っていない。医者もいつ目覚めるかは分からないと言っていた」

 

 他もよく見るとあちこち傷だらけだった。治療してこれなら、最初はどれほど酷かったのだろう。

 痛々しい提督の姿を見ていると、次第に怒りが湧き上がってきた。

 戦いに身を置く以上こういうことになる可能性はあった。提督だってその覚悟はしていたかもしれない。それでも、身内のこんな姿を見せられては、憤りを感じずにはいられない。

 

「長門さん、提督をこんな目に遭わせたのは……誰?」

「……それは別室で話そう。北上たちもそちらに待機している」

 

 頷いて、提督にシーツをかけ直す。

 

「大丈夫。絶対提督の仇は取るから」

 

 答えはない。

 もし提督が起きていたら『そんなことはやめろ』と止めたかもしれない。

 それでも、この衝動は抑えられそうになかった。

 

 

 

 病院内で艦娘たちに割り当てられた大部屋に集まる。

 北上たちは既に傷も癒えているようだった。ホニアラにも万一に備えて入渠施設を用意してあったので、そこで艤装を修理できていたのが良かったのかもしれない。艤装が修理できなければ艦娘の傷はなかなか治らないのである。

 

「私たちが遭遇した新型の深海棲艦だが、倒し切れてはいない。まだ生存している」

「あいついろいろと無茶苦茶だったからねえ。提督たちが襲われて慌てて戻って迎撃したけど、結局逃げられちゃったんだ」

 

 北上が両手を上げてため息をついた。

 

「見た目はそこまで大きくない。駆逐艦と同程度だ。しかしあれは断じて駆逐艦ではない」

「……夕立みたいに、駆逐艦としては桁外れの戦闘力を持ってるってこと?」

「いや、戦闘力が極めて高いのはその通りだが……もっと根本的なところで違う。重雷装巡洋艦の如く多数の魚雷を放ってくるし、艦載機で奇襲を仕掛けてくる。駆逐艦並の機動性を誇るうえに、戦艦並の大型主砲を操る。航空重雷装高速戦艦とでも言いたくなるような存在だ」

 

 話を聞いているとまるで冗談のような存在に思える。ただ、それが冗談でないことは長門さんたちの顔を見れば一目瞭然だった。

 

「新型ということで慎重にいこうとしたのが間違いだった。最初に魚雷の先制攻撃を受けて北上と大井が潰され、私が主砲で迎え撃とうとするも決定打を与えられなかった。加賀が航空戦を挑もうとした矢先に艦載機で提督たちの船を急襲して――そこからは乱戦になってしまった。終始相手にペースを握られてしまったと言ってもいい」

「できることの幅が広い――というだけではないわ。それを次々と間髪入れず繰り出してくる手数の多さこそが、あの個体最大の脅威と言えるわね」

 

 加賀さんが長門さんの説明を捕捉する。聞けば聞くほど相手が規格外の存在としか思えない。

 

「となると、もし対応するならこちらもその敵に集中して速攻を仕掛けるしかないですか?」

「その通りだ古鷹。あいつは長く戦場に残しておいて良いタイプではない。見た目通りなら耐久・装甲に関してはそこまで規格外ではないように思う。さっさと沈めるのが正解だろう」

 

 そこで長門さんは周囲を見渡した。

 

「……さて。提督がああいう状態だ。今は我々自身で判断するしかあるまい。――あの敵をどうするかだ」

「放置するという選択肢はないデショウネー。話を聞く限り私たちのホームで知らんぷりしていい相手ではナッシングヨ」

 

 金剛さんの言葉に反対する者はいなかった。今後ソロモン近海の制海権を安定させるためには、どうあっても倒すべき敵だ。

 

「私はすぐにでも倒しにいきたい。提督があんな目に遭わされてるんだもの。許してはおけない」

「瑞鳳、気持ちは分かる。悔しいのは同じだ。しかし感情に引きずられては勝機を逃す可能性もあるぞ」

「……分かってます」

 

 分かってはいるが、こういうのは理屈ではない。

 

「必勝の策を考えてから臨まなければならないということですね。そういう意味では、私はここにいる戦力だけで討伐するのは些か確実性に欠けると思っています」

 

 赤城さんが部屋を見渡しながら言った。

 

「長門さんたちは十全の状態とは言い難い。今日こちらに来た私たちはほとんど戦闘していないのでその点は問題ありませんが、長門さんたちが仕留めそこなった相手を確実に仕留めるというなら、もう一部隊は欲しいところですね」

 

 赤城さんは戦線に出れば積極的な姿勢で敵を次々と沈めるアタッカーだけど、戦闘前は思いの外慎重な姿勢を見せることが多い。命令があれば状況を問わず出撃するけど戦闘中は慎重な加賀さんとは対照的だった。

 

「相手も長門たちと戦って手負いなのでショウ? 私は現在の戦力でも十分仕留めきれると見ていマス」

「金剛は相変わらず積極的ですね」

「赤城は勝負に確実性を求めすぎるきらいがありマス。ある程度の勝機が見えたなら打って出ることも必要ネ」

 

 赤城さんと金剛さんの視線がぶつかり合う。仲が悪いわけではないけど、どちらもこと作戦に関しては自分の主張を簡単には譲らないところがあった。普段は提督が最終的にとりまとめて落ち着くところだけど、今ここに提督はいない。

 

「どちらの考え方も間違いではない。……ここは多数決で決めることにしたいと思うが、どうだろう」

 

 このまま平行線になることを恐れたのだろう。長門さんが状況を動かすための案を提示した。

 長門さんがそのまま取り仕切っても良さそうな気がしたけど、指揮系統が曖昧なので自分が仕切っていいか不安に思ったのかもしれない。少なくとも長門さんは本調子じゃないから、出撃する艦隊の旗艦にはなれそうになかった。

 私は早く討伐すべきだと思ったから、金剛さんの案に賛同した。他に賛同したのは比叡さんだ。古鷹は赤城さんの慎重論に賛成していた。

 長門さんたちの方も、僅差で金剛さんの案に賛同する人の方が多かった。

 

「……では、出撃する方向で考えよう。旗艦は金剛でいいか?」

「言い出しっぺですから責任は取らないとデスネ。引き受けましょう」

「異論ありません。出撃すると決まった以上は私も全力を尽くしましょう」

 

 赤城さんが率先して頷いた。後腐れのない対応というか、こういうところは凄いなと思ってしまう。

 

「すまないがこちらのメンバーはまだ本調子には程遠い。すぐに出るのであれば出撃は難しい。……利根は軽傷で済んでいるが」

「吾輩か。別に構わぬぞ」

 

 部屋の片隅で利根が気怠そうに手をひらひらと振った。

 重巡洋艦の中でも古鷹に次ぐ練度を誇る持ち主――ではあるのだけど、戦闘時以外はいつもやる気なさそうにぼーっとしていることが多い問題児でもあった。

 

「戦い以外は何もする気は起きんが、戦いなら吾輩も多少は役に立つであろうよ。傷も大したことはないし、戦闘に支障はない」

「……戦闘に関して利根の才覚には目を見張るものがありマース。その働きには期待してますヨ」

 

 金剛さんの言葉に、利根は少し陰のある笑みで応じた。

 

「では出撃メンバーは金剛・比叡・古鷹・利根・瑞鳳――それに私ということでよろしいですね」

「そうだな。さっきも言ったように奴相手に普通の戦い方はしないことだ。速攻で叩き潰す。そういう意味では超長距離から先手を仕掛けられる瑞鳳と赤城がもっとも重要な役回りといえる」

「敵は艦載機を操るけれど、その数はそこまで多くはない。敵から制空権をもぎ取ったら、一気呵成に畳みかけることもできると思うわ」

「ありがとう、加賀さん。参考にさせてもらいます」

「加賀さんの無念は私と瑞鳳で晴らしておきましょう。なに、御礼は間宮パフェ一つで良いですよ」

 

 赤城さんの軽口で加賀さんがクスリと笑う。

 おかげで、場の雰囲気が少し柔らかくなった気がした。

 

 

 

 

「お待ちください」

 

 病院を出ようとしたところで、私たちを呼び止める声がした。

 駐在大使の長崎さんが病院の駐車場から姿を見せた。大使館から急行してきた、という感じだ。

 

「……出撃されるおつもりですか?」

「そうですけど……」

「それは、なりません」

 

 長崎さんは厳しい顔つきで大きく頭を振った。

 

「まだ新八郎さんは意識を戻されていないのでしょう? 彼の判断なしで貴方たちの出撃を認めることはできません」

「……なぜですか?」

「ソロモン政府と日本政府が艦娘の指揮権を認めているのは伊勢新八郎であって、貴方たちではないということです」

 

 妙な雲行きになってきた。長崎さんはこれまで比較的好意的な姿勢を取ってくれていた人だけど、今日はいつもと雰囲気が少し違っている。

 

「艦娘は人間よりも遥かに高い力を持っている。それ故にその力は慎重に扱わねばなりません。役所仕事だと言い切ってしまえばそれまでですが――それを遵守せず例外を認めてしまうと様々な問題が起こり得ます」

「艦娘が独自の判断で動くようになれば、周囲へいたずらに警戒心を抱かせることになってしまう――ということデスカ?」

 

 金剛さんが一歩前に出た。この手のやり取りは一番慣れているからだろうか。

 

「別段艦娘に限ったことではありませんがね。力ある者が他の指示ではなく自分の判断で動くことを認めてしまうと、どうしてもそれを悪用する者が出てくる。無論作戦行動中に自身の判断で動かねばならないことはありますが、今の貴方たちは新八郎さんから指示を受けて作戦行動を取っている……というわけでもないですよね」

「……そうデスネ。長門たちが受けた命令は提督たちの護衛。私たちは――」

「先ほどショートランドから連絡がありました。新八郎さんが意識を失う前に応援を要請していた、と」

 

 それは初耳だった。私が勝手に飛び出したのを叢雲ちゃんたちが黙認してくれたものだと思っていたけれど。

 もしかすると――私たちの行動が問題にならないよう、泊地の方で手回しをしてくれたのかもしれない。

 

「ただ、例の新個体を改めて討伐しろという話は私のところまで来ていません。新八郎さんは戦闘中に意識を失われたそうですから、そもそもそんな指示は出しようがないと思いますが」

「……」

「貴方たちは今誰の指揮下にもない。誰の命令もない。そんな状態で武力を振るうことを認めるわけにはいかないのです」

「それでは例の新型はこのまま野放しにしておくってことデスカ? それは正しいことだとは思えまセン」

 

 話を聞く限りでは危険極まりない個体だ。それを速やかに討伐しなければならないというのは間違っていない。

 

 ……私みたいに提督の仇討だって言ってたら絶対止められたんだろうな。

 

 泊地にフォローしてもらったこともそうだけど、なんだか自分の未熟っぷりを突かれているような感じがする。

 

「金剛さんの仰ることは分かります。新八郎さんも意識が戻れば同様の対応を取ろうとされるでしょう。それは正しい判断だと私も思います。……しかし正しい行いをするためにもルールがある。今は、その条件が整っていないのです」

「……長崎サンもなかなか頑固デスネー……」

「私個人としては、貴方たちの立場を悪くしたくないのですよ。もし貴方たちの独断専行を問題視する者がいれば、新八郎さんの責任も追及するでしょうし、艦娘の扱いについても口を出してくるかもしれません」

 

 長崎さんは意地悪をしようとしているわけではないようだった。

 それは分かる。分かるけど――。

 

「――お取込み中すまんが」

 

 そこに、提督たちと一緒に行動していたウィリアムさんが姿を見せた。ソロモン諸島の人で、若い頃から船乗りとして名を馳せていたというお爺さんだ。

 

「さっき新八郎が少しだけ意識を戻した。……責任取るから好きにしろ、だと」

「提督が!?」

 

 思わず声を上げてしまう。

 

「……ウィリアムさん、それは本当ですか?」

「嘘言ってどうなる」

 

 ウィリアムさんと長崎さんの視線がぶつかり合う。

 しばらくの沈黙の後――先に折れたのは、長崎さんの方だった。

 

「もう一度起こして確認する……というのができればいいのですが。仕方ないですね」

 

 長崎さんは観念したような表情を浮かべてこちらを見た。

 

「……必ずお戻りください。新八郎さんも、意識が戻ったときに貴方たちが沈んだという報告など聞きたくはないでしょうから」

「――はい。必ず」

 

 全員揃って頷き、海に向かって歩みを再開させる。

 また提督と言葉を交わすために、必ず戻ってこようと心に誓いながら。

 

 

 

 瑞鳳たちが去っていくのを見送りながら、長崎がため息をついた。

 

「……いざとなれば責任取ってくださいよ、ウィリアムさん」

「分かっとるよ。というか、その口振りだと気づいとったのか」

「新八郎さんの意識が本当に戻ったとして、彼は現状を把握してすぐに結論を出すタイプじゃないでしょう。考え込んでいる間にまた意識を失ってしまうのではないかと思ったのです。それ以前にタイミングが良過ぎると思ったわけですが」

「なに、新八郎には責任がいかんように調整するさ。最悪私が皆を騙ったことにすれば良い」

「……なぜ、そこまでして彼女たちを行かせたので?」

「ソロモンの人間としては、あんな怪物をこの海にのさばらせておくのは怖くて仕方がない。できれば早々に退治して欲しい。そう思っただけだ」

 

 若い者が正しいことをしようとしているなら、それを助けてやるのが大人の役割だ。

 そう思っての行動だったが、ウィリアムは決してそれを口にしなかった。

 

 

 

 

「――叢雲さん、本当に良かったんですか? 命令の偽造になりますけど」

「いいのよ。本来なら独断専行をした瑞鳳を止めるか罰するかすべきなんでしょうけど……それはできなかったし。なら、とことんカバーしてあげた方がいいと思ったのよ」

 

 大淀の問いに答えながら書類作業を進める。瑞鳳たちが先ほど出撃したという連絡を長門から受けた。半ば予想はしていた。自分だったらどうしていただろう。そんなことを思いながら、日本政府やソロモン政府への報告用の資料を作成する。

 誰かがこういうことをしなければならない。ずっと執務室で、新八郎の側で仕事を手伝ってきた自分が一番適している。だから自分はこうしているのが一番良い筈だ。

 

「大淀」

「はい」

「私は――何か間違ってるかしら」

「いえ、間違ってはいないと思います。きっと提督なら叢雲さんと同じように動いたはずです」

「……そうよね」

「ですが、今の貴方は正しいことをできているという顔をしていませんね」

 

 言われて、自分の顔に触れてみる。それで何が分かるというわけでもなかったが、心なしかいつもより乾いている気がした。

 

「命令の偽造をしたことや、瑞鳳さんたちのフォローをするのが正しくないとは思いません。ただ、今の叢雲さんは自分が正しいと信じられていない顔をしている。そう思ったのです」

「……」

 

 返す言葉もなかった。まず、自分で自分のことを信じられていなかった。

 いつもならこんな不安は抱かなかった。あまり認めたくはないが、新八郎の不在が気を弱くさせているのかもしれない。

 

「提督に対して思うところがあるなら、叢雲さんの方からもっと踏み込んでいってもいいと思いますよ。戻られたら、思うところを全部ぶつけてみてはいかがでしょう」

「……そうね。それも悪くないかもしれない」

 

 早く帰ってこないだろうか。

 柄にもなく、そんなことを思ってしまった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。