俺ガイルクロスプロローグ&設定集   作:まーぼう
<< 前の話

7 / 7
雪ノ下がこんなにオタクなわけがない

 

 それは二年になってすぐの頃。俺が部室でいつものようにラノベを読んでいた時のことだった。

 

「ちょっ、痛いですって先生!」

「やかましい!痛いのが嫌なら抵抗するな!」

 

 ……セリフだけ聞けば犯罪臭バリバリだが、これは平塚先生の声だ。あの人なら生徒に妙な真似をするようなことはないだろう。……ないよね?いやでもたまにファーストブリットとか食らうしな……。

 

「おお!居たか比企谷!」

 

 ちょっと考えてる間に先生が入ってきた。いい加減ノック覚えようよ……

 

「どうしたんスか、先生。随分騒がしいですけど」

「ああ、ちょっと新入部員を連れてきてな。ほら雪ノ下、挨拶しろ」

「はあ、えーと、雪ノ下です。ってなんですか入部って!?聞いてないんですけど!?」

 

 俺も聞いてないんですけど。

 

「言ってないからな。君はしばらくここで活動したまえ」

「いやですよ!?ていうかあたし陸上部あるんですけど!?」

「やかましい、学校にあんな物持ち込んだペナルティだ。陸上部が休みの時だけで良い。ここで少し秘密の隠し方を勉強しろ」

 

 あの、秘密って目の前に俺が居るんですが。

 

「いや意味わかんないですから!?ていうか要らないですよそんなの!」

「要らないことはないだろう。アレを見つけたのが私以外の誰かだったらどうするつもりだったんだ君は」

「う……!い、いや、でも、ここもなんか居るじゃないですか!アレにばれたらどうするんです!?」

 

 おい。なんだアレとかなんかとかって。

 

「相手がいなければ隠す訓練にならんだろうが。安心しろ。仮にばれたところで彼にはそれを悪用する甲斐性は無いし、秘密を晒す相手もいない」

「ねえ、なんでさっきからおいてきぼり食らってんのにボロクソにダメージ受けてんの俺?そろそろ泣いていい?」

「ま、隠し通せるならそれで問題無いし、ばれてもこいつなら相談に乗ってもらえるだろう。とにかくしばらくここに通いたまえ」

「あ、ちょっと!?」

 

 平塚先生はこちらの話をろくに聞かずに行ってしまった。なんだったんだ本当……。

 

「はぁ……もう、どうしろってのよ……」

 

 呆然と呟く雪ノ下と目が合う。彼女は気まずげに目を逸らした。

 

 俺はこの女を知っている。というかこの学校でこいつを知らないやつを探す方が難しいだろう。そのくらい有名人だ。

 この千葉で強すぎる力を持つ雪ノ下家のお嬢様。

 容姿端麗で学校一と目される美少女。

 成績は常に学年トップレベルで県でも一桁台。

 陸上部のエースでインターハイでも記録を残している。

 さらには人当たりが良く生徒教師双方からの信頼も厚い、男女共に絶大な人気を誇るリア充中のリア充。ウチのクラスの葉山、三浦と並ぶリア充四天王の一角だ。四人目?んなもん知らん。

 とにかくそんなミュータントみたいな女が、一体なんでこんなとこに連れてこられたのか……

 

「……ねえ」

「あん?」

「ここって何の部活なの?」

「聞いてねえのか?」

「あんたバカなの?聞いてたら質問なんかしないでしょ?」

 

 あ、うん。こいつと仲良くなるのは無理だ。いや、最初からわかってたけどね。

 それはさておき質問に答える。

 

「奉仕部、だってよ」

「は、はぁ!?何その怪しい名前、ご奉仕って何考えてんのよ!?」

「いや、お前が何考えてんだよ。奉仕ってのはそのまま、ボランティアって意味で考えろ」

「うぐっ……そ、そんな紛らしい名前してるのが悪いんでしょ!?どういうセンスしてんのよ!?」

「俺に言われても困る。文句なら平塚先生に言ってくれ」

 

 そこで会話が途切れる。

 俺は特に気にせず読書に戻る。

 雪ノ下は出ていく様子は無い。どうやら律儀に先生の言い付けを守るつもりらしい。が、何をすればいいか分からず所在なげに立ち尽くすだけだった。

 ったく、これだからリア充は。

 

「お前も座れば?」

「あ、うん………。ねえ、ここって結局何するとこなの?」

「ん-、なんかお腹の空いている人に魚を与えるのではなく、魚の取り方を教える、とかなんとか」

「何それ」

「まあ、お悩み相談室みたいなもんだと思っとけ。基本、依頼が無い限りすることも無いから適当に時間潰してていいぞ」

「ふーん……」

 

 それを最後にまた読書に戻る。が、雪ノ下がなにやらそわそわしているせいで集中できない。

 

「……なんだよ?」

「へっ!?あ、いや、別に、その、何読んでんのかな~と思って」

「何ってただのラノベだが」

「んなこと見りゃ分かるっての」

「あん?」

「な、なんでもないなんでもない!え、えっと、その、面白い?」

「いまいちかな。ヒロイン六人が全員妹とか意味わからん」

「ハァッ!?妹ヒロインは至高でしょうが!?」

「は?」

「ち、違っ!?その、なんでもないから!」

 

 …………

 

「なあ、お前の秘密ってなんのことだ?」

「っ!…………な、なんの話?何言ってるかわかんないんだけど?」

「いやもう無理だろ。人がせっかく触れないでおいてやろうと思ってたのに勝手に自爆しやがって。何?お前オタなの?」

「うぐ……!そ、そうよ!悪い!?仕方ないでしょ、好きなんだから!」

「別に悪いとは言ってねえだろ。ラノベ好き?それともアニメとかも見んの?」

「う……その、大体全部……」

「ふーん。んで、平塚先生には何見つかったんだ?」

「……アニメのDVD。ワングーでパッケージ持ってくと声優さんのサイン色紙貰えるサービスがあったから帰りに寄ってこうと思って」

「声オタも入ってんのか。俺よりディープだな。にしてもそんなもんでペナルティかよ。モテないからって八つ当たり入ってんじゃねえのかあの先生」

「……やっぱそう思う?」

「ああ。ちなみになんてアニメだ?」

「えっとね!コレ!どうよ!?超可愛くない!?この娘マジ妹にしたい!ペロペロしたい!」

「……前言撤回だ、先生は正しい。お前ちょっと自重を覚えとけ」

 

 ピンク色のDVDケースを突き付けてはしゃぐ雪ノ下に嘆息を返す。

 いやまあ、今までずっと隠してきたんだろうしオタ話できるのが嬉しいのは分かるけど、いきなり飛ばしすぎだろ。つーかよく今までばれなかったな、そんなんで。

 

「……まあなんだ、別に無理して入部することもないぞ。隠し事の訓練なんかここでなくてもできるだろ」

 

 正直めんどいし。とは口に出さない。

 

「え、でも先生ペナルティだって」

「ただの一教師に部活の強制なんて権限あるわけねえだろ。先生は適当に言いくるめといてやるよ」

「あ……うん……」

 

 さて、これで今度こそ平穏な放課後が帰ってきたと読書に戻る。が、やはり雪ノ下はチラチラとこちらを見ている。非常にうっとうしい。

 

「なんだよ、まだなんかあんのか?暇潰しのアイテムが無いんなら予備のラノベがあるけど貸すか?」

「あ、うん、読む。いや、じゃなくて。えっと、あの、やっぱり入部してもいい?」

「あ?なんでまた?」

「その……あんた、あたしがオタクだって知ってもバカにしなかったし……信用、しても良いかなって」

 

 目を背け、髪をいじり回しながら、顔を真っ赤にしてそんなことをのたまう雪ノ下。おいやめろ。勘違いしたらどうする。

 

「それに、その……こういう話できる知り合い、いないし……」

 

 ボソリと小さく付け加える雪ノ下。なるほど、本命はこっちか。

 

「……ま、入部したいってんなら拒む理由も権利もねえよ。好きにしろ」

「ホント!?ありがと!そだ、これ貸してあげる!」

 

 雪ノ下はそう言うと、さきほどのDVDを差し出してくる。

 

「良いのか?サインはどうすんだ?」

「一緒に行けばいいじゃん」

 

 なん……だと……?

 や、やめてよ!誤解されるじゃん!ち、違っ!別に照れてるわけじゃないんだからね!?(錯乱)

 

「ちゃんと見てね?あたしもあんたに借りたやつ読んどくからさ、明日感想言い合お?」

 

 ぐ……!か、可愛いじゃねえか、なんだコイツ……!

 

「へへ、楽しみ。それじゃ……あれ?名前なんだっけ?そういえば自己紹介してなかったよね?」

「……比企谷八幡だ」

「比企谷……うん、覚えた。部長って呼んだ方がいい?」

「いいよ、普通に名前で」

 

「そっか。それじゃ改めて……雪ノ下桐乃です。これからよろしくね」

 

 

 

「お兄ちゃん、これ何?」

「宿題」

「は……?お兄ちゃん、とうとう頭まで腐ったの?」

「おいコラ、いくらなんでも今のはひどくないか妹よ」

 

 まあ小町の気持ちも分からんでもない。魔法少女アニメのDVDを宿題とか言い出したら、正気を疑いたくもなるだろう。

 

「最近できた知り合いに押し付けられたんだよ。明日までに見て感想考えとけってさ。どうする?お前も見るか?」

「ん-、たまには良いかな」

「んじゃセットしてくれ」

「もー、そのくらい自分でやりなよ。妹こき使うとか小町的にポイント低……」

 

 文句を言いながらも用意してくれていた小町が、ケースを開けた瞬間に固まる。

 

「?小町、どうし」

「お、おおお、おおお兄ちゃん!?」

「うお!?」

「こここ小町的にはポイント高いっていうか正直嬉しいけど!やっぱり兄妹でこういうのはいけないっていうかまだ心の準備が!」

「は?お前何言って」

「とにかくゴメンなさい!少し考えさせて!」

 

 小町はそう言い残してリビングを飛び出していってしまった。

 なんだったんだありゃ……。

 そう思いながら小町が放り出した星くず☆うぃっちメルルのケースを拾い上げる。中を見ると、ケースとは違うディスクが入っていた。

 

 ……あー、こりゃアレだ。とりあえずのつもりで適当なケースに入れといて、そのままになっちまったパターンだな。あるある。俺もよくやるわ。

 

「じゃねえよ!?」

 

 まちがって違うディスクを入れちまったのはわかる。だけどそれが18禁のギャルゲーってどういうことよ!?しかもタイトルが『妹と恋しよっ♪』って!

 平塚先生が見たのはこれか。そりゃペナルティも食らうわ!なんつう爆弾投下してくれてんだあのアマ!つーか小町に見られた……orz

 

 小町にどう言い訳するか悩みながら、俺は雪ノ下にどう文句をぶつけるか考えていた。

 




 俺妹とのクロス。ヒロイン○乃つながり。そんだけです、はい。
 入れ代わってるのは雪乃と桐乃だけです。なので高坂家の妹さんはゆきのんになってます。
 雪ノ下家は相変わらずですが、桐乃がタフなんで捻くれてません。あねのんに対しても「凄い人だと思うし尊敬もしてるけどちょっとウザい」くらいの認識で、姉妹仲はこじれたりしてません。
 また、桐乃は隠れオタクですがコミュ力は高いので普通にリア充やってます。なのでガハマさんやあーしちゃんとも交流あり。関係も良好。ついでにイジメられたりもしなかっただろうから葉山との因縁も無くなってます。
 雪乃は常識的なレベルでのブラコンになってます。
 京介とくっつこうとかは考えてないので地味子との確執も無し。むしろ人生の師として尊敬してたり。
 一般家庭で育ったせいか性格も多少丸くなったおり、少ないながらも友達がいたり。具体的にはあやせと加奈子。
 ただ、この設定だと黒猫と沙織が出せないんだよなぁ。






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。