とある世界、とある山の中に眠る研究所に、1人、いや、一つの魔物が暮らしていた。それはゴーレム、名をシュツルムという。彼はこの研究所で初めて産み出されたゴーレム。
しかし、彼のコアは他のゴーレムと違い、人の姿をしていた。そして、そのコアには、生殖機能まで兼ね備えていた。なぜ生殖機能を兼ね備えているのか。
理由は、人口が減少の方向に向かっていたからである。人々の寿命が段々と短くなり始めたのだ。何故か。それは魔物との戦いが長年続いているのが原因なのだ。その結果、人々は若者がいずれ消えてしまうのでは無いかと絶望していたのである。
その最中作られた希望。一ヶ月もの検査の末、大成功を収め、それを基に様々なコアと装甲を作り始めた。そして、完成したコアと装甲は、世界に飛び立った。
それから20数年後、研究所の存在を知った魔物達が襲撃、研究所に残っていたムシュルツは、研究所、自分を作った人達、世界に羽ばたく仲間を守るために研究所の外で自爆を決意、親達の制止も聞かず、命令も聞かずに自爆した。
しかし、自爆してなお残るはずのコアの破片は、そこには無かったのだ。

これは、異世界に空から落ちてきた心を持つゴーレムの物語である。
  予告と注意書き()
第1章 オラリオ
  第1話 ゴーレム、オラリオに立つ2017年07月08日(土) 13:30
  第2話 驚異のステイタス
 ▲ページの一番上に飛ぶ