異世界オルガ   作:T oga
<< 前の話 次の話 >>

2 / 13
※冬夜うぜぇ


異世界オルガ2

神様の手違いで死んでしまった僕ーーーー望月冬夜は違う世界で新しい人生を送ることになった。
そこは魔法や魔物が存在するファンタジーな世界。

でも大丈夫。僕には神様がくれた能力とこのスマホがあるから。





宿を探して、町中を散策していた時、道端から争う声が聞こえてきた。野次馬が集まり、何やら騒ぎが起きているようだ。

「何だ?」

興味を引かれた僕は人混みをかき分け、騒ぎの中心に辿り着く。そこには数人の男たちに取り囲まれた一人の少女がいた。


「ん?何だありゃ」
「あの子……変わった格好をしてますね……」

僕の隣に居合わせた、大きな一房の前髪を携えた銀髪の青年と同じく銀髪の双子の少女たちは騒ぎの中心にいた少女の姿を見て、そのような感想を述べる。

「侍だ……」

僕は騒ぎの中心にいた少女を見て、そう呟いた。


十数人の男たちは剣やナイフをその侍の少女へ向けて、取り囲んでいた。

「姉ちゃん、俺らの仲間を可愛がってくれたそうじゃねぇか」
「……あぁ、この前警備兵に突き出した奴らの仲間でござるか。あれはお主たちが悪い。酒に酔い、乱暴狼藉を働くからでござる」
「やかましい!やっちまえー!」

男たちが一斉に襲いかかる。侍の少女はそれをひらりひらりと避けながら、男の一人の腕を取って、軽く投げた。地面に叩きつけられた男は悶絶して、動かなくなる。

「あんな技、見たことないわ!」
「合気道?いや柔術か!」

侍の少女はその後も何人か投げ飛ばしていったが、なぜか不意に体がよろめき、動きが鈍る。

「……お、お腹が減って力が……」
「あの子、急に動きが!」
「何なんだアイツ、急に動きが……」
「構わねぇ!今のうちだ!」

動きが鈍った隙を突いて、背後から剣を構えた男が斬りかかった。

「危ない!後ろ!」

双子の妹であろう少女が叫ぶ。
僕は魔法を使おうとしたが、その前に動いた人がいた。銀髪の双子の少女と一緒にいた大きな一房の前髪を携えた青年だ。

その青年が身を呈して、侍の少女を守ったとき、希望の花が咲いた。

「う"う"っ!……こんくらいなんてこたぁねぇ!」
「何であんたはそんなに平然としているのよ!」

双子の姉とおぼしき少女の言う通りだ。胸に剣が突き刺さっているのに、何で平然としてるんだ?

その答えは後に分かった。彼ーーーーオルガ・イツカは僕と同じく転生者で神様から何度死んでもよみがえる力をもらったらしい。


「ああもう、やっかいごとに首を突っ込んで!」

そう文句を言いながら、戦いの輪に飛び込み、パンチやキックを男たちに喰らわせていく双子の姉とおぼしき少女。

まぁ首を突っ込んだんじゃなくて、胸を突き刺されたんだけどね。

よし、僕も参戦しよう!

「【砂よ来たれ、盲目の砂塵、ブラインドサンド】!」

僕は土属性の砂による目潰しの呪文を唱えて、男たちの動きを封じた。


数分後、警備兵が騒ぎを聞きつけてやって来た。

「警備兵だ~!」
「お姉ちゃん、ここは離れよう!」
「分かったわ、そこのあんたも一緒に来なさい!」
「えっ!?僕?」
「そうよ!あんたも首を突っ込んだじゃない!」

確かに、このままここに残ると僕らも事情聴取を受ける。
双子の少女たちの言う通りここはめんどくさいことになる前に逃げた方が懸命か。

「わかった!君も!早く!」

僕は侍の少女の手を引いて、双子の少女たちの後を走る。

あれ?誰か一人忘れてるような……。まぁ、いっか。


「【俺は止まんねぇからよ、お前らが止まんねぇかぎり、その先に俺はいるぞ!……だからよ、止まるんじゃねぇぞ……】(……忘れるんじゃねぇぞ)」



現場から離れた人通りの少ない路地裏へやって来た僕らは自己紹介をし合う。
銀髪の双子の姉がエルゼ・シルエスカ、妹がリンゼ・シルエスカというそうだ。そして……。

「ご助勢かたじけなく。拙者、九重八重と申す「俺は……鉄華団団長、オルガ・イツカd…」あっ、ヤエが名前で、ココノエが家名でござる」

八重の自己紹介の途中で現場から戻ってきたオルガが自己紹介をしたが、華麗にスルーされた。

どうやらオルガはこういう扱いらしい。じゃあ僕もスルーしとこう。

「僕は望月冬夜。冬夜が名前で望月が家名ね」





数日後、僕らは冒険者ギルドに登録して、パーティを組んで依頼を受けることにした。

「これはどうですか?」
「王都への手紙配送。交通費支給。銀貨8枚か。いいんじゃない。丁度四人で割れるし」
「俺は無視か!」
「冗談だって(笑) レディーファーストってことで、余りの3枚は女性陣に渡すよ!」
「……まぁ、それが妥当か」
「そう?じゃあ、ありがたく頂くわ!」

ということで王都へ向かうことになった。


王都への道を走る馬車に乗りながら、僕は最近新しく覚えた無属性魔法を試していた。
感覚拡張魔法【ロングセンス】だ。

【ロングセンス】は最大で一キロ先の様子を見たり、音を聞く事が出来る。
調査に使えると思い、習得したのだが、女性陣には絶対に覗きに使うなと釘を刺された。あのな……。

この【ロングセンス】はもちろん嗅覚も拡張出来る。おや……。

「この匂い……鉄?」
「鉄華団……決して散ることのない鉄の華」
「いや、血の匂いだ!」
「鉄血のオルフェンズ!じゃねぇか……フヘッ」

長い静寂が訪れる。オルガがスリップした。

「まぁ、これっぽっちも面白くなかったがなぁ……」

落ち込むなよ。オルガ。

「この先だ!人が魔物に襲われてる!」
「……っ!承知!」


血の匂いがした方向へ馬車を走らせると、視界の先に高級そうな馬車と鎧を着た数人の兵士を取り囲むリザードマンの群れが見えた。

「【炎よ来たれ、渦巻く螺旋、ファイヤーストーム】」

荷台でリンゼが炎の魔法を放つ。それを合図にエルゼと八重が馬車から飛び降り、自分の武器を構えてリザードマンの群れに向かっていく。僕もそれに続く。
馬車の守りはオルガに任せた。

僕らはリザードマンを一匹ずつ確実に仕留めていき、リンゼが魔法で僕らの援護をする。

その戦いの最中、八重が路傍の石に躓いて転倒した。その隙を突いて、一匹のリザードマンが転んでいる八重に剣を振り下ろした。危ない!

「【ミカァ!】」

そんな時、馬車の御者台に座っていたオルガがそう叫んだ。その瞬間、地面から巨大なロボットが出てきて、リザードマンを一掃した。

「あれは!?」
「オルガさんの召喚魔法です!」

僕の疑問にリンゼが答える。

あれがオルガが神様に与えられたもう一つの力。
異世界のモビルスーツ『ガンダム・バルバトス』の召喚である。

《ねぇ、次はどうすればいい。オルガ》
《決まってんだろ……行くんだよ》
《どこに?》
《ここじゃないどこか……俺たちの本当の居場所に!》
《うん。行こう!俺たち……みんなで!》

いや、行くのは『王都』ですけど……。





オルトリンデ公爵家の馬車を助けて、公爵家の娘 スゥシィ・エルネア・オルトリンデと共に王都へやって来て、公爵様にお礼の賃金をもらった後、ギルドの依頼であった手紙を届けた。

その帰り道、八重が僕らへ向かってこう言った。

「皆の人となり、この数日間で見せていただいた。強大な力がありながら、決して驕らず、常に人を救う道を選ぶ。その姿勢、感服致した!……だから拙者、修行のため、冬夜殿たちと行動を共にしたい!」
「えっと……どうする?」

僕はエルゼやリンゼ、オルガに確認を取る。

「いいんじゃない。私たちとおいでよ」
「せっかく仲良くなりましたし、これでお別れは寂しいです」
「俺たちに辿り着く場所はいらねぇ!止まらねぇかぎり、道は続く!」

どうやらみんな、僕と一緒の意見のようだ。

「よし、じゃあ一緒に行こう!」
「改めてよろしくね。八重」
「よろしくでござる」

僕の力で人が笑顔になるのっていいもんだなぁ。



そんな彼らを木の影から覗いている一人の男がいた。

その男の名は榊遊矢。悪魔ズァークであるという自覚がなく、自分をエンタメデュエリストだと思い込んでいる精神異常者である。





スマホ太郎うぜぇ