親がいったい誰なのかなんて、もう忘れてしまった。
生きているのか死んでいるのか、そんな事すらも分からない。
始祖の霊長でも人間でもない自分は、いったい何だ?
幾星霜のが過ぎ去っても、未だ答えの出ない問い。
人でありながら、始祖の霊長を盟友とした彼ならば答えをくれるだろうか。
この世界で唯一の混ざりものと、この世界で唯一始祖の霊長に混ざり生きる人。
どちらも孤独で異端ならば、暫しの間共に生きるのも一興だろう。







十日に一回くらいのスロー更新を目安に投稿していきたいと思います。
細かい設定など、完全に調べ切れていないので、設定に間違いなどがあれば指摘してくだされば助かります。
 ▲ページの一番上に飛ぶ