黄金の日々   作:官兵衛
<< 前の話 次の話 >>

13 / 27
ハーレム王子ザナック

 

 

 

 

 

 

 

 王都悪魔襲撃事件より数日が経った頃、王都はすでに、その様なことが無かったかのように平穏を取り戻しつつあった。

 もしかして見せかけだけの平穏かも知れないが、それは市民の穏やかな暮らしを願う思いの表れだろう。俺だって平和な王都が何よりだ。そして出来れば地方でノンビリと暮らして余生を送りたいものだな……。

 そんな事を考えながら王都を馬で従者と供に闊歩していると、商店街を荷物運搬用のカーゴを引いている馬車と、見知った顔の男性を見つけた。

 俺は従者達に「知り合いだ。少し話したら家に帰るので護衛はもう良い」と告げて彼らを帰らせると馬車へと馬を向ける。

 

「あっ ザナック様だ!」

「おい!盾王子のザナック様だぞ!」

「いや 悪魔殺しのザナック様だろ!」

「馬使いのザナック様じゃなかったか?」

 

 ……増えてるな……アダ名。

 

 俺は彼らに手を振ると商店街の人達数百人が「おおお――!」と盛大な拍手と共に盛り上がる。

 

 なんか……人気出てきてる!?

 

 ……いや、なんかさあ、薄々気づいてはいたんだよ。

 「王子としての義務です」という言葉でラナーの言いなりに動いてきたけど……アイツ、本当に俺を王にするつもりじゃないだろうか?随分と人望とか声望のような物がアップして来ているのだが……。

 

 王とか本当に無理だからな!

 能力が無い。野心がない。なにより本人にヤル気がない! 

 ……おっとイケナイ。俺はさっきの男性を捜してみると、さっきの盛り上がりで俺の存在に気づいたらしく、少し離れた位置で馬車を停めて俺に敬意を払い帽子を取り頭を垂れていた。

 

「おお すまんな、待っていてくれたのか」

 

「お疲れ様でした。ザナック様。事件では大活躍だったとお聞きしております」

 

 目の前の男、ラナーの家令をやっている男性が疲れたような顔で俺を讃えてくれる。

 

「いや それは誤解で俺は全然働いてないんだけどな……買い物か?」

 

 普段はラナーの領地(リ・エスティーゼ近郊)にて領内を取り仕切っている彼を王都で見るのは珍しい。

 王都でないと買えない物だろうか?普通の商品なら領内にある店舗で間に合わせるほうが領内の経済活動としての正しい姿だからな。

 

「ええ 何故かウチのメイドが世界中のハチミツを集めるんですよね」

「……変なメイドを持つと大変だな」

 

 そう言って俺は彼の肩を励ますようにポンと叩く。あと、ゴメンナサイの意味も込めてポンと叩く。

 

「それはそうと、なんでそんなに疲れてるんだよ?」

 そう、俺は昔馴染みのこの男が険しい顔で歩いていたので引き留めたのだ。

 彼は良い家の出であり、エリート官僚としてバリバリ働いていた人物だが、40歳くらいに出世争いに敗れて落魄しかけた所を、時の内務官に乞われてラナーの家令の任に就いた人物だ。もう50を過ぎているが、もっと精力的な男だったように記憶している。

 

「いえ……その……」

「あー わかってるわかってるラナーのことだろ?」

「え!?あ……はい……流石に仲の良い御兄妹であらせられますね。ラナー様からお聞きになられておられましたか」

 

 えっ 当たってた!?

 適当だったのに……アイツが俺以外の人を困らせるのって珍しいな。

 んー なんだろう。解らんな。特に『仲の良い兄妹』という単語の意味が解らん。

 

「ああ……あの件な。アレは、どうすんの?」

「まあその、可哀想ではありますが、衛兵達に頼んで殺処分してもらおうかと思っております。(たち)の悪い伝染病に罹っているらしく、処分後に燃やして埋めるように指示を頂いております」

 

 あ、ラナー領の家畜の話か……。

 

「そうか……もったいないなあ。食べられないのは残念だよな。」

「えっ!?食べ……ああ、その意味での……ええっとですね。お体に触りますし、街で営業されているちゃんとしたお店で御用意して頂いた方がよろしいかと」

 

 そりゃそうだよな。

 

「そうかー 君、良い店知ってる?」

「えっ その……ええっと、コレはあくまで、あくまで私の友人から聞いた話なのですが……」

「うむ」

「そうですね……エ・ランテルなら東地区の『紫の秘薬館』のアメリールが素晴らしいのですが、王都なら『橘の夢見館』のエリコットが最高です……と言っておりました」

「なるほど、行ってみるよ」

 

 俺は彼の背中を叩いて励ますと手を挙げて別れを告げた。

 

 エリコット?が最高か……聞いたことのない料理名だな。

 

 俺は帰宅すると執事を呼んで「悪いけど『橘の夢見館』という店の予約を取ってくれる?今日の晩に行くのでエリコットを頼むと伝えておいてくれ」と告げた。

 執事は急に真顔になり「申し上げます。王子たる者が娼館に出向くなど自重すべきで御座います」と強く答えた。

 

 え?娼館!?

 ……ど、どういうことだ?

 どういう……ん?

 

「……ところで、その名前が娼館だと良く知っているなあ?ウォルコット」

「しまった!?罠か!」

「黙れ。光の速さで返答しおってからに……このエロ執事め!」

 

 ……待て、娼館?

 ……食べるという意味を勘違いしてたという事は娼婦の扱いについて語っていたという事だよな

 ……伝染病に罹っているから処分して燃やす対象は、家畜ではなく……娼婦のことか!?

 

「用事を思い出した!ちょっと出てくる!」

 そう執事に言い捨てておれは走り出す。

 娼婦って……先日の事件で救い出され、ラナーが預かると言ったあの娘たちのことだよな?

 本当に手の尽くしようがない状態なら内密に事を進める必要はない。

 かと言って、ラナーが娼婦達を殺す理由はなんなんだ?

 そういえば……彼女たちを救い出したクライムに、彼女たちが感謝と感激で一杯になりキスの雨を降らせていたな。

 誘拐や人身売買で強制売春をやらされて、ハードな店で地獄のような日々を送っていたんだ!助けてくれた王子様に恋する娼婦が居ても仕方ないだろう!まあ現実の王子様は俺なんだけどな!

 

 あの野郎!狂った独占欲で文字通りに皆殺ししてどうするんだ!それじゃ本当に怪物に成り下がるぞ!

 

 ラナー家の家令……家令……居た!

 俺は必死に人波に馬を入れて家令を見つけ出した。

 彼は馬車に荷物を買い込んで、ラナーの領地へと向かうための門に並んでいるところだった。

 

「これはザナック様……先程は失礼致しました。どうされたのですか?」

「さっきの処分の話だが」

「は、はい」

「俺が全部引き受けた」

「えっ」

「良いヒーラーと薬師を知っているので全員とは云えないが救えると思う。救えた子はウチで面倒見るし、救えなかった子はちゃんと燃やして埋葬するから」

「それは……私としては有り難い提案ですが、ラナー様がなんと言うか」

「ラナーには言うな」

「え?いえ、申し訳ありませんがそれではラナー様を裏切ることになります。その様な不誠実なマネは出来ません」

 

 流石は一国の姫の家令に選ばれるだけのことはある。良い面構えと忠誠心の強さだ。

 

「あー 解った」

「はい?」

「ラナーにはザナック()が強引に娼婦を奪っていったと言え!」

「えっ」

「俺が!ハーレムを作るために!あの娘達を全部連れてくぞ!解ったな!」

「ザナック様がハーレムを!?」

 

 ざわざわざわざわ

 

「ザナック様がハーレムを作るらしい」

「なんでも娼婦を掻き集めているらしいぞ?」

「しかもラナー様の領地の娘にまで強引に奪いなさるそうな」

「両刀だったのか……」

 

 夕暮れの城門は人通りが激しく賑やかだなあー 

 おいおい どうした諸君?さっきの通りがかりの人気者ですよ?

 

 

 俺が市民の声に泣きそうな顔になっているのを見たラナー家の家令は

「……解りました。ザナック様にあの娘達を、お預けいたします」と言った。

 家令としてのプライドと忠義心もあっただろうが、強引な手を使ってでも娘達の面倒を助けようとする俺の真剣な顔にほだされたのか俺の手を強く握って頷いてくれた。

「ああ……あの娘達は俺に任せてくれ」

 俺もまた、家令の手を強く握って握手をした。

 

 

「商談成立みたいだぜ」と言う市民の声が聞こえた。おうい!?言い方ぁ――――!!

 

 

 

 そして俺のあだ名がまた増えた。

 

 

 

 その日の夜のウチに、さっそくウチの家令(俺の領地(ラナー領隣)の取り仕切りをやってもらっている。ウォルコットは執事として俺と城で秘書をやってくれている)が手配して、元・娼婦の子達を引き取ることが出来た。

 きっとラナーの家令も殺処分は気が進まなかったのだろう……。ただ「もしもの時はお使い下さい」と毒薬を渡されたらしい。確かに本当に伝染病に罹っているなら必要な処置かも知れない。その場合は我が家の者に精神的苦痛を与えることになるのだろう。

「すごく豪快なパワハラだな……」労働基準監督庁が黙っていないだろう。無いけど。

 

 そして医者や回復師に見せたが、やはり疫病に罹っている娘は一人も居なかった。

 くそっ ラナーめ……。クライムが知ったら泣くぞ?こんど説教だ。説教。

 

 安全を確認して、ようやく彼女たちを住まわせているゲストハウスに赴いてみる。

 もう無事であることを伝えたほうが良いだろうか?いや、わざわざ自国の姫が嫉妬魔神で自分たちを皆殺しにしようとしたなんて悪夢は知らないほうが良いだろう。

 ただ、突然ラナー領から移動させられて不安も大きいだろう。安心だけはさせてやらないとな。

 

 コンコンと一応ドアをノックして返事を待ってドアを開けると、かなりの人数の娘がそこには居た。この屋敷は二階建てで、全部で……8LDKくらいだったが、ほぼどの部屋にも5、6人が収容されており居住環境は悪そうだ。

 

 しばらくすると、その中で年かさの連中(と言っても20代だが)が俺の前にススッと集合し「その……ザナック殿下……でよろしいのでしょうか?」と怖ず怖ずと尋ねてきた。

「うむ その通りである」と頷くと、彼女たちは「やっぱり……」などとヒソヒソ話を始める。

「その……みんな疲れておりますし、ようやくあの地獄から解放されてホッとしながらも、恐怖心や嫌悪感が心と体にこびり付いた可哀相な娘たちばかりで御座います。どうか、今回は私ども5人の中からお選び下さいませ……」

「選ぶ? なんで?」

「ぜ、全員で御座いますか!?」

「(助けるなら)全員じゃないと意味無いだろう?」

「性欲の化け物……」小声で何かを呟いた女の子がフラフラと力なくへたり込む。

「おい 大丈夫か?」

 俺は彼女に手を差し伸べる。

「ひいっ」

「ひい?」

「お、お許し下さいませ!お許し下さいませ!」

「まだ、その……ラナー様に私たちが売られたというショックから立ち直れなくってですね……」

「え? ラナーが君たちを売るわけないだろ?」

 

 皆殺しにしようとしてただけだ。

 

「そ、そうで御座いますよね」

「ああ 君たちは……その……まだ八本指の残党が居て狙われる可能性が高いから、いつまでもラナーの所に居たら危険だろう?」

 

 五本指の悪魔(ラナー)に殺されるからな。

 

「ああ……なるほど、そうで御座いましたか……申し訳ありません。王子様にまでお手間を取らせまして」

「いや 良いから先ずはゆっくり療養してほしい」

「有り難う御座います」

 すると、彼女たちの後から若い娘がススッと近づいてきた。

「あの、すみません王子様。少しお願いしたいことがあるのですが」

「何かな?」

 

 おお 可愛い。あれ?もしかして俺のことを……!?

 

「その……私たちを助けて頂いたクライム様に是非お礼をしたくて……」

「お礼?伝えておくよ」

「いえ……その……直接そのマリエルとルーシィと3人でお礼をしたいなあーって……会わせて頂けますぅ?」

 

 

 彼女たちのしなだれかかるような仕草に眉を潜めながら観察をする。

 上気した身体。潤いを帯びた目。紅くなった顔。

 

「出来るか!?食う気まんまんじゃねえか!?」

 

 

 俺も含めて全員殴殺されるわっ!!!

 

 

 

 思わずキレた。

 

 

 

 ついでに、またあだ名が増えたよ!ペース!?

 

 

 

 

 

 

 








粘土a様 誤字脱字の修正を有り難う御座いました







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。