北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

56 / 65
月夜鴉氏の 俺がジャンゴに憑依した時の話 を推してみる。
荒削りさも感じるけど、創作始めた頃の情熱も感じる。
ワンピースの初期の頃。まだ東の海でウソップが仲間になるあたりのお話。
ワーン、ツー、ジャンゴ。と言えば、どんなキャラだったか思い出せるだろうか。あのあと扉絵シリーズでダンス天国やって海軍入りした、黒猫海賊団の副船長の彼に憑依。
そのまま彼の立場を利用して、彼がどうなろうが度外視で、オリ主の考える方向でのハッピーエンドにダンクかまそうというストーリー。マジで後先考えてないw
非現実的な状況なんで、ファン心理だけで行動するというパターン。複数憑依者や転生者がいる話だと、たいがい痛い目を見るけど、このオリ主の明日はどっちだ。


無想転生 やってみた

 

 気付けば、哀しみの中で絶望していた。

 そうか。これが本当の哀しみか。確かにこんなに苦しいのなら、こんなにも胸が痛むのならば、愛なんかいらんわ。

 最初から希望なんか持たなかったなら、絶望しないんだ。

 

 まあ、わかってんだろ? ああ、そうだよ予想通りさ。

 無想転生、やってみた。

 

 間柴しか、いなかった。

 

 なんでだよ。

 思わずヒザから崩れ落ちたわ。

 ああ、うん。少し訂正するわ。

 

 間柴たちしか、いなかった。

 

 ムダに複数いやがったよ。ムダにいい笑顔だったよ。なに考えてんのか、笑顔から伝わってきたわ。

 俺しか居ないけど気を使ってみましたみたいな、その笑顔ヤメロ。よけい傷付くわ。

 

 本当に幻影かお前らは。俺の心が完全に折れてるのに、消えないしさ。

 なんかひゅんひゅん腕振ってるしさ。

 テキトーに沸いて出た野良モヒカン相手に、横並びで一斉にフリッカージャブを繰り出すという、ムダに高度な事やってるしさ。

 しかも操作も出来るのな。

 はい並んでー。構えてー。腕振ってー。はい発射ー。続けて連打ー。はい、やめ。

 

 なんで勝手に動いて、マニュアルでも動いて、ちゃんと攻撃出来てて、しかもそれが効いちゃうかなあ。

 

 [P:17→18 無想転生:配下(その1)で敵を倒しました]

 

 ああ、ポイント入るのね。スキルで敵を倒したら、最初の一回だけは1ポイントもらえるけど、普通の北斗神拳とは別扱いかね。

 だが配下(その1)という事は、その2や3があるという事か。

 それとも、もしかしてだが。ケンシロウみたいに、カッコいい面々がスタンドやってくれるバージョンも、用意されているのか?

 

 よっしゃ、希望が見えてきたぜ。

 そうと決まれば、まずはもう一回無想転生だ。もしかしたら、ランダムで誰か出てくる仕様なのかもしれん。

 だって最近のゲームに、ガチャ要素は付き物だろう?

 回すぜー。超回すぜー。なんせ無料で回し放題だからなっ!

 

 

 

 間柴しか、出なかった。

 

 

 

 こんなこったろうと思ったぜチキショウー!

 お前らも思ったろ? たぶん、こうなるだろうって思ったろ?

 だがわかるか!? 100回回して、間柴しか出なかった、大爆死した俺の気持ちが!

 

 いでよビール! 琥珀○ビス! グビッグビッグビッグビッ…… プハァ!

 いでよビール! 香るエール! グビッグビッグビッ… ハー… グビッグビッ…… プハァ!

 いでよ水! ヴォル○ック! ゴクリ…… ゴクリ…… ウンモウイイヤ

 

 ふう。落ち着いた。

 危なかった。つい勢いのままに、ケンシロウでもサウザーでも狩りに行っちまう所だったぜ。

 むやみにテンション上げてると死亡フラグだという、トキ先生の教えが生きたな。

 

 さて。冷静になって考えてみるに、だ。

 この結果は、ちょっとオカしい。

 戦って勝ったり負けたりした相手は、俺にも一応いるのだ。KING軍の幹部だったクラブとかダイヤとか、名もなき修羅とか、ターバンのガキとか。

 

 そいつらが後ろに出てきてうれしいかは、別の話だが。

 

 そいつらが出てこなかったのは、まあ、ジャギがケンシロウの無想転生に出ないみたいなもんで、仕様という可能性もある。

 だが、それなら間柴も出ねえだろ。というか、本当になんで間柴なんだよ。他にもいるだろう。

 まあ、あいつらたくさんいるから、ひとりしか出ないケースだと一番マシかもしれんけども。

 

 北斗神拳 究極奥義 無想転生! とかカマして、対戦相手が闘気が流れて、ヤツの後ろに――― とかリアクションして。

 そして出てくるのが、ポツリとひとりだけってのは、かなりアレだぞ。

 そんなん、対戦相手だってリアクションに困るわ。

 

 で、まあ、話を戻すに、アレだ。

 思うに、ポイントは究極奥義って所だ。

 

 俺の北斗神拳は、まだ北斗神拳:5であって、極めた☆になってないのに無想転生を覚えてるのは、オカしいんじゃないのかって事だ。

 

 覚えただけで、使いこなせてない可能性もあるけどよ。

 だからまあ、まずはどうにかして北斗神拳を極めようと。そう思うわけだ。

 

 わけなんだが。

 

 そのために、何をすればいいと思う?

 

 トキ先生に聞いてみる? ケンシロウと、戦ってみる?

 うん。どっちも有効そうだけども、どっちも死亡フラグくさいんで、保留。

 

 そうだなあ。あの謎の、女人像でも見に行ってみるか。

 その像のポーズが、北斗神拳のベースになったっていう北斗宗家の拳の構えらしいし。

 北斗の拳じゃないけど、蒼天の拳の方で、女人像の手がスタンドみたいに腹から生えて攻撃するという、謎の奥義もあったし。

 うん。行ってみるとしようか。極めたヨガのテレポートなら、修羅の国へも楽々行けるだろ。

 

 あとは女人像が、どこにあるのかサッパリわからないという、致命的な問題だけだな。

 

 まあ、現地に行けば、何とかなるか。

 なるといいな。なれ。

 

 じゃあさっそく行くとするぜ。ヒャッハー! ヨガテレポート!

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。