宇宙艦これヤマト2199 人類最後の希望の艦隊の物語   作:コスモゼロ
<< 前の話 次の話 >>

27 / 28
銀河方面側のゲートを使用し、バラン星へ来たヤマト達。ヤマトは、敵の引き付け役と人工構造物の確認のため、単身バランに突撃する。ソウリュウ隊イセ隊は、マゼラン側ゲートに近づいていた………


バランの戦い〔後編〕

「此方ソウリュウ、イセそっちはどう?」

『もうすぐゲートに到達する。ソウリュウの方は?』

「此方も同じ」

『了解』

 

――――――――――――――――――――――

「くっ!バランの重力に捕まった!引き込まれる!」

 

〔どうすれば……このままでは………、いや、このまま引き込まれて沈んだ様に見せれば……〕

 

 

「Una nave Telon, un modello affondato vicino a Balar Equator(テロン艦、バラン赤道付近にて沈没した模様)」

 

「Per dire che un nemico di questo grado non può essere sconfitto, il nome del lupo è caduto,(この程度の敵一人倒せぬとは、オオカミの名も落ちたものだな、ドメル)」

 

――――――――――――――――――――――

 

「イセ!!ヤマトの反応が!!消失したよ!!私見てくる!」

『止めて!!ソウリュウ!ヤマトならまだきっと無事よ!』

「何でそんな事言えるの!」

『この突破作戦の説明を聞いてなかったの。ヤマトはバラン中心部に潜む人工物の確認に向かったのよ。』

「本当に?」

『貴女が本当にヤマトを好きなら信じてあげなさい。』

「すっすすす//好きって///何言ってるの//!でも、信じなきゃ始まらないよね…………うん、信じる。生きてるって」

 

――――――――――――――――――――――

 

「Bandiera di Gelugamesh!!(ゲルガメッシュ旗艦!!)」

「Cosa !!(何か!!)」

「C'è un oggetto che sorge vicino all'Equatore Balun!(バラン赤道付近に、浮上する物体有り!! )」

「Quello che ho !!(何ぃ!!)」

 

――――――――――――――――――――――

 

「此方ヤマト、敵の人工構造物を確認!これより、波動砲の発射シークエンスに移行する。友軍全艦は、至急マゼラン側ゲートに突入されたし!」

『此方イセ突破隊、了解。これより、フェイズ3に移行する。』

『此方ソウリュウ隊了解。大マゼランでまた会おうね、ヤマト』

「えぇ、もちろんです。」

〔また無事に、向こうで会えますように。〕

「浮上!最大戦速!!艦首艤装結合!!targetスコープオープン!!」

 

「Yamato! Yamato è arrivato!(ヤマトです!!ヤマトが浮上してきました!!)」

「Che cos'è !! Tutte le navi, attacco !!(何だと!!全艦、攻撃!!)」

 

「艦首回頭180°、発射弁開け。セーフティロック0、強制注入器作動を確認。最終セーフティ解除!」

(重力アンカー、解除準備良し!)

「発射10秒前。対ショック対閃光防御!5,4,3,2,1、発射ーーーー!!」

 

ヤマトの撃った波動砲は、敵の艦隊には当たらず、バランを狙っていた。

 

「È quel cannone? Scarsamente, dove miravamo(あの大砲か。下手くそめ、何処を狙って)」

「Anomalia nel sistema di controllo dei balun! Pianeti, crollo !!(バラン中心部の制御システムに異常!惑星、崩壊します!!)」

「Ritirate !! Tutte le navi si allontanano immediatamente !!(て、撤退!!全艦直ちに離脱しろ!!)」

 

「重力アンカー解除!!総員、衝撃に備えよ!!」

 

その直後、波動砲を撃っているヤマトは後ろに進み出した。

 

「っ、くっ」

 

波動砲を撃ちながら亜空間ゲートに突入したヤマト。その直後、マゼラン側ゲートは崩壊し、破壊された。

 

――――――――――――――――――――――

「っ、んぅ、」

「ヤマト、起きて」

「ソウリュウ?」

「そうだよ、皆無事にマゼランに来られたよ。」

「良かったです。シオイさん、周辺の敵反応は」

『確認できない。問題なく来られたみたい』

「良かった。…………あれが、大マゼラン」

「私達、ここまで来たんだね」

「えぇ、やっと、やっとイスカンダルへ行ける。」

 

マゼランゲートを抜けた艦隊の皆は笑顔で、「ここまで来たんだ」など様々に口ずさんでいた。

 

「皆さん。私達は確かに人類が到達しえなかった所までやって来ました。ですが、未だに敵の母性の位置が解っていません。銀河系を抜ければ少しはましになると思っていた敵の攻撃も、マゼランに近付くに連れて激しく成ってきています。最悪、大マゼランに敵の本星が有るかも知れない以上、気を緩めることは出来ません。それに、まだようやく1/4が終わった程度です。後3/4残っているのです。もうすぐで半分です。頑張りましょう!!」

「そうだね。それに、この前の敵。銀色の超弩急戦艦。ゼルグート級だっけ?あれもまだ居るしね。」

「そうです。此処からが本番です!!」

「張り切って行きましょーーーー!!って、ムツキちゃんなら言ってたと思います。」

「そうですね。では、気合い、入れて、行きましょう!!」




次回、第六章『七色星団の戦い』
次回、第六章第一話『決戦七色星団!!〔前編〕』

人類滅亡まで、後、256日

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と、いうわけで終わりました。

ヤマト「次回、何だか嫌な予感がするんですけど………」

?もちろん波動砲は一時使えなくなるけど、別の艦に刺さるよ。ガルントのやつ

ヤマト「そうではないんですよ。影で何者かが私とソウリュウに何かをしようとしているような……」

き、気のせいじゃないかな~?それよりも、七色星団では、我が艦隊から誰かが雪と共に拐われるよ。ダレダロウナーボクニハワカラナイナーー

ヤマト「守りますから、絶対に!」

やらせはせんよ、ヤマト!





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。