こちらはたった一つの小さな願い、彼は誰時に滲む灯火、双龍、綿津見へ還りて、機械人形は笑わないの世界に登場する艦娘達だったり、その世界観での別の場所における艦娘達だったりが繰り広げる短いお話になります。

とりあえずこの世界では艦艇の付喪神をその身に宿して戦う少女のことを艦娘と呼ぶ、くらいを認識していただければ単体でも読めなくはない、はず。
上記4つの話に登場する艦娘達の関係性はそちらを読んでいないとわからないかも知れません。

オリジナル提督、独自設定多数。直接的な描写はありませんが轟沈のある世界観です、苦手な方はご注意ください。

お話思いついたら気ままに更新。ガールズラブのタグは念のため。

なおpixiv にも同様のものを載せています。
  ふりまわし、ふりまわされ()
  とあるお隣の泊地の日常2019年03月07日(木) 20:26
  蒼龍と飛龍の女子力について2019年05月19日(日) 23:20
  夜はふけても三人寄ればかしましい2019年07月14日(日) 15:49
  お昼でも三人寄ればかしましい2019年07月31日(水) 21:22()
  秋の日の2019年08月14日(水) 15:43
  呉、規律厳しいっていうけどそんなことないよね2019年11月04日(月) 14:11
  ドイツより来たりて2019年11月09日(土) 07:30
  酒は呑んでも呑まれるな2019年11月12日(火) 16:40
  とある呉の艤装技師のつぶやき()
 ▲ページの一番上に飛ぶ