神殺しin―――ハイスクールD×D   作:ノムリ

12 / 19
宣戦布告

 本日開催の若手悪魔の会合に参加するために控え室制服で出席するのもありなんだけど、万が一戦闘になったときの為に用意はしておくべきだ。

 学校の制服から着替えていのは、マルテット率いる技術者たちの黒を基調としたオーダーメイドの戦闘服。制服で出席しても良かったけど、万が一戦闘になった時と一応は格好をつける為に着替えておく。

 

 俺の物は、カンピオーネの魔術無効化のせいで、他の人のように魔術による補助が出来ないけど、代わりに素材自体が特殊な物で出来ている。マルテットの『魔剣創造』で生み出された防御特化の魔剣を糸状に加工して、それを服の形に編み込んでいる。手間だけなら一番かかってる。

シャツに着替えてズボンを履き、コートを羽織る、靴も革靴じゃなくて軍人が使うブーツで長時間、立っても悪路を走っても疲れにくい。まさに至れり尽くせりの一式になっている。

 

鏡で調節を終え、後ろを振り替えると着替え終わった、セレナと灯巳それと影の中から片手だけを出してグッ!と親指を立てている、朱柘。

 

 セレナは右腕の義手の動きを邪魔しないように右肩部分だけがノースリーブになっている、下はシンプルのパンツ。

 灯巳はいつも通りの巫女服なんだけど、上は白いのに、下は黒で下駄の代わりにブーツという変わった組み合わせ。本人の希望で巫女服になったらしい。

 朱柘に関しては、常に戦闘服を着ているし、そもそも今回の会合には参加してないことになってる。

戦闘にならない限りは、姿を見せることはない。

 

「そんじゃ、行こうか」

 扉を開けて控え室を出る事には、セレナ、灯巳の顔からは笑顔は消え、朱柘は影の中で息を殺した。

 

 

 

 周囲の悪魔から向けられるいくつもの視線。

 悪意、敵意、興味、嘲笑の視線ばかり、大半が、俺たちを下に見てる。

 やっぱり、こいつ等は理解してない、自分たちが全滅というものの目の前に立っていることを。

 こりゃー、冗談抜きで戦争になるかもな。そもそも貴族主義の悪魔が変われるとは思ってなかったけど、期待するだけ無駄か。

 

「貴殿が異世界からやってきた神殺しか」

 腕を組んだ状態で壁に寄りかかっている黒髪の短髪の男。何よりも服の上からでも分かる鍛えられた筋肉からくる威圧。

 悪魔なのは確か……だけど、異様だ、魔力を感じない。

 カンピオーネの感覚は敏感に周囲の変化を感じ取る。それは対人においても発揮される、それに、この男は引っかからない……あ、そっか、最初から空っぽなんだ、持って無いから感じないんだ。

 

「合ってるよ……アンタ、魔力を持ってないんだな」

「ッ!顔を合わせただけでバレるとは、貴殿を見くびっていたようだ。俺はサイラオーグ・バアル」

 バアル、リアス・グレモリーの母親の実家で『滅びの力』を持つ一家だって報告書にあったな。

「神無月涼だ。やっぱり、アンタは魔力を持ってないのか」

 サイラオーグから差し出された手を掴み、握手を交わす。

 その間も、コイツは、俺から目をそらさない。鍛錬で身に着けて精神力か。

 手繋いでる、コイツには伝わってるはずだ、俺の存在という圧力が、それでも、彼は手を解かない。

「試すようなことして済まないね」

「いや、俺も、貴殿のような存在を身近に感じることが出来て良かった」

 握手を解き、俺の存在を噛みしめるように頷く、サイラオーグ。

 

「……まるでドニみたいだな」

「ドニ?」

 知らぬ名前を聞いて、聞き返してくる、サイラオーグに説明する。

「俺と同じ神殺しで、アンタと同じ魔力を持たない奴だよ。剣一本で神を殺して”最強の騎士”と呼ばれるようになった戦闘狂さ。俺は何十回も戦ってるけど、負けはしてないけど、勝ったのも片手で数えるほどだ」

「ハッハッハ!そうか!異世界には俺と同じような体質で神殺しを成す人間もいるのか!ふむ、ならば俺も精進してもっと高みを目指すとしよう」

 ドニの話を聞いて大笑いしながらも、ヒーロー番組に感動する子供のような目をしている。

 彼が仮に、一般の悪魔だったら、多少苦労する程度で生きてこれたはずだ、けれど、彼は貴族。魔力が無いということは悪魔の強さを支える基礎を丸ごと無いということ、悪魔がいるスタートラインに、コイツは立っていない。

 

「涼さん、流石に一度会場を見ておいたほうが…」

「おっと、そうだったな、セレナ。緊急時抜け出す下見もしておかないとな。サイラオーグも会合に出席するだろ、一緒に行こう」

「ああ、同行しよう、貴殿と話すのはなかなか楽しいからな」

 

 

 サイラオーグと世間話をしながら会合が行われる会場に到着し、会場に入ってみれば聞こえてくる騒がしい怒鳴り声が二つ。

 内容こそ良く分からないけど、どうも顔に刺青が入った男のヤンキーが眼鏡をかけた女性に喧嘩を吹っかけているようにしか見えない。

「会合の場で喧嘩とは馬鹿らしい…」

 頭に手を当てて、首を振る、サイラオーグ。

 どうも、ヤンキーの方はTPOというものとは無縁そうだ。

 サイラオーグは会合は始まるまで外で待ってると出て行った、俺はセレナと灯巳と一緒に会場の下見をして時間を潰す。

 

「朱柘…」

「はい、マスター」

 壁に寄りかかり、独り言のように小さく呟くと影の中にいる、朱柘は返事を返してきた。

「サイラオーグについて調べろ。経歴、家柄、家族構成、特技、全てに至るまで部下に調べさせろ。アイツは気に入った、悪魔を滅ぼすなら残しておいてもいいかもしれない」

「了解しました、すぐに部下たちに調べさせます」

 そう言って、俺の影から別の影に移動して行った。

 ソーナ・シトリー、サイラオーグ・バアル、今のところ、悪魔を滅ぼすにしても残しておいても良いと思えるのはこのくらいか。眷属はいいとしても貴族の大半は戦争になったら血が途絶えることになるな。

 

 一人でどうやって冥界を攻め落とすかを考えていると、俺に向かってテーブルが飛んできた。

 避けるのも、壊すのも余裕だけど、俺は動かない。既に、セレナが光の剣を右手に握り、前に出ているから邪魔にならないようにだ。

 

 包丁で豆腐でも斬るみたいテーブルを真っ二つ。

 左右に分かれてテーブルは俺より一メートルほど離れて壁へと突っ込んだ。

「ありがとな」

 ペコリと頭を下げると、さっきまでいた俺の隣へと戻る、セレナ。

 セレナから目を離し、テーブルが飛んでくる原因となった二人、刺青ヤンキーのゼファードル・グラシャラボラスと眼鏡をかけた女性のシーグヴァイラ・アガレスはいまだにくだらない喧嘩を続けていた。

 むしろ悪化している。

 周りに用意されていたテーブルや椅子は破壊されている。いまだに全員が揃ってないとはいえ、片付けと用意に会場を担当している悪魔たちはご苦労なことだ。

 変にいちゃもんを付けられても困るので無視していると、リアス一行と帰ってきた、サイラオーグに食ってかかった、ゼファードルは顔面に一撃をくらい壁へとめりこみ気絶、あっけなく喧嘩は終わることになった。

 あんなヤンキーがこれからの一家の当主になんてなったら家が滅ぶな。周りの悪魔たちも止めないし、これじゃ、種族が腐るのも納得だな。

 

「失礼、君が神無月涼さんですか」

 ローブを着て爽やかな笑顔を浮かべた青年がゆっくりとこっちに歩いてくる。

「ああ、アンタは初めましてだな」

「僕は、ディオドラ・アスタロト。アスタロト家の次期当主です。会合前に自己紹介だけでもと思いまして」

「そいつはありがたい、悪魔には個性的な奴が多いみたいだからな」

「ゼファードルを基準にしないで頂きたいものです。本来の次期当主が旧魔王派によって暗殺されたため、代用として彼が次期当主候補としてこの場に出席してに過ぎません」

「なるほど、現悪魔と旧悪魔は同じ悪魔でも仲が悪いのか」

 まあ、知ってたけどな。

 旧悪魔はコカビエルみたいに戦争狂が多いらしい。というか、自分たち悪魔が最強の種族だと信じて疑ってない。その考えは現悪魔の重役や貴族にも残っている。

「そろそろ、若手悪魔たちが揃いそうですね、君も参加するのでしょ、会合に」

「その為にお呼ばれしたんだからな」

「そうですか。では、後程」

 爽やかな笑顔で眷属たちの元に戻っていった、ディオドラ。

 

「あの人、胡散臭いね」

 灯巳は帰っていく、ディオドラに聞こえない声で呟いた。

「ああ、見事な作り笑顔だな、アイツは旧悪魔と繋がってるって隠密部隊の報告にもあった」

 現悪魔は内側は腐ってるようだ。

「お前らも気を付けろよ、アイツは信心深い奴を陥れることに悦楽を感じる変態野郎だ」

「私たちの身内で神を信じる人なんて居ないと思うよ」

 確かにそうだった。

 十分ほどして、若手悪魔たちが揃ったことで会合は開始された。

 大きな机を囲むように若手悪魔、魔王、老人、そして、俺が席に着く。

 若手悪魔のソーナ、サイラオーグ、リアス、ディオドラに関しては顔合わせは済ませてある。ゼファードルは、サイラオーグに喧嘩を売って一発KOされて退室、シーグヴァイラに関しては良く知らないし、調べてもロボットオタクというくだらない情報しか出てこなかった。

 魔王は、サーゼクス、セラフォルーは自己紹介済み、残りの二人の、アジュカ・ベルゼブブとファルビウム・アスモデウスは表に出てくる事がほぼ無いから自己紹介どころは初めて見る。

 けれど、アジュカ・ベルゼブブには関しては戦争になったら確実に殺す必要がある。なにせクソッタレアイテム『悪魔の駒』の開発者だ。仮に悪魔との戦争に勝っても、コイツが生き残っていたらまた面倒事を起こす。

 

「よくぞ集まってくれた、次世代を若き悪魔たちよ。この場を設けたのは一度、この顔合わせで互いの存在の確認、更には将来を競う者の存在を認知するためだ。それと一人、特別ゲストがいる。彼は、この前あった悪魔、天使、堕天使の和平会議にも参加していた、人間代表の神無月涼くんだ」

 サーゼクスが、俺の紹介をすると、大半の悪魔が、俺を人間ということで下に見ている、特にそれが強いのか老人たちだ。

 

「っは、人間風情を悪魔と同じテーブルに着かせるとは、魔王様はお優しいことだ」

 笑う、老人と周囲にいる悪魔たち。

 俺が笑われたことで、動き出そうとするセレナを手で制し、静かに、抑えていた力を表に出す。

「…黙れ、三下」

 会場が、空間が軋む。

 会場に居る者たちを襲うのは、圧力のようなプレッシャー。

 中には泡を吹いて倒れる者、意識を失う者もいる。

 魔王は耐えているが、若手悪魔たちは徐々に顔を青くなり。

 老人たちは既に全盛を過ぎた体には、俺の存在という圧力は毒のようだ。

「……神無月くん、そろそろ抑えてくれないか。これでは話が続けられそうにない」

 慣れた感覚で蓋を閉じるイメージで存在を抑えると、周囲の軋みは消えた。

 それでもすぐに動ける者は限られる、中には意識を失ったものを引きずって会場を出ていく悪魔もいる。

 

 サーゼクスは咳払いをして、話を再開した。

「彼の実力が証明できたところで話を始めよう」

 老人たちは、いまだ息は荒いけど、若手悪魔たちはプライドなのか、意識が持ち直したみたいだ。

 今ので全力の一割なのに、この影響か。セレナと灯巳ですら涼しい顔しているのに…。こいつ等どんだけ戦闘から離れてるんだか。 

 俺が一人で溜息をついていると、サーゼクスの話は先に進んでいた。

「君たちは家柄も実力も共に申し分ない。だからこそ、デビュー前に互いに競い合い、力を高めてもらいたいと考えている」

「我々、若手悪魔もいずれは禍の団との戦に投入されるのでしょうか?」

 サイラオーグが挙手して、サーゼクスに質問をすると、首を横に振りながら否定する。

「私達としては、できるだけ君たちを戦に巻き込みたくはないと思っている」

「なぜです? この場にはテロ組織と戦い、生きて帰った者達もいます。我らとて悪魔の一端を担うもの。冥界のため、尽力を尽くしたいと―――」

 サーゼクスの戦闘には参加させないという言葉に、食って掛かる、サイラオーグ。

 焦ってるのか、他の若手悪魔よりも強くなるためか、それとも別の目的があるのやら。

 内情に関しては、詳しく調べてないのが今になって仇になったか。 

 

「サイラオーグ。君のその勇気は認めよう。しかし、無謀だ。なにより、君達ほどの有望な若手を失うのは冥界にとって大きな損失となるだろう。理解してほしい。君達は我々にとって宝なのだ。だからこそ、じっくりと段階を踏んで成長してほしいと思っている」

 まだ、何か言いたそうな顔をしているが、渋々ながら納得した様子で分かりましたと言って、サイラオーグは静かになった。

 

 

 サーゼクスが進行役を務め、若手悪魔たちで行われるレーティングゲームのトーナメントをするらしく。その説明だ。

 理由は、若手悪魔の実力を互いに知ること、それぞれの実力を冥界に認知してもらうことらしいけど、若手悪魔たちには話していない理由はいくつかある。

 一つが、他の神話勢力に対するアピール。俺たちの若者たちはこれだけの強さを持ってるぞって大会というステージで知らしめるためのもの。

 三大勢力はいままで、悪魔、天使、堕天使の三つでもめていたのが、いまは外にも目を向けなくてはいけなくなった。それに『禍の団』のこともある。

「さて、長話に付き合わせてしまって申し訳なかった。なに、それだけ君達に夢を見ているのだよ。最後に君たちの目標を聞かせてくれないだろうか?」

 サーゼクスの問に若手悪魔たちは一人ずつ答えていく。

 

「俺は魔王になることが夢です」

 サイラオーグは腕を組み、どっしりと構えたまま躊躇うことなく言いきった。

「大王家から魔王が出るとしたら前代未聞だな」

 また、老人が口を挟んでくる。

 チラ、と喋った、老人に目を向けると、不自然にそっぽを向く。

 そんなに、人間風情と言っていた、俺が怖いのか、腰抜けが。

「俺が魔王になるに相応しいと冥界の民が感じれば、そうなるでしょう」

 老人の嫌味に当たり前だ、と言わんばかりに答える、サイラオーグ。

 肝が据わってるというか、大体というか、随分と図太い精神の持ち主だな。

「私はグレモリーの次期当主として生き、レーティングゲームの覇者となる。それが現在の、近い未来の目標ですわ」

 次に答えたのが、リアス。

 これに関しては、想定の範囲内だな。

 レーティングゲームという悪魔の間の戦いのお遊戯。

 少し前にあった、ライザー・フェニックスとの戦いがどうも、彼女の中では随分と苦い思い出らしい。

 次に順番が回って来たのは、ソーナ。

 

「私の目標は冥界にレーティングゲームの学校を建てることです」

「レーティングゲームを学ぶ学校ならば、すでにあるはずだが?」

 また余分な口を出してきた、老人。

 てか、レーティングゲームを教える学校なんて必要なのか、親とか兄弟でも歳が数十歳離れてるんだから教えてやればいいのに。

「それは上級悪魔や特例の悪魔のための学校です。私が建てたいのは平民、下級悪魔、転生悪魔、全ての悪魔が平等に学ぶことのできる学校です」

 ……悪魔ってやっぱり良く分からんな、一部の悪魔にしか教えないなら学校の意味ないじゃん。それなら、部活みたいなものでも作るくらいで十分じゃん、わざわざ、学校を作るなら全部の悪魔に教えた方が効率的だし、将来的に悪魔の発展に繋がるのに。

 

「「「ハハハハハハハハハハッ!!」」」

 大口を開けて大笑いする、老人共。

「なるほど! 夢見る乙女と言うわけですな! これは傑作だ!」

「若いというのは実に良い! しかし、シトリー家の次期当主よ、ここがデビュー前の顔合わせの場で良かったというものだ」

 現在の冥界は変革の真っ最中。

 人間が奴隷制度を廃止したように、貴族という身分が消えたように。その最中、比較的若い悪魔に取って上級、下級という区別、差別は薄くても、相手は老人。頭は凝り固まった面倒な連中だ。ソーナも適当に流せばいいものを。

「ソーナ・シトリー殿。そのような施設を作っては伝統と誇りを重んじる旧家の顔を潰すことになりますぞ?いくら悪魔の世界が変革期に入っているとは言え、たかだか下級悪魔に教えるなどと……」

 その考えが今の悪魔の現状を生み出したっていうのに、理解してんのかね。いつまでも自分たちが偉いとでも思ってんか。

 

「くだらねぇ」

「なに?何か言ったかね、人間」

「くだらねぇって言ったんだよ。老害共」

 俺が面と向かって老害と口にすると、老人たちは顔を真っ赤にして机を叩きながら文句を言ってくる。

「たかが人間風情が!」

「我ら悪魔と同じテーブルに着くだけでも汚らわしいというのに!もう我慢ならん、これでもくらうがいい!」

 手の平に魔力の弾を生み出し、俺に向かって撃ちだそうとして老人の動きは止まった。

 固まったまま動かない老人の背後には、セレナが立ち、片手には光剣が握られている。

「涼さんへの愚弄は許しません」

 セレナが老人の肩に手を置くと、ズルリと老人の頭部は首から滑り落ち、机の上を転がる。

 

「な、なんということを!」

「貴様ら正気か!」

 文句を言って、俺に魔力の弾を撃ってくるけど、そもそも、俺にそんな攻撃は効かないし。俺に当たる前に、灯巳の作った結界によって防がれる。

 俺は椅子に座ったまま、欠伸をしている。

「絵にかいたような老害だな。老兵は自らその席を若者に譲るが、老害がいつまでもしがみつく」

 ガタと、椅子から立ち上がり、灯巳に結界を解除するように指示を出す。

 

「サーゼクス、これが現実だ。お前らは進歩なんてしてないんだよ。さて、丁度良いから、宣言させてもうよ。俺と俺の組織『獣群師団』は現時刻を持って、三大勢力に宣戦布告する!」

 

「「「っな」」」

 俺の大声は会場全体に響き。戦争することなんて想定してすらいなかった、悪魔たちは驚愕の顔を浮かべる。

 

「どういうことだい、涼くん。なぜ宣戦布告なんて」

「冥界を見ている間に、俺の部下に冥界を調べさせたんだ。和平会議からお前らが良くなったかどうかをな。まあ、一切期待してなかったけど、見事に何もしてなかったな。人間やら他種族を商品にしたオークションに、奴隷にとまさにこの世のゴミを集めたみたいだったよ。そうだな、滅ぶと考えるのが嫌ならこう考えればいい、ツケを払うと」

「ツケ?一体何のツケだい」

「今まで無関係な人間を殺し、弄んできたツケだ。気にするな、俺の部下たちは喜んで三大勢力を滅ぼすことに手を貸してくれる。セレナ、灯巳行くぞ、もう此処に用は無い」

「はい」

「は~い!」

 二人連れて会場を出ようとすると予想していた通り会場を警備していた悪魔たちが、俺を取り囲み。正面には、一誠が立つ。

 

「どういうことだよ、涼!なんで宣戦布告なんて!」

「一誠、お前は考えたことがあるか、悪魔に無理やり転生悪魔にされた奴の気持ちが、家族を目の前で笑いながら悪魔に殺された気持ちが。もう、人間が悪魔を許容するのは無理なんだよ。手を取り合って行こうだ?そんなの出来るわけないだろ。お前は自分の家族が悪魔に殺されても仕方なかったで済ませられるのか、松田や元浜が殺されても許せるのか」

「そ、それは……」

「それは許容できるって言うなら掛かってくると良い。出来ないって言うのなら邪魔するな。俺は、お前らにツケを払わせるだけだ」

 何も言わず、何も出来ず、俯いたままの、一誠の隣を素通りして、俺は会場を出て行った。

 こうして、若手悪魔の会合を切っ掛けに始まった世界を巻き込む戦争が始まった。




というわけで本格的に戦争が始まります。
一応は、悪魔も全滅させるわけではなく、一部(ソーナやらサイラオーグやら)を残す予定です。比較手にまともな人物だけを。

それと原作知ってる人でいいので
ヴァレリー・ツェペシュについて教えてください。一応、吸血鬼について書こうとも思ったのですが、小説もってないので


因みに戦闘服は「ブレイクブレイド」の軍服をイメージしてます。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。