一人の女子高生、岩森紫はピンチを迎えていた。

文化祭で所属する文研部は成果と称して漫画か小説を一本作成しないといけない。

ネタがなく、途方に暮れていた彼女は家族との団欒で思い出した。

かつて自分が楽しく、そして強烈にインパクトを残してくれた人を。


彼女は書きだした。

その強烈なる人物、自分の恩師の一人…木河先生とのやりとりを。


  プロローグ
  1時間目 ~彼の紹介はネジが飛んでいた~2019年10月14日(月) 18:19()
  2時間目 修学旅行はどうやって決めますか?2019年10月22日(火) 17:48
  修学旅行 ~ Let's Go 奈良 ~()
 ▲ページの一番上に飛ぶ