IS!……え!?俺ぇ!?一夏は!?   作:魔神イット

1 / 1
 ネタです。ネタでしかありません。


第1話!俺が初めての男性操縦者!?

『今日、今この瞬間、歴史が変わりました!何と、世界初の男性操縦者です!なんと言うことでしょう!……』

 

 あぁ、テレビがやかましい。普通驚くだろって?いや、だって俺……当事者(世界初の男性操縦者)だもん……

 

一夏(いちか)はどこ行ったぁぁぁぁぁ!世界初の男性操縦者はアイツだろぉぉぉぉぉ!?」

 

 俺、高橋悠馬(たかはしゆうま)は転生者である。おっと、黄色い救急車は必要ないぜ?何せ、事実だから。だけど、俺にはチートもないし、顔も中の中ぐらい。原作知識もうろ覚えもうろ覚え。何で神様が俺を転生させたか未だに俺も分からねぇ。だが、1つだけ言えるのは、この世界が俺の知ってるインフィニット・ストラトスとは違うってこと。

 

 まず、俺はいわゆる孤児だった。そこを親戚のやたら親切なばっちゃに拾われてって感じでだらだら過ごしてた。んで、一夏がISを動かした経緯は覚えてたんだよ。俺も動かせるかもって気になって、行ってみたよ。よく考えれば一夏が動かしたら多分全国で検査始まるけどな!(血涙)そいで触ったら動いたよ。ここまではよかった。だけど、そこ藍越学園ってんだけどな?一夏いねぇんだよ。まぁてっきり来てねぇのかとも思ったけどさ……それでも多分一夏が先に動かしてるはずなんだよ。物語的に。でも何故か俺が世界初の男性操縦者なんだよ!?一夏は!?一夏はどこ行ったの!?折角一夏といっぺん生で会ってみたいとか思ってたのに!

 

 ふぅ……ふぅ……どうしようこれ。ついさっき生で千冬さんに会ったけどさ……なんか雰囲気暗いんだよ!どんより曇り模様なんだよ!綺麗だったけど!綺麗だったけど!(大事なこと)て言うか……まさかだけど俺、一夏がこなす筈のイベント全部やらなきゃいけない……? 

 

「嫌だぁぁぁぁぁ!アレはアイツだから出来んだよぉぉぉぉぉ!俺には無理!絶対無理!」

 

 終わった!対ゴーレムも銀の何ちゃら(シルバリオ・ナンチャラ)も俺がやるのかよ!無理無理!あぁ、今すぐ一夏がどっかでIS触ってくれるように!てか触って!そうでなきゃ俺死んじゃう!イベント無くても女子に囲まれた緊張で死ぬ!

 

「どうした高橋!敵襲か!?」

「いや、何でもないです……」

 

 いけねぇ、騒ぎすぎて千冬さん来ちゃったよ。てか、生で見てもがち美人……これで酒豪だったり家事できないんだから驚きだよ。

 

「どうした私の顔を見つめて。何か付いているか?」

「あ、すいません……」

 

 こういう時綺麗な顔が付いてるとか言える奴ってどんな精神してるんだろうね……めっちゃ気になる……この後千冬さんに寝ろと言われたから寝た。ベッドめちゃふかふかだった。一夏に会いたい。




 一夏一夏言ってるとホモと思われるゾ。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。