それでも月は君のそばに   作:キューマル式

12 / 20
無印編
第10話


 一人の少女が、電車に乗っている。

 彼女の名は小日向未来、高校に入学するために上京してきた少女だ。

 桜舞う景色を車窓から眺め、しかしその向こうに乱立するビルにもうここが故郷では無いことを悟るものの、未来はどうでもいいと首を振る。

 彼女にとっては、もう故郷とはあの場所ではないからだ。

 望まぬ転校、誓いを果たせず置き去りにしてしまった幼馴染たち……そんな嫌な思い出に塗りつぶされた場所など、未来にはもはやどうでもいいのだ。

 やがて電車は駅に到着し、未来は人の流れに押されるようにしてホームに降り立つ。広い駅構内に若干戸惑いながらも、未来は目的の場所へとやってきた。

 

「……」

 

 自分が落ち着きが無くなっているのが分かる。心臓もドキドキと早鐘のようだ。

 当然だ、未来は今この瞬間のためにこの1年近くを努力し、リディアン音楽院へと合格したのだから。

 そして、その間違えるはずのない声が未来の耳を打つ。

 

「未来~~!!」

 

「響ぃ~~!!」

 

 手を振りながらこちらへ走ってくる響。

 久方ぶりに見る本物の響だ。一緒に過ごした記憶のままの響を見た途端、未来は抑えが効かなくなる。

 思わず走りだした未来は、そのまま響へと抱きついた。

 その感触に、未来にやっと故郷に帰ったかのような安心感が湧き上がる。

 

(ああ、やっと私は響のいるところに戻ってこれた……)

 

 そんな言葉を考えつつ、未来は響との再会を喜ぶ。

 

「やっと会えたね、響!」

 

「うん!」

 

 手紙やメールでのやり取りは頻繁にしていたが、こうして直接会うのはあの別れ以来だ。2人はたわいのない話から近況報告と様々な話をしていく。

 

「じゃあ響は寮じゃないんだ」

 

「うん。あの一件以降、一応国に保護されてる状態だから……大丈夫、すぐ近くだから未来も遊びにくればいいよ」

 

「そっか……それで、信人のほうは?」

 

 そんな話をしながら、話題は信人のことになる。

 

「ノブくんは今ちょっと忙しいんだけど、未来には絶対に会いたいって言ってたよ。

 夕方には戻れると思うから後で合流して一緒にごはん食べようって」

 

「そっか、忙しいんだ。

 バイトとかやってるの?」

 

 そう未来が聞くと響は少し目を泳がせる。

 

「まぁ、バイトって言えなくもないかな。 お金ももらってるし……」

 

「?」

 

 響の歯切れの悪い言葉に、未来は首を傾げた。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 夕暮れ迫る山間部の村に、連続した銃声が響く。

 突如として発生したノイズの集団に対し自衛隊が攻撃を仕掛け時間を稼ぐが、その攻撃はまるで効果がなく、ノイズの歩みは止まらない。

 

「装者はまだか!」

 

「それが、他方面のノイズ掃討がまだ完了しておらず、こちらへの到着は……」

 

「くそっ! おい、撃ちまくって一分一秒でも時間を稼げ!!」

 

 止まらないノイズの歩みに悲壮感すら漂う現場、だがその現場にバイクの爆音が響きわたる。

 

「こ、このバイクの音は!!」

 

 その音はまるで福音のラッパのように、たったそれだけで現場の悲壮感漂う空気を吹き飛ばした。

 

「彼です! 彼が来てくれました!!

 仮面ライダーSHADOWです!!」

 

「ああ、見えている!」

 

 彼らの視線の先には、夕陽を背負いながらやってくるバイクに跨った白銀のボディ。そして深緑の双眸が煌めく。

 神も仏も助けてくれないこの世界で、それでも存在した救い……『仮面ライダー』の到着を全員が祝福していた。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 ブロロロォォォォォォォ!!

 

「ダイナミックスマッシュ!!」

 

 バトルホッパーの速度をそのままに、俺はノイズの群れを轢き潰して停車する。

 

「来てくれたか、仮面ライダーSHADOW!!」

 

「ここは任せて後退しろ!」

 

 俺の登場に歓声を上げる自衛隊員にそういうと、俺はそのままノイズへと躍りかかった。

 

「シャドーチョップ!!」

 

 エルボートリガーを高速振動させて威力を倍加、巨大な岩すら一撃で両断する水平チョップで大きくノイズの集団を薙ぎ払う。

 

「シャドービーム!!」

 

 俺を援護しようとしていた自衛隊員たちに、空中から襲い掛かろうとしていたノイズたち。それに向けて左手に溜めたキングストーンエネルギーを稲妻状にして放射する。

 空中で稲妻は幾条にも枝分かれし、そのすべてが空中にいたノイズたちを吹き飛ばした。

 

「SHADOW! デカいやつがこっちに!!」

 

「ムっ!」

 

 自衛隊員の言葉にその方を見ると、首が無く両手がハサミのようになった人型の大型ノイズが地響きを立てながらこちらにやってくる。

 

「バイタルチャージ!!」

 

 構えを取り叫ぶと、黒いベルト『シャドーチャージャー』に収められたキングストーン『月の石』から凄まじいまでのキングストーンエネルギーが全身を駆け巡り、それが両足へと収束する。

 

「トオッ!!」

 

 そのまま俺は空中高くへと飛びあがる。大型ノイズを眼下に望みながら空中で体勢を変え、両足を突き出す。

 

「シャドーキック!!!」

 

 そのまま俺の必殺キック、シャドーキックは大型ノイズへと突き刺さった。30mを超えるだろうノイズの巨体が、シャドーキックで天からハンマーで叩きつけられたように地面へとめり込む。同時に、キックを通して大型ノイズの体内にキングストーンエネルギーが叩きつけられ、そのエネルギーが内側から大型ノイズを喰い破る。その攻撃に耐えきれず、大型ノイズが爆散した。同時に俺のキングストーンエネルギーである、緑の波動が衝撃を伴って周囲に拡散、ノイズを一匹残らず吹き飛ばす。後に残ったのは元の夕方の静寂だけだ。

 

「うおぉぉぉぉ!!」

 

「SHADOW! 仮面ライダーSHADOW!!」

 

 ノイズが一気に殲滅されたことに自衛隊員たちから歓声が上がる。俺はそれを尻目に通信機に話しかけていた。

 

弦十郎司令(おやっさん)、こっちのノイズの掃討は終わった。 他はどうだ?」

 

『奏や翼の方も掃討は完了した。付近にノイズの反応はない。 状況終了だ、後始末は俺たちに任せてくれ』

 

「なら一足先に上がっていいか? 今日は大切な日なんだ」

 

『分かった、今日はこれで上がってくれていい。お疲れさま』

 

「ありがとう、弦十郎司令(おやっさん)

 

 そう言って通信機を切る。こちらに向かってくるバトルホッパーに、カシャカシャと足音を立てながら跨ると俺はアクセルを吹かして街へと急ぐ。

 今日は大切な日、響にとっての『ひだまり』、俺たちの大切な幼馴染である未来との再会の日だ。

 あれから……俺と響が二課に身を寄せてから1年少々、俺と響も高校1年になった。

 俺と響はそのまま『私立ファリネッリ男子音楽院高等科』と『私立リディアン音楽院高等科』へと進学。高校の編入試験に合格した未来も『私立リディアン音楽院高等科』に進学、寮生活になる。これでまた俺、響、未来の幼馴染3人が近くで過ごせるのはいいことだ。

 

 しかしこの1年、二課の一員として動くかたわらで周りに気付かれないようにそれとなく二課でゴルゴムのことを探ってみたのだが、その影は全くつかめない。二課に入った途端にいきなり実はゴルゴムのメンバーだった二課の人物に襲われるような事態が起こらないのはいいんだが、それにしても静かすぎる。

 俺は正直、このシャドームーンの姿でいる以上、勧誘にせよ敵対にせよすぐにでも何かしらのアクションがゴルゴムの方からあるものだと思っていた。だが、予想に反してそれがまったく無いのである。

 これは一体どういうことなのか?

 

(俺の存在をゴルゴムが認識していないから、接触がないのか?)

 

 だがそれもおかしな話だ。

 俺は二課に所属することで、完全な機密ではあるものの存在自体は国の中枢に知られているはず。『仮面ライダーBLACK』でのゴルゴムは日本の政治中枢にまでその一員を送り込んでいるくらいの高い組織力があった。この世界のゴルゴムがそれと同等なら、俺の存在を認識していないはずがないのだが……?

 となるとまさかとは思うが……。

 

(この世界……まさかゴルゴムが存在していないのか?)

 

 ここまで影も形もないとその可能性も考慮した方がいいだろう。だが、そうなるとノイズの存在が完全に宙に浮いてしまう。

 ノイズは間違いなく『人工物』、何者かが何らかの目的を持って作り出した存在だ。しかも現在の科学では解析不能、俺の透視分析能力である『マイティアイ』だからこそ人工物だと分析できた代物である。このことから『現在の科学力より数段優れた技術力を持ち、人類を無差別に殲滅しようと考える何者かの存在』がそこにはあるということだ。

 だからこそ、それがゴルゴムなのだと思っていたのだが……。

 

(ノイズの裏にいるのがゴルゴムでないとしたら一体何者が……ハッ、まさか!?)

 

 その時、俺の脳裏に閃くイナズマが走る。

 

(そうか! そういうことなのか!?)

 

 瞬間、俺は思い至った。

 『突如として空間から現れる』『現代科学よりも高い技術で造られた人工物』『人類抹殺が目的』……ノイズについてのそれらのキーワードが、まるでパズルのピースを合わせるかのようにカチリと合わさっていく。

 何と言うことだ!? 何故気付かなかったんだ、俺は!!

 

 

 

「これは……クライシス帝国の仕業か!!」

 

 

 

 ノイズがクライシス帝国の先兵だというのなら『突如として空間から現れる』という特性も納得だ。クライシス帝国の本拠地は異次元世界である『怪魔界』、別の空間からやってきているのだから。

 そんな異次元空間航行を可能にするクライシス要塞など『地球より明らかに高い技術力』をクライシス帝国は持っている。

 しかもクライシス帝国の目的はこの地球全土への移住である。そのため土地……地球環境に多大な影響を及ぼす大規模作戦はクライシス帝国は避けていた。そのうえで先住民である人類の存在はクライシス帝国には不要で、『地球上の全人類の抹殺の上での地球への移住』を目論んでいた。だからこそ『地球環境に影響を与えず、人類だけを執拗に抹殺する』というノイズの特性はクライシス帝国の目論見にはぴったり、あまりに合いすぎている。ノイズには生物的なものも多いし、ゲドリアン辺りの部下で怪魔異生獣か何かをその技術力で改造したものなんだとしたら納得できる話である。

 しかも、ノイズが時間で自壊するのもクライシス帝国の先兵だというなら説明がつく。『怪魔界』は汚れた空気と曇天に満ちた世界であり、その住人であるクライシス帝国の者にとって地球の空気と太陽光は死をもたらす猛毒だ。それを防ぐために、上級幹部や怪魔戦士には地球の環境に適応する『強化細胞』を移植し、それによって地球での生存を可能にしている。

 おそらくノイズは安価に大量生産したためこの『強化細胞』を移植していないのだろう。だから地球環境下で長時間の生存ができず、時間がたてば自壊して果てるのだ。そしてそんな自壊を前提とし、人類だけを確実に消滅させるために炭素化させるクライシス帝国の送り込んだ使い捨ての人類抹殺特攻兵器……それがノイズの正体なのだ!

 何ということだ、これならばすべての辻褄が完全に合うじゃないか!!

 

 

 

「おのれ、クライシス帝国めッッ!!」

 

 

 

 クライシス帝国の地球侵略は先の通り、人類の絶滅を目指している。そしてその中には当然両親、そして響や未来が含まれているのだ。そんなものが許せるはずがない。

 クライシス帝国が相手であろうが何であろうが、守るべき者のために俺は必ず勝利してみせる。

 この身はシャドームーンの力を、『単体でクライシス帝国と同等以上の脅威』と言わしめるシャドームーンの力を持っている。『仮面ライダーBLACK RX』と同等のキングストーンをその身に宿しているのだ、『仮面ライダーBLACK RX』がクライシス帝国に勝利出来て俺に出来ないという道理はない。

 しかも『コミックボンボン』の漫画では正義の心に目覚めたシャドームーンが自爆とはいえクライシス帝国をしっかり滅ぼしているのだ。『勝てない』ということはないだろう。

 

「例えこの身が砕けても、俺の守るべき者を好きにはさせんぞ、クライシスめ!」

 

 俺は決意を新たにし、来るだろうクライシスとの全面的な戦いに覚悟を決めてバトルホッパーのアクセルを吹かす。

 とはいえ今は未来との再会パーティの方が大切だ。

 守るべき者、そして帰るべき場所である響や未来の待つ街へと、俺は急ぐのだった……。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 未来もやってきて高校生活が始まって数日、今日はツヴァイウィングのシングルの発売日だ。個人的にもツヴァイウィングはよく知る先輩であり今や響は、ツヴァイウィングのCDは必ず初回特典付きで購入するどこに出しても恥ずかしくないツヴァイウィングの大ファンである。

 CDを購入するためにやってきた響だが、生憎今日は信人や未来は用事があり1人だ。

 

「CD! 特典!」

 

 そう鼻歌を歌いながら走る響は、ふと付近の様子がおかしなことに気付く。

 黒いものが舞っていた。ふと見れば、そこには人の形をした黒い塊が横たわっている。

 

「ノイズッ!?」

 

「いやぁぁぁ!!」

 

 そう響が気付いた瞬間、幼い悲鳴がその場に響いた。

 反射的に身体が動いた響の見たものは、今にも襲われそうになっている幼い少女の姿だ。

 

「ッ!!」

 

 全速力で少女を掻っ攫うように響が駆け抜け、間一髪でノイズの魔の手から少女を救いだす。

 

「お、お姉ちゃん?」

 

「逃げるよッ!!」

 

 そう言って響は少女を背負うと、迫りくるノイズを避けながら走りだした。その動きは鋭く、少女とはいえ人1人を抱えているとは思えない速度だ。

 

(師匠との特訓の成果、これなら逃げ切れる!)

 

 この1年、信人とともに弦十郎の特訓を受けてきた響。毎回のように信じられないハードな特訓と信人のキングストーンエネルギーによる超回復を受け続けてきた響の身体能力は、一般的な女子高生とは桁が違うところまで来ていた。もしも今の響がスポーツの世界に入ったのなら、世界記録があらかた書き換わってしまうだろう。

 ノイズを避け狭い路地を駆け抜ける響。

 だがその先は用水路が行く手を塞いでいた。急いで左右を見るもののそこには迫るノイズの姿がある。左右を、そして後ろからゆっくり近付いてくるノイズたち。

 

「お姉ちゃん!」

 

「大丈夫、お姉ちゃんが一緒にいるから!」

 

 恐怖で背負う少女が響の背に顔を埋めるが、響は諦めなど微塵もなくキッと正面の用水路を見た。

 

(幅は約6メートル。 必要歩数は大体600から700踏みくらい……なら!)

 

「問題ない、10メートルまでなら渡れる(・・・)!!」

 

 すると響はそのまま用水路に入ると……用水路の水面を立って渡り始めた(・・・・・・・・・・・・・・・)

 工程は簡単、足が水面下に沈む前に目にも止まらぬ速さで次の足を踏むだけ。弦十郎の特訓を受け続けた今の響なら可能な芸当だ。

 しかし完全には行かず、その身体が沈み始める。

 

「2人だと……さすがに沈むね」

 

 そう苦笑しながらも、響はそのまま用水路を走って渡り切った。

 

「はぁはぁはぁ……!!」

 

 対岸へと渡り切り、息を整えると再び走り始める響。しかし……。

 

「シェルターから離れちゃってる!」

 

 ノイズを避けながら走り続けたため、どんどんと響たちはシェルター方面から離れてしまっていた。方向修正しようにも、執拗に追ってくるノイズがそれを許さない。

 

「お姉ちゃん、私、死んじゃうの?」

 

「大丈夫、絶対に大丈夫だから!!」

 

 不安そうな背中からの少女の声に、確信をもって響は答える。

 他でもない響はノイズを打ち砕く『歌の戦士』を、そして何よりも『白銀のライダー』の存在を知っているのだ。

 

(ノブくんは、絶対に駆けつけて来てくれる!)

 

 その絶対の自信がある。だから、それまでの時間を稼げばいいのだ。

 そう思いながら沿岸のプラントまで逃げた響だが……ついに細い路地へと追い詰められてしまった。

 

「お姉ちゃん……」

 

 恐怖に泣きながら縋り付く少女を抱きしめ、響は周囲を見て方策を探る。

 

(左右の壁を交互に蹴って屋上(・・)まで登れば……ダメ、この子を連れながらじゃ10メートル登るのがせいぜい。屋上までは届かない!

 なら、もし飛行型が後ろにいたら避けられずに一巻の終わりだけど……一か八かでノイズの頭上を壁伝いに駆け抜ける(・・・・・・・・・・・・・・・・)!!)

 

 響一人なら逃げ切ることはいくらでもできるだろう。だが、響の中で少女を見捨てる選択肢は欠片も無い。

 覚悟を決めた響は背中の少女へと語りかける。

 

「大丈夫、お姉ちゃんがついてる。 だから、生きるのを諦めないで!!」

 

 そう呼吸を整えようと息を吸ったその時だった。

 

 

「Balwisyall Nescell gungnir tron……」

 

 

 胸に歌が浮かび上がる。そして、その歌を自然と響は口ずさんでいた。

 

 パァァァァ……

 

 瞬間目のくらむような閃光が辺りを包む。

 

「あああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

 何かが自分の身体に浸透してくるような怖気と、強大な力に包まれる高揚感に響は閃光の中で叫んでいた。

 そして閃光が止むとそこには……。

 

「私が……シンフォギアを纏ってる?」

 

 自分の手や身体を見れば、それは明らかに奏や翼の纏っているのと同じもの……すなわち対ノイズプロテクター『シンフォギア』だ。

 何故? どうして『シンフォギア』を私が?

 様々な疑問が駆け巡るがそんな響のそばで少女の声がする。

 

「お姉ちゃん、カッコイイ!!」

 

 その言葉に今の状況を思い出した響は左手で少女を抱きかかえると、右の拳を握りしめた。

 

「何でシンフォギアを私が纏えてるのか、全然わかんないけど……今私がやるべきことははっきりと分かる!

 この子を全力で……守ることだぁぁ!!」

 

 あの日あのライブ会場で見たツヴァイウィングの2人の背中、そしていつでも自分を守ってくれていた白銀の背中を思いながら、響は眼前のノイズへと拳を打ち込んだ!

 




今回のあらすじ

ビッキー「未来ぅ~!」

393「リディアン受かって、やっと響たちと再会できた」

SHADOW「おかしい……この1年ゴルゴムのことを探っていたのに影も形もない。
    まさかこの世界……ゴルゴムいないんじゃ……?」

フィーネさん「そうよ! やっとわかってくれたのね!!
       そう、すべてはこのフィーネの……」

SHADOW「なるほど……これはクライシス帝国の仕業か!!」

【悲報】フィーネさんクライシス帝国認定される

フィーネさん「どうしてそうなるのよぉぉぉぉぉぉ!!」

SHADOW「ノイズの特性を考えれば考えるほど、これはクライシス帝国の仕業に違いない!
    おのれクライシス帝国め!!」

ビッキー「ノイズ……キサマは中国武術を嘗めたッッッ!」


原作のビッキー:用水路を『泳いで』渡る

本作のビッキー:用水路を『走って』渡る


奏「なんかウチの妹分が烈海王みたいになってんだけど……えっ、なんで?」

防人「挙句平然と10mくらいなら人を抱えてロックマンXみたいなキッククライムができるとか言ってるし……一年でここまでの差がでるのか……。
   OTONA塾は本当に怖いなぁ……」

ビッキー「作者がOTONA塾で私がレベルアップしたことを表そうとしたら、いつの間にかこんなギャグみたいな状況に……」

キネクリ「こんなのと戦う羽目になるの?
     割とマジでアタシ様が生き残る方法を誰か教えてくんない?」


一年のOTONA塾で超強化されてしまったビッキー。
このビッキーとシャドームーンを敵に廻してフィーネさんはこの先生きのこることができるのか。

来週用事があるので来週の投稿は休みます。

次回もよろしくお願いします。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。