滅ぶことが決まっている世界
砂漠で渇き、凍土で凍え、灼熱の大地で焼かれる
人間が住むには厳しい環境の中で人々は『奇跡』を願い『代償』を払いながら生活をしている
その世界に迷い込んだ一人の少年はどのようにして生き残るのか……

※注意
この小説は内容の7割がコメディになるように心がけております
この小説は特殊な性癖の方が数多く登場しますので、苦手な方はブラウザバックをお願いします
この小説は猫毛布様が企画された『ランダム能力杯』のガチャで【奇跡を起こす代償に自身の重大な愛を失う能力【奇跡の大きさに比例し重大な愛を消費(選択不可)】】を引き当てて、ウイスキーを飲みながら執筆しています
この小説は世界を救うのに時間がかかりますので気を長くしてお待ちください
 ▲ページの一番上に飛ぶ